Kamakura Snow Festival(かまくら) is held in Yokete city, Akita prefecture(秋田県), Northern Honshu, Japan on February 15th-16th every year.

It is a fantastic world appearing on a snow country evening, where children enjoy chatting in rooms made of snow.

 

Here are photos and haiku about Kamakura Snow Festival 

 

 

 

羽後の国かまくらの灯の点りけり                 秀法

Ugo no kuni  Kamakura no hi no  tomori keri

 

Kamakura, snow hut

has candles lighted on –

Akita – the land of poetry               Hidenori

 

 

 

かまくらの星座の如き光かな        秀法 

Kamkura no  seiza no gokotki  hikari kana

 

Kamakura, snow huts

shining –

a constellation                         Hidenori

 

 

 

甘酒にかまくらの神酔い痴れる                  秀法

amazake ni  Kamakura no kami  yoishireru

 

god of Kamakura

gets drunk –

amazake, sweet rice drink               Hidenori  

 

 

Manisha Kundu-Nagata in Akita prefecture tells us about Kamakura snow festival in her blog.

 

Please check it out, and you will know about Kamakura better..

http://lipikazuo.blogspot.com/2009/02/kamakura-snow-festival-in-yokote.html

 

 

Lastly, let me post haiku and photos by Janessa and Cecilie Guldbrandsen, who studied about haiku and learned to write haiku at the class by Alexander Dolin, PhD, Professor of Japanese Literature and Civilization Studies at Akita International University(国際教養大学). 

 

Janessa contributed the works of haiku and photos to us in November, 2011.

 

 

蒸気がグラスから立ちのぼる

だけど風が吹き始める

飲めるだろうか?

 

 

 

葉で一杯の川

滝に近づく

それからきれいになるわ

 

 

 

茶色の葉が散り

川の中に落ちるとき

忘れられてしまう

 

 

 

実を結ばない森

枯葉が地上で眠っている

冬が来るだろう

 

 

 

落葉のように

風の中でくるくる回り転がり落ちる

人生行路

 

 

Cecilie Guldbrandsen also contributed the works of haiku and photos to us in November, 2011.

 

Colorful ballet

Written in the air

Gracefully

 

色とりどりのバレエ

空に書かれるように舞う

優雅に

 

Dreaming earth

Breathing the hymn

Of lonely trees

 

夢見る地

賛美歌をささやいている

孤独な木々の

 

Strange chestnut

Roasted in yellow sun

On bare ground

 

風変わりな栗の実

黄色の太陽で焼かれている

むきだしの地面で

 

Leaves rustling

Surrounding patient trees

Wind dancing

 

葉がさらさらと音を立てている

我慢強い木々を取り巻いている

風が踊っている

 

Naked trees shivering

Getting ready for

A new winter coat

 

葉の散った木々が震えている

準備を調えている

新しい冬のコートに

 

 

The next posting ‘For New Year 2012 (9)’ appears on March 3.

 

― Hidenori Hiruta

 

Advertisements

3月14日は数学の日!

第一回数学川柳 & 数学俳句作品大募集!

応募受付中!2012229 () まで

賞品総額 31.4万円相当!

五・七・五の「素数の世界」で遊びましょ!

学校では、理数系学習の重要性と、伝統文化の学習など、学習領域がかなり広範になりつつあります。

世界でいちばん短く美しいアート、「俳句」や「川柳」を創作しながら、数学のロマン・ミステリーである「円周率=π」に思いを馳せてみませんか?

「数」「算数」「数学」のイメージ・要素を盛り込み五・七・五で川柳・俳句を詠みこんでください。

ご応募いただいた作品の中から、選考委員の審査によって入賞作品を選出し、π(円周率3.14159265…) から決められた「数学の日 (2012314)」に発表します。

  • ※円周率…………日本が誇るスパコンの技で世界NO.1 10兆ケタ (3.1415926535 8979323846 2643383279 50288…)
  • ※俳句・川柳……五七五の素数からなる唯一の芸術 ~季節・自然・人間・いとなみ

※応募する前に必ず注意事項についてをお読みください。

新着情報

2012/02/01

第一回「数学川柳&数学俳句」公式ホームページがオープンしました。

 

