To be, or not to be

生きる・死ぬ  個人情報かもしれぬ    (児玉ヒサト) Ikiru ・ shinu   Kojin jouhou kamoshirenu To be, or not to be That may be personal information. (Hisato Kodama) [講評] 「銀の笛」(No.181)に掲載された川柳作品。人間の「生きる・死ぬ」は、「個人情報」にかかわる問題「かもしれぬ」と作者は考える。 英語の「センリュウ」(Senryu in English)では、「生きる・死ぬ」をシェイクスピア(1564-1616)の悲劇『ハムレット』の有名な独白「生か死か、それが問題だ。」(To be,or not to be,that is the question:)を踏まえて訳してみた。(Sousei Taira)