第6回日露俳句コンテスト 募集要項

 

趣旨 

平成24年5月、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークは「秋田県・ロシア沿海地方文化交流事業」、「秋田市・ウラジオストク市姉妹都市締結20周年記念行事」及び「石井露月生誕140年記念」として日露俳句コンテストを行いました。

平成26年においては、「第29回国民文化祭・あきた2014」の県民参加事業として第3回日露俳句コンテストと国際俳句大会が行われ、平成23年9月ウラジオストク日本センターを拠点として始まった俳句を通じた文化交流は世界中に広がりました。

寄せられた句の優秀作品をインターネット上で共有し、異文化を持つ人々の間で相互理解を深めながら、世界平和の実現のための一助とします。

応募期間   平成29年5月1日(月)~6月30日(金)

応募資格   国籍、年齢は問いません。

テーマ    「花」(雑詠も可)

投句数       1句(未発表句)

使用言語   日本語、ロシア語、英語のいずれかを選択する。

応募方法

  (1)ホームページ https://akitahaiku.com/ にて応募用紙をダウンロードして

                     記入の上、電子メールにて shhiruta@nifty.com まで送付。

・日本語部門 (日本語部門)日本語部門  (pdf)

・ロシア語部門 (ロシア語部門 )  (ロシア語部門 )  (word)

・英語部門 (英語部門) (英語部門) (Word) 

   (2)国内の応募に関しては、FAXまたは、ハガキによる投句も可。

     FAX : 018-824-2188

                 010-1606 秋田市新屋寿町4-38 

         秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

  (3)氏名(フリガナも)、年齢、住所、電話番号、句を記入。    

賞/賞品

 

 日本語部門 

          秋田県知事賞/「民芸品」

          JAL財団賞/「地球歳時記、輪島塗りの写真立て、文具など」

           秋田商工会議所会頭賞/「民芸品」 

 ロシア語部門

           秋田市長賞/「民芸品」

         JAL財団賞/「地球歳時記、輪島塗りの写真立て、文具など」

          秋田商工会議所会頭賞/「民芸品」

 英語部門

          国際教養大学学長賞/「民芸品」

         JAL財団賞/「地球歳時記、輪島塗りの写真立て、文具など」

          秋田商工会議所会頭賞/「民芸品」

 

         各賞はそれぞれ1句に贈呈。

         但し、JAL財団賞は学生やこどもたちの句が対象。

 

結果発表

 10月7日(土)ホームページで発表 

 https://akitahaiku.com/

 

表彰    10月7日(土)国際教養大学

 

審査委員  日本語部門 : 武藤鉦二 舘岡誠二 和田仁 島松柏 工藤一紘

              五十嵐義知  内村恭子 矢野玲奈

      ロシア語部門: アレクサンダー・ドーリン 

      英語部門  : デビッド・マクマレイ 兼松悟 

              ベン・グラフストロム 蛭田秀法

 

主催  秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

共催  秋田県国際俳句協会

協賛  (公財)JAL財団、秋田商工会議所 秋田市

後援  秋田県、国際教養大学、秋田県教育委員会、(公財)秋田県国際交流協会、

    秋田市教育委員会、秋田英語英文学会、秋田魁新報社、国際俳句交流協会、

    鹿児島国際大学、

    ウラジオストク日本センター付属日本文化同好会、ロシア沿海地方行政府、

    極東連邦大学、ウラジオストク市、与謝野晶子記念文学会 

 

お問い合わせ先

 

    秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局 蛭田秀法

    〒010-1606  秋田市新屋寿町4-38

    TEL & FAX: 018-824-2188

    携帯番号:090-2799-8904

    URL: http://akitahaiku.com/

          E-mail: shhiruta@nifty.com

 

 

 

Advertisements

 

第2回日露俳句コンテスト 結果発表

平成25年9月7日

 

1.秋田県国際俳句協会は、第2回日露俳句コンテストを開催し、本年5月1日(水曜日)から6月30日(日曜日)まで応募を受け付けました。

2.投句数は雑詠1句、応募者は使用言語として日本語、ロシア語、英語のいずれかを選択し、計624句の応募がありました。

3.日本語部門には日本から294句、ロシアから6句、ルーマニアから3句、ウクライナから1句の計304句の応募がありました。

4.ロシア語部門にはロシアから45句、日本から6句、ベラルーシから3句、ウクライナ、ルーマニア、ブルガリアからそれぞれ2句、セルビア、リトアニアからそれぞれ1句の計62句の応募がありました。

5.英語部門には日本から93句、クロアチアから30句、アメリカから21句、インドから12句、ルーマニアから10句、セルビアから7句、ドイツ、ニュージーランドからそれぞれ6句、ロシア、フランス、ポーランドからそれぞれ5句、イギリス、ブルガリア、カナダ、オーストラリア、フィリピン、インドネシアからそれぞれ4句、ベルギー、オーストリア、ブラジルからそれぞれ3句、アイルランド、イタリア、デンマーク、ボスニア=ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、モンゴルからそれぞれ2句、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、ハンガリー、オランダ、スイス、ジャマイカ、マケドニア、マレーシア、バングラデシュ、コロンビア、ガーナからそれぞれ1句の計258句の応募がありました。

6.秋田県国際俳句協会賞には応募された全句の中から日本語部門、ロシア語部門、英語部門にそれぞれ1句選出されました。

7.JAL財団賞には応募句の中の学生、高校生、中学生、小学生による句から日本語部門、ロシア語部門にそれぞれ1句選出されました。

8.受賞される方々にはそれぞれ賞状と賞品が贈られます。

9.受賞句と受賞者は下記の通りです。

 

 

秋田県国際俳句協会賞

 

日本語部門

 

ミモザ咲く森に小さな埴輪館

 

和田留美 (秋田県)  

 

 

ロシア語部門

 

Шум прибоя

стихает на миг…

Ну давай, сверчок!

 

Андреев Алексей (Россия

 

波の音

一瞬止まった

今やあなたの番、コオロギよ!

 

アンドレーヴ アレクセイ (ロシア)

 

 

英語部門

 

how little

I know of bird calls

distant thunder

 

Kala Ramesh  (India)

 

なんて分かりにくいんでしょう

鳥の鳴く声が

遠雷

 

カーラ ラメシュ (インド)

 

 

JAL財団賞

 

日本語部門

 

月涼し右手でつくる望遠鏡 

 

大池梨奈 (大阪府立吹田東高等学校)

 

 

ロシア語部門

 

С неба на землю

или с земли на небо –

вьются пушинки…

 

Анастасия (Россия

 

空から地へ

あるいは地から空へ-

渦巻いている雪片...

 

アナスタシャ (ロシア)

 

 

10.各審査委員による特選句や入選句は9月中旬にEパンフレット「詩の国秋田第5号」で発表されます。当ホームページで掲載されます。

 

 

The next posting ‘詩の国秋田第5号(1) ’ appears on September 14.

 

― Hidenori Hiruta