作品規定

「数」「算数」「数学」のイメージを詠みこんだ句に限ります。

応募資格

どなたでも、何度でもご応募いただけます。

応募受付期間

201221 () 1200
2012
229 () 1800 受付分まで

  • ※上記日時以降の受付は無効となります。

募集部門

川柳

・学生の部 (個人・学校単位) の応募
・一般の部 (個人・家族単位) の応募

俳句

・学生の部 (個人・学校単位) の応募
・一般の部 (個人・家族単位) の応募

例句

川柳

  • 裏表 コインが決める キックオフ (確率) ―大日本図書中学校教科書
  • 山登り 高くなるほど 寒くなり (一次関数) ―大日本図書中学校教科書
  • 時間割 みんな5時間 かなしいな
  • ダンスする ハチが8の字 描いてる
  • 確率で 人生設計 成り立たず
  • 政権は 正負どころか 負けばかり

俳句

  • 春:梅一輪 一輪ほどの 暖かさ (服部嵐雪)
  • 夏:五月雨を 集めて早し 最上川 (松尾芭蕉)
  • 秋:四五人に 月落ちかかる をどりかな (与謝蕪村)
  • 冬:一月の 川一月の 谷の中 (飯田蛇笏)
  • ※WEBからの応募は個人のみ受付をしております。
    団体 (学校・家族など) 応募をご希望の方は、専用の「団体応募用紙」と「作品集計用紙」(PDF) をダウンロードし、郵送でご応募ください (FAXでのご応募は受け付けておりません)

 

 

※応募する前に必ず注意事項についてをお読みください。

WEBから応募

  • 応募受付フォームが表示されますので、そのフォームに入力してご応募ください。
  • 1回のご応募につき、2句までご応募できます。
  • 1人様、何回でもご応募いただけます。
    ただし、同じ作品はいずれかのご応募方法にて1回のみとします。

※応募する前に必ず注意事項についてをお読みください。

 

モバイルはこちら

Twitterから応募

  1. 1.          数学検定公式アカウント (@sugaku_net http://twitter.com/sugaku_net) をフォローしてください。

 

  • ※Twitterページへ移動します。
  1. 2.          川柳または俳句を選び、特定のハッシュタグをつけて、ご応募ください。
    下記応募ボタンを押すと、ハッシュタグが既に含まれたフォームが立ち上がります。

※川柳 → #数学川柳

 

  • ※Twitterページへ移動します。

※俳句 → #数学俳句

 

  • ※Twitterページへ移動します。

 

WEB以外から応募

個人応募の場合は、ハガキに必要事項をご記入のうえ郵送いただくか、「個人応募用紙」をダウンロードし、郵送でご応募ください。
団体応募の場合は、「団体応募用紙」と「団体応募用作品集計用紙」をダウンロードし、両方あわせて選考委員会へ郵送してください。

 

 

川柳・俳句とも

個人

大賞1作品/優秀賞2作品/入賞30作品

団体

学校賞/家族賞

特別賞

森村誠一賞 (俳句)/やすみりえ賞 (川柳)
大塚商会賞 (川柳)/ワイデックス賞 (俳句)

入賞者発表方法

2012314 () 数学の日に、当ホームページ上で発表いたします。

また、入賞者個々にご連絡いたします。

(1) WEBフォームから応募の方
登録いただいた電話番号またはメールアドレスに、入賞のご連絡をいたします。

(2) Twitterから応募の方
フォローいただいたアカウント宛にDMにて入賞の通知メールをお送りいたします (ご連絡先をお知らせいただくためのご案内になります)
期限内 (ご連絡から1週間以内) にご返信がない場合、当選を無効とさせていただきます。
また、Twitter上でもアカウント名とともに、入賞の発表をさせていただく場合があります。

賞品発送

賞品は、20124月上旬ごろから順次発送させていただきます。

  • ※諸事情により、多少遅れる場合もございます。

選考委員

≪選考委員長≫ 森村誠一 (作家)
≪選考委員≫ やすみりえ (川柳作家)/榎本好宏 (俳人)/林家久蔵 (落語家)/塚越孝 (フジTV アナウンサー)/向山洋一 (TOSS 代表)/渡邉秀康 (落語ナビゲーター)/三井卓夫 (絵師)/吉田立 (株式会社NHK エンタープライズ)/清水静海 (財団法人日本数学検定協会理事長)

 

