%e8%a9%a9%e3%81%ae%e5%9b%bd%e7%a7%8b%e7%94%b0%e7%ac%ac8%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99                                   

 

                               祝「日露俳句コンテスト」5周年               

 

                                                                       

%e8%a9%a9%e3%81%ae%e5%9b%bd%e7%a7%8b%e7%94%b0%ef%bc%88%e7%a9%82%e7%a9%8d%e7%a7%8b%e7%94%b0%e5%b8%82%e9%95%b7%ef%bc%89

                         秋田市長 穂 積  志

 

 

 

 

%e7%a7%8b%e7%94%b0%e5%b8%82%e9%95%b7%e3%83%bb%e6%8c%a8%e6%8b%b6

 

 

Congratulations on the 5th Anniversary of the Japan-Russia Haiku Contests    

Motomu Hozumi, Mayor of Akita City

Let me send you my hearty congratulations on the 5th anniversary of the Japan-Russia Haiku Contests.  It is also a great honour to greet you in Akita—the Land of Poetry vol. 8, to be published on this memorable occasion.

I understand that through haiku, a traditional culture of Japan, the exchanges among the haiku lovers in the world have been rapidly promoted due to the endeavors of Akita International Haiku Network, the sponsoring organization of the Contests.  I tender my sincerest homage to the activities of the Network.

The Japan-Russia Haiku Contest project was launched in May, 2012, to commemorate the 20th anniversary of the sister city relationship between Akita and Vladiovostok.  The 1st contest was targeted at Japan and Russia only, with 60 haiku submitted in Russian, while to the current 5th contest, I am told, besides the submission of over 450 haiku in Russian, 1,167 haiku have been submitted from 60 countries all over the world.

As well as from Russia, numerous submissions to the current contest are from Germany, the United States, and China, countries which include our sister cities.  In Passau, Germany, for example, more and more people have been interested in haiku, with haiku by Ishii Rogetsu and Ando Wafu translated in German and printed in local literary magazines.  Haiku has indeed made significant contributions to the exchanges between Akita and our sister cities.  I expect more and more friendly relations will be promoted among us through haiku.

In June, next year, Akita and Vladiovostok will have the 25th anniversary of our sister city relationship.  On the 27th of November this year, our city is planning to commemorate it by inviting the ethnic music and dance ensemble made up of graduates and staff of Far-Eastern State Academy of Arts, and holding an admission-free concert for our residents in Akita City Culture Center.  It is my pleasure to offer you numerous Russian folk songs familiar to your ears with fantastic performances, songs, and dances, accompanied on the Russian folk musical instruments.

The friendly relations we have developed with our sister cities are our common assets in the constantly changing world situation.  I will continue to try to implement projects which can return the results of out exchanges to our residents.

Lastly, I wish all of you good health and every success, and hope your haiku project will be more and more prosperous.

 

Translated by

KONO, Minoru

Professor Emeritus

Akita University

 

 

ПОЗДРАВЛЕНИЯ ПО СЛУЧАЮ ПЯТИЛЕТИЯ ПРОВЕДЕНИЯ ЯПОНО-РОССИЙСКИХ КОНКУРСОВ ХАЙКУ

 

                                            Мотому Ходзуми, мэр города Акита

 

        Позвольте принести мои поздравления по случаю пятой годовщины проведения японо-российских конкурсов хайку. Для меня большая честь приветствовать вас в пятом выпуске брошюры «Акита – земля поэзии», который будет опубликован к годовщине.

        Я знаю, что благодаря активной деятельности Акитской Международной Сети хайку (Akita International Haiku Network) , спонсорской организации конкурсов,  значительно продвинулись связи между любителями хайку во всем мире. Мы воздаем должное самоотверженным усилиям членов этой организации.

       Проект проведения Японо-российских конкурсов хайку был впервые запущен в мае 2012 г. в ознаменование двадцатой годовщины подписания соглашения о породненных городах между Акитой и Владивостоком. Первый конкурс охватывал только японский и российский контингент участников и собрал всего 60 хайку, присланных из России, меж тем как проходящий ныне пятый конкурс, по моим сведениям, собрал не только свыше 450 хайку из России, но ив целом  1167  хайку из 60 стран со всех концов света.

       Многочисленные хайку поступили на текущий конкурс не только из России, но также из Германии, США и Китая – стран, в которых находятся породненные с Акитой города. В германском Пассау, например, все больше людей интересуется хайку – особенно сейчас, когда были переведены на немецкий и опубликованы в местных литературных журналах произведения Исии Рогэцу и Андо Вафу. Хайку внесли большой вклад в развитие культурного обмена между Акитой и породненными городами. Я надеюсь, что в дальнейшем наши отношения будут и впредь развиваться благодаря хайку.

       В июне будущего года Акита и Владивосток отметят двадцать пятую годовщину установления  особых отношений между нашими породненными городами. 27 Ноября нынешнего года в порядке подготовки к празднованию наш город намерен пригласить ансамбль народной музыки и танца коллектива выпускников и работников Дальневосточной государственной Академии искусств и устроить бесплатный концерт для жителей Акиты в городском Культурном центре. Мы будем рады представить вам  в фантастическом исполнении многочисленные русские народные песни и танцы , с которыми вы, возможно уже встречались, в сопровождении оркестра русских народных музыкальных инструментов.

      Дружеские отношения, которые сложились между нашими породненными городами,  – это наше общее достояние в постоянно меняющемся мире. Я и впредь буду содействовать реализации проектов, результаты которых пойдут на пользу гражданам нашего города.

