Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku. Her haiku are highly appreciated and deeply loved on our website.

 

 

 

Firstly, let me post some haiku by Kala Ramesh, which are very popular among readers or audience on our website.

 

new year’s eve
all that I could have left
unsaid . . .

 

大晦日

残してきたことのありうること全て

言わないまま...

 

 

feeling as if
on a summer cloud …
hill temple

 

夏の雲の上にいるような感じ...

山寺

 

 

the waterfall rock-tumbling speckled rhythms

 

滝  岩を転がり落ちる  点々としたリズム

 

 

trying to know me
deep within me

autumn day

 

私を知ろうとしている

私の心の中の奥深く

秋の日

 

 

wading through
leaves
 
… with each step
the thoughts

 

歩いている

葉の中を通って...一歩毎に

よぎる思い

 

 

desert sands …
I enter the whole
of nothingness

 

砂漠の砂...

私は全体に入る

無の中に

 

Bio (2)

Kala Ramesh is the deputy editor-in-chief of The World Haiku Review, the official magazine of the World Haiku Club; is a member of the editorial team of Modern English Tanka Press’s new anthology, Take Five: The Best Contemporary Tanka 2008/2009/2010, is on the panel of the literary e-journal Muse India, for the areas of haiku and short verse [http://www.museindia.com/[http://www.museindia.com/viewteam.asp?id=643] .

Since April 2009, she has acted as Katha’s Poetry Editor and, in this capacity, edited an e-book of haiku, senryu, haibun, tanka, and haiga encompassing the work of 35 Indian haiku poets–the first such book to come from an Indian publishing house!

Katha is a New Delhi, India based non profit that uses storytelling to improve literacy as well as educate children from underserved communities. Started in 1988 with storytelling and publishing as the heart of its work, Katha has developed an innovative teaching pedagogy that has reached out to thousands of children in Delhi, Haryana and Arunachal Pradesh.

 

 

カーラ・ラメッシュの紹介(2)

 

世界俳句クラブの公式の刊行物である世界俳句レビューの編集長代行。現代英語短歌プレスの新作品集『五首をとる:2008、2009、2010の各年の一番優れた現代短歌』の編集チームの一員。俳句と短詩のための文芸eジャーナルのミューズ・インドの審査委員団の委員(各ホームページ参照)。

2009年からキャサの詩の編集長として活動し、俳句、川柳、俳文、短歌、そして俳画のe-bookを編集。e-book には35人のインドの俳人の作品が含まれている。このような本はインドの出版界に初めて現れたものでした。

キャサはインドのニューデリーを本拠とする非営利組織で物語を話すことを活用し、子供たちの識字力を高め、ふさわしくない社会集団の出身の子たちを教育しています。

1998年物語を話すことその出版を活動の中心として発足、キャサは革新的な教授法を開発し、デリー、ハリアナ、そしてアルナチャル=プラデーシュの数千人の子供たちに手を差し伸べている。

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest tanka.

 

Tanka

 

the word kal

in Hindi means both

what’s gone

and what’s to come…

like wearing my six-metre sari

 

A Hundred Gourds 1:3 – Summer 2012 –June

 

カルという単語

ヒンドゥ-語で両方の意味である

去るもの

そして来るもの...

私の6メートルのサリーを着るようなもの

 

 

wasted breath

thinking of things

beyond control

I recollect

father’s constant whistling

 

A Hundred Gourds 1:3 – Summer 2012 – June

 

むだな呼吸

何か物事を考えている

抑えがたい

私は回想する

父の絶え間ない口笛を

 

 

after your outburst

I felt your eyes on me

anger brewing

my hand holding the teacup

begins to tremble

 

A Hundred Gourds 1:2 – Spring 2012 – March

 

あなたの爆発の後

私はあなたの視線が私の上に注ぐのを感じる

怒りが醸造する

茶碗を持っている私の手

震え始める

 

 

loneliness

increases a hundredfold

when in a crowd

there’s no one

to stand up for me

 

A Hundred Gourds 1:2 – Spring 2012 – March

 

孤独

百倍に増す

群衆の中にいるときは

誰もいない

味方してくれる人は

 

 

 

The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (4) appears on November 3.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku. Her haiku are highly appreciated and deeply loved on our website.

