年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の選者シリーズを掲載いたします。

今回は日本語俳句部門の第6回目です。

 

第2回日露俳句コンテスト

 

工藤 一紘選 (Selected by Kazuhiro Kudo )

 

 

秀逸 (Best haiku)

 

大原 春(秋田県)

 

原爆忌燃え色の花暮れ惑う

 

Haru Ohara  (Akita Prefecture, Japan)

 

A-bombing anniversary

the glowing flower at a loss

into dusk

 

 

入選 (Honorable mentions)

 

田村 陽子 (秋田県)

 

伝説の龍の鱗や夏怒濤

 

Yoko Tamura  ( Akita Prefecture, Japan)

 

the scales of a dragon

in a legend –

summer angry waves 

 

 

和田留美 (秋田県)

 

ミモザ咲く森に小さな埴輪館 

 

Rumi Wada (Akita Prefecture, Japan)

 

mimosa blooms

in the woods

a little Haniwa house

 

 

三浦 静佳 (秋田県)

 

散り際はワルツのしなり柴木蓮

 

Sizuka Miura  (Akita Prefecture, Japan)

 

on falling

it is as if waltzing

magnolia

 

 

佐藤 二千六 (秋田県)

 

現し世の北に北ある蝉しぐれ

 

Nisenroku Sato   (Akita Prefecture, Japan)

 

in the north of the present world

lies another north

continual chirping of cicadas

 

 

吉村 栄司 (埼玉県)

 

奥入瀬にひと淀みあり秋茜

 

Eiji Yoshimura  (Saitama Prefecture, Japan)

 

an unexpected pool

in the mountain stream in Oirase

common skimmers

 

 

渡邊 紫乃 (秋田県)

 

そよ風と特等席と桜餅

 

Shino Watanabe  (Akita Prefecture, Japan)

 

the breeze

the special seat

and sakuramochi

 

Note: sakuramochi  is rice cake with bean paste wrapped in a preserved cherry leaf

 

 

柴田 晃 (秋田県)

 

空分かつ薄紅色の花の雲

 

Akira Shibata  (Akita Prefecture, Japan)

 

dividing the sky

cherry blossoms like clouds

light pink

 

 

櫻田光貴 (秋田県)

 

空仰ぎ木の芽と共に背伸びする

 

Mitsutaka Sakurada  (Akita Prefecture, Japan)

 

looking up at the sky

I stand on tiptoe

with buds

 

 

大和 凌 (秋田県)

 

紫陽花に思いを馳せる午後の闇

 

Ryo Yamato  (Akita Prefecture, Japan)

 

hydrangeas

my thoughts turning to them

darkness in the afternoon

 

 

寺田 樹 (秋田県)

 

水平線立夏とともに走り出す

 

Tatsuki Terata  (Akita Prefecture, Japan)

 

the horizon

starts running

the beginning of summer

 

 

蛭田秀法 英訳

English translations by Hidenori Hiruta

 

蛭田秀法(Hidenori Hiruta

Advertisements

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の5回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(5)

 

工藤一紘選

 

 

特選

 

癒えぬ間に春風渡る地震の海  秋田市 五十嵐悦子

 

Горе не проходит

Снова приносит весенний ветер

С моря после землетрясения

 

the sorrow never disappears

spring wind blowing from the sea again

after the earthquake

 

 

入選

 

雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁

 

В море облаков

След от крыла

Годовщина у камикадзэ

 

in a field of clouds

the wings leaving the channel behind –

the anniversary of kamikaze pilots

 

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

 

海底の謎まだ知らぬ朧月  秋田市 種村聖巴子(せいはし) 

 

Дно морское

Не разгаданная тайна

Туманная Луна

 

the bottom of the sea

its mystery is still unknown

the pale moon

 

 

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

 

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

 

生還の夫と見てをり春の海  秋田市 進藤八重子

 

Вернулся живым

Я с мужем смотрю

На весеннее море

 

after safe return

my husband and I gazing at

the sea of spring

 

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

 

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

 

海鳴りやピアスぴかりと雪女  秋田県五城目町 伊藤智子

 

Рёв моря

Блеск её серег

Снежная королева

 

a roar of the sea –

her pierced earrings flash

snow fairy

 

 

春の海脱走ペンギンのたり浮く  東大阪市 山本由紀子

 

