The 3rd International Haiku Forum 

Aims:

The 1st International Haiku Forum was held in celebration of the 29th National Cultural Festival in Akita 2014 at the Akita International University in Japan, October 25, 2014.  As a result, cultural exchanges through haiku have spread throughout the world.

The next year, 2015, the 2nd International Haiku Forum was held, following the big success of the forum in the previous year.  As a result, the participants there got more and more interested in international haiku through appreciating the excellent works of the Japan-Russia Haiku Contest.   

This year, 2017, the 3rd International Haiku Forum is held to celebrate the 5th anniversary of the foundation of Akita International Haiku Association. This forum is held so that it makes a good opportunity for international haiku to spread further among haikuists and haiku lovers as well as among citizens and students in Akita Prefecture.

 

Participants:  Haikuists, haiku lovers, citizens, and students

Date:  Saturday, 7th October, 2017, 11:00 – 12:00 a.m.

Venue:  Akita International University, Auditorium (4th Floor of A Building)

6th Japan-Russia Haiku Contest:  The announcement of the winning works

                                                                        and the Award Ceremony

Memorial Lecture:  “International Leap of Akita HAIKU”

                                            by Jin Wada (President of Akita International Haiku    Association)

Award Ceremony:  “International Haiku Contribution Award”

Haiku Talk: “About English Haiku”

                            by Hidenori Hiruta (Member of Haiku International Association)

Organizers: Akita International Haiku Network,

                          Akita International Haiku Association

Sponsor:       Akita Sakigake Shimpo

Supporters:  Akita Prefecture, Akita International University, Akita City,

                            The Akita Chamber of Commerce and Industry,

                            The Ishii Rogetsu Society,

                            Japan Broadcasting Corporation Akita Station,

                            Haiku International Association ,

                            The UNESCO Promotion Council

 

 

 

Advertisements

 

年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の選者シリーズを掲載いたします。

今回は日本語俳句部門の第3回目です。

 

第2回日露俳句コンテスト

 

和田 仁選 (Selected by Jin Wada )

 

秀逸 (Best haiku)

 

田村 陽子 (秋田県)

 

伝説の龍の鱗や夏怒濤

 

Yoko Tamura  ( Akita Prefecture, Japan)

 

the scales of a dragon

in a legend –

summer angry waves 

 

 

入選 (Honorable mentions)

 

土谷 敏雄  (秋田県)

 

八方の海へ展ける山開き

 

Toshio Tsuchiya   ( Akita Prefecture, Japan)

 

the sea-viewing

in all directions

the opening of the mountain

 

 

佐々木 公平 (秋田県)

 

干し草をたっぷり馬房柔らかし 

 

Kouhei Sasaki  (Akita Prefecture, Japan)

 

plenty of hay

in the stall

it is soft

 

 

吉村 栄司 (埼玉県)

 

奥入瀬にひと淀みあり秋茜

 

Eiji  Yoshimura  (Saitama Prefecture, Japan)

 

an unexpected pool

in the mountain stream in Oirase

common skimmers

 

 

鈴木 和子 (大阪)

 

初杖や小さな一歩風光る

 

Kazuko Suzuki  (Osaka, Japan)

 

first stick –

one little step

makes the wind shine

 

 

仁科 早苗 (大阪)

 

夜明けより子育て自慢行行子

 

Sanae  Nishina  ( Osaka, Japan)

 

from dawn

expressing their pride of child care

great reed warblers

 

 

武藤 暁美 (秋田県)

 

菜の花や村じゅう揺らす子の誕生

 

Akemi Muto  (Akita Prefecture, Japan)

 

rape blossoms –

the birth of a baby stirring

all over the village

 

 

山田 恵子 (秋田県)

 

裏側はまだ真っ白で青蛙

 

Keiko Yamada  (Akita Prefecture, Japan)

 

the reveres side

is just snow-white

green frog

 

 

塚本 佐市 (秋田県)

 

田植機を降りてよろよろ惑星感

 

Saichi Tsukamoto  (Akita Prefecture, Japan)

 

getting out of the rice-planting machine

staggering

it feels as if on another planet

 

 

和気 千穂子 (神奈川県)

 

精子飛ぶムンクの宇宙星涼し

 

Chihoko Wake (Kanagawa Prefecture, Japan)

 

the universe of Munch

where sperms fly –

stars are cool

 

 

羽田 大佑 (大阪)

 

コンテナの蠢く港夏兆す

 

Daisuke Hada  (Osaka, Japan)

 

the harbor

where containers wriggle –

a sign of summer  

 

 

The next posting ‘石田冲秋選’ appears on October 19.