 

 

 

Firstly, let me post some haiku by Kala Ramesh, which are very popular among readers or audience on our website.

 

morning star
the way I hold on
to dreams

 

明けの明星

私が歩み続けている道

夢の実現へ

 

lotus viewing . . .
the flowering
within

 

蓮を注意深く見ている...

花が咲いている

内側に

 

receding wave . . .
crab holes breathe
the milky way

 

退いていく波...

カニの穴が呼吸する

天の川

 

the pause
in a dragonfly’s glide—
noon shadows

 

一休み

トンボの滑空―

真昼の陰

 

 howling wind —
an autumn note within
the bamboo flute

 

風がヒューヒュー ―

中に秋の調べ

竹の笛

 

Bio (1)

Kala Ramesh has long had a fascination for Indian classical music and is an exponent of both Carnatic and Hindustani Classical Music styles. She was fortunate to undergo vigorous training from leading musicians.

Kala is now active as a performing vocalist in Hindustani Classical Music. She has worked extensively on Pandit Kumar Gandharava’s compositions and Nirguni bhajans along with the paramparic bandishes. She lives in Pune, Maharashtra State, India. Kala has made a concerted effort to understand the ‘spirit’ behind Kumarji’s gayaki – incorporating the vigour and the vitality, which is so inherent in his style of singing and she has performed in major cities in India.

Coming from an extremely artistic and culturally rich South Indian Tamil family, Kala believes, as her father is fond of saying, “the soil needs to be fertile for the plant to loom”. She also feels she owes this poetic streak in her to her mother. Kala is keen to see children in India take to haiku and its genres.

 

 

カーラ・ラメッシュの紹介(1)

長い間インドの古典音楽に魅了され、南インド古典音楽(カルナティック・サンギ-ト・ パッダティ)と北インド古典音楽(ヒンドゥスタニ・サンギート・パッダティ)の演奏者である。幸運にも一流の音楽家たちから力を入れた訓練を受けた。

現在、北インド古典音楽の演奏者として、そして歌手として活躍している。インド音楽界に大きな足跡を残したとされ、高度な精神性、知性を感じさせるPt.クマール・ガンダルヴァの作曲した音楽とインドの礼拝歌をベースとして広範囲に活躍している。インドのマハ-ラ-シュトラ州の都市プネ-に住んでいる。                             カーラはクマールの北インドの声楽の背後にある精神を理解しようとあらゆる努力をした。活力と生命力が合わされたものでクマールの歌のスタイルに生来備わっている。彼女は今インドの主要な都市で演奏をしています。

芸術と文化の面できわめて豊かなインドのタミル族の家庭の出身で、カーラは父親が好んで言っていた、「植物が現れるには土壌が肥沃でなければならない」という言葉を信じている。

彼女はまた、自分の詩的な筋は母親のお陰であると感じている。カーラはインドの子供たちが俳句や俳句と同じような様式の詩を好きになって欲しいと熱望しています。

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest haiku.

 

steaming rice

served on banana leaves… 

he loosens his tie

 

Shamrock – Haiku Journal of the Irish Haiku Society

Issue # 20 – December 2011

 

熱いご飯

バナナの葉の上に出した

彼はネクタイをゆるめた

 

sepals around a bud 

the mountains guard  

a river song

 

Sharpening the Pencil – Apr 2012

 

つぼみのまわりの萼(がく)

山々が守る

川のせせらぎ

 

scrap yard . .

the starry wild jasmine 

gathering night dust

 

Sharpening the Pencil – Apr 2012

 

スクラップ置場

満天の星の野のジャスミン

夜のほこりを集めている

 

 

The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (3) appears on October 27.

