稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (13)

  2018年8月短歌 Tanka for August 2018 All rights reserved ©Rika Inami 稲美 里佳   この7月末に、山形県酒田市まで、俳人でありピアニストでらっしゃる五島エミ氏が静岡からお見えになるというので、お目にかかりに日本海沿いの国道7号線をドライブして酒田まで行きました。途中、少し松尾芭蕉の「奥の細道」に書かれている名所に立ち寄り観光してきました。以下の5首(1-5)がそのときの短歌です。 I went to Sakata City, Yamagata adjacent to Akita prefecture in the end of July so that I met a haiku poet and pianist Ms. Emi Goto, who traveled to Sakata from Sizuoka.  I drove along Route 7 which is … Continue reading 稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (13)

Advertisements

稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (12)

    ※  この短歌は音楽と数学の関係について書かれたAeon掲載の「宇宙の和音」を読んだ後、ロック音楽好きだった友だちのことを思いながら作りました。写真は散歩途中に撮りました。 I made this tanka after reading "The Chords of the universe" on Aeon, which is written about the relations between music and mathematics.  This article reminded me of a friend of mine who had loved rock-music.  About the photo, I took it while walking.   「宇宙の和音」”The chords of the universe”  https://aeon.co/essays/ringing-the-chords-of-the-universe-how-music-influenced-scienceContinue reading 稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (12)

Haiku in Albania : アルバニアの俳句(3)

Kujtim Agalliu, President of the Albanian Haiku Club, presented Hidenori Hiruta with two haiku booklets. One of them is his booklet  “THE AUTUMN MOON”, which was shared on this website  of Akita International Haiku Network on April 7. Here is the other haiku booklet whose title is “HEAVENLY HARP” by Padre Stavri Çipi.     … Continue reading Haiku in Albania : アルバニアの俳句(3)

稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (11)

    ※写真は秋田県由利本荘市にある<八塩いこいの森>で撮りました。この公園では、5月初旬、ソメイヨシノが散るころ、八重桜にまじって御衣黄(ぎょいこう)や鬱金(うこん)といわれる黄桜が咲きはじめます。 I took this photograph in Yasio-Ikoinomori Park, Yurihonjo City, Akita.  In the beginning of May, when Someiyoshino cherry blossoms are falling, among double cherry blossoms, yellow cherry blossoms (the actual color is yellowish light green) called Gyoiko and Ukon start blooming there.  Someiyoshino, Gyoiko, Ukon and double cherry blossoms are the names … Continue reading 稲美里佳の短歌:Tanka by Rika Inami (11)

Reminder of 7th Japan – Russia Haiku Contest (English Version)

  第7回日露俳句コンテストの最終案内です。 皆様のご投句を期待しております。       Postscript (後記)   The Great Earthquake in 830 天長7(830)年における大地震   Here are two interpretations on the great earthquake in Akita Prefecture in 830.                        The great earthquake broke out in Katsuhira Heights and the area around them at about 8 o’clock a.m. of January 3, … Continue reading Reminder of 7th Japan – Russia Haiku Contest (English Version)

Reminder of 7th Japan – Russia Haiku Contest (Russian Version)

  第7回日露俳句コンテストの最終案内です。 皆様のご投句を期待しております。   Предельный срок посылки хайку на конкурс – 30 июня 2018 !     Postscript (後記) Thanks for Support   We appreciate great support of JAPAN CENTER IN VLADIVOSTOK and Primorsky Region Government. They have been calling submissions of haiku to 7th Japan – Russia Haiku Contest on their websites below.    … Continue reading Reminder of 7th Japan – Russia Haiku Contest (Russian Version)

第7回日露俳句コンテスト(最終案内)

  第7回日露俳句コンテストの最終案内です。 皆様のご投句を期待しております。     平成30年3月11日、宮城県東松島市震災復興伝承館で開催された「東日本大震災追悼ミニコンサート」に出席しました。     東松島市震災復興伝承館は、東日本大震災発生時までJR仙石線野蒜駅および東松島市奥松島観光情報センターとして利用されていた建物でしたが、平成28年10月、「東松島市震災復興伝承館」 としてリニューアルオープンされました。       コンサートの後、伝承館を見学、さらに砂浜に下りて行ってみました。女性の方も一人で歩いていました。浜辺に押し寄せる波を見ながら、ふと考えました。「今、地震が起こり、津波が押し寄せて来たら、命は奪われるだろう!  そして、この地上において何も出来なくなるのだ!」と。     さらに、歩みを進めながら、考えました。「天災に立ち向かうことはできない。 しかしながら、人災は...?」 などと。この時、「第7回日露俳句コンテストのテーマを『波』にしよう!」 という考えが閃きました。     後日、東日本大震災の追悼句5句を有馬朗人先生(国際俳句交流協会会長)が主宰されている「天為俳句会」に投句したところ、句集 「天為」 六月号に掲載していただきました。   春光や震災駅のコンサート   東風に乗る慰霊の調べ震災地      編集 蛭田秀法 Edited by Hidenori Hiruta