年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の選者シリーズを掲載いたします。

今回は日本語俳句部門の第9回目です。

 

第2回日露俳句コンテスト

 

矢野 玲奈選 (Selected by Reina Yano )

 

 

秀逸 (Best haiku)

 

大池 莉奈 (大阪府)

 

月涼し右手でつくる望遠鏡

 

Rina Oike  (Osaka, Japan)

 

the moon is cool

in seeing it through a telescope

made from my right hand 

 

 

入選 (Honorable mentions)

 

土谷 敏雄  (秋田県)

 

八方の海へ展ける山開き

 

Toshio Tsuchiya   ( Akita Prefecture, Japan)

 

the sea-viewing

in all directions

the opening of the mountain

 

 

和田 仁 (秋田県)

 

フィヨルドの短き夏に真帆を上ぐ

 

Jin Wada   ( Akita Prefecture, Japan)

 

the short summer

in fjord

hoisting a full sail

 

 

谷川 俊 (埼玉県)

 

紺碧の空さきがけの樹氷かな

 

Takashi Tanigawa (Saitama Prefecture, Japan)

 

under a deep-blue sky

frozen ice and snow covering trees

a harbinger

 

 

三浦 静佳 (秋田県)

 

散り際はワルツのしなり柴木蓮

 

Sizuka Miura  (Akita Prefecture, Japan)

 

on falling

it is as if waltzing

magnolia

 

 

中山 奈々 (大阪)

 

耳と反対に舌伸ぶ夏至の麒麟

 

Nana Nakayama (Osaka, Japan)

 

the tongue extending

opposite the ears

the giraffe on the summer solstice

 

 

森 公乃 (埼玉県)

 

風鈴や海を越えてく風の波

 

Satono Mori  (Saitama Prefecture, Japan)

 

the wind bell –

waves of the wind going over

the sea

 

 

鈴木 渉 (埼玉県)

 

港へとマフラーの赤海凍る

 

Wataru Suzuki  (Saitama Prefecture, Japan)

 

a red muffler

to the harbor

the sea frozen

 

 

下田 美結 (秋田県)

 

押し出して白く輝く心太

 

Miyu Shimoda  (Akita Prefecture, Japan)

 

extruded

white and shiny

tokoroten

 

tokoroten : a summer snack like transparent noodles made from seaweed called tengusa

 

 

宇佐美 慎太郎 (秋田県)

 

眼に映す風鈴越しの青き空

 

Shintaro Usami  (Akita Prefecture, Japan)

 

a blue sky

over the wind bell

reflected in my eyes

 

 

熊谷 祐介 (秋田県)

 

五月雨に打たれつつゆく回り道

 

Yusuke Kumagai  (Akita Prefecture, Japan)

 

in the summer rain

going wet, taking

a detour

 

 

蛭田秀法 英訳

English translations by Hidenori Hiruta

 

蛭田秀法(Hidenori Hiruta

Advertisements

 

 On June 10, 2013, I had 12 English haiku submitted from haikuists(俳人) in Kagoshima Prefecture(鹿児島県).

One of the haikuists says in her e-mail as follows.

 

Dear Mr. Hiruta

I would appreciate very much if I could join the Japan Russia Haiku Contest, introduced by Professor McMurray on the Asahi Haiku Network.
Please find the following haiku for my participation in the contest.

The next day, I received the following nice mail from Professor McMurray, including his haiku and a photo of his lecture.

 

Dear Haiku Colleague,

  I attach a photograph from the end of an enjoyable afternoon penning poetry following a lecture about “In English too, haiku can be enjoyed.” 英語で 俳句を楽しむ.

Wheelchair
creaks along the board walk
through iris

 

KagoshimaHaikuMeeting[1] 

   Participants were particularly attentive when they received an application form for The Second Japan-Russia Haiku Contest. I trust you will soon receive a surge in entries from haikuists in Kagoshima Prefecture that might rival the excellent poems that you have surely received from other prefectures in Japan and Russia.

