『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (4)  手島邦夫選 

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の4回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(4)   手島邦夫選     特選   生還の夫と見てをり春の海  秋田市 進藤八重子   Вернулся живым Я с мужем смотрю На весеннее море   after safe return my husband and I gazing at the sea of spring   (評) さりげない静かな句である。 終戦後生きて帰った夫と見た春の海を思い出して作ったのか、戦後六十余年経て現在の幸せをかみしめているのかどちらかであろうが、春の海の麗らかさが、過酷な夫や自分の体験を包み込んでいて、しみじみとした情趣を生んでいる。     入選   雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁   В море … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (4)  手島邦夫選 

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (3)  五十嵐義知選 

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の3回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(3)   五十嵐義知選  特選   新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一   В свежее прохладное Море прямо бежит Мостовая   to the fresh cool of the sea does it go straight stone pavement   海に落ち込んでいる岸壁の一部が石敷きになっているのであろう。海に向かって真っ直ぐに石畳が続いている。あるいは少し離れているが石畳の向うに海が広がっていて、いかにも海と石畳が続いているように見えるのである。いずれにしても新涼の清清しさと寄せては返す波の様子、石畳の硬質で水が勢いよく流れる様は、暑さ涼しさを繰り返しながらも確実に秋に近づいている初秋の情景を端的に表しているのである。     入選   荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子   Бурное море В этой гуще Розовые ракушки … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (3)  五十嵐義知選 

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (2) 矢野玲奈選

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の2回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(2)   矢野玲奈選   特選   荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子   Бурное море В этой гуще Розовые ракушки   in the turbulent sea there inside lives pink bivalve   荒海と桜貝の組み合わせが良いです。     入選   梅雨晴れの海に消えゆくフェリーかな  秋田市 幸野稔   Разъяснилось в сезон дождей В море исчезает Наверное, паром   … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (2) 矢野玲奈選

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部(1)  内村恭子選 

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の1回目です。  日露俳句コンテスト 一般の部(1)   内村恭子選   特選   春の海脱走ペンギンのたり浮く  東大阪市 山本由紀子 Море весной Сбежавший пингвин Наслаждается плаванием   spring sea escaped penguin crawling and floating   (特選) 何ともとぼけた句ですが、時事を上手く俳句に取り入れました。他の句と違う視点が新鮮で特選とさせていただきました。     入選   雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁   В море облаков След от крыла Годовщина у камикадзэ   in a field of … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部(1)  内村恭子選 

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 学生部門 (8) 蛭田秀法選

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は学生部門の8回目です。 日露俳句コンテスト 学生部門(8) 蛭田秀法選   特選   Маяк на холме зазывает обратно: «Возвращайтесь на берег»   Priority Center (English courses) Бородина  Евгения Borodina Eugenia  (ボロディナ ユージニア) 丘の灯台 岸辺へ帰ろと 誘ってる   Lighthouse on the hill beckoning back: "Go back to the shore" 2011年9月下旬アムール湾に面するウラジオストクの湾岸沿いに立つホテルに8日間滞在。夕焼け、毎日違う様相を見せる波、はるか水平線の向こうに見える島々が今でも目に浮かぶ。そして、左側の向こうの丘に立つ灯台。船を、そして帰らぬ人も誘っているようである。     入選   Я … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 学生部門 (8) 蛭田秀法選

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 学生部門 (7) アレクサンダー ドーリン

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は学生部門の7回目です。 日露俳句コンテスト 学生部門(7) アレクサンダー ドーリン選   特選   Отражение мира В голубой бесконечности  Манит душу   ノボシビルスク国立教育大学 Белоусова Анжела ベロウーソワ・アンジェラ    世界の映像 青い海の無限に 心を招く    The reflection of the world //                            in this blue infinity// so appealing to my heart...   入選   Маяк на холме … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 学生部門 (7) アレクサンダー ドーリン

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 学生部門 (6) 石田冲秋選

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は学生部門の6回目です。 日露俳句コンテスト 学生部門(6)   石田冲秋選   特選   桜舞う校舎の窓の日本海 秋田工業高等専門学校 越後谷海斗   Танец цветущей сакуры В школьном окне Обращенном на Японское море   cherry blossoms dance in the school windows facing the Sea of Japan     入選   波が波追いかけて逢う夏の崖 京都大学 (スウェーデンストックホルム大学留学中 黒岩徳将   Волна за волной … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 学生部門 (6) 石田冲秋選