年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の国別・英語ハイク・シリーズを掲載いたします。

第2回目は、カナダ、コロンビア、クロアチア(1)の俳句愛好者の皆様からのハイクです。

 

The yearly pamphlet Akita – the Land of Poetry, whose 5th volume is posted as an e-pamphlet, presents English haiku submitted to the 2nd Japan-Russia Haiku Contest in 2013.

A great number of haiku fans willingly sent their haiku in English to the contest from 37 nations including Japan.

They compose haiku, the shortest form of poetry of three lines, catching the haiku moment through their observation or insight.

They write haiku, seeking for “pure present”, which might express “the eternal now.”

We sincerely hope that haiku will be shared with each other, which helps us realize the pleasure of writing haiku again.

 

Canada

 

Anne-Marie Labelle

 

on my napkin

mussels shells are piling up

sea trip canceled

 

私のナプキンの上に

イシガイが積み上がっている

海への旅行が中止になった

 

 

Ashok Bhargava

 

tears slip on to lips

taste of salt

sweet memories

 

涙が唇に滑ってくる

しょっぱい味

甘い思い出

 

 

Cheu-ou-Liu

 

stardust …
spiraling numbers etched
into the cenotaph

 

星屑...

らせん状に動く集団が現れ

記念碑の中に

 

 

Ignatius Fay

 

eighty-third spring

his mind remembers

what fingers forget

 

83回目の春

彼の頭脳は覚えている

指が忘れることを

 

 

Colombia

 

Fabian Rafael Padilla Hernabdez )

 

A thin and fresh breeze

Goes with the water of the sea

Scratching the beach

 

弱くて爽やかなそよ風

海水と共に行く

浜辺をひっかきながら

 

 

Croatia (1)

 

 

Ana Truban

 

the arms outstreched

for embrace, wearing gloves-

a field scarecrow

 

腕が差し出されている

抱擁のために、手袋をはめて

畑の案山子

 

 

Bartulovic Danica

 

Month of July

it spills gold coins

over the Sun

 

7月の月

金の硬貨をこぼす

太陽の上に

 

 

Djurdja Vukelic-Rozic

 

forecasted storm –

among irises blooms

a lively anthill 

 

予報された嵐-

アイリスの間に咲く

活発なアリづか

 

 

Drago Stambuk

 

In Fuji’s crater

breaking snowdrops.

Slowly, ever so.

 

富士の噴火口

スノードロップを折る

ゆっくりと、本当に

 

 

Dubravka Boric 

 

cast-off cigarette butt –

blaze swallows olive trees,

a child is crying

 

捨てられた巻きタバコの吸いさし -

炎がオリーブの木々を包み込む

子どもが声を上げて泣いている

 

 

Dubravko Korbus

 

tonight again

I can feel you close to me

– sweet smell of cherry blossoms

 

今夜もまた

あなたを近くで感じられる

― 桜の花の甘い匂い

 

 

Goran Gatalica

 

the sweet smelling pollen

splatters over the herbs

luxury of the meadow

 

甘い匂いの花粉

草の上にはねをかける

牧草地の贅沢

 

 

Ivo Posavec

 

a stable window

full moon playing with the tail

of a yellow calf

 

厩舎の窓

満月が尻尾と遊んでいる

黄色い子牛

 

 

Jana Zufic 

 

in a crone’s lap

a sleeping child

the crescent in her hair

 

老婆の膝に

眠っている子ども

髪に三日月

 

 

Ljubomir Radovancevic

 

rolling and rolling

a green willow shadow

this brisk creek

 

ゆっくりとうねっている

緑のヤナギの影

このすがすがしい入江

 

 

Mileta Malvina

 

gilded is the corn field

and the hair of a girl

in a hospital room

 

トウモロコシ畑が金色に輝いている

そして少女の髪

病室で

 

Mrsie Ljudmila Milena

 

in the dead of night

stretching their necks

the street lights

 

真夜中に

首を伸ばしている

街灯

 

 

Nada Jacmenica

 

the hooves                            

tossing the autumn

down the hill

 

ひづめ

秋をほうり上げている

丘の下に

 

 

Nikola Duretic

 

I say into a web-cam:

„Watashi wa Nikko des.“

Giggles in Kyoto.

 

ウエブカムに言う:

「私は日光です」

京都でのくすくす笑い

 

 

Nina Kovacic

 

In tender twilight

filled up with bats and shadows

calm falls on the town.