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットは9月1日最初の記事「秋田県国際俳句協会の誕生」を掲載、今回の記事日露俳句大会・吟行「千秋公園」でもって最終稿となります。ご愛読いただき、まことにありがとうございました。

 922日(土)日露俳句大会・秋田大会の一環として吟行を開催。

県民会館小ホール・ジョイナスから吟行地「千秋公園」に三三五五出発。

「木」を題として句作。会場で展示後、互選の結果を発表。感想も加えながら作品を分かち合った。

 今回は、前回掲載されなかった句を紹介し、最後に互選の結果を発表します。

  

桐の葉が偉そうに飛ぶ下剋上

 秋田市 長谷川酔月

  

呑みこんだ言葉の先のナナカマド

北秋田市 七尾宗専

  

日に飽きて秋を喜ぶ檜かな

 秋田市 アレクサンダー ドーリン

  

じょうかまちゆうこうきぼうすぎかおり

城下町友好希望杉香り

 ウラジオストク市 詠み人知らず

  

雨上がり残緑染めたる滴かな

秋田市 詠み人知らず

 

近道は秋分の日の木のあひだ

 東京都 矢野玲奈

  

木漏日に落つ影延びてなほ緑

 北秋田市 九嶋信義

 

かさかさの心うるおす木のかほり

 秋田市 津谷聡

  

音も無く舞う葉に秋のひっそりと

北秋田市 九嶋信義

  

緑陰を求めし日々の長かりき

秋田市 詠み人知らず

 

 名も知らず仰ぎし古木小鳥来る

 秋田市 山田恵子

  

木から木へ秋の夕焼飛び移り

 秋田市 高寺の子

 

 無一文枯れ葉の舞いに癒やされて

 秋田市 長谷川酔月

  

知らぬ間に葉ずれの音も蝉の如

 北秋田市 九嶋信義

 

 緑陰で露月を一寸待ってみる

 秋田市 森田千技子

  

夕暮れに染まる靑葉も色淡し

 北秋田市 九嶋信義

 

就活を鼓舞してきしむ旗柱

 秋田市 長谷川酔月

  

互選結果

 

7点句

 色変へぬ松にいくさの深き傷

秋田市 伊藤慶子

 

5点句

 二の丸の桜老樹や秋深し

秋田市 加藤一弥

 

ごつごつの城址の樹樹や秋の声

秋田市 寺田恵子

 

4点句

 かさかさの心うるおす木のかほり

秋田市 津谷聡

 

3点句

近道は秋分の日の木のあひだ

東京都 矢野玲奈

 

名も知らず仰ぎし古木小鳥来る

秋田市 山田恵子

 

木から木へ秋の夕焼飛び移り

高寺の子

 

呑みこんだ言葉の先のナナカマド

北秋田市 七尾宗専

 

緑陰で露月を一寸待ってみる

秋田市 森田千技子

 

 

The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (2) appears on October 20.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットは9月1日最初の記事「秋田県国際俳句協会の誕生」を掲載、今回の記事日露俳句大会・吟行「千秋公園」でもって最終稿となります。ご愛読いただき、まことにありがとうございました。

 922日(土)日露俳句大会・秋田大会の一環として吟行を開催。

県民会館小ホール・ジョイナスから吟行地「千秋公園」に三三五五出発。

「木」を題として句作。会場で展示後、互選の結果を発表。感想も加えながら作品を分かち合った。

 今回は、投句された句を道標として写真を添え、「千秋公園」を案内します。

  

ババへラや木陰で語る二人かな

 秋田市 桝田純子

  

 

 従容と秋を着る木々久保田城

 仙北市 荒川光晴

 

  

城坂に色づき初めしななかまど

 秋田市 加藤三辰

  

  

夫婦めく二の丸跡の二本松

 秋田市 照井敬司

  

 

二の丸の桜老樹や秋深し

 秋田市 加藤一弥

 

 

ごつごつの城址の樹樹や秋の声

 秋田市 寺田恵子

  

 

色変へぬ松にいくさの深き傷

 秋田市 伊藤慶子

 

罅割れの松の木肌や天高し

 秋田市 加藤三辰

 

城山の松停々や秋時雨

 秋田市 加藤三辰

 

色変へぬ松の息吹や人そぞろ

 秋田市 加藤一弥

  

 

槙の木をそびらに銅像天高し

 秋田市 山内誠子

 

爽やかな初代藩主の花押かな

 秋田市 伊藤慶子

 

  

本丸に紅こぼすさるすべり

 秋田市 詠み人知らず

 

 