 

蛭田秀法(Hidenori Hiruta

 

 

 

 

 

 

In Memoriam

 

It is a great pity that Dr. Mineo NAKAJIMA (中嶋嶺雄), a distinguished international sociologist and president of Akita International University, passed away in Akita City, Japan, on Thursday, 14th of February, 2013.  Having a profound interest in haiku, he supported the activities of Akita International Haiku Network as adviser.  With deep gratitude for his contribution to the Network, let me dedicate five in memoriam short poems (短歌) to his soul, as below.

 

Minoru KONO (幸野 稔), Chief Director,

Akita International Haiku Network

 

Here is a photo of Dr. Mineo Nakajima taken at Akita International University.

 

 SONY DSC

 

Here are five in memoriam short poems (短歌) to his soul.

 

 

外大生のデモを率いて旗振りし先輩の(せな)眩しかりけり

 

How dazzling was the back

Of my senior schoolmate,

Who carried a flag and led

The demonstration of students

Of our alma mater in Tokyo!

 

 

国際人育成の道求め来て秋田に果てぬ大先学は

 

Pursuing the way

Of global education

At university,

The great senior academic

Has met his end here in Akita.

 

 

道半ばに逝ける国際教養大学長送りて吹雪くわがまち

 

Alas, the president

Of Akita International

University

Has abruptly passed away

From our town with the snowstorm!

 

 

小学英語導入を熱く語らいし学長室にもはや主なき

 

Our passionate talks

On the teaching of English

At elementary school

Will no longer be exchanged

In your vacant office.

 

 

先学の遺志継ぎて英語能力を伸ばすべし

わが秋田の子らの

 

Inheriting the will

Of the late senior academic,

Why shouldn’t we develop

The English abilities

Of students here in Akita?

 

 

 

Here is a message on Dr. Mineo Nakajima’s demise, written by Mr. Mark Williams, Vice President and Trustee at Akita International University.

 

From: <facultyandstaffsupport@aiu.ac.jp>
Date: 2013/2/19
Subject:
中嶋学長御逝去のお知らせ
/President Nakajima Passed Away
To:

 

卒業生各位

在学生各位

教職員各位

 

敬はれ

凛と飛翔や

雪の槍

 

uyamaware

rin to hisho ya

yuki no yari

 

中嶋嶺雄理事長・学長が、病気療養中のところ、2月14日(水)午後10時26分に、肺炎のため秋田市内の病院にて御逝去されましたので謹んでお知らせいたします。

御葬儀は昨日2月18日(月)都内の御自宅にて家族葬が行われました。

 

「教育効果、卒業生の活躍がわかる10年後に答えを出します。」

国際教養大学が開学する1年前の2003年5月10日付けの朝日新聞で中嶋学長は上記のように新設大学設立の意気込みを語っておられました。

 

「国際舞台で通用する人材を地方で育てる、現代の松下村塾にしたい」という学長の強い想いは10年を待たずに現実のものとなり、日本の高等教育に大きな影響力をもつ大学が秋田の地に根付きました。  

最近まで精力的に活動をし、次の新たな構想をたくさん抱えた学長にとっては10年目を迎える前の早すぎる旅立ちであり、創設者という大きな存在を亡くし、残念でなりません。

しかしながら、残された私たち学生・卒業生・教職員に託された課題は、学長の理念、熱意、意思、先見性を引き継ぎ、将来に向かって国際教養大学を益々発展させることであり、それこそが、学長に対する最大で最高の弔いになるものと思います。

 

なお、大学葬を3月17日(日)13時より本学多目的ホールにて執り行ないますので、お知らせいたします。

 

