日露俳句コンテスト(1):募集要項

2012/04/14

 

日露俳句コンテスト

~露月山人国際賞受賞者を詩の国秋田、若しくは

APECの開催地ウラジオストクにご招待~

 

テーマ海(Umi

応募資格:日本国内又はロシア国内に居住する日本国籍又はロシア国籍を有する方。

年齢は問いません。

俳句の形式:俳句は母語で書く。

母語が日本語の場合、「海」をテーマにした有季定型による俳句。

同時に、ロシア語と英語の翻訳を加える。

ただし、ロシア語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

母語がロシア語の場合、「海」をテーマにした短い3行詩であれば形式は自由(季語を含む必要なし)。

同時に、日本語と英語の翻訳を加える。

ただし、日本語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

応募方法:以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにて

shhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙:日本語応募用紙 ロシア語応募用紙

応募期間:平成24年5月5日(土)~5月25日(金)

審査委員

蛭田秀法(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局長、

       国際俳句交流協会会員)

アレクサンダー・ドーリン(国際教養大学教授)

手島邦夫(秋田工業高等専門学校教授)

工藤一紘(秋田工業高等専門学校講師)

石田冲秋(「俳星」主幹)

五十嵐義知(「天為」同人)

内村恭子(「天為」同人、国際俳句交流協会会員)

矢野玲奈(「玉藻」、「天為」同人)

最優秀賞(露月山人国際賞)を応募作品から一句選出し、9月に予定されている日露俳句大会(秋田大会は9月22日、ウラジオストク大会は9月29日に開催)の場で表彰するとともに、副賞として、ロシアからの応募者の場合は詩の国秋田に招待、日本からの応募者の場合はAPECの開催地ウラジオストクに招待します。

また、日航財団賞優秀賞(秋田県知事賞・秋田市長賞・秋田市教育委員会教育長賞)を応募作品からそれぞれ二句選出し、俳句文化の学習の奨励のために贈呈します。各賞の受賞者には、日航財団から副賞として記念品(地球歳時記)が贈呈されます。

発表:当ホームページで入賞作品を発表いたします。(平成24年6月下旬予定)

*最優秀賞の受賞連絡及び副賞の詳細については、主催者から受賞者に対し6月29日(金)までに直接連絡があります。なお、国内交通費や滞在費などは受賞者に負担していただく場合もあります。

*優秀賞の受賞者に対しても6月29日(金)までに直接連絡があります。

 

主催:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

協賛:日航財団

後援:秋田県 国際教養大学 秋田県教育委員会 秋田県芸術文化協会 

秋田県国際交流協会 秋田市 秋田市教育委員会 秋田魁新報社

天為秋田支部 秋田ロシア語友の会 秋田ウラジオ会 国際俳句交流協会 

ウラジオストク日本センター 極東連邦大学 与謝野晶子記念文学会

共同通信社ウラジオストク支局 

お問い合わせ先:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

shhiruta@nifty.com 照会はメールでのみ受け付けております。

 

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(2):趣旨と経緯’ appears on April 15.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s