与次郎の駆けゆく坂の桜かな

 秋田市 照井敬司

 

 この丘は千秋公園大欅

秋田市 詠み人知らず

  

  

木の間より古代の匂ふ大賀蓮

 秋田市 伊藤慶子

 

千秋の柳の風をひとりじめ   

秋田市 土井育子

  

  

裏門にたたんでゐたり白木槿

 秋田市 詠み人知らず

  

 

 天高し矢留の絆木に残る

 秋田市 蛭田秋稲

 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句大会」吟行(2)’ appears on October 9.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、104日、5日の両日「日露俳句コンテスト」の結果を掲載します。

今回は「ウラジオストク日本センター賞」と「選者賞」の授賞句を発表します。

 「ウラジオストク日本センター賞」は日本からの応募者の優秀句10句に贈呈されました。

副賞として帆船ナジェダ号のメダルが1890年にウラジオストク市に建学された海洋国立大学から贈呈されました。

「ナジェダ」はロシア語で「希望」という意味である。

ナジェダ号は「パンドラの箱に残った希望」の化身となってウラジオストク港を出帆、世界の各港に「希望」を届けます。

 

 

 

 

ウラジオストク日本センター賞

 

夏の海水面揺らめく月あまた

 

秋田県立能代北高等学校

大鐘智香子 

 

Летнее море

Дрожь по воде

Множество Лун отражает

 

summer sea

the water wavering

a lot of moons

 

 

希望背に素足駆り出す夏の海

 

秋田工業高等専門学校

澤田石達也

 

С надеждой за спиной

Мчусь босой,

Летнее море

 

with hope in the back

I rush in bare feet

summer sea

 

 

一面に澄みわたりけり夏の海

 

秋田工業高等専門学校

山下瑶太

 

Повсюду вокруг вода

Чистая –

Летнее море

 

all over the water

it is clearing up –

the summer sea

 

 

波音のすずしい音色着信音  

 

秋田工業高等専門学校

松川直樹

 

Шум волн –

Так звучит прохлада,

Оживляет, как звук принятого сообщения

 

the sound of waves

its cool tone

it is the ringing tone

 

 

波が波追いかけて逢う夏の崖

 

京都大学 

(スウェーデンストックホルム大学留学中)

黒岩徳将

 

Волна за волной

Спешит на свидание

С летним берегом

 

A wave heads

for another wave

Meeting a cliff in the summer

 

 

陽炎に鎮魂の海夢たくす

 

国際教養大学

岡知奈実

 

Струится воздух

Море утешает ушедшие души

Надежда

 

on heat haze

the sea consoling the souls of the dead

lays her dream

 

 

桜舞う校舎の窓の日本海

 

秋田工業高等専門学校

越後谷海斗

 

Танец цветущей сакуры

В школьном окне

Обращенном на Японское море

 

cherry blossoms dance

in the school windows

facing the Sea of Japan

 

 

葉桜の隙間に見ゆる大海原

 

秋田工業高等専門学校

櫻井公平

 

Сквозь узор листьев сакуры

Виднеются

Просторы океана

 

in sprouting fresh leaves

seen through an opening of the cherry tree

the mighty ocean

 

 

背中から五月のひびき潮の香

 

秋田工業高等専門学校

佐々木高一

 

Из-за моей спины

Майские звуки

И пахнет прибой

 

from behind my back

the May sound and

the fragrance of the tide

 

 

癒えぬ間に春風渡る地震の海

 

秋田市

五十嵐悦子

 

Горе не проходит

Снова приносит весенний ветер

С моря после землетрясения

 

the sorrow never disappears

spring wind blowing from the sea again

after the earthquake

 

 

選者賞

 

ラムネ越し魚の気分で海を見る

 

秋田工業高等専門学校

藤原史奈

 

Сквозь лимонад

Как рыба

Смотрю на море

 

over the lemon soda

feeling like a fish          

I see the sea

 

副賞:日航財団から贈呈(地球歳時記・クリアファイル)

 

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句大会」吟行’ appears on October 8.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、104日、5日の両日「日露俳句コンテスト」の結果を掲載します。

