Results of the World Haiku Series 2022

Featured

It is my great delight and honor that I announce the results of the World Haiku Series 2022. Thanks to the enthusiasm and support of haiku poets and haiku lovers around the world, we had congratulatory poems submitted in both Japanese and English. We also had 130 submissions sent in Japanese, English, Russian, and Chinese.  … Continue reading Results of the World Haiku Series 2022

World Haiku Series 2022 に寄せて ―芭蕉と西施―

Featured

World Haiku Series 2022 に寄せて ―芭蕉と西施― はじめに 2012年から秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークの主催により日露俳句コンテストが7年間にわたって開催されました。 2019年、秋田国際俳句ネットワークが日露俳句コンテストの応募者の皆様に感謝の気持ちと敬意を表するためにWorld Haiku Series を開催。趣旨は俳句をネット上で共有し、俳句を通して異文化を持つ人々の相互理解を深めたいということであった。  秋田国際俳句ネットワークは、「俳句ユネスコ登録推進協議会」の加入団体として活動していることから、World Haiku Series 2022の募集要項のように、今年度は、「地球」をテーマとして地球について俳句を詠むことを呼びかけています。また、使用言語はどの言語も可。ただし、英語以外の言語で詠まれる場合は、英訳を添えることになっています。 World Haiku Seriesは2019年、芭蕉の象潟訪問330年を記念しながら開催されたことにより、本稿では、芭蕉の象潟訪問の意義を再考することになりました。 ねぶの花と西施  松尾芭蕉 (1644-1694) が奥の細道で象潟に到着したのは、1689 年 8 月 1 日の夕方、霧雨が降り始め、鳥海山 (2,236 m) が姿を隠した時であった。 芭蕉の旅において、象潟は日本で最も北に位置していました。翌朝、晴天の下、芭蕉一行は潟に舟を出し、最初に能因島に立ち寄り、歌人である能因(988-1050、または1051)が3年間隠遁生活を送った小屋の跡を訪問。その後、対岸に向かい、西行法師(1118-1190)の形見の桜を目にしました。 それから、蚶満寺を訪問。象潟の光景を一気に眺めました。南には鳥海山が迫り、天を支え、 その姿が水面に映っていました。「面影は松島に似ているが異なり、松島は笑うがごとく、象潟はうらむがごとし。寂しさに悲しみを加えて、地勢が魂をなやますようである」と記し、名句を遺しました。 象潟や雨に西施がねぶの花   芭蕉 芭蕉は句作にあたり、蘇東坡(1036-1101)の「西湖」の詩を踏まえたと言われています。その詩では、西湖の美しさが西施の美しさにたとえられています。  西施は紀元前5世紀の中国の春秋時代の越の国の美女であった。伝説によると、西施は越王勾践から呉王夫差に献上され、夫差は彼女を愛しすぎて政務と防衛を怠り、ついに越に敗北。彼女は越に戻って、勾践の家来である恋人と一緒に湖上の舟に乗り、姿を消したとのことです。 呉越同舟  先般、World Haiku Series 2022のReminderを書くにあたり、象潟の芭蕉の句が思い起こされ、考えているうちに「呉越同舟」という4字熟語が思い出されました。「呉越同舟」は、もともと軍事理論の兵法書「孫子」に由来する故事であった。紀元前 5 世紀に中国の呉の孫子によって書かれました。内容は「たとえ敵同士でも双方の舟が嵐に遭い、同じ危険に直面すれば協力する」というもの。このことから、「敵対する者同士でも、利害や克服すべき危機が同じであれば協力する」という意味で使われるようになっています。  この故事は、現在の地球上で起こっている状況にあてはまる有意義なものであると実感しています。応募者の皆様が「地球」をテーマとしてどんな俳句を寄せられるか、期待しているところです。 芭蕉が象潟の美しさを中国の美女にたとえながら作った句は、意外なことに現代でも思い起こされる予言的な一面を含んでいるのではないだろうか。つまり、芭蕉の深慮遠謀的な面であると言えるだろうか。 ねぶの花、中国へ 1990年9月、象潟町日中友好協会の代表団が中国浙江省諸曁市(しょきし)を訪問。西施の遺跡を訪ね、西施殿に一本のねぶの木を植樹したことから交流が始まり、2002年10月、正式に象潟町と諸曁市が友好提携を結び、交流が深められました。 2008年10月、にかほ市と諸曁市は、日中平和友好条約の基本理念に基づき、両市間の友好と交流を促進し、両国間の友好と協力をさらに発展させるため、友好都市提携協定書に調印。以後、交流が継続されています。 にかほ市は「俳句ユネスコ登録推進協議会」の加入自治体として、一層の俳句を通した文化交流が期待されています。 最後に、拙句を一句。 さまざまのこと思ひ出すねぶの花   秀法 蛭田秀法(国際俳句交流協会会員) 参考資料 ・World … Continue reading World Haiku Series 2022 に寄せて ―芭蕉と西施―

NHK ETV特集 戦禍の中のHAIKU

Featured

NHK ETV 特集 戦禍の中のHAIKU ETV 特集 戦禍の中のHAIKU 2022年11月19日(土)午後11時から午前 0:00 まで 60 分間、NHKがETV特集として「戦禍の中のHAIKU」を放送しました。 戦争の渦中にあるウクライナとロシアでいま市井の人々が俳句を詠み続けている。 日常の一瞬を短い言葉で切り取る俳句。 描かれているのは、崩壊した日常、身近にある死などであった。 番組内容 <うつくしき 空より飛来 ロケット我らに>(ウクライナ) <特別軍事作戦 サラダに油 少なめに>(ロシア) ソビエト時代に「おくのほそ道」がロシア語に翻訳され、学校でも日本の俳句が教えられることがあるというウクライナとロシア。 両国には本格的な俳句愛好者がいる。 戦争の最中で人々は何を感じ何を考えながらどう生きているのか。 俳人たちに自作をリモートで語ってもらい、戦禍の中にある人々の「内面の声に」耳を傾ける。 6人の句友 ウクライナ7名、ロシア7名、14人の俳句詩人が登場。その中で、日露俳句コンテスト(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク主催)とWorld Haiku Series(秋田国際俳句ネットワーク主催)に参加された方々が6名おりましたので、ご紹介いたします。 番組の中で詠まれた句を一句だけ、ご紹介いたします。 ウクライナの俳句詩人 ブラジスラワ 子ら遊ぶ 紙飛行機で 防空壕 第7回日露俳句コンテスト・ロシア語部門・JAL財団賞受賞(2018) World Haiku Series 2019 (197) Haiku by Vladislava Simonova https://akitahaiku.com/2020/09/08/ ロシアの俳句詩人 アレクセイ ペイントボールの痣 長く見つめたら 別の惑星 芭蕉と一茶の句に影響をうけたとのこと。それぞれの句について語りました。 第2回日露俳句コンテスト・ロシア語部門・秋田県国際俳句協会会長賞受賞(2013) World Haiku Series 2019 (7) … Continue reading NHK ETV特集 戦禍の中のHAIKU

World Haiku Series 2022 : Guidelines

Featured

Dear Haiku Friends,  We hope that you are spending your time with haiku in your own ways. We also live with haiku in our lives. What haiku means to each other's life might be different. But even in our drastically changing surroundings, we have been writing haiku this year too, because we regard haiku as … Continue reading World Haiku Series 2022 : Guidelines

World Haiku Series 2022 (11) Haiku by Barbara Anna Gaiardoni

Haiku by Barbara Anna Gaiardoni incinerated by a thunderbolt from heaven lion dance 天からの落雷によって焼却された獅子舞 pilgrim of peace an old woman living inside the train station 平和の巡礼者 電車の駅の中に住むおばあさん homeless with a checkered past black Friday ホームレス 波乱に満ちた過去を持つ ブラックフライデー a kid listening to a skylark road barred ひばりの声を聞いている子供 通行止め from the old book a flower petal is … Continue reading World Haiku Series 2022 (11) Haiku by Barbara Anna Gaiardoni

World Haiku Series 2022 (11) Haiku by Barbara Anna Gaiardoni (Italy)

Haiku by Barbara Anna Gaiardoni incinerated by a thunderbolt from heaven lion dance pilgrim of peace an old woman living inside the train station homeless with a checkered past black friday a kid listening to a skylark road barred from the old book a flower petal is falling wild ducks in flight collecting tadpoles is … Continue reading World Haiku Series 2022 (11) Haiku by Barbara Anna Gaiardoni (Italy)

World Haiku Series 2022 (10) Haiku by Ashok K. Bhargava

Haiku by Ashok K. Bhargava between my canvas and paintbrush a wild parakeet  キャンバスと絵筆の間に 野生のインコ  dry jasmine tea flowers  re-open, steeping in the pot pour cheery promises  ジャスミン茶のドライフラワー 再び開きポットに浸る 陽気な約束を注ぎ出す  life journey  a bouquet of flowers petals fall one at a time 人生の旅 花束 花びらが一枚一枚落ちる holding autumn between my palms a bunch of dry leaves … Continue reading World Haiku Series 2022 (10) Haiku by Ashok K. Bhargava

World Haiku Series 2022 (10) Haiku by Ashok K. Bhargava (Canada)

Haiku by Ashok K. Bhargava between my canvas and paintbrush a wild parakeet  dry jasmine tea flowers  re-open, steeping in the pot pour cheery promises  life journey  a bouquet of flowers petals fall one at a time holding autumn between my palms a bunch of dry leaves blood-red leaves falling with the Fall to make … Continue reading World Haiku Series 2022 (10) Haiku by Ashok K. Bhargava (Canada)

World Haiku Series 2022 (9) Haiku by Arvinder Kaur

Haiku by Arvinder Kaur even after we are gone… cherry blossoms  (Wales haiku Journal, Autumn 2022) 私たちが去った後も 桜 whether or not  the war ends… harvest moon  (second place The Haiku Foundation’s kukai October 2022) 戦争が終わるかどうか 中秋の名月 even without her sparrows  (whiptail journal issue: 5 2022) 彼女のスズメがいなくても her footsteps  on a path of dew  dawn stars  … Continue reading World Haiku Series 2022 (9) Haiku by Arvinder Kaur

World Haiku Series 2022 (9) Haiku by Arvinder Kaur (India)

Haiku by Arvinder Kaur even after we are gone… cherry blossoms  (Wales haiku Journal, Autumn 2022 ) whether or not  the war ends… harvest moon  (second place The Haiku Foundation’s kukai October 2022 ) even without her sparrows  (whiptail journal issue: 5 2022 ) her footsteps  on a path of dew  dawn stars  (The Mainichi, … Continue reading World Haiku Series 2022 (9) Haiku by Arvinder Kaur (India)

World Haiku Series 2022 (8) Haiku by Anna Kasenkova

Haiku by Anna Kasenkova смятый лист бумаги                   где потерялось вдохновение  гора мыслей   a crumpled sheet of paper wondering where the inspiration went a mountain of thoughts しわくちゃの紙 インスピレーションがどこかへ 想いの山 Бурлит река за поворотом Но почему она не приходит сюда? ведь я её жду… The river rages around the bend But why doesn't she come here? … Continue reading World Haiku Series 2022 (8) Haiku by Anna Kasenkova

World Haiku Series 2022 (8) Haiku by Anna Kasenkova (Russia)

Haiku by Anna Kasenkova смятый лист бумаги                   где потерялось вдохновение  гора мыслей   a crumpled sheet of paper wondering where the inspiration went a mountain of thoughts Бурлит река за поворотом Но почему она не приходит сюда? ведь я её жду… The river rages around the bend But why doesn't she come here? Because I'm waiting … Continue reading World Haiku Series 2022 (8) Haiku by Anna Kasenkova (Russia)

World Haiku Series 2022 (7) Haiku by Anita Bacha

Haiku by Anita Bacha My Hiroshima White doves fly in blue sky Oleanders in bloom 私の広島 白い鳩が青い空を飛ぶ キョウチクトウの開花 Rime of winter days Stranded banyan hibernates Through curtain of light 冬の日の霧氷 取り残されたヒンドウ―教徒の商人が避寒する 光のカーテンによって Blue morning glory Blossoming delicately  Outside my window 青い朝顔 優美に開花 私の窓の外で Exploding sunset The forest is set ablaze Flames of red and gold … Continue reading World Haiku Series 2022 (7) Haiku by Anita Bacha

稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (65)

2023年1月 短歌 January 2023, Tanka All rights reserved ©Rika Inami 稲美 里佳  1 尽未来 季(とき)や巡らば もみぢ映え空を彩り風にゆるるか through all eternity… the season coming around will autumn leaves  turn wondrous colors swaying in breezes? ※写真は秋田県湯沢市にある紅葉の名所の小安峡です。   The photo is of Oyasukyo Gorge, famous for an autumn leaves spot in Yuzawa City, Akita, Japan. 2 淡々と巡りの生に燃えつきむ満天星つつじ初雪をおき dodan azalea serenely … Continue reading 稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (65)