 The beautiful venue was the かごしま県民交流センター3
Kagoshima Prefectural Citizens Exchange Center 3F. 892-0816 鹿児島市山下町14-50

講演は成功されたということで私も嬉しく思っています。

Kindest of regards from the other end of Japan,

David McMurray

マクマレイ・デビッド
鹿児島国際大学
国際文化学部教授
国際交流委員長

新俳句:
http://ajw.asahi.com/search/?q=haiku

You’re sure to like these poems:
http://ajw.asahi.com/article/cool_japan/culture/AJ201306070059

 

 

    Secondly, let me take up the column in the evening newspaper issued by Tokyo Head Office of The Yomiuri Shimbun (読売新聞)on June 7.

In the column Ms. Reina Yano(矢野玲奈)referred to The Second Japan-Russia Haiku Contest.

She is one of the judges in the Japanese haiku section of the contest.

You can see the column in a copy below.

 

読売・さきがけ・クロアチア 002

  

Thirdly, Ms. Emiko Tsuchida(土田絵美子), a reporter at The Akita Sakigake Shimpo(秋田魁新報),asked questions about The Second Japan-Russia Haiku Contest, reporting her article in Akita Sakigake newspaper(秋田さきがけ) on June 7.

You can see the article in a copy below.

 

読売・さきがけ・クロアチア 001

 

      Lastly, let me take up the introduction to the people in Primorsky Krai, Russia

(ロシア沿海地方)through the homepage of the Government of Primorsky Region.

Второй Японо-Российский конкурс хайку продолжается

30.05.2013, 10:45

В мае 2012 года Международное общество хайку, сэнрю, танка префектуры Акита (Япония) впервые запустила в рамках празднования 20-летия подписания Соглашения о дружбе и сотрудничестве проект Японо-Российский конкурс хайку на тему «Море (Японское море), которое нас объединяет», призванный способствовать развитию культурных связей между Японией и Россией.

Как сообщает департамент международных отношений и развития туризма Приморского края, в 2012 году на конкурс было направлено 428 работ увлеченными студентами и любителями хайку со всей Японии и России. В частности, 58 хайку были направлены из различных регионов России: Владивосток, Сахалин, Москва, Московская область. Санкт-Петербург, Магадан. Биробиджан, Новосибирск, Уфа. Благовещенск, Свердловск, Пермь, Калуга, Краснодар, Тихвинг, Чувашская Республика, Республика Татарстан, и т.д. Было принято решение провести Второй Японо-Российский конкурс хайку в трех языковых секциях: японская, русская, английская.

Организаторами конкурса выступают Международная сеть хайку, сэнрю, танка, Международное общество хайку, сэнрю, танка префектуры Акита при поддержке администрации Приморского края, ДВФУ, Литературное общество имени Ёсано Акико.

По условиям конкурса, в нем могут принять участие люди любой национальности со всего мира. Поэт должен предоставить только одно хайку.

К рассмотрению будут приниматься только не публикованные ранее хайку, поданные в соответствии с формой (в приложении) только в одну из секций на японском, русском или английском языке.

Японская секция хайку – заполнить форму на японском языке и направить по адресу: shhiruta@nifty.com

Русская секция хайку – заполнить форму на русском языке и направить по адресу: shhiruta@nifty.com

Английская секция хайку – заполнить форму на английском языке и направить по адресу: shhiruta@nifty.com

Сроки подачи хайку: 1 мая 2013 года – 30 июня 2013 года.

По два победителя в каждой секции будут уведомлены в конце августа 2013 года. Объявление о результатах конкурса будет размещено на сайте Сети международной хайку, сэнрю, танка https://akitahaiku.wordpress.com/ в начале сентября 2013 года.

Хайку победителей (на трех языках) и фото победителей также будут размещены на данном сайте. Победители получат грамоту и приз.

Справки можно получить по электронной почте: shhiruta@nifty.com

 

We sincerely hope that you will submit your haiku, sharing haiku with each other.

Haiku will appear on the website in September.

 

Deadline is June 30.