       В заключение позвольте пожелать вам доброго здоровья и успехов. Надеюсь, что проекту развития хайку предстоит дальнейшее процветание.

 

Translated by

Alexander Dolin

Professor of Japanese Literature 

and Civilization Studies

Akita International University

Japan    

 

%e8%a9%a9%e3%81%ae%e5%9b%bd%e7%a7%8b%e7%94%b0%e7%ac%ac%ef%bc%98%e5%8f%b7%ef%bc%88%e9%b3%a5%e6%b5%b7%e5%b1%b1%ef%bc%89   

 

HAIKU IN RUSSIAN FROM THE COUNTRIES OF THE WORLD

 

 In the world haiku movement poems in Russian occupy an important place. We receive them from Ukraine and Belarus, from Israel and Kazakhstan, from Armenia and Uzbekistan, from Moldova and Bulgaria – from all those places where the Russian diaspora communities have settled after the collapse of the communist empire. Over twenty million former Soviet citizens and their children who still call Russian their native tongue live now beyond the borders of the Russian Federation. Many of them keep reading Russian books and journals, watching Russian TV channels and speaking Russian in daily life. No wonder that there are poets who still prefer Russian for the expression of their thoughts and sentiments, sharing the traditional love for the Japanese poetic tradition. Literature and arts easily go across the borders. Even more it refers to the international brigade of haiku-lovers who draw inspiration from the Japanese classics. Hundreds of poets compose haiku in Russia and scores of poets write haiku in Russian abroad inspired by the numerous translated collections of Japanese poetry. Let’s wish them further success in their bold poetic experiments.

 

Ксения Никодимова

Ksenia Nikodimova  (Belarus) 

 

С разных сторон

Стрекоза и паук на листе.

Вода прозрачна…

 

On two sides of a leaf

A dragonfly and a spider together

transparent water

 

葉の表裏に

蜻蛉と蜘蛛が一緒に

上澄みの水を飲んでいる

 

 

Ирина Ожеховская

Irina Ojehovskaya  (Ukraine)  

 

Нити золота

Пересекают реку.

Последний закат.

 

Golden threads

Crossing the river –

The last sunset.

 

金色の線が

川を横切っている ―

最後の夕焼け

 

 

Михаил Мишин

Michail Mishin  (Ukraine)  

 

В озере вершин

горных отражение –

счастливый дуэт.

 

In the lake

A reflection of the peaks –

A happy duet,,,

 

湖面に

峰々の影 ―

幸せな一対

 

 

Ион Кузуйок

Ion Kuzuyok  (Republic of Moldova)

 

ржавый замок –

между собой читаются

письма в ящик

 

A rusty lock –

Letters in the mailbox

Interesting only for each other…

 

さびた錠 ―

郵便受けの手紙

お互いのためにだけ興味深い...

 

 

Елена Клепикова

Elena Klepikova  (Kazakhstan) 

 

С облаком вровень

Плыву над вершинами.

Горы в тумане.

 

With the clouds

I float over the peaks –

Mountains covered with mist…

 

雲と共に

峰々をさまよう ―

靄に覆われた山々

 

 

Маргарита Богданович

Margarita Bogdanovich  (Belarus)  

 

Молчит стрекоза над водою,

Дожидаясь рассвета…

Построю и я здесь качели.

 

 

A silent dragonfly upon the water

Waiting for dawn,,,

I will build a swing here

 

水面に静かな蜻蛉が一匹

夜明けを待っている、、、

ここにブランコを作ります

 

 

Леонид  Светик

Leonid Svetik  (Belarus) 

 

Солнце над морем.

Волны бьются о скалы.

Холст всё ещё пуст.

 

Sun over the sea.

Waves pounding the rocks.

The canvass is still empty.

 

太陽が海一面に

波は岩を強く打っている

キャンバスはまだ空っぽ

 

 

Елизавета Безушко

Elisaveta Bezushko  (Ukraine)(Student )

 

Ракушки в море.

Жаль, что не видят пейзаж!

Садится солнце.

 

Shells in the sea.

It’s a pity they don’t see the landscape!

The sun is setting.

 

海中の貝

景色が見えないのが残念

太陽が沈んでいる

 

 

Лидия Ляшенко

Lidia lyashenko  (Ukraine) 

 

Вечер. Мелкий дождь.

Капли бьются о стекло

сердцу в унисон.

 

Drizzling rain in the dusk.

Drops knocking on the window

In unison with the heartbeat.

 

夕暮れ時の細い雨

滴が窓を叩いている

心臓の鼓動と調和して

 

 

Vitali Khomin  (Ukraine) 

 

аист над крышей

между вершиной и небом

белый снег

 

A stork on the roof.

Between the peak and the sky

Just white snow.

 

屋根の上にコウノトリ

峰と空の間には

ただ白雪だけ

 

 

Рут Соминская

Ruth Sominskaya (Israel) 

 

В зыбкой дымке песков

Лоск глянцевой глади

Мертвого моря

 

In the shaky sandy mist

The glamour of the silky water

In the Dead Sea.

 

揺れるような砂の霧の中で

死海の絹のような水のうっとりさせる美しさ

 

 

Елена Шуваева-Петросян

Elena Shuvaeva-Petrosyan  (Armenia) 

 

Как много огоньков:

Персеиды, светлячки, костер, глаза шакалов.

Вернешься: за неуплату отключен свет.

 

So many lights –

All these fireflies, bonfires, jackal’s eyes…

And at home the power is off for ignoring the bill.

 

とっても多くの光 ―

これら全ての蛍、篝火、ジャッカルの目...

そして家では請求書を無視したために電力が止まっている

 

 

Владимир Кунцман

Vladimir Kuntsman (Israel)  

 

Блики света

Плоды оливы на мостовой

Иерусалим

 

Bleaks of sunlight

Olives on the asphalt

Jerusalem

 

日光の揺れる影

道路に落ちたオリーブの実

ジェルサレム

 

 

Михаил Низовцов

Michail Nizovtsev  (Ukraine)

 

Японский? Русский? –

Море не различает.

Берега – братья.

 

Japanese shore?  Russian shore?

It doesn’t matter for the sea

Both shores are brothers.

 

日本の海岸? ロシアの海岸?

それは、海にとっては問題ではない

両岸は同胞である

 

 

Татьяна Худая

Tatiana Khudaya  (Belarus) 

 

Голубого льна

В зеркалах озерных

Времени холсты

 

In the mountain lake

Of the blue linen

The pictures of time

 

青いリンネルの山の湖に

歳月の描く絵のいろいろ

 

 

Ирина Мадрига

Irina Madriga  (Ukraine)

 

Чтоб море видеть,

стой на макушке горы,

встречая солнце

 

To watch the sea

Come to the top of the mountain

With the dawn.

 

海を見るために

山頂に来なさい

日の出と共に

 

 

Лев Альтмарк

Leo Altmark  (Israrel) 

 

Осенью сердце

Прячется в дыме костра…

Или в тумане?

 

The heart in fall

Hides in the smoke of the bonfire

Or just in fog?

 

秋の心

たき火の煙の中に隠れる

あるいは、霧の中に隠れるのだろうか?

 

 

Андрей Анфиров

Andrey Anfirov  (Uzbekistan)

 

Осень. Медленно падают листья.

Маленькая стрекоза заснула у окна.

Проснется ли она весной?

 

Autumn leaves are falling.

A small dragonfly is sleeping at the window.

Will it wake up in spring?

 

秋の木の葉が落ちている

小さな蜻蛉が窓で眠っている

春に目覚めるだろうか?

 

 

Иван  Александров

Ivan Alexandrov  (Bulgaria)

 

Земля вращается не останавливается
Орта и потому, что все больше и больше уже умерли.
Сохраните вашу землю, чтобы ваши дети едва известны,
сохранить больше красоты и воды на земле.
Пусть ваши дети земля, красота и вода.

 

Planet earth is spinning

Keep your Earth alive for your children yet unknown

Keep more water and beauty!

 

地球という惑星が回転している

まだ無名の子供たちのためにあなたの地球を生かし続けてください

もっと多くの水と美しさを保ってください

 

 

Владимир-Георгий (ВлаСт) Ступников

Vladimir-Georgiy Stupnikov  (Kazakhstan)

 

Меркнет звёздный свод

Ритмичный всплеск у камышей

В садке два карпа

 

The starry sky is getting dark.

Rhythmic splashes in the reeds.

Two carps in a trap.

 

星の多い空が暗くなりつつある

葦の間にリズミカルなバシャンという音

わなにかかった二匹の鯉

 

 

Алина Кусаинова

Alina Kusainova   (Kazakhstan)(Student )

 

Трава манит к себе,

И нежно говорит,

Все шепчет о любви..

 

Grass is calling me

Whispering gently

The words of love

 

草が私を呼んでいる

優しく囁いている

愛の言葉を

 

 

Екатерина Дементьева

Ekaterina Dementieva  (Ukraine)(Student )

 

Камень голыш спит

Убаюканный морем

Ему снятся скалы

 

A pebble on the beach

Is seeing dreams

Of the big rocks

 

浜辺の小石

大きな岩の夢を見ている

 

 

Михаил Климов

Michail Klimov  (Israel) 

 

Сирень расцвела

Но моря между нами

Только мечта там

 

Lilac in bloom

But we are separated by seas –

Still my dream flies there

 

花の咲いているライラック

しかし私たちは海で引き離されている―

でも私の夢はそこに飛んで行く

 

 

Валентина Ханзина

Valentina Khanzina  (Canada) 

 

Слушаю море

в фарфоровой чашке

завывает метель

 

I am listening to the sea

In the porcelain cup –

The roar of the blizzard

 

私は磁器の中の海の音にじっと耳を傾けている ―

猛吹雪のうなり声

 

 

Виктория Маринова

Victoria Marinova  (Bulgaria)

 

белая трoпѝнка

луна целует море

прилив любви

 

A white moonlight path

Kissing the sea –

The tide of love

 

白い月光の進路が海にキスしている ―

愛の潮

 

 

Alexander Dolin

Professor of Japanese Literature 

and Civilization Studies

Akita International University

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Akita is a place of wonderful nature highlighted by folklore, enchanting tales and legends.

One of the many great mysterious folkloric tales is encapsulated in the golden statue you see in the picture. The statue is of Tatsuko Hime(辰子姫). We’ll call her Princess Tatsuko.

Erected in 1968, this golden statue stands on the shore of Lake Tazawa(田沢湖), the deepest lake in the entire Japanese archipelago. Legend has it that the crystalline waters that feed the lake were a main source of Princess Tatsuko’s enchanting beauty. She drank from these waters in the belief that it would give her eternal beauty. Unfortunately, she drank so much of the water that Goddess Kannon (観音)cursed her, and turned her into a water dragon.

Well, the story gets more interesting. Prince Hachirotaro(八郎太郎), a young prince from a nearby village, went fishing one day and ate a fish from a stream near Lake Tazawa and from that developed a powerful unquenchable thirst. He drank the water there for 33 days, and as a result also turned into a huge water dragon! Since he could never go home in such a condition, he decided to inhabit Lake Tazawa, which as you know was home to Princess Tatsuko. Of course they got together. 2 water dragons in the same place, what are the chances!?!

Tales passed down throughout the different eras tell us that during the winter months, the heat from their passionate lovemaking prevents the lake from ever freezing over. Scientists might give you another version but it won’t be as romantic !

http://akitahaiku.blogspot.jp/2009/12/haiku-about-princess-tatsuko.html

 

 

HAIKU IN ENGLISH FROM THE COUNTRIES OF THE WORLD

 

Kirsten Cliff   (New Zealand) 

 

hoofbeats

the sea salt scent

through her hair

 

ひづめの音

海水の塩の匂い

彼女の髪から

 

 

Wendelinus Wurth  (Germany)

 

a slight breeze tugging

the immovable mountains

into the lake

 

かすかなそよ風が強く引いている

不動の山々を

湖の中へ

 

 

Maria Tirenescu   (Romania) 

 

on a cliff

writing a new haiku  –

golden twilight

 

岩壁に

新しい俳句を書いている ―

金色のたそがれどき

 

 

Krzysztof Kokot   (Poland)

 

old boat –

compass needle always

on the rising sun

 

古い船 ―

羅針盤の針は常に

昇ってくる太陽の上

 

 

MARETIC MARIJA   (Croatia) 

 

summer by the sea

the klapa’s song fulfils

the emptiness of my heart

 

海のそばの夏

クラパの歌が私の心の空しさを満たす

*クラパ(クロアチア語: Klapa)は、クロアチアのダルマチア地方で行われているア・カペラ(無伴奏)の男声合唱

 

 

Irene Massumi F U K E   (Brazil) 

 

Chisel of the wind  —        

ephemeral sculpture of the dune.

The moving art!

 

風の彫刻刀――

砂丘のつかのまの彫刻

動く芸術!

 

 

Knežević Vilma   (Croatia)

 

flowing river 

carries information

on eco-friendly homeland 

 

流れる川

情報を運ぶ

生態系にやさしい故郷に

 

 

Sofia Tsagari   (Greece)

 

Smiling dolphins

spurt out of the blue

to seize the breeze

 

微笑んでいるイルカ

青い海からほとばしり出る

そよ風をつかみ取るために

 

 

Kovačić Nina   (Croatia) 

 

rain at sea

drops disappear

in drops

 

海に雨

滴が消える

滴の中に

 

 

Dimitrij ŠKRK   (SLOVENIA) 

 

my feet in the sea …

the gull’s flight draws a skyline

between the two depths

 

海に入った私の足...

カモメの飛行が地平線を引き寄せる

二つの深さの間に

 

 

Štefanija Ludvig   (Croatia) 

 

calm sea

hills and cloudy sky

sinking with the Sun

 

穏やかな海

丘や曇った空

太陽と共に沈んでいる

 

 

Vladimir Ludvig (Croatia)  

 

flood —

torrents carry off the nest

small birds scream

 

洪水 --

激流が巣を運び去る

小鳥が金切り声を出す

 

 

David Nunn  (UK)

 

A cockatoo calls

The scent of frangipani

Infuses the air          

 

バタンが鳴き叫ぶ

プルメリアの香りが辺りの空気に満ちている

 

 

Sasa Vazic   (Serbia) 

 

distant mountain

bounces back from my sight …

a bluebird’s cry

 

遠い山

視界から反射してはね返る...

ブルーバードの鳴き声

 

 

Čeperić-Biljan Mihovila   (Croatia)

 

heat of the summer

in a glass of water ants

are drinking moonlight

 

夏の暑さ

水の入ったグラスの中で

蟻が月光を飲んでいる

 

 

Dušan Đurišić   (Montenegro) 

 

on the shore
a lone boat – in it
some fish scales

 

浜辺で

一艘の船 - その中で

魚を測っている

 

 

Birgit Schaldach-Helmlechner   (Germany) 

 

riverside forest

wind and waves play

our slow waltz

 

川岸の森

風と波が私たちのゆっくりとしたワルツを演奏する

 

 

Keith A. SIMMONDS   (France)  

 

Symphony of light
throbbing on a waterfall… 
aroma of dawn

 

光の交響曲

滝の上でわき立っている...

夜明けの気品

 

 

Kit Nagamura   (USA)  

 

moonlit wake

all that’s still

interweaving

 

月に照らされた通夜

静かなもの全て

織り混ざっている

 

 

Goran Gatalica   (Croatia) 

 

fragrance of the river –

pillows on the window

after storm

 

川の匂い ―

窓の上に枕

嵐の後

 

 

MELISA TADEO (Philippines)

 

Bamboo leaves glittered

With droplets from summer’s rain—

Hanging liquid pearls…

 

竹の葉がきらきら輝いていた

夏の雨の滴と共に-

液体の真珠を掛けながら...

 

 

Stoianka Boianova   (Bulgaria)

 

tops under the stars

heirs of  Orpheus picking roses

in fragrant valleys

 

星の下の頂

バラを摘むオルフェウスの継承者

よい香りの谷間

 

Minko Tanev   (Bulgaria) 

colorful tops
in the spectrum of the sun
Balkan Peninsula

 

色彩に富んだ頂

太陽のスペクトルの中

バルカン半島

 

 

Željko Funda   (Croatia) 

 

silence

broken by

a firefly flickering

 

静寂が明滅する蛍によって破られる

 

 

David McMurray   (Canada) 

 

Misty rain

fills the hot spring bath

silently

 

霧雨が熱い湯治場を静かに満たす

 

 

Anne Curran   (New Zealand)

 

a coxswain’s call

through morning mist …

dipping of oars

 

舵手の叫ぶ声

朝靄を通して...

オールの浸かる音

 

 

Julia Guzmán   (Argentina)

 

The sounds of the temple

among the cherries…

Petals falling

 

寺院の音

桜の花の中で...

花びらが散っている

 

 

Andrius Luneckas   (Lithuania)

 

sea horizon

so far so close

we are

 

水平線

とっても遠くとっても近い

私たちは

 

 

Marta Chocilowska   (Poland) 

 

sweltering heat

under the painter brush

chill of water

 

うだるような暑さ

画筆の下

水の冷たさ

 

 

Willy Cuvelier   (Belgium) 

 

My road map travels

to Japan as a boat

in origami.

 

私の道路地図は日本へ旅をする

折り紙の船で

 

 

Wiesław Karliński   (Poland)

 

the mountain lake

in the clouds and fog

I hear Grieg

 

山の湖

雲と霧の中で

私はグリーグの曲を聞く

 

 

John McDonald (UK) 

 

spring breeze –

cherry blossom

blowing across borders

 

春風-

桜の花が国境を越えて吹かれている

 

 

Smajil Durmisevic    (Bosnia and Herzegovina)

 

Bosnian hills,/ become smaller, on the road -/ to homeland!

 

ボスニアの丘、 / だんだん小さくなる、路上で― / 故郷へ

 

 

Ramona Linke  (German) 

 

Wajima City —

at the morning market

the taste of East Sea

 

輪島市--

朝市で

東洋の海の味

 

 

Chen-ou Liu  (Canada)

 

alone by the pond

frog song

lost in frog song

 

池のそばで独り

蛙の歌が蛙の歌に消える

 

 

Dubravko Korbus   (Croatia) 

 

the sea is

a flat plate – distant gull

flies beyond it

 

海は

平たい皿 ― 遠くのカモメ

飛び越える

 

 

Tatjana Debeljacki   (Serbia)

 

the daybreak

fields of amber

waves of the danube river 

 

夜明け

琥珀の野

ドナウ川の波

 

 

Vasile Moldovan  (Romania) 

 

Even nowadays

in the Black Sea mirror

the sky is still blue

 

今日でさえ

黒海の鏡では

空は相変わらず青い

 

 

Djurdja Vukelic-Rozic  (Croatia)

 

pond sunset

countless plops of

my shadow

 

池の夕焼け

私の影の数え切れないポチャンという音

 

 

Pravat Kumar Padhy   (India)

 

early dawn–

my daughter wishes mountain

to lift the sun

 

早い夜明け ――

私の娘が山に太陽を引き上げるように祈る

 

Translated by

Hidenori Hiruta

Founder

Akita International Haiku Network

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%e7%a7%8b%e7%ab%8b%e3%81%a4%e3%81%8b%ef%bc%89

 

In 2013 Akita International University Press published ‘ISHII ROGETSU A MOON IN A DEWDROP SELECTED HAIKU (石井露月俳句集)’ by Alexander Dolin.

This book includes the article ‘THE HAIKU WIZARD FROM AKITA’, 328 selected haiku translated into English and Russian, copies of 7 original scrolls, some remains and so on in it. Some copies of them are shown as follows.

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%93%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%94%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%95%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%96%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%97%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%98%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%99%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%93%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%94%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%89

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%9c%b2%e6%9c%88%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e9%9b%86%ef%bc%88%ef%bc%92%ef%bc%89

 

In 2011 Susan Smela (セメラ勇花) from USA visited the Ishii Rogetsu Shiryoshitsu, climbing Mt. Takao (高尾山)Ishii Rogetsu loved to climb.

Inspired by Ishii Rogetsu’s fine works, Ms. Smela and her friends from Thailand, Germany and France made their haiku pictures through haiku workshop at Akita International University.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

The theme of the 5th Japan-Russia Haiku Contest was “mountain, sea, lake, river, or anything .”  Thank you very much again for your submission. We wish you a nice haiku life.

Lastly, let me present you with the following photo haiku on the Oga Peninsula (男鹿半島).

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

詩の国秋田-2016.10  vol.8- 

発行日 平成28年10月30日

Published on  October 30, 2016

発行人 幸 野 稔

    KONO  Minoru

編集人 蛭 田 秀 法

    HIRUTA Hidenori

発行所 秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

Published by  Akita International Haiku Network

E-mail:  shhiruta@nifty.com

URL: https://akitahaiku.com/

 

 

平成24年度日露俳句コンテストおよび日露俳句大会概要

 

1 日露俳句コンテスト

 

日  時  5月5日(土)~25日(金)

主  催  秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

共  催  日航財団

後  援  秋田県 国際教養大学 秋田県教育委員会

秋田県芸術文化協会 秋田県国際交流協会 秋田市 

秋田市教育委員会 秋田魁新報社 天為秋田支部

秋田ロシア語友の会 秋田ウラジオ会 国際俳句交流協会 

ウラジオストク日本センター 極東連邦大学 

与謝野晶子記念文学会 共同通信社ウラジオストク支局 

テ ー マ  海(Umi

応募資格  日本国内又はロシア国内に居住する日本国籍又はロシア国籍を有する方。年齢は問いません。

俳句形式  俳句は母語で書く。

表  彰  最優秀賞(露月山人国際賞)を応募作品から一句選出し、9月に予定されている日露俳句大会(秋田大会は9月22日、ウラジオストク大会は9月29日に開催)の場で表彰するとともに、副賞として、ロシアからの応募者の場合は詩の国秋田に招待、日本からの応募者の場合はAPECの開催地ウラジオストクに招待します。

また、日航財団賞、優秀賞(秋田県知事賞・秋田市長賞・秋田市教育委員会教育長賞)を応募作品からそれぞれ一句選出し、俳句文化の学習の奨励のために贈呈します。

各賞の受賞者には、日航財団から副賞として記念品(地球歳時記)が贈呈されます。

 

2 応募状況

 

応募数は日本から一般32句、学生74句、高校生264句、ロシアからは学生14句、一般44句、計428句であった。

日本側は学生や高校生の投句が多く、俳句を通じて日露の明るい未来をを築こうとする若い人たちの意欲が感じられた。

一方、ロシア側はウラジオストクだけでなく、モスクワ、サンクトペテルブルク、サハリンなど、ロシア全土からの応募があった。

俳句がロシア全土に広がり、楽しい文化交流が市民レベルで活発になることが期待される。

 

3 結果の発表

 

9月22日(土)秋田市で、9月29日(土)ウラジオストク市で日露俳句大会が開催されることになりました。

結果、各賞の受賞者の発表は表彰式をかねて当日発表されることになりました。

ただし、「露月山人国際賞」「日航財団賞」などの各受賞者には前もってお知らせいたします。

 さらに、選考委員の方々から、それぞれ「高校生」「学生」「一般」の部門毎に、特選1句、入選10句を選出していただきました。

結果は、9月1日からシリーズで日本語、ロシア語、そして英語で当HPに掲載いたします。

 

4 日露俳句大会

 

趣旨

平成23年9月末、ウラジオストク市で俳句を通じた文化交流を行った。

東方学校で俳句レッスン、極東連邦大学で俳句ワークショップ、ウラジオストク日本センターでは俳句の講演を行った。交流は反響を呼び、俳句熱が一気に高まり、結果として、本年5月に日露俳句コンテストを開催。9月に秋田・ウラジオストクの両市で日露俳句大会を開催することになった。

本年は石井露月生誕140年に当たる年であることから、露月の偉業を記念すると共に、本大会を通じて秋田県とロシア沿海地方の文化交流を促進し、合わせて日本とロシアの友好親善を深めたいと考えている。

俳句大会が秋田、ウラジオストクの両市で開催されることにより、文化交流の基盤が確固としたものになると信じている。

 

(1)秋田大会

日 時  9月22日(土)午後1時30分~午後4時30分

会 場  ジョイナス 大研修室

(秋田市千秋明徳町2-52)

日 程  日露俳句コンテスト結果発表 表彰式 講評

記念講演 詩歌朗詠 ロシア民謡の紹介 吟行 俳句発表会

(2)ウラジオストク大会

日 時  9月29日(土)午後1時30分~午後4時

会 場  ウラジオストク日本センター

(ウラジオストク市オケアンスキー通り37番地 3階)

日 程  日露俳句コンテスト結果発表 表彰式 講評

記念講演 詩歌朗詠 俳句会

 

5 お問い合わせ先

 

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

shhiruta@nifty.com 

照会はメールでのみ受け付けております。

  

― 蛭田秀法

(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク)

     

 

平成242012)年414日、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークは「日露俳句コンテスト」の募集要項を発表。

本日は「趣旨と経緯」について触れます。

 

趣旨:

平成232011)年9月末、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークの企画により、ロシア沿海地方の州都ウラジオストク市で俳句を通じた文化交流が行われました。秋田県、国際教養大学、国際俳句交流協会、日航財団からの支援と、現地でのウラジオストク日本センターと極東連邦大学による全面的な協力のお陰で、画期的な文化交流となりました。

交流は反響を呼び、極東連邦大学で日本語と日本文学を専攻している学生や、ウラジオストク日本センターで日本語と日本文化を学んでいる市民の間に俳句に対する興味関心が起こり、俳句熱が一気に高まりました。

今般、当ネットワークでは、8世紀から10世紀における渤海との交易に思いを馳せながら、「海(Umi)」をテーマに日露俳句コンテストを開催します。秋田県とロシア沿海地方の包括的な交流の促進を図るとともに、日本とロシアの友好親善を深めたいと考えています。

さらに、本年は秋田市雄和に誕生した俳人石井露月の生誕140年に当たることから、露月の偉業を記念し、最優秀賞として「露月山人国際賞」を設け、受賞者を詩の国秋田、若しくはAPECの開催地ウラジオストクに招待することになりました。ロシアでは、俳号露月から「ロシアの月のような俳人」を連想する詩人もおります。

また、日航財団賞が協賛団体である日航財団から贈呈されます。他に、優秀賞として「奨励賞」を設け、俳句文化に関する学びが両国で広がり、相互理解と相互交流を促進するきっかけにしたいと考えています。

本コンテストに俳句を愛する人々が広く参加し、俳句を通じた市民レベルでの日露文化交流が一層活発になることを期待しております。

 

経緯:

 平成232011)年925日、蛭田秀法(国際俳句交流協会会員)が秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク(理事長幸野稔)の文化事業の企画による「ウラジオストクでの俳句交流」を実施するために秋田を出発。102日帰国。奇しくも、歌人与謝野晶子がウラジオストク経由によるシベリア鉄道でパリに向かった旅の百年後の出来事であった。画期的な文化交流となり、本年5月に「日露俳句コンテスト」を開催することになった。

 

 ウラジオストクでは、東方学校、極東連邦大学、そして日本センターで俳句のレッスン、ワークショップ、講演を実施。

本稿では、ウラジオストク日本センターでの文化活動について特筆します。

 9月26日ウラジオストク日本センターを表敬訪問。

所長の大石莊平氏からロシアにおける日本研究の発展と日露間の相互理解の形成のために大きな役割を果たしてきた極東連邦大学東洋学大学についてお話を伺った。

 明治32(1899)年、ロシア皇帝ニコライ二世の指示により東洋学院が創立。

東洋学及び東洋を研究する人材を育成する中心的教育機関としての地位を確立した。

大正9(1920)年、東洋学院は極東国立総合大学東洋学大学として改編され、教職員、卒業生は、ロシアの日本、韓国、中国などの極東諸国との経済ならびに文化面における協力の更なる発展や友好関係の強化に、著しく貢献してきた。

平成7(1995)年、極東国立総合大学を基盤として、ウラジオストク日本センターが開設され、日露関係の発展のために重要な役割を果たしている。

 平成23(2011)年、ロシア沿海地方には「極東国立総合大学」を核に他3校を統合してロシア連邦直轄の「極東連邦大学」が発足した。

ロシア政府は「極東連邦大学」をロシア極東における学術研究、環太平洋地域学術・文化交流・産学交流の中心として育成しようとしており、又、ロシア科学アカデミーも「極東連邦大学」には深く関わって行くとのことである。

本年9月APECサミットがルースキー島で開催された後、「極東連邦大学」はAPECサミットの会場地に移転することになっている。

 極東連邦大学東洋学大学で俳句についてのワークショップを行ったが、大学の前庭に仏像や歌人与謝野晶子の詩碑が建立されてあった。

平成19(2007)年には与謝野晶子記念文学会が結成された。会長の極東連邦大学准教授スレイメノヴァ・アイーダ氏にご案内いただき、詩碑の前で記念写真をとりました。

 

 

  

 

 ウラジオストクにおける文化交流について簡単に触れます。

ウラジオストク日本センターでは、日本語講座が開かれ、日本文化同好会「一期一会」では、お茶会などを開催し、多くの市民が参加している。

101日、ウラジオストク日本センターの日本文化同好会で開催しているお茶会「一期一会」の会員を対象に「俳句と茶道」について講演。

講演の前にお茶会の作法に従ってお茶を点てていただいた。

 

 

 

お礼にお気に入りの日本民謡「黒田節」と「生保内節」の2曲を紹介。

次に、「生保内節」の中で使われている言葉「宝風」を取り込んだ句を紹介。

 

宝風立つ高原や蕎麦の花   秀法

 

この講演の模様はウラジオストク日本センターの日本文化同好会のホームページでロシア語で紹介されている。次のサイトをご参照下さい。

http://www.jp-club.ru/?p=2341

さらに、国際俳句交流協会のホームページでも「ウラジオストクでの俳句紹介」というタイトルで紹介されている。

「日本語版」:http://www.haiku-hia.com/report_jp.html

「英語版」:http://www.haiku-hia.com/hyoron_en_ru.html

 

「俳句と茶道」についての講演では、芭蕉の俳句を引用しながら、俳句も茶道も禅の影響を受けていることを説明。俳句は「永遠の今」を、茶道は「本来の今」を求めるのではないかと結論付けた。講演は反響を呼び、次回の日本語講座では「季語」が取り上げられることになった。

講演に参加した方々の記念写真。

 

 

 

 

 このような俳句コンテストが永続され、与謝野晶子が旅したウラジオストクを起点として俳句文化に関する学びが両国で広がり、相互理解と相互交流を促進するきっかけになればと考えています。

本コンテストに俳句を愛する人々が広く参加し、俳句を通じた市民レベルでの日露文化交流が一層活発になることを期待しております。

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(3):ロシア語要項など’ appears on April 16.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)

 

日露俳句コンテスト

~露月山人国際賞受賞者を詩の国秋田、若しくは

APECの開催地ウラジオストクにご招待~

 

テーマ海(Umi

応募資格:日本国内又はロシア国内に居住する日本国籍又はロシア国籍を有する方。

年齢は問いません。

俳句の形式:俳句は母語で書く。

母語が日本語の場合、「海」をテーマにした有季定型による俳句。

同時に、ロシア語と英語の翻訳を加える。

ただし、ロシア語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

母語がロシア語の場合、「海」をテーマにした短い3行詩であれば形式は自由(季語を含む必要なし)。

同時に、日本語と英語の翻訳を加える。

ただし、日本語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

応募方法:以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにて

shhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙:日本語応募用紙 ロシア語応募用紙

応募期間:平成24年5月5日(土)~5月25日(金)

審査委員

蛭田秀法(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局長、

       国際俳句交流協会会員)

アレクサンダー・ドーリン(国際教養大学教授)

手島邦夫(秋田工業高等専門学校教授)

工藤一紘(秋田工業高等専門学校講師)

石田冲秋(「俳星」主幹)

五十嵐義知(「天為」同人)

内村恭子(「天為」同人、国際俳句交流協会会員)

矢野玲奈(「玉藻」、「天為」同人)

最優秀賞(露月山人国際賞)を応募作品から一句選出し、9月に予定されている日露俳句大会(秋田大会は9月22日、ウラジオストク大会は9月29日に開催)の場で表彰するとともに、副賞として、ロシアからの応募者の場合は詩の国秋田に招待、日本からの応募者の場合はAPECの開催地ウラジオストクに招待します。

また、日航財団賞優秀賞(秋田県知事賞・秋田市長賞・秋田市教育委員会教育長賞)を応募作品からそれぞれ二句選出し、俳句文化の学習の奨励のために贈呈します。各賞の受賞者には、日航財団から副賞として記念品(地球歳時記)が贈呈されます。

発表:当ホームページで入賞作品を発表いたします。(平成24年6月下旬予定)

*最優秀賞の受賞連絡及び副賞の詳細については、主催者から受賞者に対し6月29日(金)までに直接連絡があります。なお、国内交通費や滞在費などは受賞者に負担していただく場合もあります。

*優秀賞の受賞者に対しても6月29日(金)までに直接連絡があります。

 

主催:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

協賛:日航財団

後援:秋田県 国際教養大学 秋田県教育委員会 秋田県芸術文化協会 

秋田県国際交流協会 秋田市 秋田市教育委員会 秋田魁新報社

天為秋田支部 秋田ロシア語友の会 秋田ウラジオ会 国際俳句交流協会 

ウラジオストク日本センター 極東連邦大学 与謝野晶子記念文学会

共同通信社ウラジオストク支局 

お問い合わせ先:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

shhiruta@nifty.com 照会はメールでのみ受け付けております。

 

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(2):趣旨と経緯’ appears on April 15.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)

 

 

CRESI (Center for Regional Sustainability Initiatives) at AIU (Akita International University)(国際教養大学)held AIU HAIKU CONTEST and gave workshops on haiku in English as well as in Japanese in 2009.

Professor Kirby Record at AIU gave workshops on haiku in English, where participants including students and citizens studied about how to write haiku in English and translated Japanese haiku sent to the contest into Japanese with him.

He also played a role as the selector for English haiku at the contest.

 

 I post some haiku written by AIU students, who won prizes at AIU Haiku Contest.

The first haiku was written by Ms. Mei Hashimoto(橋本芽衣), a graduate student at AIU. She won Honorable Mention, English Section and translated it into Japanese.

In the grey eyes

Full of memories

On a small chair

 

イスにかけ瞳に浮かぶ思い出が

 

Isu ni kake  hitomi ni ukabu  omoide ga

The selector, Professor Kirby Record, gave the following comment to this haiku:

This haiku for the most part conveys its feeling through an objectively stated imagery and allows the reader to participate in the experience by constructing the scene in his own way. That is one of the essential qualities of a real haiku.  Though an element of the poet’s interpretation is evident in the “full of memories,” it is balanced by the final line of “on a small chair.”  It reminds me a little of the sentiment in Yeats’ little poem that begins “when I am old and grey and full of sleep/ and nodding by the fire, take down this book.”  One might question its ungrammatical and semantic deviance, but to me this is the part of charm and effectiveness of the feeling.  We need to conjure in our imaginations a person who has the grey eyes, the memories and sits on the small chair.  Could this be a grandmother, perhaps, whom the speaker evokes?  We don’t know but we can always imagine, and that is the power and delight of haiku.

Ms. Mei Hashimoto won Notable Mention, Japanese Section for University Students too.

帰り道たれる稲穂の赤黄金 

 

Kaerimichi  tareru inaho no  aka kogane

 

Back to home 

Rice ears heading down

Reddish Gold Sky

 

Next, I post haiku by Ms. Yukari Sakamoto(阪本縁), a graduate student at AIU.

She received three awards, First Prize, Honorable Mention and Notable Mention, Japanese Haiku for University Students.

Haiku of First Prize is this:

ラベンダー蜂と私の異空間

 

Rabendah  hachi to watashi no  ikuukan

 

the bee and I

in the world of lavender

each in our own space      

                                                  Kirby Record

 

 

Haiku of Honorable Mention is this:

 

新緑の中を駆け抜け登校す

 

Shinryoku no  naka o kakenuke  toukou su

 

I’m riding

through such fresh spring green

to school

Kirby Record

 

 

Haiku of Notable Mention is this:

朝露にじゃがいもの花煌めいて

 

Asatsuyu ni  jagaimo no hana  kiramei te

 

Potatoes:

Of those flowers

Glistening with morning dew

 

I, Hidenori Hiruta(蛭田秀法), attended the workshops and sent haiku to the contest.

My haiku won Notable Mention.

Rogetsu’s hometown

sending haiku all over

autumn festival

 

秋祭り露月のホーム句を送る

 

Akimatsuri  Rogetsu no houmu  ku o okuru

 

 

Professor Kirby Record gave his comment to this haiku as follows:

I chose this haiku/senryu because it links the world of Rogetsu’s haiku to autumn festivals, including AIU’s.  Ishii Rogetsu(石井露月) was one of the respected haiku poets after the death of Masaoka Shiki(正岡子規), and was born in the Yuwa(雄和) area, Akita, and to whom this haiku contest is dedicated.  The haiku among those referred to in this haiku include those being recognized today at the AIU festival.  So even now the spirit of Rogetsu’s haiku is present and living among us.

The next posting ‘Haiku at International Haiku Spring Festival 2010 ( Akita, Northern Honshu, Japan ) ( PART 1)’ , appears on May 12, which continues till May 23 every day.

Hidenori Hiruta