また、学長の奥様より次のようなメッセージをいただいております。

 

「中嶋の心は、常に、深く、学生の皆様と共にありました。在校生の卒業式ならびに全国から受験して入学してくる新入生の入学式を、毎年どれだけ楽しみにしていたことか!キャンパス近くにて闘病しておりましたのも皆様の側にいたい、という想いだったからです。

次世代のリーダーを育成したい、学生たちの力で世界一の大学にしたい、と家族がびっくりするようなことを申しておりました。

国際教養大学は中嶋が命がけで育てた大学です。これまでの皆様の御協力に心より感謝いたします。」

 

理事兼副学長 

マーク・ウィリアムズ

 

Dear Graduates, Students, Faculty and Staff members:

 

敬はれ

凛と飛翔や

雪の槍

 

uyamaware

rin to hisho ya

yuki no yari

 

 It is my sad duty to report to you that President Nakajima passed away in an Akita hospital on Thursday, February 14, 10:26 pm following a short battle with pneumonia.

 A family funeral was held on Monday, February 18, at his home in Tokyo.

 

 As the President said in an article in the Asahi Shimbun on May 10, 2003, one year before the founding of AIU: “We will only be able to judge this new university in 10 years time when we can see the success of our educational philosophy and the achievement of our graduates.”

 

 The President’s strong passion for education can be seen in his remark, “I want to make AIU into a modern-day Shokasonjuku (a famous school of Yamaguchi prefecture in the late Edo period) where we can nurture in this local environment people who can operate on the global stage.” It is no exaggeration to say that this dream has been achieved in less than 10 years and that a university which has already became influential on the national stage has taken root here in Akita.

 Until recently, the President was active in all areas of University life, full of new ideas, and passionate about the future direction of the University. The founder of this University is no longer with us to continue his work and we can only express our sadness that his activity has been cut short by his sudden passing.

 However, it is our duty, as students, graduates, faculty and staff members of AIU, to seek to continue the President’s vitality and insight, and to continue to develop AIU into the future. That is the best way for us to ensure his legacy.

 

 A University Memorial Ceremony will be held on Sunday, March 17 from 1 pm in the AIU Multi-Purpose Hall. This will be an open ceremony to which all are invited.

 

 We have received the following message from Mrs. Nakajima.

“My husband’s thoughts were always close to his students. How he used to look forward to graduation and matriculation ceremonies where he could welcome his students from all over Japan! That is why he chose to be hospitalized near the campus.

 As his family, we were often surprised to hear him taking about ‘nurturing the next generation of leaders’ and ‘making AIU into the number one University in the world with students’ help’.”

 AIU is a university into which my husband devoted all his energies. I should like to express my sincere gratitude to you all for your help up to this point.”

 

 

 Vice President and Trustee

Mark Williams

 

 

Here is an English interpretation of haiku in the above message, which was given by Hidenori Hiruta(蛭田秀法).

 

 

The Reverend Mineo Nakajima

ascending the heavens in valiance

beyond Mount Yari in snow

 

 

Here is a photo of Mount Yari in snow.

 

 雪の槍

 

Dr. Mineo Nakajima led us haiku poets in Akita as honorary president of Akita International Haiku Association.

 

Here are two haiku composed to offer our condolences on Dr. Mineo Nakajima’s death.

 

The first haiku was composed by Jin Wada(和田仁), president of Akita International Haiku Association.

 

 

羽の国も淋しからむや鳥雲に   仁

 

The land of ‘U

feels lonely too –

the bird into the clouds

 

*  (U)’  is the old name of Akita (秋田).

 

 

The last one was written by Hidenori Hiruta(蛭田秀法).

 

 

雪の嶺尊師の教へ遺りけり   秀法

 

The snowy peak –

The Reverend  Mineo Nakajima leaving behind

His teachings

 

 

May Dr. Mineo Nakajima’s soul rest in peace!

 

 

The next posting ‘Haiku in “My loved Japan” by Clelia Ifrim (1)appears on March 23.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、秋田県国際俳句協会会長和田仁氏が「秋田俳壇の先達」シリーズとして次の俳人の方々の句を選句し、短評を加えました。

ご紹介します。

 

「秋田俳壇の先達」シリーズ(1)

 

川村三千夫 (秋田県俳句懇話会会長・合歓代表・海程)

 

 

*少年の眸よ早春の潮溜まり

*震度六春の厠に四つん這い

*反転の山女そのとき白けむり

*原子炉に神は在さず五月雨

*稲架の裏馬の魂魄ひしめけり

作風:華麗にして鋭利な俳諧性が持ち味

  

武藤鉦二 (秋田県現代俳句協会会長・しらかみ主宰・海程)

  

 

*山国の山影ふくらんでゆく日永

*読本に黒塗りしころ夜の蝉

*途中から雁が音となり津軽三味

*どか雪の盆地ふんわり落とし蓋

*軒つらら民話はぐくむ硝子ペン

  

作風:俳域を超越した清冽な詩性が持ち味

  

伊藤沐雨 (天為秋田支部長)

 

 

 

*越後より軽しと羽後の雪をかき

*木版の和紙の白さを雪として

*雪囲ひして風評を寄せつけず

*せせらぎの記憶は春の小川です

*四五軒の里の総出の花筵

  

作風:高潔にして典雅な情感が持ち味

  

舘岡誠二 (前秋田県現代俳句協会会長・海程・寒鮒)

 

 

 

*地獄絵の被災地掠め岩燕

*潟の田で守護神となり雁の陣

*じわじわと寒さ酒場の客まばら

*ポケットに延命丸入れ冬の漁夫

*軒つらら一人芝居をしたくなり

  

作風:産土への存問と純度の高いヒューマニティが特色

  

石田冲秋 (俳星主幹)

 

 

 

*小夜あらし山廬の紫苑いかなれや

*かまくらや穿つ彼の世の小さき灯

*鳥帰る波音のやうな声を曳き

*箒目にはや零れをり棕櫚の花

*鶯と暫し汽車待つ無人駅

  

作風:神の恩寵のような誠実な叙情が持ち味

  

伊藤青砂 (前秋田県俳句懇話会会長・萬緑)

 

 

*色変へぬ松や真砂女と出会ひさう

*鍬一丁だけの注文鍛冶始

*だんまりの藁梵天を雪に挿す

*酔の顔風が撫でゆく川梵天

*帰らざる写真の軍馬昭和の日

 

作風:旺盛な感受にして静逸

 

前記近作選・短評:和田 仁

 

 次のシリーズを期待しております。

 

 The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「露月山人、衆目には見えない『赤い糸』を詠む」’ appears on September 3.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

平成242012)年7月国際教養大学理事長・学長の中嶋嶺雄先生を名誉会長、同大学副学長のマーク ウィリアムズ先生を副名誉会長として、秋田県俳句懇話会、俳人協会秋田県支部、秋田県現代俳句協会など、秋田県の俳壇の重鎮の皆様を顧問や相談役にお願いして「秋田県国際俳句協会」を設立いたしました。

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のE-パンフレットによる発刊にあたり、秋田県国際俳句協会会長和田仁氏から巻頭言を賜りました。

 

 

 

秋田県国際俳句協会設立の経緯について

                     会長 和田 仁

 

 このたび、多くの方々に励まされ、「秋田県国際俳句協会」を県単位としては全国に魁けて設立することが出来ました。心から御礼申し上げます。

 さて、当協会の門出は、

一、有馬朗人先生を会長とする「国際俳句交流協会」と秋田県俳壇との親密な交流

二、佐竹敬久県知事はじめ秋田の「官」の支援

三、中嶋嶺雄国際教養大学理事長・学長はじめ秋田の「学」の支援

四、経済界はじめ国際交流に心血を注いでいる「民」の支援

五、国際俳句の世界で高い評価を得ている「秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク」の実績                                  など

既に強固な基盤があり、自然発生的な安産とも言えるかも知れません。それだけに今後の活動内容が厳しく問われることになります。

 当協会の設立目的に「秋田県俳壇の振興と国境や言語の壁を越えて俳句文芸の普及交流に寄与する」と記されております。

幸い、俳壇を背負っておられます先生達はじめ多くの方々の賛同を得られ、今後も御協力を頂ける運びとなりました。深く感謝を申し上げます。

 ところで、俳句は世界一短い詩形と言われております。しかし、その呟きにも似た片言性ゆえに大宇宙さえ捕らえることが出来るのです。この含蓄のある神秘的な詩形は世界に普及する魅力を充分持ち合わせているのです。

 

献四句

 

*交響曲新世界より花便り

*夏蝶に戦の匂ひ火の匂ひ

*流星やゼロに近づく数へ方

*韃靼の海へと帰る尾白鷲

               

次に、当協会の「規約」を紹介します。

 

秋田県国際俳句協会規約

 

第一条     本会は、秋田県国際俳句協会と称する。

第二条     本会は、秋田県俳壇の振興と国境や言語の壁を越えて俳句文芸の普及交流に寄与することを目的とする。

第三条     本会は次の事業を行う。

(1)     研修会、講習会の開催。

(2)     県内外および国内外へ情報発信と講師派遣。

(3)     作品と論文発表および業績の顕彰。

(4)     機関誌の発行。

(5)     その他、目的達成のための事業。

第四条     本会に次の役員を置く。

      会長    一名

      幹事長   一名

      幹事    若干名

      監事    一名

      事務局長  一名

      会計    一名 

    二、役員職は役員会に置いて選任し、任期は二年とする。

第五条 本会の会費は、年二千円とする。

第六条 本会の会計年度は、毎年4月1日から3月31日までとする。

第七条   本規約は、役員会に諮り役員の過半数をもって柔軟かつ発展的に変更

することを妨げない。

第八条    役員会の決議により名誉会長、名誉副会長や顧問職、相談役を設けることが出来る。

 附則 本規約は平成24年7月1日から施行する。

   2,現役員の任期は、平成26年3月31日までとする。

 

次に、当協会の役員を紹介します。

 

秋田県国際俳句協会役員

  

名誉  会長  中嶋 嶺雄

国際教養大学理事長・学長

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク顧問

名誉副会長  マーク ウィリアムズ

国際教養大学副学長

顧   問  川村三千夫

秋田県俳句懇話会会長

顧   問  武藤 鉦二

秋田県現代俳句協会会長

顧   問  勝又美智雄

国際教養大学教授(図書館長)

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

顧   問  アレクサンダー ドーリン

国際教養大学教授

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

顧   問  伊藤 沐雨

「天為」秋田支部長

顧   問  伊藤 青砂

秋田県俳句懇話会顧問

顧   問  舘岡 誠二

秋田県現代俳句協会顧問

顧   問  岡部いさむ

秋田市俳句人連盟会長

顧   問  石田 冲秋

「俳星」主幹

田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

顧   問  岩谷 塵外

秋田県俳句懇話会事務局長

    役  手島 邦夫

秋田工業高等専門学校教授

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

    役  工藤 一紘

露月研究会会長

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

    役  安田 龍泉

「寒鮒」主宰

    役  山崎 雅葉

横手かまくら吟社代表

    役  伊藤 虹洋

秋田県俳句懇話会副会長

  談 役  宮本 秀峰

秋田県現代俳句協会副会長

                               (順不同)

執行  委員

会 長  和田 仁 

「天為」「合歓」国際俳句交流協会

幹事長  蛭田秀法

「天為」国際俳句交流協会

 秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局長

監 事  津谷 聡

秋田県法律事務所事務員会会長

音楽家

 

執行スタッフ

相場いぶき

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

桝田 純子

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

土井 育子

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

   

最後になりますが、より良い俳句協会に発展するように皆様からの御指導御助言を賜りたいと存じます。

また、皆様から御参加いただき、御協力を賜りますようにお願い申し上げます。

 

お問い合わせ先:メールにてお願いいたします。

蛭田 秀法

shhiruta@nifty.com

 

 The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「秋田俳壇の先達」シリーズ(1)’ appears on September 2.

  

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta