『詩の国秋田』にちなんで (2) -有馬朗人先生との出会い-

  平成21(2009)年6月、『詩の国秋田』発刊に対して国際俳句交流協会会長の有馬朗人先生から「お祝いのことば」をお願いできればと思った。 事務局長の村岡弘氏からご高配を賜り、次のようなページが誕生した。       平成21年年11月28日、東京で国際俳句交流協会創立二十周年記念シンポジウムが「世界の俳句・ハイク-現状と未来」というテーマで開催された。 イギリス、ドイツ、アメリカ、クロアチア、そして日本のパネリストの皆様の俳句が紹介され、日本の代表である有馬先生の俳句は次のような句であった。   失ひしものを探しに冬帽子   looking for something lost ―        wearing a winter cap     有馬先生は最後に次のように予言されたのが印象的であった。   「俳句はその短さと自然との共生という基盤によって今後も世界に向かって広がって行くだろう。 短い俳句の形式に興味を抱き、3行詩を楽しむ若者が世界中に出てきている。 インターネットの出現でネット上で俳句を分かち合うことが多くなるだろう。 そして、ネット上で万国俳句大会やコンテストが開催されるだろう」と。   懇親会で有馬先生にご挨拶する機会があった。 『詩の国秋田』への玉稿についてお礼を申し上げたところ、中嶋嶺雄先生にくれぐれも「よろしく」とおっしゃられました。      平成23(2011) 年9月25日、秋田を出発しロシア連邦ウラジオストク市に向かった。 俳句を通じた文化交流を行うためであった。 東方学校で俳句レッスン、極東連邦大学で俳句ワークショップ、ウラジオストク日本センターでは「俳句と茶道」についての講演を行った。 日本センターと極東連邦大学東洋学大学日本学部を表敬訪問。大石莊平所長とシュネルコ・アレクサンダー日本学部長にお会いし、有馬先生からのメッセージをお伝えし、国際俳句交流協会の機関誌「HI」No.95、No.96 を贈呈。日本語と英語による HIA (Haiku International Association) への入会案内を紹介しながら、俳句の広がりを期待した。 文化交流についての記事は、国際俳句交流協会のホームページの会員の活動報告の中で「ウラジオストクでの俳句紹介」というタイトルで紹介されている。 「日本語版」 http://www.haiku-hia.com/report/jp1.html HIA 実行委員の藤本はな様と日航財団の浜崎明美様からご指導ご協力を賜り、実践することができた。   平成23 年11月27日 HIA 第13回俳句大会で有馬先生にお会いし、ウラジオストクでの俳句を通じた文化交流についてご報告。先生は「文化交流の大事さ」について強調され、次年度における「日露俳句コンテスト」の開催を大変お喜びになられた。      写真中央 有馬朗人先生、左側 和田仁氏(秋田県国際俳句協会会長)、右側 筆者 … Continue reading 『詩の国秋田』にちなんで (2) -有馬朗人先生との出会い-

News from HIA : 3.11. Haiku

  On July 14, 2011, Ms. Hana Fujimoto (藤本はな), a leading staff at HIA, sent me an e-mail, saying that the Haiku International Association(HIA)(国際俳句交流協会), whose president is Dr. Akito Arima (会長有馬朗人), has featured the article 3.11 Haiku in their homepage at http://www.haiku-hia.com . They feature the news about Haiku for Kibo sent by Haiku Society of Italy, … Continue reading News from HIA : 3.11. Haiku

News from HIA : ukiaHaiku Festival 2011 and the HNA 2011 Conference

  Dr. Akito Arima (有馬朗人)is President of the Haiku International Association (HIA)(国際俳句交流協会)(http://www.haiku-hia.com), a nonprofit organization aimed at promoting haiku globally. Dr. Arima also leads the haiku group Ten’I (Providence)(天為)(http://haikunet.info).       looking for something lost ―        wearing a winter cap   失ひしものを探しに冬帽子    This haiku is Dr. Arima’s masterpiece, which was presented to the … Continue reading News from HIA : ukiaHaiku Festival 2011 and the HNA 2011 Conference