年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の選者シリーズを掲載いたします。

今回は日本語俳句部門の第2回目です。

 

第2回日露俳句コンテスト

 

 

舘岡 誠二選 (Selected by Seiji Tateoka )

  

秀逸 (Best haiku)

 

武藤 暁美 (秋田県)

 

菜の花や村じゅう揺らす子の誕生

 

Akemi Muto  (Akita Prefecture, Japan)

 

rape blossoms –

the birth of a baby stirring

all over the village

 

 

入選 (Honorable mentions)

 

小林 万年青 (秋田県)

 

澪つくし母は手漕ぎの舟に乗る

 

Omoto Kobayashi  (Akita Prefecture, Japan)

 

marks in a water channel –

my mother rides a rowboat

by herself

 

 

佐々木 公平 (秋田県)

 

干し草をたっぷり馬房柔らかし 

 

Kouhei Sasaki  (Akita Prefecture, Japan)

 

plenty of hay

in the stall

it is soft

 

 

和田 善弌  (秋田県)

 

寒荒む能面を打つやノミの冴え

 

Yoshikazu Wada   (Akita Prefecture, Japan)

 

terribly cold

it is the clarity of a chisel

that hits the No-mask

 

 

佐藤 一之 (秋田県)

 

はまなすや母に小さき化粧水

 

Kazuyuki Sato (Akita Prefecture, Japan)

 

sweetbriers –

little lotion

for my mother

 

 

 本多 玲虎 (埼玉県)

 

流氷がロシアと日本結ぶかな

 

Retora Honda    (Saitama Prefecture)

 

floating ice –

it is a connection

between Japan and Russia

 

 

五十嵐 千夏  (秋田県)

 

雨上がり虹のふもとを探してる  

 

Chinatsu Igarashi   (Akita Prefecture)

 

after the rain –

searching for the foot of

the rainbow

 

 

木田 智美  (大阪)

 

春の海ざりがにを食う優等生

 

Tomomi  Kida  (Osaka, Japan)

 

the spring sea

an honor student eating

crayfish

 

 

武藤 鉦二  (秋田県)

 

夜の新樹拳もて泣く少年僧

 

a fresh green tree at night –

a boy priest crying

with his fists

 

Shoji Muto   (Akita Prefecture, Japan)

 

 

中山 稔梨 (秋田県)

 

あじさいが迎える雨の無人駅

 

Minori Nakayama  (Akita Prefecture, Japan)

 

hydrangea

waiting in the rain

the unmanned station

 

 

The next posting ‘和田仁選’ appears on October 12.

 

蛭田秀法(Hidenori Hiruta

 

 

 

年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の選者シリーズを掲載いたします。

今回は日本語俳句部門の第1回目です。

 

第2回日露俳句コンテスト

  

武藤 鉦二選 (Selected by Shoji Muto)

 

 

秀逸 (Best haiku)

 

森田 千技子 (秋田県)

 

あの海をあやす母かな夏銀河

 

Chigiko Morita  (Akita Prefecture, Japan)

 

a mother

who lulls that sea –

summer Milky Way

 

 

入選 (Honorable mentions)

 

和田留美 (秋田県)

 

ミモザ咲く森に小さな埴輪館 

 

Rumi Wada (Akita Prefecture, Japan)

 

mimosa blooms

in the woods

a little Haniwa house

 

 

小林 万年青 (秋田県)

 

澪つくし母は手漕ぎの舟に乗る

 

Omoto Kobayashi  (Akita Prefecture, Japan)

 

marks in a water channel –

my mother rides a rowboat

by herself

 

 

佐々木 公平 (秋田県)

 

干し草をたっぷり馬房柔らかし 

 

Kouhei Sasaki  (Akita Prefecture, Japan)

 

plenty of hay

in the stall

it is soft

 

 

三浦 静佳 (秋田県)

 

散り際はワルツのしなり柴木蓮

 

Sizuka Miura  (Akita Prefecture, Japan)

 

on falling

it is as if waltzing

magnolia

 

 

吉本節代 (大阪)

 

この人の胸借りようか春の雷

 

Setsuyo Yoshimoto (Osaka, Japan)

 

let’s emulate

from this man –

spring thunder

 

 

佐藤 一之 (秋田県)

 

はまなすや母に小さき化粧水

 

Kazuyuki Sato (Akita Prefecture, Japan)

 

sweetbriers –

little lotion

for my mother

 

 

加藤 昭子 (秋田県)

 

切り落とす前髪の惨桜桃忌

 

Shoko Kato (Akita Prefecture, Japan)

 

how appalling

to cut off forelock –

the anniversary of Dazai Osamu’s death

 

 

中山 奈々 (大阪)

 

耳と反対に舌伸ぶ夏至の麒麟

 

Nana Nakayama (Osaka, Japan)

 

the tongue extending

opposite the ears

the giraffe on the summer solstice

 

 

石井 響子 (埼玉県)

 

雪が降るマトリョーシカが泣く所

 

Kyouko Ishii (Saitama Prefecture, Japan)

 

snow is falling

at the place

a matryoshka cries

 

 

須賀 悠翔 (埼玉県)

 

一歩目はコサックダンス子鹿かな

 

Rikuto Suga  (Saitama Prefecture, Japan)

 

the first step

is like a Cossack dance –

the fawn

   

  

The next posting ‘舘岡誠二 選’ appears on October 5.

 

蛭田秀法(Hidenori Hiruta

 

 

 

第2回日露俳句コンテスト 結果発表

平成25年9月7日

 

1.秋田県国際俳句協会は、第2回日露俳句コンテストを開催し、本年5月1日(水曜日)から6月30日(日曜日)まで応募を受け付けました。

2.投句数は雑詠1句、応募者は使用言語として日本語、ロシア語、英語のいずれかを選択し、計624句の応募がありました。

3.日本語部門には日本から294句、ロシアから6句、ルーマニアから3句、ウクライナから1句の計304句の応募がありました。

4.ロシア語部門にはロシアから45句、日本から6句、ベラルーシから3句、ウクライナ、ルーマニア、ブルガリアからそれぞれ2句、セルビア、リトアニアからそれぞれ1句の計62句の応募がありました。

5.英語部門には日本から93句、クロアチアから30句、アメリカから21句、インドから12句、ルーマニアから10句、セルビアから7句、ドイツ、ニュージーランドからそれぞれ6句、ロシア、フランス、ポーランドからそれぞれ5句、イギリス、ブルガリア、カナダ、オーストラリア、フィリピン、インドネシアからそれぞれ4句、ベルギー、オーストリア、ブラジルからそれぞれ3句、アイルランド、イタリア、デンマーク、ボスニア=ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、モンゴルからそれぞれ2句、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、ハンガリー、オランダ、スイス、ジャマイカ、マケドニア、マレーシア、バングラデシュ、コロンビア、ガーナからそれぞれ1句の計258句の応募がありました。

6.秋田県国際俳句協会賞には応募された全句の中から日本語部門、ロシア語部門、英語部門にそれぞれ1句選出されました。

7.JAL財団賞には応募句の中の学生、高校生、中学生、小学生による句から日本語部門、ロシア語部門にそれぞれ1句選出されました。

8.受賞される方々にはそれぞれ賞状と賞品が贈られます。

9.受賞句と受賞者は下記の通りです。

 

 

秋田県国際俳句協会賞

 

日本語部門

 

ミモザ咲く森に小さな埴輪館

 

和田留美 (秋田県)  

 

 

ロシア語部門

 

Шум прибоя

стихает на миг…

Ну давай, сверчок!

 

Андреев Алексей (Россия

 

波の音

一瞬止まった

今やあなたの番、コオロギよ!

 

アンドレーヴ アレクセイ (ロシア)

 

 

英語部門

 

how little

I know of bird calls

distant thunder

 

Kala Ramesh  (India)

 

なんて分かりにくいんでしょう

鳥の鳴く声が

遠雷

 

カーラ ラメシュ (インド)

 

 

JAL財団賞

 

日本語部門

 

月涼し右手でつくる望遠鏡 

 

大池梨奈 (大阪府立吹田東高等学校)

 

 

ロシア語部門

 

С неба на землю

или с земли на небо –

вьются пушинки…

 

Анастасия (Россия

 

空から地へ

あるいは地から空へ-

渦巻いている雪片...

 

アナスタシャ (ロシア)

 

 

10.各審査委員による特選句や入選句は9月中旬にEパンフレット「詩の国秋田第5号」で発表されます。当ホームページで掲載されます。

 

 

The next posting ‘詩の国秋田第5号(1) ’ appears on September 14.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

 

  On May 30, 2013, Professor David McMurray at the International University of Kagoshima(鹿児島国際大学)kindly sent an e-mail to me as follows.

Dear Haiku Colleague Mr. Hidenori Hiruta,

Please give my very best regards to readers of your website, and members of the Akita International Haiku Association. I trust they will be deeply moved by this following haiku that is set to be published:

Sounds
rising in misty rain
Hottai falls
—–by Hidenori Hiruta in Asahi Haikuist

I am delighted to report that your haiku will be featured along with intriguing poems from Russian haikuists in the Friday May 31 issue of the Asahi Haikuist Network.

http://ajw.asahi.com/article/cool_japan/AJ201305310027

Please refer to the recent Asahi columns here http://ajw.asahi.com/search/?q=haikuists

Your haiku focussing on the sounds emanating from the waterfall will endear your readers to your travels in the countryside. The sound of rain is the sense poets seem attracted to, more so than the sight, the taste, or the texture of rain on the skin.

Sounds
rising in misty rain
Hottai falls

Before he captures sight of it in his camera viewfinder, Hidenori Hiruta hears the sound of a waterfall surging from the foot of Mount Chokai in Akita Prefecture.

Writing from Moscow, Natalia Kuznetsova quickens her pace to avoid the rain, while Russian haikuist Evgeny Ivanov seems to take it for granted he’ll be soaked.

Thunderstorm in town–
a bright stream of umbrellas
rushing to shelter
* * *

Rain in the park
dog under the bench
is quite wet
* * *

Along with the increasing number of Russian poets taking an interest in penning haiku, I am delighted to hear from Mr. Hidenori Hiruta, who reports that the Akita International Haiku Association is running an exciting Japan-Russian Haiku Contest. Supported by The Asahi Shimbun, readers are invited to enter the contest before June 30 by sending an English haiku along with the haikuist’s name, postal address, email, nationality, age, and profession in an e-mail to shhiruta@nifty.com.

The next issues of the Asahi Haikuist Network appear June 7 and 21. We’ll keep in touch with you about the Russia-Japan contest organized by Hidenori Hiruta. When winners are announced, we hope you are among them.  Readers are invited to send haiku about rain on a postcard to David McMurray at the International University of Kagoshima, Sakanoue 8-34-1, Kagoshima, 891-0197, Japan, or e-mail to (mcmurray@fka.att.ne.jp).

Kindest of regards to you in the great North,

David McMurray
http://ajw.asahi.com/search/?q=haikuists

 

Last of all, let me present the following photo, one of my favorite photos to you.

This is a photo of Hottai Falls(法体の滝)taken on a fine spring day a few years ago.

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

The next posting ‘Haiku by Stjepan Rozic in Croatia(4) ’ appears on June 8.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

 第2回日露俳句コンテストのポスターをご紹介いたします。

国際教養大学教授アレクサンダー・ドーリン先生と同大学日本語プログラム非常勤講師相場いぶき先生の共同作品です。

 ポスターから俳句のテーマが思い浮ばれ、1句お詠みになられることと存じます。

その1句をお寄せいただきますように期待しております。

  第2回日露俳句コンテスト(ポスター)

 

 

The next posting ‘Haiku by Stjepan Rozic in Croatia ’ appears on May 11.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

 

2012(平成24)年5月日露俳句コンテストのお知らせをFacebook に掲載。同年9月入選句と入賞句を「Akita International Haiku Network」のホ-ムページに連載。世界各国の俳人や俳句愛好者から「英語部門」を設けて欲しいというコメントや要望が寄せられました。「第2回日露俳句コンテスト」では「英語部門」も設定しましたので、世界各国からのご投句を期待しております。

*****************

 

The Second Japan-Russia Haiku Contest
(Guidelines for Submission)

April 30, 2013

Akita International Haiku Association

INTRODUCTION

In May, 2012, the Akita International Haiku Network launched the first Japan – Russia Haiku Contest as one of the links with the cultural exchange between Japan and Russia, wishing to provide an opportunity to mutually share haiku related to the theme of “the sea” (The Sea of Japan) which connects Japan and Russia.

The organizer hoped that the contest would serve as an opportunity to deepen mutual understanding among people, to promote the interaction of people’s views on Japan and Russia, as well as to convey the enjoyment of writing and reading haiku. The organizer also hoped that it would serve as an opportunity to strengthen and develop the sister city relationship between Akita and Vladiovostok, as well as to promote and increase cultural exchanges between Akita Prefecture and Primorsky Region.  

  428 haiku were submitted to the contest from students and haiku lovers in Japan as well as in Russia. In particular, 58 haiku were submitted by students and citizens almost all over Russia.  They were sent to the contest from those parts of Russia: Vladivostok, Sakhalin, Moscow, Moscow Oblast, Saint Petersburg, Magadan, Birobidzhan, Novosibirsk, Ufa, Blagoveshchensk, Sverdlovsk, Perm, Kalugo, Krasnodar, Tikhvin, The Chuvash Republic, The Republic of Tatarstan, and so on.

  The contest ended in a great success. Comments have been given on the contest. Some of them say that it should be held every year. And others say that all haiku lovers in the world should be given a chance to join such a global haiku contest.

As a result, we have decided to give the second Japan-Russia Haiku Contest with the Akita International Haiku Network, providing three language sections for haiku submission: the Japanese section, the Russian section, and the English section. We sincerely hope that you will submit your haiku according to the guidelines below.

 

Organizer: Akita International Haiku Association, Akita International Haiku Network

Sponsor: JAL Foundation

Supporters:

Japan Center in Vladivostok, NPO Japan-Russia Interchange Association, Japan – Vladivostok Association, Haiku International Association, The International University of Kagoshima, The Asahi Shimbun, The Kahoku Shimpo, Akita Prefecture, Akita International University, Akita Prefectural Board of Education, Akita Prefectural Artistic and Cultural Association, Akita International Association, Akita Association of English Studies, The Akita Sakigake Shimpo, KYODO NEWS Akita Bureau, The Yomiuri Shimbun Akita Bureau, The Mainichi Shimbun Akita Bureau, The Sankei Shimbun Akita Bureau, NHK Akita broadcasting station, Akita Broadcasting System  (ABS), Akita TV (AKT), Akita Asahi Broadcasting (AAB), CABLE NETWORKS AKITA (CNA), FM Akita (AFM), Akita City, Akita City Board of Education, Akita Branch of Ten’i (Providence) Haiku Group, Akita Khorosho Club, Akita Vladivo Club, Primorsky Region, Far Eastern Federal University, Vladivostok City, Japan Culture Club at Japan Center in Vladivostok, KYODO NEWS Vladivostok Bureau , Yosano Akiko Memorial Literary Society

Eligibility: The contest is open to the public of any nationality in the world

Entry: Only one haiku is allowed to be submitted per haiku poet.

                   Any theme is allowed to be chosen in writing haiku.

Submission Guideline:

Original, previously unpublished haiku should be submitted according to the entry form. There are three sections of Japanese haiku, Russian haiku, and English haiku. One of the languages has to be chosen from among Japanese, Russian, and English in composing and submitting haiku.

 

Japanese Haiku

Section:                                          

Please download the entry form below in Japanese and submit it by email to: shhiruta@nifty.com

日本語 (бланк заявки на японском языке)

 

Russian Haiku Section:                                                 

Please download the entry form below in Russian and submit it by email to:

shhiruta@nifty.com

русском  (бланк заявки на русском языке)

 

English Haiku

Section:                                                

Please download the entry form below in English and submit it by email to: shhiruta@nifty.com

ENGLISH  (бланк заявки на английском языке).

 

Submission period:  Wednesday May 1, 2013  –  Sunday June 30, 2013

Deadline: Sunday June 30, 2013

Judges:

Japanese Haiku SectionShoji Muto,

                                      Seiji Tateoka,

                                      Jin Wada,

                                      Kunio Teshima,

                                     Kazuhiro Kudo,

                                     Okiaki Ishida,

                                     Yoshitomo Igarashi,

                                              Kyoko Uchimura,

                                     Reina Yano

Russian Haiku Section:   Alexander Dolin,

                                     Suleymenova Aida

English Haiku Section:   Fay Aoyagi

 

Awards:

Two winners of each haiku section will be notified by email at the end of August, 2013 and announced on the website of Akita International Haiku Network (https://akitahaiku.wordpress.com/) at the beginning of September, 2013. Winner’s haiku and haiku of honorable mention are also posted with translations of the two other languages on the website.

JAL Foundation Award is presented to one of the winners in each section by the JAL Foundation.

AIH Award is presented to the other winner by Akita International Haiku Association.

Each winner is presented with the certificate and prize.

 

Contact: Akita International Haiku Network (shhiruta@nifty.com)

 Please inquire by e-mail only.

 

 

The Second Japan-Russian Haiku Contest

English Entry Form

Please email to shhiruta@nifty.com

 

 

       Family name

      Given name

Name

 

 

Address

 

 

 

 

 

email

 

   Telephone

 

Nationality                (Country name)

 

Age

 

Profession /           school name

 

 

       

                                                                                 

 

Your Haiku in English

 

 

 

 

 

 

Note

   Items marked with an asterisk * must be filled in completely.

   Submitted haiku and the name of the haiku poets may be made public, shown on homepages, Facebook, or otherwise displayed under the copyright of the Akita International Haiku Association.

   Your personal information will be used for official reason by organizers, sponsor and supporters only.

 

2011(平成23)年10月ウラジオストク日本センターで「俳句と茶道」について日本文化同好会の会員を対象に講演する機会がありました。ロシア語によるホームページで紹介されています。http://www.jp-club.ru/?p=2341 参照。                

2012(平成24)年4月日露俳句コンテストの応募要項をロシア語でホームページに掲載していただき、ロシア全土から応募がありました。http://www.jp-club.ru/?p=2530 参照。

2013(平成25)年5月に開催する「第2回日露俳句コンテスト」の応募要項もロシア語でホームページに掲載していただきました。http://www.jp-club.ru/?p=3880#more-3880 参照。ロシア語による俳句の投句を世界各国の俳人や俳句を愛する方々に期待しております。        

 

*****************

 

 

ВТОРОЙ ЯПОНО-РОССИЙСКИЙ КОНКУРС ХАЙКУ

(Основные условия участия в конкурсе и подачи заявки)

 

В мае 2012 г. Международное Общество хайку префектуры Акита (Akita International Haiku Network) объявило о проведении японо-российского конкурса хайку как повод для любителей японской культуры и литературы объединить свои творческие усилия вокруг темы «Море».

 

Организаторы надеялись, что конкурс даст возможность участникам творчески выразить свое стремление к углублению взаимопонимания между народами  Японии и  России, а также получить удовольствие от сочинения и чтения хайку. Организаторы также надеялись, что конкурс будет способствовать укреплению отношений между городами-побратимами Акита и Владивостоком, даст новый импульс развития не только культурным связям, но и экономическому обмену между префектурой Акита и Приморским краем.

 

428 хайку были поданы для участия в конкурсе от студентов и поэтов-сочинителей хайку в Японии и в России. Конкурс был успешно проведен. Более того, были получены хорошие отзывы, в которых говорится, что всем авторам хайку в мире следует дать возможность участвовать в глобальном конкурсе хайку ежегодно. В конце концов, нами было решено образовать три языковых отделения для подачи на конкурс: хайку на японском языке, хайку на русском языке и хайку на английском языке. Мы искренне надеемся, что вы сможете подать свое стихотворение-хайку в соответствии с правилами, изложенными ниже:

  

  • В конкурсе могут участвовать представители любых национальностей.
  • Разрешается подавать только одно стихотворение хайку от одного автора, нигде ранее не опубликованное. Оригинал (ранее неопубликованное стихотворение) следует подавать в прилагаемой заявке на ОДНОМ из трех языков – японский, русский и английский.

 

Секция хайку на 日本語японском языке: заявку (бланк заявки на японском языке) пошлите, пожалуйста, по электронной почте на следующий адрес: shhiruta@nifty.com.

Секция хайку на русском языке: заявку (бланк заявки на русском языке) пошлите, пожалуйста, по электронной почте на следующий адрес: shhiruta@nifty.com.

Секция хайку на ENGLISH английском языке: заявку (бланк заявки на английском языке) пошлите, пожалуйста, по электронной почте на следующий адрес: shhiruta@nifty.com.

 

Секция хайку на 日本語японском языке: заявку пошлите, пожалуйста, по электронной почте на следующий адрес: shhiruta@nifty.com.

Секция хайку на русском языке: заявку пошлите, пожалуйста, по электронной почте на следующий адрес: shhiruta@nifty.com.

Секция хайку на ENGLISH английском языке:  заявку пошлите, пожалуйста, по электронной почте на следующий адрес: shhiruta@nifty.com.

  

Сроки подачи: 1 мая (среда) – 30 июня (воскресенье), последний день приема заявок: 30 июня (воскресенье).

 

Состав жюри:

Секция хайку на японском языке:

Муто Сёдзи, Татэока Сэйдзи, Вада Дзин, Тэсима Кунио, Кудо Кадзухиро, Исида Окиаки, Игараси Ёситомо, Утимура Кёко, Мацуо Рэйна

 

Секция хайку на русском языке:              Александр Аркадьевич Долин, Аида Мусульевна Сулейменова

Секция хайку английском языке:              Аояги Фэй

  

Два победителя от каждой секции будут оповещены о своей победе по электронной почте к концу августа 2013 г. и будут объявлены их имена на сайте Международного общества хайку префектуры Акита (Akita International Haiku Network https://akitahaiku.wordpress.com/) в начале сентября 2013 г. Лучшие и отмеченные хайку также будут помещены с переводом на языки конкурса на данном сайте.

 

Приз Фонда JAL (Japan Airway Lines, JAL Foundation Award) будет вручен одному из призеров в каждой секции от имени Фонда JAL

 

Приз Университета Межународного образования Акита (AIH Award) будет вручен другому победителю конкурса Ассоциацией хайку префектуры Акита. Каждому победителю будет вручен сертификат и приз.

 

Контакты: Ассоциация хайку префектуры Акита (shhiruta@nifty.com);

Клуб любителей японской культуры при Японском центре во Владивостоке (vladjcof@vtc.ru).

 

Заявки с хайку для конкурса, пожалуйста, высылайте только по электронной почте.

 

Организаторы: Международное Общество хайку префектуры Акита (Япония, the Akita International Haiku Network)

Спонсор: Фонд JAL (Japan Airway Lines, JAL Foundation)

Поддержку осуществляют: Ассоциация Японо-Российской Дружбы, Ассоциация «Япония-Владивосток», Международная Ассоциация хайку, Газета «Асахи», Международный университет Кагосима, Asahi Haikuist Network, Префектура Акита, Университет Международного образования Акита (AIU), Центр Восточно-Азиатских исследований в Университете Международного образования Акита, Совет по образованию при префектуре Акита, Ассоциация искусства и культуры префектуры Акита, Ассоциация английских исследований Акита, газета «Акита Сакигакэ Симпо», город Акита, Совет по образованию г. Акита, отделение префектуры Акита группы Тэнъи (Ten’i, Providence), клуб г. Акита «Хорошо», Японский центр во Владивостоке, Клуб любителей японской культуры при Японском центре во Владивостоке, Администрация Приморского края, Дальневосточный Федеральный Университет, Администрация г. Владивостока, Владивостокское Бюро KYODO NEWS, Литературное общество имени Ёсано Акико, г. Владивосток.

 

 

第2回日露俳句コンテスト

応募用紙

                   メールでshhiruta@nifty.com まで送付願います。

 

 

       姓 

      名 

* 氏 名

 

 

* ふりがな

 

 

* ローマ字

 

 

* 住 所

 

 

 

*email

 

   電話番号

 

*国 籍 (国 名)

 

*年 齢

 

*会社名 / 学校名

 

 

       

                                                                            

 

*日本語による俳句

 

 

 

 

 

   

 

留意事項

 

 ①   *印は必ず記入願います。

② 応募作品の著作権はすべて秋田県国際俳句協会に帰属し、氏名とともにホーム

   ページやフェイスブック等に公表する場合があります。

 ③ 応募者から頂いた個人情報は主催者(協賛者及び後援者)が本件業務上のためにのみ利用し、第三者への提供及び委託は行いません。

 

 

Второй японо-российский конкурс хайку

Форма заявки на русском языке

Высылайте на адрес: shhiruta@nifty.com

 

 

       Фамилия

      Имя

Имя

 

 

Адрес

 

 

 

 

 

email

 

   Телефон

 

Национальность         (Страна)

 

Возраст

 

Профессия/№ школы

 

 

         

                                                                                

 

Ваша хайку по-русски:

 

 

 

 

 

 

Примечания

   Пункты, отмеченные звездочкой* следует заполнять обязательно.

   Поданные хайку и имена авторов будут преданы огласке, продемонстрированы на вэб-сайтах, Facebook, и иных СМИ, подпадающих под право пользования Международной Ассоциации хайку префектуры Акита.

   Ваша персональная информация будет использована только для официального использования организаторами, спонсором и поддерживающими организациями.

 

 

The Second Japan-Russian Haiku Contest

English Entry Form

Please email to shhiruta@nifty.com

 

 

       Family name

      Given name

Name

 

 

Address

 

 

 

 

 

email

 

   Telephone

 

Nationality                (Country name)

 

Age

 

Profession /school

name

 

 

       

                                                                                 

 

Your Haiku in English

 

 

 

 

 

 

Note

   Items marked with an asterisk * must be filled in completely.

   Submitted haiku and the name of the haiku poets may be made public, shown on homepages, Facebook, or otherwise displayed under the copyright of the Akita International Haiku Association.

   Your personal information will be used for official reason by organizers, sponsor and supporters only.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平成245月日露俳句コンテストが秋田県とロシア沿海地方の文化交流事業の一環として開催されました。コンテストには秋田やウラジオストク両市に住む俳人や愛好者も参加し、秋田市・ウラジオストク市姉妹都市締結20周年記念に花を添えました。

また、石井露月生誕140年記念として「露月山人国際賞」を設け、日露両国の俳人や俳句を愛する市民と学生の関心を呼びました。

 平成25年度においても、コンテスト継続への要望と皆様からのご支援に応えて「第2回日露俳句コンテスト」を開催いたします。

皆様からのご投句を期待しております。

  

    ****************

 

  

第2回日露俳句コンテスト 

(応募要項)

 

平成25年4月吉日

 

秋田県国際俳句協会

 

はじめに

  

昨年5月、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークは日露文化交流の一環として第1回日露俳句コンテストを開催しました。秋田県とロシア沿海地方の文化交流を促進し、秋田市とウラジオストク市の姉妹都市締結20周年を記念しながら、両国を結ぶ「海(Umi)」(日本海)をテーマとする俳句を募集し、相互の俳句を分かち合う機会として開催しました。

コンテストが俳句を詠み、朗詠する楽しみを伝えるだけでなく、日露両国民の相互理解を深め、日露両国についての相互の見解の交換を促進するための機会となるように期待しました。

同時に秋田県とロシア沿海地方の文化交流の促進と拡大を図り、秋田市とウラジオストク市の姉妹都市関係の強化と深化を図るために役立つものと期待しました。

コンテストには日露両国の学生や俳句愛好者から428句が寄せられました。特に、ロシアからはほぼ全土に渡って応募があり、学生と一般市民から58句の応募がありました。ウラジオストク、サハリン州、モスクワ、モスクワ州、サンクトペルブルク、マガダン、ビロビジャン、ノヴォシビルスク、ウファ、ブラゴヴェシチェンスク、スヴェルドロフスク、ペルミ、カルーガ、クラスノダール、チフヴィン、チュヴァシ共和国、タタールスタン共和国などに居住する学生や俳句愛好者からの応募でした。

 コンテストは大成功に終わり、コメントも寄せられました。毎年継続して欲しいという要望や、日露両国以外の俳句愛好者にも参加する機会を与えて欲しいという要望がありました。

以上の結果を踏まえて、下記の要項のように秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークと共に第2回日露俳句コンテストを開催し、俳句の応募には日本語部門、ロシア語部門、そして英語部門を設けることにいたしました。皆様のご応募を期待しております。

 

名称:第2回日露俳句コンテスト

 

主催:秋田県国際俳句協会

 

共催:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

 

協賛:(財)JAL財団

 

後援 :ウラジオストク日本センター、NPO 日ロ交流協会、日本・ウラジオストク協会、国際俳句交流協会、鹿児島国際大学、朝日新聞社、河北新報社、秋田県、国際教養大学、秋田県教育委員会、() 秋田県芸術文化協会、(財)秋田県国際交流協会、秋田英語英文学会、秋田魁新報社、共同通信社秋田支局、読売新聞秋田支局、毎日新聞秋田支局、産経新聞社秋田支局、NHK秋田放送局、ABS秋田放送、AKT秋田テレビ、AAB秋田朝日放送、CNA秋田ケーブルテレビ、エフエム秋田、秋田市、秋田市教育委員会、天為秋田支部、秋田ロシア語友の会、秋田ウラジオ会、ロシア沿海地方行政府、極東連邦大学、ウラジオストク市、ウラジオストク日本センター付属日本文化同好会、共同通信社ウラジオストク支局、与謝野晶子記念文学会

  

応募資格:国籍、年齢は問いません。

 

形式と投句数:雑詠1句(未発表句)

 

使用言語:日本語、ロシア語、英語のいずれかを選択する。

 

応募方法

 

    日本語による応募者は以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子ールにてshhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙

日本語 (бланк заявки на японском языке)

ただし、郵送やFAXでの送付も可能です。

宛先:010-1606 秋田市新屋寿町4-38 蛭田秀法

FAX:018-824-2188

 

② ロシア語による応募者は以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにてshhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙

 русском  (бланк заявки на русском языке)

 

③ 英語による応募者は以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにてshhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙

ENGLISH  (бланк заявки на английском языке).

 

 

応募期間:平成25年5月1日(水)~6月30日(日)

 

応募締め切り:平成25年6月30日(日)

 

審査委員

 

  日本語部門 : 武藤鉦二、舘岡誠二、和田仁、手島邦夫、

            工藤一紘、石田冲秋、五十嵐義知、

            内村恭子、矢野玲奈

   

  ロシア語部門: アレクサンダー・ドーリン、

            スレイメノヴァ・アイーダ

   

  英語部門  : 青柳飛 

 

 JAL財団賞

 日本語部門、ロシア語部門、英語部門の応募作品から部門毎に一句選出し、賞状と賞品を贈呈する。

    

秋田県国際俳句協会賞

日本語部門、ロシア語部門、英語部門の応募作品から部門毎に一句選出し、賞状と賞品を贈呈する。

   

*各賞の受賞連絡及び副賞の詳細については、主催者から受賞者に対し8月下旬までに直接連絡があります。

 

結果の発表: 

平成259月上旬共催団体である秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークのホームページで公表します。

https://akitahaiku.wordpress.com/

 

各部門の入賞作品と入選作品の発表は上記ホームページでそれぞれ他の二言語による翻訳を添えて発表します。

 

お問い合わせ先:

秋田県国際俳句協会

shhiruta@nifty.com 

 

照会はメールでのみ受け付けております。

 

2回日露俳句コンテスト

応募用紙

                  メールでshhiruta@nifty.com まで送付願います。

 

 

 

       姓 

      名 

氏 名

 

 

ふりがな

 

 

ローマ字

 

 

住 所

 

 

 

email

 

  電話番号

 

*国 籍(国 名)

 

*年 齢

 

*会社名 / 学校名

 

 

       

                                                                                

 

*日本語による俳句

 

 

 

 

 

     

 

留意事項

 

   *印は必ず記入願います。

    応募作品の著作権はすべて秋田県国際俳句協会に帰属し、氏名とともにホームページやフェイスブック等に公表する場合があります。

   応募者から頂いた個人情報は主催者(共催者、協賛者及び後援者)が本件業務上のためにのみ利用し、第三者への提供及び委託は行いません。

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、秋田県国際俳句協会会長和田仁氏が「秋田俳壇の先達」シリーズとして次の俳人の方々の句を選句し、短評を加えました。

ご紹介します。

 

「秋田俳壇の先達」シリーズ(1)

 

川村三千夫 (秋田県俳句懇話会会長・合歓代表・海程)

 

 

*少年の眸よ早春の潮溜まり

*震度六春の厠に四つん這い

*反転の山女そのとき白けむり

*原子炉に神は在さず五月雨

*稲架の裏馬の魂魄ひしめけり

作風:華麗にして鋭利な俳諧性が持ち味

  

武藤鉦二 (秋田県現代俳句協会会長・しらかみ主宰・海程)

  

 

*山国の山影ふくらんでゆく日永

*読本に黒塗りしころ夜の蝉

*途中から雁が音となり津軽三味

*どか雪の盆地ふんわり落とし蓋

*軒つらら民話はぐくむ硝子ペン

  

作風:俳域を超越した清冽な詩性が持ち味

  

伊藤沐雨 (天為秋田支部長)

 

 

 

*越後より軽しと羽後の雪をかき

*木版の和紙の白さを雪として

*雪囲ひして風評を寄せつけず

*せせらぎの記憶は春の小川です

*四五軒の里の総出の花筵

  

作風:高潔にして典雅な情感が持ち味

  

舘岡誠二 (前秋田県現代俳句協会会長・海程・寒鮒)

 

 

 

*地獄絵の被災地掠め岩燕

*潟の田で守護神となり雁の陣

*じわじわと寒さ酒場の客まばら

*ポケットに延命丸入れ冬の漁夫

*軒つらら一人芝居をしたくなり

  

作風:産土への存問と純度の高いヒューマニティが特色

  

石田冲秋 (俳星主幹)

 

 

 

*小夜あらし山廬の紫苑いかなれや

*かまくらや穿つ彼の世の小さき灯

*鳥帰る波音のやうな声を曳き

*箒目にはや零れをり棕櫚の花

*鶯と暫し汽車待つ無人駅

  

作風:神の恩寵のような誠実な叙情が持ち味

  

伊藤青砂 (前秋田県俳句懇話会会長・萬緑)

 

 

*色変へぬ松や真砂女と出会ひさう

*鍬一丁だけの注文鍛冶始

*だんまりの藁梵天を雪に挿す

*酔の顔風が撫でゆく川梵天

*帰らざる写真の軍馬昭和の日

 

作風:旺盛な感受にして静逸

 

前記近作選・短評:和田 仁

 

 次のシリーズを期待しております。

 

 The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「露月山人、衆目には見えない『赤い糸』を詠む」’ appears on September 3.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

平成242012)年7月国際教養大学理事長・学長の中嶋嶺雄先生を名誉会長、同大学副学長のマーク ウィリアムズ先生を副名誉会長として、秋田県俳句懇話会、俳人協会秋田県支部、秋田県現代俳句協会など、秋田県の俳壇の重鎮の皆様を顧問や相談役にお願いして「秋田県国際俳句協会」を設立いたしました。

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のE-パンフレットによる発刊にあたり、秋田県国際俳句協会会長和田仁氏から巻頭言を賜りました。

 

 

 

秋田県国際俳句協会設立の経緯について

                     会長 和田 仁

 

 このたび、多くの方々に励まされ、「秋田県国際俳句協会」を県単位としては全国に魁けて設立することが出来ました。心から御礼申し上げます。

 さて、当協会の門出は、

一、有馬朗人先生を会長とする「国際俳句交流協会」と秋田県俳壇との親密な交流

二、佐竹敬久県知事はじめ秋田の「官」の支援

三、中嶋嶺雄国際教養大学理事長・学長はじめ秋田の「学」の支援

四、経済界はじめ国際交流に心血を注いでいる「民」の支援

五、国際俳句の世界で高い評価を得ている「秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク」の実績                                  など

既に強固な基盤があり、自然発生的な安産とも言えるかも知れません。それだけに今後の活動内容が厳しく問われることになります。

 当協会の設立目的に「秋田県俳壇の振興と国境や言語の壁を越えて俳句文芸の普及交流に寄与する」と記されております。

幸い、俳壇を背負っておられます先生達はじめ多くの方々の賛同を得られ、今後も御協力を頂ける運びとなりました。深く感謝を申し上げます。

 ところで、俳句は世界一短い詩形と言われております。しかし、その呟きにも似た片言性ゆえに大宇宙さえ捕らえることが出来るのです。この含蓄のある神秘的な詩形は世界に普及する魅力を充分持ち合わせているのです。

 

献四句

 

*交響曲新世界より花便り

*夏蝶に戦の匂ひ火の匂ひ

*流星やゼロに近づく数へ方

*韃靼の海へと帰る尾白鷲

               

次に、当協会の「規約」を紹介します。

 

秋田県国際俳句協会規約

 

第一条     本会は、秋田県国際俳句協会と称する。

第二条     本会は、秋田県俳壇の振興と国境や言語の壁を越えて俳句文芸の普及交流に寄与することを目的とする。

第三条     本会は次の事業を行う。

(1)     研修会、講習会の開催。

(2)     県内外および国内外へ情報発信と講師派遣。

(3)     作品と論文発表および業績の顕彰。

(4)     機関誌の発行。

(5)     その他、目的達成のための事業。

第四条     本会に次の役員を置く。

      会長    一名

      幹事長   一名

      幹事    若干名

      監事    一名

      事務局長  一名

      会計    一名 

    二、役員職は役員会に置いて選任し、任期は二年とする。

第五条 本会の会費は、年二千円とする。

第六条 本会の会計年度は、毎年4月1日から3月31日までとする。

第七条   本規約は、役員会に諮り役員の過半数をもって柔軟かつ発展的に変更

することを妨げない。

第八条    役員会の決議により名誉会長、名誉副会長や顧問職、相談役を設けることが出来る。

 附則 本規約は平成24年7月1日から施行する。

   2,現役員の任期は、平成26年3月31日までとする。

 

次に、当協会の役員を紹介します。

 

秋田県国際俳句協会役員

  

名誉  会長  中嶋 嶺雄

国際教養大学理事長・学長

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク顧問

名誉副会長  マーク ウィリアムズ

国際教養大学副学長

顧   問  川村三千夫

秋田県俳句懇話会会長

顧   問  武藤 鉦二

秋田県現代俳句協会会長

顧   問  勝又美智雄

国際教養大学教授(図書館長)

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

顧   問  アレクサンダー ドーリン

国際教養大学教授

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

顧   問  伊藤 沐雨

「天為」秋田支部長

顧   問  伊藤 青砂

秋田県俳句懇話会顧問

顧   問  舘岡 誠二

秋田県現代俳句協会顧問

顧   問  岡部いさむ

秋田市俳句人連盟会長

顧   問  石田 冲秋

「俳星」主幹

田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

顧   問  岩谷 塵外

秋田県俳句懇話会事務局長

    役  手島 邦夫

秋田工業高等専門学校教授

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

    役  工藤 一紘

露月研究会会長

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

    役  安田 龍泉

「寒鮒」主宰

    役  山崎 雅葉

横手かまくら吟社代表

    役  伊藤 虹洋

秋田県俳句懇話会副会長

  談 役  宮本 秀峰

秋田県現代俳句協会副会長

                               (順不同)

執行  委員

会 長  和田 仁 

「天為」「合歓」国際俳句交流協会

幹事長  蛭田秀法

「天為」国際俳句交流協会

 秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局長

監 事  津谷 聡

秋田県法律事務所事務員会会長

音楽家

 

執行スタッフ

相場いぶき

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

桝田 純子

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

土井 育子

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク理事

   

最後になりますが、より良い俳句協会に発展するように皆様からの御指導御助言を賜りたいと存じます。

また、皆様から御参加いただき、御協力を賜りますようにお願い申し上げます。

 

お問い合わせ先:メールにてお願いいたします。

蛭田 秀法

shhiruta@nifty.com

 

 The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「秋田俳壇の先達」シリーズ(1)’ appears on September 2.

  

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta