Reminder of 7th Japan – Russia Haiku Contest (Russian Version)

  第7回日露俳句コンテストの最終案内です。 皆様のご投句を期待しております。   Предельный срок посылки хайку на конкурс – 30 июня 2018 !     Postscript (後記) Thanks for Support   We appreciate great support of JAPAN CENTER IN VLADIVOSTOK and Primorsky Region Government. They have been calling submissions of haiku to 7th Japan – Russia Haiku Contest on their websites below.    … Continue reading Reminder of 7th Japan – Russia Haiku Contest (Russian Version)

『詩の国秋田』 第4号 日露俳句コンテスト結果(1)

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、10月4日、5日の両日「日露俳句コンテスト」の結果を掲載します。 今回は「露月山人国際賞」、「日航財団賞」、「秋田県知事賞」、「秋田市長賞」、「秋田市教育委員会教育長賞」の授賞句を発表します。  日露俳句コンテスト  露月山人国際賞   Сибирская зима Накрыла белой скатертью залив Вдали – крошки-рыбаки   СУМАРОКОВА Ольга  SUMAROKOVA  Olga  スマロコヴァ オリガ   シベリアの冬 白いテーブルクロスで湾を覆う 遠くに点々と釣師   (日本・ウラジオストク協会副会長鈴木修訳)   シベリアの冬 白布で湾を隠した あめ玉好きの釣師     (蛭田秀法・イメージ訳)   Siberian winter Served the white table cloth over gulf The fishermen like drops on … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 日露俳句コンテスト結果(1)

『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(10)  蛭田秀法選(2)

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の10回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(10)   蛭田秀法選(2)     入選   Зацвёл шиповник, Аромат расстаял  Соленым Бризом..   Грибушина Елена ギリブシナ エレナ Gribushina  Elena   イバラ さく しおかぜかおり とけた..   wild Rose blooms-  -salt wind - this flavor melted.   海辺に野バラの咲く季節。秋田の日本海沿いの散策路にもこんな所がある。海からは潮風。バラの香りと潮のにおいが混じり合い、身も心も溶けそうである。     от края до края моря весенние сумерки   … Continue reading 『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(10)  蛭田秀法選(2)

『詩の国秋田』 第4号「日露俳句コンテスト」一般の部 (9)  蛭田秀法選(1)

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の9回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(9) 蛭田秀法選(1) 特選   Сибирская зима Накрыла белой скатертью залив Вдали – крошки-рыбаки   СУМАРОКОВА Ольга(スマロコヴァ オリガ) SUMAROKOVA  Olga    シベリアの冬 白いテーブルクロスで湾を覆う 遠くに点々と釣師   (日本・ウラジオストク協会副会長鈴木修訳)   Siberian winter Served the white table cloth over gulf The fishermen like drops on it     コンテストの評価基準は次の4点であった。 1 自然との共生をとらえている。 … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号「日露俳句コンテスト」一般の部 (9)  蛭田秀法選(1)

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (8)  アレクサンダー ドーリン選 (2)

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の8回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(8)   アレクサンダー ドーリン選     入選   Япония  Россия. Весна – тихое море На корабле друзья.   Кульба Евгений Владирович Kulba  Evgeni Vladimirovich (エフゲニー)   日本ロシア 春、静かな海 船の友人   Japan ・・Russia spring, - quiet sea friends of the ship     Смывают волны Беззащитные замки на … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (8)  アレクサンダー ドーリン選 (2)

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (7) アレクサンダー ドーリン選(1)

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の7回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(7)   アレクサンダー ドーリン選(1)     特選   У моря Малыш подставляет волне Ладошку   Гранкин Николай Владимирович Grankin  Nikolay   海はここ ぼうやは波のほうに 手を向く the sea is here a baby is there in the waves waving his hands     入選   быстро-быстро маленький краб … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (7) アレクサンダー ドーリン選(1)

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (6) 石田冲秋選

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の6回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(6)   石田冲秋選     特選   薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一   Свежий ветерок в начале лета Откуда родом ты? Из моря тоже   early summer breeze its birthplace is also the sea     入選   荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子   Бурное море В этой гуще Розовые ракушки … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (6) 石田冲秋選

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (5)  工藤一紘選 

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の5回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(5)   工藤一紘選     特選   癒えぬ間に春風渡る地震の海  秋田市 五十嵐悦子   Горе не проходит Снова приносит весенний ветер С моря после землетрясения   the sorrow never disappears spring wind blowing from the sea again after the earthquake     入選   雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁   В море … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (5)  工藤一紘選 

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (4)  手島邦夫選 

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の4回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(4)   手島邦夫選     特選   生還の夫と見てをり春の海  秋田市 進藤八重子   Вернулся живым Я с мужем смотрю На весеннее море   after safe return my husband and I gazing at the sea of spring   (評) さりげない静かな句である。 終戦後生きて帰った夫と見た春の海を思い出して作ったのか、戦後六十余年経て現在の幸せをかみしめているのかどちらかであろうが、春の海の麗らかさが、過酷な夫や自分の体験を包み込んでいて、しみじみとした情趣を生んでいる。     入選   雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁   В море … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (4)  手島邦夫選 

『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (3)  五十嵐義知選 

  年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、9月4日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。 今回は一般の部の3回目です。 日露俳句コンテスト 一般の部(3)   五十嵐義知選  特選   新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一   В свежее прохладное Море прямо бежит Мостовая   to the fresh cool of the sea does it go straight stone pavement   海に落ち込んでいる岸壁の一部が石敷きになっているのであろう。海に向かって真っ直ぐに石畳が続いている。あるいは少し離れているが石畳の向うに海が広がっていて、いかにも海と石畳が続いているように見えるのである。いずれにしても新涼の清清しさと寄せては返す波の様子、石畳の硬質で水が勢いよく流れる様は、暑さ涼しさを繰り返しながらも確実に秋に近づいている初秋の情景を端的に表しているのである。     入選   荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子   Бурное море В этой гуще Розовые ракушки … Continue reading 『詩の国秋田』 第4号 「日露俳句コンテスト」 一般の部 (3)  五十嵐義知選