 

静かなたそがれどき

コウモリと影で一杯

穏やかに町におりて来る

 

  

蛭田秀法 和訳

Japanese translations by Hidenori Hiruta

 

蛭田秀法(Hidenori Hiruta

 

年会報『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第5号のEパンフレットによる発刊にあたり、「第2回日露俳句コンテスト」の国別・英語ハイク・シリーズを掲載いたします。

世界各国の俳句愛好者の皆様から応募がありました。観察したことや洞察したことを「ハイク」という短い3行詩に託して表現しております。ある瞬間に感得された「今」がハイクを通じて「永遠の今」となって表れているようです。

このシリーズではお互いのハイクを分かち合いながら、ハイク創作の楽しさを再認識していただければと存じます。

1回目は、オーストラリア、オーストリア、バングラデシュ、ベルギー、ベラルーシ、ボスニアヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルガリアの俳句愛好者の皆様からのハイクです。

 

The yearly pamphlet Akita – the Land of Poetry, whose 5th volume is posted as an e-pamphlet, presents English haiku submitted to the 2nd Japan-Russia Haiku Contest in 2013.

A great number of haiku fans willingly sent their haiku in English to the contest from 37 nations including Japan.

They compose haiku, the shortest form of poetry of three lines, catching the haiku moment through their observation or insight.

They write haiku, seeking for “pure present”, which might express “the eternal now.”

We sincerely hope that haiku will be shared with each other, which helps us realize the pleasure of writing haiku again.

 

Australia

 

Barbara A. Taylor

 

sad Sendai roadside


no cuckoo calls come close


since that fateful day

 

悲しい仙台の路傍

カッコウの声が近くに聞こえない

あの重大な日から

 

 

Cynthia Rowe

 

moonrise

the fisherman’s net trails

phosphorescence

 

月の出

漁師の網が引きずる

リン光を

 

 

John Carroll

 

black sky

has no secrets –

only stars

 

真っ暗な空

秘密を持たない ―

ただ星だけ

 

 

Mark Miller

 

in the zen garden

this falling cherry petal

this moment passing

 

禅庭の中

この散っている桜の花びら

この瞬間が過ぎて行く

 

 

Austria

 

Dietmar Tauchner 

 

opening buds

the tender odor

of beginning

 

開こうとしているつぼみ

始まりの

やさしい匂い

 

 

Sylvia Bacher

 

the sea

owned by the summer sun

pacific spirit

 

夏の太陽に所有されている

平和な精神

 

 

Tayashree Maniyil 

 

mariner’s compass —

how his head turns

to suckle

 

船員の羅針盤 -

いかに頭が向くか

乳を飲むために

 

 

Bangladesh

 

Munia Khan 

 

sewn onto my heart

your thread of double boldness-

our love’s ‘fate-fabrics’ !

  

私の心に縫い付けられる

大胆さが倍ものあなたの糸―

私たちの愛の「運命の織物」

 

 

Belgium

 

Frans Terryn

 

Dormant port –

 

between the fishing-boats

 

rocking stars.            

 

眠っている港 ―

漁船の間に

揺れる星

 

 

Jef Ector

 

A white butterfly

takes a short break on a tomb

with some fresh flowers.

 

白い蝶

墓の上で小休止

いくつかの新鮮な花と共に

 

 

Willy Cuvelier

 

A summer breeze

lifts up their red skirts –

poppies.

 

夏のそよ風

赤いスカートを持ち上げる -

ケシ

 

 

Belraus

 

Alena Polotskaya

 

Sun tears
Filled up a patience bowl
With sea water

 

太陽の涙

忍耐の鉢を一杯にした

海水で

 

 

Bosnia and Herzegovina

 

Smajii Durmisevic

 

drowning, swaying/

silently – like into dreams/

a traveller from the bough

 

溺れて、揺れて

音もなく ― 夢の中へのように

大枝からの旅人

 

 

Smajil  Durmisevic 

 

early in the morning,
songs of Earth and Heaven –

I hear the silence

 

朝早く

地と天の歌 ―

その沈黙を聴く

 

 

Brazil

 

Franklin Magalhaes

 

What a sunset!…

Congratulations, Lord!

 You did it again! …

 

なんてすばらしい夕焼け!

おめでとう、神よ!

汝はまたやってくれた!

 

 

Rosa Clement 

 

strong rain

the silent river

rustles

 

強雨

静かな川

音を立てる

 

 

Bulgaria

 

Diana Teneva

 

vanguard clock…

Cinderella gets out

of a Rolls Royce

 

先頭の時計...

シンデレラが出てくる

ロールスロイスから

 

 

Lilia Racheva

 

Like a prayer –

the dandelion sinks

in the clouds.

 

祈りのように ―

タンポポが沈む

雲の中に

 

 

Maya Kisyova

 

ace of hearts                                

at the port entrance                         

ships return

 

ハートの札のエース

港の入口で

舟が戻る

 

 

Vania Stefanova 

 

green school

over sea on a map

flies a dragonfly

 

緑の学校

地図上の海の上に

トンボが飛ぶ

 

蛭田秀法 和訳

Japanese translations by Hidenori Hiruta

 

蛭田秀法(Hidenori Hiruta