『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 学生部門 (2) 矢野玲奈選

2012/09/11

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は学生部門の2回目です。

 

日露俳句コンテスト

 

学生部門(2)

 

矢野玲奈選

 

特選

 

背中から五月のひびき潮の香 秋田工業高等専門学校 佐々木高一

 

Из-за моей спины

Майские звуки

И пахнет прибой

 

from behind my back

the May sound and

the fragrance of the tide

 

五月のひびきと捉えたところが良いです。

 

 

入選

 

波が波追いかけて逢う夏の崖

京都大学

(スウェーデンストックホルム大学留学中

黒岩徳将

 

Волна за волной

Спешит на свидание

С летним берегом

 

A wave heads

for another wave

Meeting a cliff in the summer

 

波を擬人化し、波の動きを表したところが面白い。

 

 

切り出せぬ海の波間に陽の陰る   国際教養大学 三沢萌夏

 

Не могу начать разговор

Среди волн

Мрачнеет солнце

 

hesitating to speak –

among sea waves

the sun becomes dim

 

自然の描写する姿勢に好感がもてる。

 

 

助手席に君が残した日焼け止め  国際教養大学大学院 安斎佑理

 

На сиденье в машине

Ты оставил

Крем от загара

 

on the seat next to the driver

you left behind

your sunscreen

 

切ない夏の思い出を日焼け止めという物で表現したところが良い。

 

 

岩の間に夏のにおいを感じけり 秋田工業高等専門学校 湯沢光

 

 

Среди скал

Запах лета

Живет

 

among rocks

the smell of summer

into my sense

 

実感があるのでしょう。

 

 

桜舞う校舎の窓の日本海 秋田工業高等専門学校 越後谷海斗

 

Танец цветущей сакуры

В школьном окне

Обращенном на Японское море

 

cherry blossoms dance

in the school windows

facing the Sea of Japan

 

海に近い学校に通っている人の特権ですね。

 

 

葉桜の隙間に見ゆる大海原 秋田工業高等専門学校 櫻井公平

 

Сквозь узор листьев сакуры

Виднеются

Просторы океана

 

in sprouting fresh leaves

seen through an opening of the cherry tree

the mighty ocean

 

距離感が良いです。

 

 

ラムネ越し魚の気分で海を見る 秋田工業高等専門学校 藤原史奈

 

Сквозь лимонад

Как рыба

Смотрю на море

 

over the lemon soda

feeling like a fish          

I see the sea

 

気持ち良さそうな海です。

 

 

晩春に母なる海の子守歌 秋田工業高等専門学校 今健人

 

Поздняя весна

Морская, как материнская

Колыбельная 

 

in late spring

the sea’s, our mother’s

lullaby

 

一定のリズムをもつ波の音は子守歌のようです。晩春の雰囲気とあっています。

 

 

おだやかな波の音聞き過ごす夏 秋田工業高等専門学校 藤井洸太

 

Умиротворенные волны

Слушая

Проходит лето

 

calm waves

listening to their sound

passing the summer

 

夏に穏やかな波を聞く時間を持てる幸せが感じられます。

 

 

光る海入道雲が呼んでいる 秋田工業高等専門学校 熊沢和人

 

Сверкает море

Грозовые облака

Зовет

 

the shining sea –

thunderheads

calling

 

海が入道雲を呼んでいるという見かたが新鮮でした。

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

 

 

 The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」学生部門(3)五十嵐義知選’ appears on September 12

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s