今回は「露月山人国際賞」、「日航財団賞」、「秋田県知事賞」、「秋田市長賞」、「秋田市教育委員会教育長賞」の授賞句を発表します。

 日露俳句コンテスト

 露月山人国際賞

 

Сибирская зима

Накрыла белой скатертью залив

Вдали – крошки-рыбаки

 

СУМАРОКОВА Ольга 

SUMAROKOVA  Olga 

スマロコヴァ オリガ

 

シベリアの冬

白いテーブルクロスで湾を覆う

遠くに点々と釣師

 

(日本・ウラジオストク協会副会長鈴木修訳)

 

シベリアの冬

白布で湾を隠した

あめ玉好きの釣師  

 

(蛭田秀法・イメージ訳)

 

Siberian winter

Served the white table cloth over gulf

The fishermen like drops on it

 

副賞:

*「詩の国秋田」にご招待

*秋田市・ウラジオストク市姉妹都市締結20周年記念として秋田市民有志のグループ(辻晋代表)が醸造した地ビール「あくらビール」を贈呈

  

 

日航財団賞 

 

海近し夏の潮の香肌でかぐ 

 

秋田工業高等専門学校

白鳥翔

 

Приближаюсь к берегу

Запах летнего моря

Ощущаю на своей коже

 

the sea approaching

the smell of summer tide

I take on my skin

 

 

Отражение мира

В голубой бесконечности

Манит душу

 

ノボシビルスク国立教育大学

Белоусова Анжела 

ベロウーソワ・アンジェラ 

 

世界の映像

青い海の無限に

心を招く

The reflection of the world //         

in this blue infinity// so
appealing to my heart…

 

副賞:日航財団から贈呈(漆の写真立て・地球歳時記・クリアファイル)

 

 

  

秋田県知事賞

 

荒海のそのふところの桜貝

 

秋田市

山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

 

У моря

Малыш подставляет волне

Ладошку

 

Гранкин Николай Владимирович

Grankin  Nikolay

グランキン ニコライ

 

海はここ

ぼうやは波のほうに

手を向く

the sea is here

a baby is there in the waves

waving his hands

 

副賞:日航財団から贈呈(地球歳時記・クリアファイル)

 

 

秋田市長賞

 

アスファルト逃げ水を追う海の道 

 

秋田工業高等専門学校 

木村有希

 

Асфальт

Следует за убегающей водой

Дорога к морю 

 

asphalt

follows the road mirage –

sea road

 

 

Далёкое море

тихо рокочет на ухо –

витая ракушка.

 

АДЫЕВА Дарья Владимировна

ADYEVA  Daria

アディエワ ダリア

 

遠い海

静かな波の音

巻貝に

 

Distant Sea – quiet sound of the wave (in the ear) – spiral shell.

 

副賞:日航財団から贈呈(地球歳時記・クリアファイル)

 

 

秋田市教育委員会教育長賞

 

潮風が味を濃くする海の家 

 

秋田県立角館高等学校 

白石孔大

 

Соль морского бриза

Сильнее чувствуется

В домике у моря

 

salt breeze

gives strong seasoning –

beach houses

 

 

Маяк на холме
зазывает обратно:
«Возвращайтесь на берег»

 

Priority Center (English courses)

Бородина Евгения

Borodina  Eugenia

ボロディナ  ユージニア

 

丘の灯台
岸辺へ帰ろと
誘ってる

 

Lighthouse on the hill
beckoning back:
“Come back to the shore”

 

 

Ехать на море

Уже расхотелось мне.

Как я поправилась за зиму!

 

ДВФУ, ШРМИ, 4 курс, специальность «международные отношения»

Фамилия Вера

Valieva  Vera

ヴァリエヴァ ヴェラ

 

もう海へ

行きたくはない。

冬、太ったわ~

 

Going to the seaside –

I don’t want it anymore.

I’ve put on weight in winter…

 

副賞:日航財団から贈呈(地球歳時記・クリアファイル)

 

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」結果(2)’ appears on October 5.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の10回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(10)

 

蛭田秀法選(2)

 

 

入選

 

Зацвёл шиповник,

Аромат расстаял

 Соленым Бризом..