Море весной

Сбежавший пингвин

Наслаждается плаванием

 

spring sea

escaped penguin crawling and

floating

 

 

真青に帆船来たり聖五月  仙台市 赤間学

 

В синеве

Парусник

Благословенный май

 

all pale

the sail boat comes here

the Holy May

 

 

新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

 

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

  

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(6)石田冲秋選’ appears on September 28.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は学生部門の5回目です。

日露俳句コンテスト

学生部門(5)

 

工藤一紘選

 

特選

 

アスファルト逃げ水を追う海の道 秋田工業高等専門学校 木村有希

 

Асфальт

Следует за убегающей водой

Дорога к морю 

 

asphalt

follows the road mirage –

sea road

 

 

入選

 

切り出せぬ海の波間に陽の陰る 国際教養大学  三沢萌夏

 

Не могу начать разговор

Среди волн

Мрачнеет солнце

 

hesitating to speak –

among sea waves

the sun becomes dim

 

 

陽炎に鎮魂の海夢たくす 国際教養大学 岡知奈実

 

Струится воздух

Море утешает ушедшие души

Надежда

 

on heat haze

the sea consoling the souls of the dead

lays her dream

 

 

助手席に君が残した日焼け止め 国際教養大学大学院  安斎佑理

 

На сиденье в машине

Ты оставил

Крем от загара

 

on the seat next to the driver

you left behind

your sunscreen

 

 

炎天の風に感じる渚の香 秋田工業高等専門学校 高橋佳紀

 

Под палящим солнцем

Чувствую, ветер принес

Запах с моря

 

under the flaming sun

I feel in the wind

the fragrance of the beach

 

 

北の地でつなぐ絆は海を越え 秋田工業高等専門学校 鈴木崇

 

Северные земли

Связывают узы

Им море – не преграда

 

in the northern land

the formed bonds going

across the sea

 

 

岩の間に夏のにおいを感じけり 秋田工業高等専門学校 湯沢光

 

Среди скал

Запах лета

Живет

 

among rocks

the smell of summer

into my sense

 

 

君たちとぼくらの繋がり海のよう 秋田工業高等専門学校 鈴木悠介

 

Между тобой и нами

Связь такая как

У моря

 

between you and us

the bonds are like

the sea

 

 

ラムネ越し魚の気分で海を見る 秋田工業高等専門学校 藤原史奈

 

Сквозь лимонад

Как рыба

Смотрю на море

 

over the lemon soda

feeling like a fish          

I see the sea

 

 

晩春に母なる海の子守歌 秋田工業高等専門学校 今健人

 

Поздняя весна

Морская, как материнская

Колыбельная 

 

in late spring

the sea’s, our mother’s

lullaby

 

 

日露見ゆ二つの夏の水平線 秋田工業高等専門学校 渡辺廉

 

Япония Россия видят

Два летних

Горизонта

 

Japan and Russia seen

the two summers’

horizon

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

   

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」学生部門(6)石田冲秋選’ appears on September 15.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は高校生部門の5回目です。

 

日露俳句コンテスト

 

高校生部門(5)

 

工藤一紘選

 

特選

 

希望背に素足駆り出す夏の海 秋田工業高等専門学校 澤田石達也

 

С надеждой за спиной

Мчусь босой,

Летнее море

 

with hope in the back

I rush in bare feet

summer sea

 

 

入選

 

潮風で青く紛れる夏帽子 秋田工業高等専門学校 和泉達也

 

Морской солёный бриз

Из-за тебя панама

Стала голубой

 

in the salt breeze

it looks blue

the summer hat

 

 

風鈴の音色染み入る被災海 秋田工業高等専門学校 横山悠貴

 

Отзвуки колокольчика на ветру

Доносятся неясно

До пострадавшего моря

 

the wind bell

its sound penetrates into

the disaster sea

 

 

白き海映すは空の早苗月 秋田工業高等専門学校 三浦 俊

 

Белое море

Из майского неба

Луну отражает

 

the white sea

reflecting the moon

in May sky

 

 

水浮かぶ空や立夏の海岸線 秋田工業高等専門学校 柴田 晃

 

Небо – на воде,

Полоса берега

В первый день лета

 

the water floating

in the sky –

the coastline on the first day of summer

 

 

塩の風立夏になりて隠れゆく 秋田工業高等専門学校 小林 陽介

 

Солёный ветер

В первый день лета

Прячется

 

the salt wind

on the first day of summer

hiding itself

 

 

過ぎし日の燃える水面に夏惜しむ 秋田工業高等専門学校 中村 稔希

 

Ушедшие дни

Полыхают на водной глади,

Скучаю по лету

 

the passed days

burning on the water –

I miss the summer

 

 

炎天下ジャンプ一番俺の海 秋田工業高等専門学校 小野聖斗

 

Под ярким солнцем

Люблю прыгать,

Моё море

 

under the flaming sun

jumping is the first to do –

my sea

 

 

サンダルに我が物顔の蟹ひとり 秋田工業高等専門学校 渡部 真人

 

На сандалию

Нахальный краб взобрался,

А мне одиноко

 

on sandals

the crab acts as he likes

all alone

 

 

波の先ヨットの三角ゆれている 秋田工業高等専門学校 福田太一郎

 

Над барашками волн

Треугольник яхты

Колышется

 

ahead of the waves

the triangle of a yacht

rolling

 

 

海に入り炎天語る背中かな 秋田工業高等専門学校 須藤 啓資

 

Захожу в море,

О палящем солнце

Говорит моя спина

 

going into the sea

telling about the flaming sun –

it is my back

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

   

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」高校生部門(6)石田冲秋選’ appears on September 9.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

日露俳句コンテスト

~露月山人国際賞受賞者を詩の国秋田、若しくは

APECの開催地ウラジオストクにご招待~

 

テーマ海(Umi

応募資格:日本国内又はロシア国内に居住する日本国籍又はロシア国籍を有する方。

年齢は問いません。

俳句の形式:俳句は母語で書く。

母語が日本語の場合、「海」をテーマにした有季定型による俳句。

同時に、ロシア語と英語の翻訳を加える。

ただし、ロシア語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

母語がロシア語の場合、「海」をテーマにした短い3行詩であれば形式は自由(季語を含む必要なし)。

同時に、日本語と英語の翻訳を加える。

ただし、日本語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

応募方法:以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにて

shhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙:日本語応募用紙 ロシア語応募用紙

応募期間:平成24年5月5日(土)~5月25日(金)

審査委員

蛭田秀法(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局長、

       国際俳句交流協会会員)

アレクサンダー・ドーリン(国際教養大学教授)

手島邦夫(秋田工業高等専門学校教授)

工藤一紘(秋田工業高等専門学校講師)

石田冲秋(「俳星」主幹)

五十嵐義知(「天為」同人)

内村恭子(「天為」同人、国際俳句交流協会会員)

矢野玲奈(「玉藻」、「天為」同人)

最優秀賞(露月山人国際賞)を応募作品から一句選出し、9月に予定されている日露俳句大会(秋田大会は9月22日、ウラジオストク大会は9月29日に開催)の場で表彰するとともに、副賞として、ロシアからの応募者の場合は詩の国秋田に招待、日本からの応募者の場合はAPECの開催地ウラジオストクに招待します。

また、日航財団賞優秀賞(秋田県知事賞・秋田市長賞・秋田市教育委員会教育長賞)を応募作品からそれぞれ二句選出し、俳句文化の学習の奨励のために贈呈します。各賞の受賞者には、日航財団から副賞として記念品(地球歳時記)が贈呈されます。

発表:当ホームページで入賞作品を発表いたします。(平成24年6月下旬予定)

*最優秀賞の受賞連絡及び副賞の詳細については、主催者から受賞者に対し6月29日(金)までに直接連絡があります。なお、国内交通費や滞在費などは受賞者に負担していただく場合もあります。

*優秀賞の受賞者に対しても6月29日(金)までに直接連絡があります。

 

主催:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

協賛:日航財団

後援:秋田県 国際教養大学 秋田県教育委員会 秋田県芸術文化協会 

秋田県国際交流協会 秋田市 秋田市教育委員会 秋田魁新報社

天為秋田支部 秋田ロシア語友の会 秋田ウラジオ会 国際俳句交流協会 

ウラジオストク日本センター 極東連邦大学 与謝野晶子記念文学会

共同通信社ウラジオストク支局 

お問い合わせ先:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

shhiruta@nifty.com 照会はメールでのみ受け付けております。

 

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(2):趣旨と経緯’ appears on April 15.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)