応募上の注意点

  • 作品の二重投稿や、著しい類想類句が判明した場合は、受賞を取り消す場合があります。
  • 応募作品は新作 (応募者の自作) で未発表のものに限ります。
  • 作品の変更および審査結果のお問い合わせには応じられません。
  • ご応募いただいた作品の著作権は、財団法人日本数学検定協会に帰属します。
  • 応募者の住所、転居先が不明などで賞品をお届けできない場合は、当選無効とさせていただきます。
  • 正式な当選のお知らせは、E-mailおよび電話にてご連絡いたします。
  • 未成年者の方が受賞された場合、保護者の方の同意のうえ賞品を送らせていただきます。
  • Twitterで当選された場合、ご連絡先を期限内にお知らせいただけませんと、当選無効とさせていただきます。
  • 賞品の仕様は変更になる場合がございます。
  • 賞品の交換、返品などには応じかねますので、予めご了承ください。
  • 入賞作品および氏名 (ペンネーム) は、数学検定公式サイト、広報誌などで紹介させていただくことがあります。

主催・協力・特別協賛

主催:財団法人日本数学検定協会
協力:TOSS
特別協賛:ワイデックス株式会社、株式会社大塚商会

応募・お問い合わせ先

110-0005 東京都台東区上野5-1-1 文昌堂ビル6
財団法人日本数学検定協会
「数学川柳&数学俳句」選考委員会
TEL03-5812-8342  FAX03-5812-8346
電話お問い合わせ時間:平日 9:3017:00

個人情報の取り扱いについて

下記の「個人情報の取り扱い」についてご同意いただいたうえでご応募ください。

【このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて】

  1. 1.          事業者の氏名又は名称
    財団法人日本数学検定協会
  2. 2.          個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
    管理者職名:個人情報保護管理者
    所属部署:広報・IT
    連絡先:電話 03-5812-8342
  3. 3.          個人情報の利用目的
    「数学川柳&数学俳句」に関する業務(作品の選考、表彰、ご本人様への連絡および賞品発送)のため
  4. 4.          個人情報の第三者への提供
    入賞作品の紹介のため、作品、氏名、お住まいの市区町村、コメント等を、当財団の公式サイトやマスコミ等を通じて、広く一般に提供します。
  5. 5.          個人情報取り扱いの委託
    前項利用目的の範囲に限って個人情報を外部に委託することがあります。
  6. 6.          個人情報の開示等の請求
    ご本人様は、当財団に対してご自身の個人情報の開示等に関して、下記の当財団お問い合わせ窓口に申し出ることができます。その際、当財団はご本人様を確認させていただいたうえで、合理的な対応を期間内にいたします。

【お問い合わせ窓口】
110-0005 東京都台東区上野5-1-1 文昌堂ビル6
財団法人日本数学検定協会
「数学川柳&数学俳句」選考委員会
TEL03-5812-8342  FAX03-5812-8346

  1. 7.          個人情報を提供されることの任意性について
    ご本人様が当財団に個人情報を提供されるかどうかは任意によるものです。ただし正しい情報をいただけない場合、適切な対応ができない場合があります。

 

 

 

Copyright © 2012 財団法人日本数学検定協会 The Mathematics Certification Institute of Japan All Rights Reserved.

 

 

Namahage-Sedo Festival なまはげ柴灯まつりtakes place in Shinzan shrine (真山神社)in Oga city , Akita prefecture(秋田県), Northern Honshu, Japan, the second Friday through the second Sunday of February every year.

This festival is carried out as a tourist event that combines the Shinto shrine Sedo festival and the Namahage folk festival.

 Here is a photo of the Namahage-Sedo Festival.

Photo courtesy: as per original copyright at:

http://www.michinokugodai.com/oga01.html

 

 

 

真山やなまはげ降りる柴灯祭り        秀法

Shinzan ya  Namahage oriru  sedo matsuri

 

Namahage ogres

descend from Mount Shinzan

the Namahage-Sedo festival              Hidenori

 

なまはげの初恋の地や男鹿半島        秀法

Namahage no  hatsukoi no chi ya  Oga hanto

 

Namahage ogre

falls in first love

the Oga Peninsula                       Hidenori

 

Here is another photo of the Namahage-Sedo Festival.

Photo courtesy: as per original copyright at:

http://do-yo.at.webry.info/201002/article_3.html

 

 

 

なまはげの炎の如き思ひかな               秀法

Namahage no  honoo no gotoki  omoi kana

 

Namahage ogre

falls in love

like a flame                             Hidenori

 

 

Manisha Kundu-Nagata in Akita prefecture tells us about Namahage Festival in her blog.

http://lipikazuo.blogspot.com/2009/04/namahage-museum.html

 

Dr. Gabi Greve in Okayama prefecture also tells us about this festival in her blog.

http://fudosama.blogspot.com/2005/02/oni-japanese-demons.html

Please check them out, and you will know about Namahage Festival better.

 

 

On February 15, Patricia Lidia in Romania contributed Haibun: Love to us.

It’s blizzard, but that does not spoil the joy of the young lovers. Her dress matches the snow freshly sprawled and on her shoulders she is wearing his coat. It’s cold, but the joy of the moment warms his soul and he makes him forget that they are walking on a bridge of ice. They look at each other like in the first day they have met, long and meaningful. Back then it was cold and it was snowing just as now, but that did not count, the alleys parks were their only witnesses.

 

 walk in two-

the frozen snowdrop

in her warm hand

 

二人で歩く ―

凍ったスノードロップ

彼女の暖かな手の中に

 

The snow does not change their plans. It is their special day, only they matter. Only them and the future.

 

stealthily glances –

in the priest’s crown

past and future

 

盗み見る ―

司祭の冠の中に

過去と未来

 

Today the entire nature celebrates with them. It snows with large flakes that become small ice crystals between her eyelids. With his fingers, he wipes the flakes from her face. “I am happy as I haven’t been in a long time”, he says, smiling, “and if it is a dream, well, I do not ever want to wake up to our common reality… “She put down in the snow the bouquet of camellias, and approached him, kissing him in silence.

 

frozen lake –

on the bridal bouquet

a sparrow

 

凍った湖―

花嫁の花束に

一羽の雀

 

 

Lastly, let me post haiku and photos by Kyra Roybal and Scott Ruddell, who studied about haiku and learned to write haiku at the class by Alexander Dolin, PhD, Professor of Japanese Literature and Civilization Studies at Akita International University(国際教養大学). 

 

Kyra Roybal contributed the works of haiku and photos to us in November, 2011.

 

 

 

降りしきる雪片が舞う

星のかけらのように

果てしない白景色

 

 

 

むきだしの骨の髄まで、冷たい

芽が骸骨のような枝に

いのちが新たに始まる

 

 

 

雲が暑さに身を切られる

よどんだ一日が中断する

雷が鳴りほっと安心

 

 

 

やさしく漂い舞い降りる

風に吹かれる全ての色

着地しながらサラサラ鳴る

 

 

 

絶え間なく時間は変わる

生、死、自然の一部

果てしない循環

 

 

Scott Ruddell also contributed the works of haiku and photos to us in November, 2011.

 

木の下が

清い紅葉で

染められる

 

Underneath the tree, the pure autumn colors paint the ground.

 

曇りの日

雨が木の葉と

ともに降る

 

On a cloudy day, the leaves fall with the rain.

 

 

Past the open lake

The mountains cannot be seen

Hidden by thick fog

 

広々とした湖

山々は見えない

濃い霧に隠れている

 

Last days of autumn

Waiting for the snow to come

To turn the trees white

 

晩秋の日々

雪が降るのを待っている

木々が白く変わるのを

 

As the days get cool

Cicadas no longer sing

Surely fall has come

 

日に日に涼しくなる

セミはもはや鳴かない

きっと秋になったのだ

 

The next posting ‘For New Year 2012 (8)’ appears on February 25.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

Here is a photo of the Omono River(雄物川) in Akita prefecture (秋田県), Northern Honshu, Japan.

The photo was taken at the riverbank at the end of January.

 

 

 

氷結に鯉のまどろむ北の川         秀法

hyouketsu ni  koi no madoromu  kita no kawa

 

a sheet of ice

keeps carp in repose

northern rivers                       Hidenori

 

 

This haiku appears in the following blog on February 7.

http://akitahaiku.blogspot.com/

 

Lastly, let me post haiku and photos by Michael Todd, Ruth Ashworth, and Gaby Meindl, who studied about haiku and learned to write haiku at the class by Alexander Dolin, PhD, Professor of Japanese Literature and Civilization Studies at Akita International University(国際教養大学). 

 

Michael Todd contributed the works of haiku and photos to us in November, 2011.

 

 

 

一羽の重々しいカラスが鳴く

赤は今や白で覆われた、

雪が音もなく降る

 

 

世界は花盛り、

美しい桜が舞い踊る、

冬に別れを告げながら

 

 

疲れた波が浜辺にひたひたと打ち寄せる、

太陽が悼みながら照りつける、

近くで犬が一匹吠える

 

 

紅い葉があせて散る、

冷たい風が荒れ狂いながら吹いてくる、

雨の匂い

 

 

 

夜の暗いベール、

町はプリント基盤のようになる、

雲が月の上に漂う

 

 

Ruth Ashworth also contributed the works of haiku to us in November, 2011.

 

 

 

 

足下で踏みつぶされて

金色の葉が塵になる

風が吹き飛ばす

 

 

 

滝のそばで

葉が蝶のように舞い降りる

夏が続いているけれども

 

 

 

窓の外側では

緑がこはく色に変わっている

秋はいつ来たのかしら?

 

 

 

まるで地球が血を流しているみたい

復活の前に

何もかも赤い

 

 

 

この落葉は

他のものの中で人目につくかしら

この森のフロアで?

 

 

Gaby Meindl also contributed the works of haiku to us in November, 2011.

 

An onomatopoeia

Whoosh, crickle, crack, crunch

 

一つのオノマトペア

ヒュー、カチッ、パン、バリッ

 

For this haiku, I wanted to incorporate a really challenging word, such an onomatopoeia, and then built the rest of the haiku around it.  It’s about the sounds of crunching leaves during fall.

 

Basked in the sunlight

A lone daisy among weeds

Growing and growing

 

日光を浴び暖まり

雑草のなかの一本のヒナギク

どんどん伸びていく

 

This haiku is about the spring when flowers begin to bloom.  There are often big patches of grass with very few flowers, or very small flowers, but sometimes there is one strong, big flower among the weeds that always astounds me as to the speed it grew.

  

Wrenitt birds perch high

Their cheeps pierce the empty skies

All others flown south

 

ミソサザイが高いところにとまる

鳴く声が虚空をつんざく

他の鳥は皆南へ飛んで行った

 

Wrenitts are sedentary birds from the American pacific coast.  They do not migrate south, but many birds do, so this is a haiku about their loneliness during winter.

 

Drunk off the sunlight

Trees blush in vivid pink hues

Sakura bloom free

 

日光に酔いしれて

木々は鮮やかなピンク色に赤らむ

桜の花が惜しみなく咲く

 

The pink colors of sakura have been compared to a lot of things, so I wanted to try something I have never heard them compared to before, drunkenness.  Many people have a tendency to get a reddish or pink hue to their skin while drinking, much like the pink of a sakura tree.

 

 

The next posting ‘For New Year 2012 (7)’ appears on February 18.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

On December 20, 2011, Patricia Lidia inRomania, kindly presented a haiku calendar to us.

The haiku calendar was made by Ioana Dinescu and Constanta Erca in Romania.

Here is a photo of the month February.

 

 

It’s snowing again

the cherry trees are blooming

on my kimono                                                     Bea Hurmuz

 

雪がまた降っている ―

桜の木には花が咲いている

私の着物では                             ビー・ハームズ

 

Ioana Dinescuhas contributed her photo haiku to us.

Please enjoy her photo haiku with my Japanese translations. 

You can enjoy them in her blog too. 

http://haikuind.wordpress.com/

 

 

 

power outage –

world`s rebirth

in candlelight

 

停電 ―

世界の復活

ろうそくの光で

 

 

 

tender sun –

the carpet’s flowers

stretch towards it

 

柔らかな太陽 ―

カーペットの花

太陽の方に伸びる

 

 

 

after the rain –

the lilac fragrance

covers the moon

 

雨の後 ―

ライラックの芳香

月をおおう

 

 

 

snow gathers

in the flower’s shadow

fragrance of spring

 

雪が集まる

花の陰に

春の香り

 

 

 

full moon –

the sky’s velvet torn

in the middle

 

満月 ―

空のビロードが千切れた

真ん中で

 

 

 

sand and waves –

a shell still seeking

for its pair

 

砂と波―

一枚の貝がまだ捜している

相手を

 

 

 

scattered leaves –

the old ballerina

takes her cane

 

散在した葉 ―

年老いたバレリーナ

ステッキを取る

 

 

 

sinking to the depths

a branch still tries to reach

the skies

 

深みに沈んでいる

一本の枝がまだ届こうとしている

空に

 

 

 

into the distance –

long looking after the one

with broken wing

 

遠くの彼方に―

長い間一羽の面倒を見ている

羽根が折れて

 

 

 

between the Tropics

and the North Pole just

a thin glass

 

熱帯地方と

北極の間にたった

一枚の薄いガラス

 

 

 

broken glasses –

a new world out of

sound and smoke

 

割れたグラス ―

新世界が誕生

音と煙から

 

 

 

wind chimes –

a butterfly entangled

between the notes

 

風のチャイム ―

一匹の蝶がからまった

音の間に

 

 

The next posting ‘For New Year 2012 (6)’ appears on February 11.

 

― Hidenori Hiruta