 

Грибушина Елена ギリブシナ エレナ

Gribushina  Elena

 

イバラ さく

しおかぜかおり

とけた..

 

wild Rose blooms-  -salt wind – this flavor melted.

 

海辺に野バラの咲く季節。秋田の日本海沿いの散策路にもこんな所がある。海からは潮風。バラの香りと潮のにおいが混じり合い、身も心も溶けそうである。

 

 

от края

до края моря
весенние сумерки

 

Семенова (Лариса)  Иса

セミョーノワ (ラリーサ)  イーサ

Semenova (Larisa)  Isa

 

落つる日に 果ても無く染む 春の海

 ( Translation Sergey Volkovsky, Tokyo )

 

From the edge
to another edge of the sea
the twilight of the spring is glowing

 

( Translation Marina Planoutene, New York City )

 

夕日の沈む頃、茫洋とした春の海を眺める。大海は果てしなく夕焼けに染まっている。

 

 

Далёкое море

тихо рокочет на ухо –

витая ракушка.

 

АДЫЕВА Дарья Владимировна アディエワ ダリア

ADYEVA  Daria

 

遠い海 

静かな波の音

巻貝に

 

Distant Sea – quiet sound of the wave (in the ear) – spiral shell.

 

海辺で巻貝を発見。一見耳の形をしている。こんな巻貝もきっと静かな波の音を聞いているに違いない。遠い彼方の海から寄せて来るこの静かな波の音を。

 

 

С гнилым абрикосом
Кошка играет
Ветер с моря.

 

Васильев Игорь Юрьевич

VASILJEV  Igor

 

腐りかけたアンズと

猫が遊んでいる

海からのそよ風

 

With a rotten apricot
A cat is playing
Breeze from the sea

 

腐りかけたアンズが転がっている。しかし、そんなことは気にとめないのか、猫が無邪気に戯れている。平凡で、日常茶飯事の一コマであるが、海からのそよ風という下の句で詩的になっている。

 

 

белые чайки

держатся чутко вдали

первые льдинки

 

Романчук Анатолий Николаевич

Romanchuk  Anatoliy Nikolaevich

 

白いカモメの群

注意し遠くを見る

最初の氷

 

a flock of white seagulls

stare into the distance carefully

first ice

 

白いカモメの群れが何かを感知し、遠くを見ているようだ。遠方に目を向けて見ると今年の最初の氷が浮かんでいる。冬がもうそこまで来ている。カモメたちも冬支度に取りかかることになる。そして、考える。今年の冬の計画を。

 

 

Волны морские

За берег цепляются

Чайки смеются

Прилуцкий Сергей Юрьевич

 

海の波は

岸に固執す

カモメを笑わせる

 

sea waves

stick to the shore

making seagulls laugh

 

絶えず岸に打ち寄せる波。句になると「なるほど」と思ってしまう。カモメはそんな波のあり様がおかしく見えるに違いない。

 

 

пульс океана

замерев я слушаю

мы одной крови

 

ПЛАНУТЕНЕ Марина

PLANOUTENE  Marina

 

海の鼓動 -

私は耳を傾ける -

私たちは同じ血を持っている

 

The pulse of the Ocean – I’m listening – We’re of the same blood.

 

海は生きている。波の荒い時も穏やかな時もある。我ら人間も同じだろうか。

 

 

красный закат

полощет крылья в воде

чайка

 

Хузин Радион

KHUZIN  RADION

 

赤い日没

翼をすすぐ水の中の

カモメ

 

red sunset

in water rinsing wings

the seagull

 

夕暮れ時、シャワーを浴び一日の汗を洗い流す。カモメも同じようにリフレッシュするかのようである。

 

 

бессолнечный день

на кайме Беломорья

ярче лисички

 

Вайман Зиновий

Vayman  Zinovy

 

日のささない日

白い海の浜辺では

アンズダケが輝いている

 

sunless day

on the White Sea beach

the chanterelle brighter

 

太陽は顔を出すときも出さないときもある。

しかるに、海辺に生える「アンズダケ」は、日のささない日に一層の存在感を示し、いつもより輝きを増している。

 

 

разбитая лодка

пристанище крабов

в июньский зной

 

КРОТОВ Иван Иванович

KROTOV  Ivan

 

壊れたボート ―

カニの天国 ―

6月の暑さ

 

a broken boat—crab’s heaven—in June’s heat

Translated by IriniRadchenko

 

破壊されたものに来るものあり。地獄は、あるものには天国となる。壊れたボートはカニにとって6月の避暑地となる。

 

 

English  translations by Olga Sumarokova   英訳 スマローコヴァ オリガ

Japanese translations by Hidenori Hiruta  和訳 蛭田秀法 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」結果(1)’ appears on October 4.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の9回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(9)

蛭田秀法選(1)

特選

 

Сибирская зима

Накрыла белой скатертью залив

Вдали – крошки-рыбаки

 

СУМАРОКОВА Ольга(スマロコヴァ オリガ)

SUMAROKOVA  Olga 

 

シベリアの冬

白いテーブルクロスで湾を覆う

遠くに点々と釣師

 

(日本・ウラジオストク協会副会長鈴木修訳)

 

Siberian winter

Served the white table cloth over gulf

The fishermen like drops on it

 

 

コンテストの評価基準は次の4点であった。

1 自然との共生をとらえている。

2 テーマである「海」を自分の目でしっかり見すえて写生。

     自分が発見したことを自分の言葉で表現している。

3 比喩を上手に使っている。

4 イメージをふくらませる表現になっている。           

 

具体的には、テーマである「海」に対して作者がどのように感じているかに着目。作者が海を写生し、心の中でどのようにとらえているか、つまり、ある瞬間自分の感覚や感性にふれたことを自分の言葉で自分なりに表現していることを重視した。

 

922日、日露俳句大会・秋田大会が秋田市で開催された。

スマロコヴァ オリガさんの掲句が最優秀賞である露月山人国際賞を受賞した。

氷結の海を通してシベリアの厳しい冬をいかに過ごすか、その一端をとらえ、海面に張り渡る氷を白いテーブルクロスと表現。

一番感動したのは「詩の国秋田」が生んだ漫画の主人公「釣りキチ三平」がイメージとして思い浮かんだことである。

『釣りキチ三平』は19391028日秋田県雄勝郡西成瀬村、現・横手市増田町に生まれた矢口高雄による漫画作品である。それを原作としたアニメ作品もよく知られ、人気がある。

1973年から10年間、『週刊少年マガジン』(講談社)に連載され、当時の看板作品のひとつであると共に、自然派漫画の代表的存在であった。        

現在矢口高雄1人による描き下ろし『パーソナルマガジン』の看板作品として『平成版・釣りキチ三平』を連載、創作活動を再開している。

 

 

 

矢口高雄は町の中心部から20km離れた山村に生まれ、自然に囲まれて育つ。この子供時代の生活が、後に漫画の題材となった。

自然の中での生活をテーマにした作品を描く漫画家である。

日露俳句大会・秋田大会の大会集にスマロコヴァ オリガさんのロシア語による句から「釣りキチ三平」を連想しながら、イメージをふくらませて作った短い三行詩を紹介した。

 

シベリアの冬

白布で湾を隠した

あめ玉好きの釣師   (蛭田秀法・イメージ訳)

 

923日、この三行詩は秋田のニュースとして秋田魁新報社による さきがけon The Web で 「日ロの俳句愛好者の交流 秋田市、コンテスト表彰も」 というタイトルで世界中に発信された。

 

926日、日本・ウラジオストク協会副会長鈴木修氏から三行詩に対するコメントが届いた。

解釈は“シベリアの冬は魔法を使って白い布を振って湾を隠しました。漁師たちはあめ玉を愛しながら釣りをします”。複数の漁師たちがシベリアの冬に魔法をかけられて、一斉にあめ玉をしゃぶりながら釣りをする。すごいお伽の世界だと驚きました。

 さらに、ロシア語による原作を紹介したところ、ロシアの読者にはイメージ訳ではなく、詩的な直訳が望ましいということであった。

訳例と解説もいただくことになった。

 

シベリアの冬

白いテーブルクロスで湾を覆う

遠くに点々と釣師

 

作者が描こうとしたのは、ウラジオストク市の西に広がるアムール湾の春先ではないかと思います。対岸は中国に達するので見えませんから、この時期の釣り人というのは、氷に穴をあけてコールシュカ(北海道でも獲れてキュウリ魚と呼んでいます)という小魚を釣る人々です。

 

作者の本当の句も味わい深く、特にウラジオストクで4年間暮らした私にはとても魅力のある句です。

最後に、ロシア語による俳句の将来と可能性について激励のお言葉をいただくことになった。
ロシア語は語尾変化が多く、韻の踏みやすい言語ですから、先生のご指導で新しい句の世界がウラジオストクに生まれるとすばらしいと思います。それは相互に相手の国の言葉を学ぶための楽しい、新しい手段にもなるような気がします。

 

9月29日、ウラジオストク日本センターで開催された日露俳句大会・ウラジオストク大会ではロシアの参加者に対して鈴木修氏の訳も紹介された。

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(10)蛭田秀法選(2)’ appears on October 3.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の8回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(8)

 

アレクサンダー ドーリン選

 

 

入選

 

Япония  Россия.

Весна – тихое море

На корабле друзья.

 

Кульба Евгений Владирович

Kulba  Evgeni Vladimirovich (エフゲニー)

 

日本ロシア

春、静かな海

船の友人

 

Japan ・・Russia

spring, - quiet sea

friends of the ship

 

 

Смывают волны

Беззащитные замки на песке.

Ничто не вечно.

 

Рожкова Светлана Алексеевна

ROZHKOVA  SVETLANA

 

波が壊している

無防備の砂の城を

永久のものは何もない

 

Waves are destroying

Defenseless sandcastles.

Nothing is eternal.

 

 

Луч солнца замер,

Не пробиться ему через толщу воды.

Бездонно море.

 

Тулина Адель Михайловна

TULINA  ADEL

 

太陽の光線が消えていった

海を通り抜けることは出来ない

海は底なしだ

 

The sun’s ray died away,

It can’t make its way through the water.

The see is bottomless.

 

 

светает…

покачивает волна

новорождённый месяц

 

Козлова Наталия Ивановна

Kozlova  Natalia Ivanovna

 

 

夜が明ける...

波が揺れて眠る

新生の月

 

day breaks…

a wave rocks to sleep

the newborn moon

 

 

море и суша

на полосе прибоя

не разминуться

 

Куртова Алиса

Kurtova  Alisa

 

海と陸

波の区域

見落とすことはない

 

sea and land

in the surf zone

not to miss

 

 

море
только тебе открою
печали жизни своей

 

Шуган Игорь

SHUGAN  Igor

 

あなたのみ

私の人生の悩みについて話したい(心を開きたい)

 

the sea

it is to only you

that I would like to open my heart

 

 

Дети моря

На берегу вечности

Играем с прибоем

 

Пахомова Любовь

Pahomova  Lubov

 

海の子供たち

永遠の岸で

波と遊ぶ

 

The sea’s children

On the shore of eternity

Play with surf

 

 

Летят облака.

Качается на волне

Белая птица.

 

Бородина Вера Павловна

Borodina  Vera

 

雲が空を飛んでいる

波に上に浮かんでいる

白い鳥  

 

The clouds are flying (in the sky)
On the seawaves floating
White bird

 

 

Недвижима гладь

Ночного моря…В огнях

Шхуны на рейде

 

Петрова Ольга Анатольевна

PETROVA  OLGA

ペトロフ オリガ

 

動かない水面

夜の海 ― 光の中

水平線に錨を下ろした船々

 

Immovable surface of

Night sea… In the lights

Anchored boats on horizon

 

 

ветер с причала

молоденький мичман

держит фуражку с котенком

 

Хрущ Нина Никитична

Kruis  Nina

 

停泊―

准尉―

猫のついた海軍将校の帽子

 

A mooring—A young warrant officer—Naval officer’s cap with a cat

Translated by Irini Radchenko

 

 

 

English translations by Olga Sumarokova   英訳 スマローコヴァ オリガ

 

Japanese translations by Hidenori Hiruta  和訳 蛭田秀法 

 

  

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(9)蛭田秀法選’ appears on October 2

 

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta