Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

Firstly, let me post haibun by Kala Ramesh, which appeared in Simply Haiku in 2005 .

 

Simply Haiku: A Quarterly Journal of Japanese Short Form Poetry
Autumn 2005, vol 3 no 3

 

HAIBUN

 

An Hour Passes
Kala Ramesh, India

1時間が過ぎる

And so, an hour passes . . .

そこで、1時間が過ぎる...

 

dead body . . .
only the shadows of leaves
dance on her face

死体...

葉の影だけが

彼女の顔の上で踊る

 

My wife died – thirteen days back.
To be single again – it’s a strange feeling that after sixty-six years of togetherness, I am all alone.

私の妻は亡くなった - 13日前に
また独身になること - 一緒に暮らして66年後、ひとりきりになるのは不思議な気持ちである。

 

Like the River Cauvery that swells in the monsoons then becomes so thin that it seems almost like a drawn line, my family was huge once when my five children were small – kids take wings and take off and slowly my wife and I just grew accustomed to being by ourselves.

季節風の吹く頃増大するコーベリ川がその後とっても細くなり、ほとんど描かれた線のように見えるように、私の家族はかって5人の子供たちが小さかった頃は大家族だった ― 子供たちは羽根をつけて飛び立ち、ゆっくりと妻と私は自分たちだけでいることにすっかり慣れるようになった

 

My son and my daughter-in-law are here. They keep insisting that I will feel miserable in London. I keep telling them that I am ready to go with them. My daughter-in-law says “But papa, you have your temple, your friends here. What will you do there? It’s a foreign country papa, try to understand.”

 

息子と義理の娘はここにいる。私がロンドンではみじめな気持ちになるだろうと彼らは言ってききません。私は喜んで一緒に行くつもりだと彼らに言い続けています。

義理の娘は 「だけどパパ、パパにはお寺があるのよ、友だちがここにいるわ、そこに行って何をするの?外国なのよ、分かって。」と言うのです

 

How can I tell her that I am scared of staying alone? Won’t my grandchildren laugh at me?

私がひとりになるのを怖がっていることをどうやって彼女に言えるだろうか。

私の孫たちは私を笑わないだろうか?

sultry morning
the chameleon changes
its colors

 

蒸し暑い朝

カメレオンが変える

その色を

 

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest haibun.

 

Haibun:

  

The Blue Jacaranda

青いジャカランダノキ

 

 

waiting for a call

that never came . . .

new year’s eve

 

訪問を待っている

  一度も来なかった

大晦日

 

 

I was your maid. You remember me?

The one who used to tie your shoelaces and make the chapathis and that potato curry for you. Pack your lunch and escort you to the bus stop.

 

私はあなたの女中でした。あなたは私を覚えている?

あなたの靴ひもを結び、チャパティとあのジャガイモのカレーをあなたのために作った女中なの、あなたのランチを詰め、あなたをバス停まで送り届けたのよ。

 

The school bus would come to our street corner somewhere around 8 am daily.

Your smile, as you wave goodbye, asking me to be there waiting when you get home in the evening.

You had a loud voice.

 

スクールバスが毎日8時頃街角のあたりに来たものよ。

手を振ってさよならを言うとき、微笑みながら夕方家に帰るときそこで待っているようにと伝えるとき、あなたの声は大きかった。

 

In case you feel like seeing me, do come over. I stay at The Jacaranda Old-age Ashram. No 18, Queen’s Lane, Pune-411009.

Ask for Shalini bai.

 

あなたが私に会いたい気になるような場合は、どうぞおいで下さい。私はプーナのジャカランダの老人のアーシュラムにいます。

メイドのシャリニに面会を求めて下さい。

 

Everybody here knows me well and they know you too. I keep talking about you to all the inmates. I posted a similar card to you a year back, but I’m thinking it didn’t reach you . . .

 

ここにいる人は誰でも私をよく知っています、そしてあなたのこともよく知っています。

私は一緒にいる人たちみんなにあなたのことについて話し続けています。

一年前にあなたに同じようなはがきを出しました、しかし、はがきはあなたのところに届かなかったと思います...

 

 

restless night . . .

turning and tossing

the repeat

mindsong

as the ache sinks deeper

 

眠れない夜

向きを変え、頭を急に上げる

繰り返す

心の歌

痛みがより深くしみ込むにつれて

 

 

Kikakuza International Haibun Contest- An (Cottage) Prize

The Blue Jacaranda by Kala Ramesh, India – 2012

 

 

 

 The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (5) appears on November 10.

  

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

Advertisements

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku. Her haiku are highly appreciated and deeply loved on our website.

 

 

 

Firstly, let me post some haiku by Kala Ramesh, which are very popular among readers or audience on our website.

 

new year’s eve
all that I could have left
unsaid . . .

 

大晦日

残してきたことのありうること全て

言わないまま...

 

 

feeling as if
on a summer cloud …
hill temple

 

夏の雲の上にいるような感じ...

山寺

 

 

the waterfall rock-tumbling speckled rhythms

 

滝  岩を転がり落ちる  点々としたリズム

 

 

trying to know me
deep within me

autumn day

 

私を知ろうとしている

私の心の中の奥深く

秋の日

 

 

wading through
leaves
 
… with each step
the thoughts

 

歩いている

葉の中を通って...一歩毎に

よぎる思い

 

 

desert sands …
I enter the whole
of nothingness

 

砂漠の砂...

私は全体に入る

無の中に

 

Bio (2)

Kala Ramesh is the deputy editor-in-chief of The World Haiku Review, the official magazine of the World Haiku Club; is a member of the editorial team of Modern English Tanka Press’s new anthology, Take Five: The Best Contemporary Tanka 2008/2009/2010, is on the panel of the literary e-journal Muse India, for the areas of haiku and short verse [http://www.museindia.com/[http://www.museindia.com/viewteam.asp?id=643] .

Since April 2009, she has acted as Katha’s Poetry Editor and, in this capacity, edited an e-book of haiku, senryu, haibun, tanka, and haiga encompassing the work of 35 Indian haiku poets–the first such book to come from an Indian publishing house!

Katha is a New Delhi, India based non profit that uses storytelling to improve literacy as well as educate children from underserved communities. Started in 1988 with storytelling and publishing as the heart of its work, Katha has developed an innovative teaching pedagogy that has reached out to thousands of children in Delhi, Haryana and Arunachal Pradesh.

 

 

カーラ・ラメッシュの紹介(2)

 

世界俳句クラブの公式の刊行物である世界俳句レビューの編集長代行。現代英語短歌プレスの新作品集『五首をとる:2008、2009、2010の各年の一番優れた現代短歌』の編集チームの一員。俳句と短詩のための文芸eジャーナルのミューズ・インドの審査委員団の委員(各ホームページ参照)。

2009年からキャサの詩の編集長として活動し、俳句、川柳、俳文、短歌、そして俳画のe-bookを編集。e-book には35人のインドの俳人の作品が含まれている。このような本はインドの出版界に初めて現れたものでした。

キャサはインドのニューデリーを本拠とする非営利組織で物語を話すことを活用し、子供たちの識字力を高め、ふさわしくない社会集団の出身の子たちを教育しています。

1998年物語を話すことその出版を活動の中心として発足、キャサは革新的な教授法を開発し、デリー、ハリアナ、そしてアルナチャル=プラデーシュの数千人の子供たちに手を差し伸べている。

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest tanka.

 

Tanka

 

the word kal

in Hindi means both

what’s gone

and what’s to come…

like wearing my six-metre sari

 

A Hundred Gourds 1:3 – Summer 2012 –June

 

カルという単語

ヒンドゥ-語で両方の意味である

去るもの

そして来るもの...

私の6メートルのサリーを着るようなもの

 

 

wasted breath

thinking of things

beyond control

I recollect

father’s constant whistling

 

A Hundred Gourds 1:3 – Summer 2012 – June

 

むだな呼吸

何か物事を考えている

抑えがたい

私は回想する

父の絶え間ない口笛を

 

 

after your outburst

I felt your eyes on me

anger brewing

my hand holding the teacup

begins to tremble

 

A Hundred Gourds 1:2 – Spring 2012 – March

 

あなたの爆発の後

私はあなたの視線が私の上に注ぐのを感じる

怒りが醸造する

茶碗を持っている私の手

震え始める

 

 

loneliness

increases a hundredfold

when in a crowd

there’s no one

to stand up for me

 

A Hundred Gourds 1:2 – Spring 2012 – March

 

孤独

百倍に増す

群衆の中にいるときは

誰もいない

味方してくれる人は

 

 

 

The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (4) appears on November 3.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku. Her haiku are highly appreciated and deeply loved on our website.

 

Firstly, let me post some haiku by Kala Ramesh, which are very popular among readers or audience on our website.

 

morning star
the way I hold on
to dreams

 

明けの明星

私が歩み続けている道

夢の実現へ

 

lotus viewing . . .
the flowering
within

 

蓮を注意深く見ている...

花が咲いている

内側に

 

receding wave . . .
crab holes breathe
the milky way

 

退いていく波...

カニの穴が呼吸する

天の川

 

the pause
in a dragonfly’s glide—
noon shadows

 

一休み

トンボの滑空―

真昼の陰

 

 howling wind —
an autumn note within
the bamboo flute

 

風がヒューヒュー ―

中に秋の調べ

竹の笛

 

Bio (1)

Kala Ramesh has long had a fascination for Indian classical music and is an exponent of both Carnatic and Hindustani Classical Music styles. She was fortunate to undergo vigorous training from leading musicians.

Kala is now active as a performing vocalist in Hindustani Classical Music. She has worked extensively on Pandit Kumar Gandharava’s compositions and Nirguni bhajans along with the paramparic bandishes. She lives in Pune, Maharashtra State, India. Kala has made a concerted effort to understand the ‘spirit’ behind Kumarji’s gayaki – incorporating the vigour and the vitality, which is so inherent in his style of singing and she has performed in major cities in India.

Coming from an extremely artistic and culturally rich South Indian Tamil family, Kala believes, as her father is fond of saying, “the soil needs to be fertile for the plant to loom”. She also feels she owes this poetic streak in her to her mother. Kala is keen to see children in India take to haiku and its genres.

 

 

カーラ・ラメッシュの紹介(1)

長い間インドの古典音楽に魅了され、南インド古典音楽(カルナティック・サンギ-ト・ パッダティ)と北インド古典音楽(ヒンドゥスタニ・サンギート・パッダティ)の演奏者である。幸運にも一流の音楽家たちから力を入れた訓練を受けた。

現在、北インド古典音楽の演奏者として、そして歌手として活躍している。インド音楽界に大きな足跡を残したとされ、高度な精神性、知性を感じさせるPt.クマール・ガンダルヴァの作曲した音楽とインドの礼拝歌をベースとして広範囲に活躍している。インドのマハ-ラ-シュトラ州の都市プネ-に住んでいる。                             カーラはクマールの北インドの声楽の背後にある精神を理解しようとあらゆる努力をした。活力と生命力が合わされたものでクマールの歌のスタイルに生来備わっている。彼女は今インドの主要な都市で演奏をしています。

芸術と文化の面できわめて豊かなインドのタミル族の家庭の出身で、カーラは父親が好んで言っていた、「植物が現れるには土壌が肥沃でなければならない」という言葉を信じている。

彼女はまた、自分の詩的な筋は母親のお陰であると感じている。カーラはインドの子供たちが俳句や俳句と同じような様式の詩を好きになって欲しいと熱望しています。

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest haiku.

 

steaming rice

served on banana leaves… 

he loosens his tie

 

Shamrock – Haiku Journal of the Irish Haiku Society

Issue # 20 – December 2011

 

熱いご飯

バナナの葉の上に出した

彼はネクタイをゆるめた

 

sepals around a bud 

the mountains guard  

a river song

 

Sharpening the Pencil – Apr 2012

 

つぼみのまわりの萼(がく)

山々が守る

川のせせらぎ

 

scrap yard . .

the starry wild jasmine 

gathering night dust

 

Sharpening the Pencil – Apr 2012

 

スクラップ置場

満天の星の野のジャスミン

夜のほこりを集めている

 

 

The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (3) appears on October 27.

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta