『詩の国秋田』 第5号 第2回日露俳句コンテスト 和田仁選

  年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の選者シリーズを掲載いたします。 今回は日本語俳句部門の第3回目です。   第2回日露俳句コンテスト   和田 仁選 (Selected by Jin Wada )   秀逸 (Best haiku)   田村 陽子 (秋田県)   伝説の龍の鱗や夏怒濤   Yoko Tamura  ( Akita Prefecture, Japan)   the scales of a dragon in a legend – summer angry waves      入選 (Honorable mentions)   土谷 敏雄  (秋田県)   八方の海へ展ける山開き   … Continue reading 『詩の国秋田』 第5号 第2回日露俳句コンテスト 和田仁選

第2回日露俳句コンテスト結果:The Results of the 2nd Japan-Russia Haiku Contest

  第2回日露俳句コンテスト 結果発表 平成25年9月7日   1.秋田県国際俳句協会は、第2回日露俳句コンテストを開催し、本年5月1日(水曜日)から6月30日(日曜日)まで応募を受け付けました。 2.投句数は雑詠1句、応募者は使用言語として日本語、ロシア語、英語のいずれかを選択し、計624句の応募がありました。 3.日本語部門には日本から294句、ロシアから6句、ルーマニアから3句、ウクライナから1句の計304句の応募がありました。 4.ロシア語部門にはロシアから45句、日本から6句、ベラルーシから3句、ウクライナ、ルーマニア、ブルガリアからそれぞれ2句、セルビア、リトアニアからそれぞれ1句の計62句の応募がありました。 5.英語部門には日本から93句、クロアチアから30句、アメリカから21句、インドから12句、ルーマニアから10句、セルビアから7句、ドイツ、ニュージーランドからそれぞれ6句、ロシア、フランス、ポーランドからそれぞれ5句、イギリス、ブルガリア、カナダ、オーストラリア、フィリピン、インドネシアからそれぞれ4句、ベルギー、オーストリア、ブラジルからそれぞれ3句、アイルランド、イタリア、デンマーク、ボスニア=ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、モンゴルからそれぞれ2句、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、ハンガリー、オランダ、スイス、ジャマイカ、マケドニア、マレーシア、バングラデシュ、コロンビア、ガーナからそれぞれ1句の計258句の応募がありました。 6.秋田県国際俳句協会賞には応募された全句の中から日本語部門、ロシア語部門、英語部門にそれぞれ1句選出されました。 7.JAL財団賞には応募句の中の学生、高校生、中学生、小学生による句から日本語部門、ロシア語部門にそれぞれ1句選出されました。 8.受賞される方々にはそれぞれ賞状と賞品が贈られます。 9.受賞句と受賞者は下記の通りです。     秋田県国際俳句協会賞   日本語部門   ミモザ咲く森に小さな埴輪館   和田留美 (秋田県)       ロシア語部門   Шум прибоя стихает на миг… Ну давай, сверчок!   Андреев Алексей (Россия)   波の音 一瞬止まった 今やあなたの番、コオロギよ!   アンドレーヴ アレクセイ (ロシア)     英語部門   how little I know of bird calls distant thunder … Continue reading 第2回日露俳句コンテスト結果:The Results of the 2nd Japan-Russia Haiku Contest