『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (2) 矢野玲奈選

2012/09/24

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の2回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(2)

 

矢野玲奈選

 

特選

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

荒海と桜貝の組み合わせが良いです。

 

 

入選

 

梅雨晴れの海に消えゆくフェリーかな  秋田市 幸野稔

 

Разъяснилось в сезон дождей

В море исчезает

Наверное, паром

 

in the sunny weather during the rainy season

it vanishes away into the sea

the ferry

 

「梅雨晴れ」と「消えゆく」のずれが面白いです。

 

 

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

 

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

少し力が入ってしまっていますが、モチーフは良いと思います。

 

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

 

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

母なる海の大きさを感じます。

 

 

山男海の広さにおどろけり 仙北市 高橋亮順

 

Альпинист с высоты

Удивляется

Океанским просторам

 

the mountain climber

in amazement at

how wide the sea is

 

海が身近にない人にとって驚くほどの海の広さ。「おどろきし」という言い回しにすると無理がありません。

 

 

大宇宙地球のふろしき海光る  秋田市 桝田純子

 

У космоса

Для земли фуросики –

Сверкающее море

 

Фуросики – квадратный кусок материи, узелок, в который заворачивают всё – от одежды до книг.

 

the macrocosm

the earth’s cloth wrapper –

the sea shines

 

独自の表現を見つけたところが良いと思います。

 

 

荒磯の梅雨空重き男鹿の海  秋田市 大宮浩樹

 

Скалистый берег

Набухшее небо сезона дождей тяжелеет

Море Ога

 

in rough rocky beach 

the cloudy sky during the rainy season getting heavy

the Oga sea

 

実感があります。

 

 

はるばると来てバルト海白夜なり  秋田市 山内誠子

 

Долго добирались

Наконец мы здесь, Балтийское море

Ночь под полуночным солнцем

 

after a long journey

we are here in the Baltic Sea

night under the midnight sun

 

「はるばると」で感動していることがわかりますが、もう少し内容が加わると良いと思います。

 

 

春の海脱走ペンギンのたり浮く  東大阪市 山本由紀子

 

Море весной

Сбежавший пингвин

Наслаждается плаванием

 

spring sea

escaped penguin crawling and

floating

 

脱走ペンギンとは群れを離れたということでしょうか。気ままにしている感じが面白いです。

 

 

真青に帆船来たり聖五月  仙台市 赤間学

 

В синеве

Парусник

Благословенный май

 

all pale

the sail boat comes here

the Holy May

 

清々しく感じます。

 

 

新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

 

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

新涼の頃の空気感がよく伝わってきます。

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(3)五十嵐義知選’ appears on September 25.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

 

 

Advertisements

One Response to “『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (2) 矢野玲奈選”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s