 

The next posting ‘Haiku by Stjepan Rozic in Croatia(5) ’ appears on June 22.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の2回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(2)

 

矢野玲奈選

 

特選

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

荒海と桜貝の組み合わせが良いです。

 

 

入選

 

梅雨晴れの海に消えゆくフェリーかな  秋田市 幸野稔

 

Разъяснилось в сезон дождей

В море исчезает

Наверное, паром

 

in the sunny weather during the rainy season

it vanishes away into the sea

the ferry

 

「梅雨晴れ」と「消えゆく」のずれが面白いです。

 

 

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

 

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

少し力が入ってしまっていますが、モチーフは良いと思います。

 

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

 

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

母なる海の大きさを感じます。

 

 

山男海の広さにおどろけり 仙北市 高橋亮順

 

Альпинист с высоты

Удивляется

Океанским просторам

 

the mountain climber

in amazement at

how wide the sea is

 

海が身近にない人にとって驚くほどの海の広さ。「おどろきし」という言い回しにすると無理がありません。

 

 

大宇宙地球のふろしき海光る  秋田市 桝田純子

 

У космоса

Для земли фуросики –

Сверкающее море

 

Фуросики – квадратный кусок материи, узелок, в который заворачивают всё – от одежды до книг.

 

the macrocosm

the earth’s cloth wrapper –

the sea shines

 

独自の表現を見つけたところが良いと思います。

 

 

荒磯の梅雨空重き男鹿の海  秋田市 大宮浩樹

 

Скалистый берег

Набухшее небо сезона дождей тяжелеет

Море Ога

 

in rough rocky beach 

the cloudy sky during the rainy season getting heavy

the Oga sea

 

実感があります。

 

 

はるばると来てバルト海白夜なり  秋田市 山内誠子

 

Долго добирались

Наконец мы здесь, Балтийское море

Ночь под полуночным солнцем

 

after a long journey

we are here in the Baltic Sea

night under the midnight sun

 

「はるばると」で感動していることがわかりますが、もう少し内容が加わると良いと思います。

 

 

春の海脱走ペンギンのたり浮く  東大阪市 山本由紀子

 

Море весной

Сбежавший пингвин

Наслаждается плаванием

 

spring sea

escaped penguin crawling and

floating

 

脱走ペンギンとは群れを離れたということでしょうか。気ままにしている感じが面白いです。

 

 

真青に帆船来たり聖五月  仙台市 赤間学

 

В синеве

Парусник

Благословенный май

 

all pale

the sail boat comes here

the Holy May

 

清々しく感じます。

 

 

新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

 

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

新涼の頃の空気感がよく伝わってきます。

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(3)五十嵐義知選’ appears on September 25.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

 

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は学生部門の2回目です。

 

日露俳句コンテスト

 

学生部門(2)

 

矢野玲奈選

 

特選

 

背中から五月のひびき潮の香 秋田工業高等専門学校 佐々木高一

 

Из-за моей спины

Майские звуки

И пахнет прибой

 

from behind my back

the May sound and

the fragrance of the tide

 

五月のひびきと捉えたところが良いです。

 

 

入選

 

波が波追いかけて逢う夏の崖

京都大学

(スウェーデンストックホルム大学留学中

黒岩徳将

 

Волна за волной

Спешит на свидание

С летним берегом

 

A wave heads

for another wave

Meeting a cliff in the summer

 

波を擬人化し、波の動きを表したところが面白い。

 

 

切り出せぬ海の波間に陽の陰る   国際教養大学 三沢萌夏

 

Не могу начать разговор

Среди волн

Мрачнеет солнце

 

hesitating to speak –

among sea waves

the sun becomes dim

 

自然の描写する姿勢に好感がもてる。

 

 

助手席に君が残した日焼け止め  国際教養大学大学院 安斎佑理

 

На сиденье в машине

Ты оставил

Крем от загара

 

on the seat next to the driver

you left behind

your sunscreen

 

切ない夏の思い出を日焼け止めという物で表現したところが良い。

 

 

岩の間に夏のにおいを感じけり 秋田工業高等専門学校 湯沢光

 

 

Среди скал

Запах лета

Живет

 

among rocks

the smell of summer

into my sense

 

実感があるのでしょう。

 

 

桜舞う校舎の窓の日本海 秋田工業高等専門学校 越後谷海斗

 

Танец цветущей сакуры

В школьном окне

Обращенном на Японское море

 

cherry blossoms dance

in the school windows

facing the Sea of Japan

 

海に近い学校に通っている人の特権ですね。

 

 

葉桜の隙間に見ゆる大海原 秋田工業高等専門学校 櫻井公平

 

Сквозь узор листьев сакуры

Виднеются

Просторы океана

 

in sprouting fresh leaves

seen through an opening of the cherry tree

the mighty ocean

 

距離感が良いです。

 

 

ラムネ越し魚の気分で海を見る 秋田工業高等専門学校 藤原史奈

 

Сквозь лимонад

Как рыба

Смотрю на море

 

over the lemon soda

feeling like a fish          

I see the sea

 

気持ち良さそうな海です。

 

 

晩春に母なる海の子守歌 秋田工業高等専門学校 今健人

 

Поздняя весна

Морская, как материнская

Колыбельная 

 

in late spring

the sea’s, our mother’s

lullaby

 

一定のリズムをもつ波の音は子守歌のようです。晩春の雰囲気とあっています。

 

 

おだやかな波の音聞き過ごす夏 秋田工業高等専門学校 藤井洸太

 

Умиротворенные волны

Слушая

Проходит лето

 

calm waves

listening to their sound

passing the summer

 

夏に穏やかな波を聞く時間を持てる幸せが感じられます。

 

 

光る海入道雲が呼んでいる 秋田工業高等専門学校 熊沢和人

 

Сверкает море

Грозовые облака

Зовет

 

the shining sea –

thunderheads

calling

 

海が入道雲を呼んでいるという見かたが新鮮でした。

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

 

 

 The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」学生部門(3)五十嵐義知選’ appears on September 12

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

 今回は高校生部門の2回目です。

 

日露俳句コンテスト

 

高校生部門(2)

 

矢野玲奈選

 

特選

 

海近し夏の潮の香肌でかぐ 秋田工業高等専門学校 白鳥翔

 

Приближаюсь к берегу

Запах летнего моря

Ощущаю на своей коже

 

the sea approaching

the smell of summer tide

I take on my skin

 

いつのまにか肌に潮の香が沁みこむほど海に近づいているのだなぁという喜び、海への期待感を「かぐ」という動作で表現したところが良いと思います。

 

 

入選

 

潮風と水の香りと海の青 秋田県立角館高等学校 三浦志穂

 

Соленый бриз,

Запах воды,

Синева моря

 

salt breeze,

the fragrance of the water,

and the blue of the sea

 

全身で海を感じている幸せを端的に表わしています。

 

 

海からの景色はみな同じだよ 秋田県立角館高等学校 石郷岡智

 

С моря увиденные

Картины берега

Смотрятся одинаково

 

seen from the sea

the sights are all

the same

 

作者ならではの発見が良いです。

 

 

水面に映り揺れてる月の色 秋田県立角館高等学校 佐藤一基

 

На глади воды

Отражается и дрожит

Свет Луны

 

on the water

reflected and wavering

the color of the moon

 

月が揺れているというのではなく、月の色としたところが上手です。

 

 

春が過ぎ夏が来たぜ海ザバーン 秋田県立角館高等学校 岩根侑和

 

Прошла весна,

Лето наступило!

Ныряем в море

 

spring gone

summer comes here –

diving into the sea

 

言葉の勢いと波の勢いが合っていて、元気な作品です。

 

 

砂浜に書いては消えて日は沈む 秋田県立角館高等学校 佐藤将充

 

Написанное на песке

Исчезает,

Солнце садится в море

 

writing in the beach

and they are deleted –

the sun sets in the end

 

どんな文字を書いていたのでしょう。ロマンチックです。

 

 

炎天下ジャンプ一番俺の海 秋田工業高等専門学校 小野聖斗

 

Под ярким солнцем

Люблю прыгать,

Моё море

 

under the flaming sun

jumping is the first to do –

my sea

 

「俺の海」と言ってしまう図々しさが面白いです。

 

 

波音のすずしい音色着信音 秋田工業高等専門学校 松川直樹

 

Шум волн –

Так звучит прохлада,

Оживляет, как звук принятого сообщения

 

the sound of waves

its cool tone

it is the ringing tone

 

着信音が波音であるという解釈でも良いですが、波音を聞いている最中に着信音があったという状況だと、どんな電話(メール)なのかしらと想像する楽しみが出てきます。

 

 

冬の海流れる白の冷たさよ 秋田工業高等専門学校 鈴木諒介

 

Зимнее море

Белый поток

Как холодно

 

winter sea

flows white

how cold it is!

 

冬の波を言っているのでしょう。「流れる白」という表現が詩的です。

 

 

冬の海東は青く西白く 秋田工業高等専門学校 三浦祐介

 

Зимой море

На Востоке синее,

Белое – на Западе

 

winter sea –

the east is blue

the west is white

 

綺麗な作品です。色の対比を利用して海の広さも表現ができていると思います。

 

 

さざ波がまあるく繋ぐ青い糸 秋田県立角館高等学校 阿部志緒里

 

Шум прибоя,

Закругляясь, волны

В синюю нить превращаются

 

wavelets

tie in a circle

the blue thread

 

少し意味が分かりづらいですが、「海」がどのようなものであるかを表現しようと挑戦した作品です。

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

English translations by Hidenori Hiruta 英訳 蛭田秀法

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」高校生部門(3)五十嵐義知選’ appears on September 6.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

日露俳句コンテスト

~露月山人国際賞受賞者を詩の国秋田、若しくは

APECの開催地ウラジオストクにご招待~

 

テーマ海(Umi

応募資格:日本国内又はロシア国内に居住する日本国籍又はロシア国籍を有する方。

年齢は問いません。

俳句の形式:俳句は母語で書く。

母語が日本語の場合、「海」をテーマにした有季定型による俳句。

同時に、ロシア語と英語の翻訳を加える。

ただし、ロシア語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

母語がロシア語の場合、「海」をテーマにした短い3行詩であれば形式は自由(季語を含む必要なし)。

同時に、日本語と英語の翻訳を加える。

ただし、日本語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

応募方法:以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにて

shhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙:日本語応募用紙 ロシア語応募用紙

応募期間:平成24年5月5日(土)~5月25日(金)

審査委員

蛭田秀法(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局長、

       国際俳句交流協会会員)

アレクサンダー・ドーリン(国際教養大学教授)

手島邦夫(秋田工業高等専門学校教授)

工藤一紘(秋田工業高等専門学校講師)

石田冲秋(「俳星」主幹)

五十嵐義知(「天為」同人)

内村恭子(「天為」同人、国際俳句交流協会会員)

矢野玲奈(「玉藻」、「天為」同人)

最優秀賞(露月山人国際賞)を応募作品から一句選出し、9月に予定されている日露俳句大会(秋田大会は9月22日、ウラジオストク大会は9月29日に開催)の場で表彰するとともに、副賞として、ロシアからの応募者の場合は詩の国秋田に招待、日本からの応募者の場合はAPECの開催地ウラジオストクに招待します。

また、日航財団賞優秀賞(秋田県知事賞・秋田市長賞・秋田市教育委員会教育長賞)を応募作品からそれぞれ二句選出し、俳句文化の学習の奨励のために贈呈します。各賞の受賞者には、日航財団から副賞として記念品(地球歳時記)が贈呈されます。

発表:当ホームページで入賞作品を発表いたします。(平成24年6月下旬予定)

*最優秀賞の受賞連絡及び副賞の詳細については、主催者から受賞者に対し6月29日(金)までに直接連絡があります。なお、国内交通費や滞在費などは受賞者に負担していただく場合もあります。

*優秀賞の受賞者に対しても6月29日(金)までに直接連絡があります。

 

主催:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

協賛:日航財団

後援:秋田県 国際教養大学 秋田県教育委員会 秋田県芸術文化協会 

秋田県国際交流協会 秋田市 秋田市教育委員会 秋田魁新報社

天為秋田支部 秋田ロシア語友の会 秋田ウラジオ会 国際俳句交流協会 

ウラジオストク日本センター 極東連邦大学 与謝野晶子記念文学会

共同通信社ウラジオストク支局 

お問い合わせ先:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

shhiruta@nifty.com 照会はメールでのみ受け付けております。

 

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(2):趣旨と経緯’ appears on April 15.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)