平成245月日露俳句コンテストが秋田県とロシア沿海地方の文化交流事業の一環として開催されました。コンテストには秋田やウラジオストク両市に住む俳人や愛好者も参加し、秋田市・ウラジオストク市姉妹都市締結20周年記念に花を添えました。

また、石井露月生誕140年記念として「露月山人国際賞」を設け、日露両国の俳人や俳句を愛する市民と学生の関心を呼びました。

 平成25年度においても、コンテスト継続への要望と皆様からのご支援に応えて「第2回日露俳句コンテスト」を開催いたします。

皆様からのご投句を期待しております。

  

    ****************

 

  

第2回日露俳句コンテスト 

(応募要項)

 

平成25年4月吉日

 

秋田県国際俳句協会

 

はじめに

  

昨年5月、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークは日露文化交流の一環として第1回日露俳句コンテストを開催しました。秋田県とロシア沿海地方の文化交流を促進し、秋田市とウラジオストク市の姉妹都市締結20周年を記念しながら、両国を結ぶ「海(Umi)」(日本海)をテーマとする俳句を募集し、相互の俳句を分かち合う機会として開催しました。

コンテストが俳句を詠み、朗詠する楽しみを伝えるだけでなく、日露両国民の相互理解を深め、日露両国についての相互の見解の交換を促進するための機会となるように期待しました。

同時に秋田県とロシア沿海地方の文化交流の促進と拡大を図り、秋田市とウラジオストク市の姉妹都市関係の強化と深化を図るために役立つものと期待しました。

コンテストには日露両国の学生や俳句愛好者から428句が寄せられました。特に、ロシアからはほぼ全土に渡って応募があり、学生と一般市民から58句の応募がありました。ウラジオストク、サハリン州、モスクワ、モスクワ州、サンクトペルブルク、マガダン、ビロビジャン、ノヴォシビルスク、ウファ、ブラゴヴェシチェンスク、スヴェルドロフスク、ペルミ、カルーガ、クラスノダール、チフヴィン、チュヴァシ共和国、タタールスタン共和国などに居住する学生や俳句愛好者からの応募でした。

 コンテストは大成功に終わり、コメントも寄せられました。毎年継続して欲しいという要望や、日露両国以外の俳句愛好者にも参加する機会を与えて欲しいという要望がありました。

以上の結果を踏まえて、下記の要項のように秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークと共に第2回日露俳句コンテストを開催し、俳句の応募には日本語部門、ロシア語部門、そして英語部門を設けることにいたしました。皆様のご応募を期待しております。

 

名称:第2回日露俳句コンテスト

 

主催:秋田県国際俳句協会

 

共催:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

 

協賛:(財)JAL財団

 

後援 :ウラジオストク日本センター、NPO 日ロ交流協会、日本・ウラジオストク協会、国際俳句交流協会、鹿児島国際大学、朝日新聞社、河北新報社、秋田県、国際教養大学、秋田県教育委員会、() 秋田県芸術文化協会、(財)秋田県国際交流協会、秋田英語英文学会、秋田魁新報社、共同通信社秋田支局、読売新聞秋田支局、毎日新聞秋田支局、産経新聞社秋田支局、NHK秋田放送局、ABS秋田放送、AKT秋田テレビ、AAB秋田朝日放送、CNA秋田ケーブルテレビ、エフエム秋田、秋田市、秋田市教育委員会、天為秋田支部、秋田ロシア語友の会、秋田ウラジオ会、ロシア沿海地方行政府、極東連邦大学、ウラジオストク市、ウラジオストク日本センター付属日本文化同好会、共同通信社ウラジオストク支局、与謝野晶子記念文学会

  

応募資格:国籍、年齢は問いません。

 

形式と投句数:雑詠1句(未発表句)

 

使用言語:日本語、ロシア語、英語のいずれかを選択する。

 

応募方法

 

    日本語による応募者は以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子ールにてshhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙

日本語 (бланк заявки на японском языке)

ただし、郵送やFAXでの送付も可能です。

宛先:010-1606 秋田市新屋寿町4-38 蛭田秀法

FAX:018-824-2188

 

② ロシア語による応募者は以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにてshhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙

 русском  (бланк заявки на русском языке)

 

③ 英語による応募者は以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにてshhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙

ENGLISH  (бланк заявки на английском языке).

 

 

応募期間:平成25年5月1日(水)~6月30日(日)

 

応募締め切り:平成25年6月30日(日)

 

審査委員

 

  日本語部門 : 武藤鉦二、舘岡誠二、和田仁、手島邦夫、

            工藤一紘、石田冲秋、五十嵐義知、

            内村恭子、矢野玲奈

   

  ロシア語部門: アレクサンダー・ドーリン、

            スレイメノヴァ・アイーダ

   

  英語部門  : 青柳飛 

 

 JAL財団賞

 日本語部門、ロシア語部門、英語部門の応募作品から部門毎に一句選出し、賞状と賞品を贈呈する。

    

秋田県国際俳句協会賞

日本語部門、ロシア語部門、英語部門の応募作品から部門毎に一句選出し、賞状と賞品を贈呈する。

   

*各賞の受賞連絡及び副賞の詳細については、主催者から受賞者に対し8月下旬までに直接連絡があります。

 

結果の発表: 

平成259月上旬共催団体である秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークのホームページで公表します。

https://akitahaiku.wordpress.com/

 

各部門の入賞作品と入選作品の発表は上記ホームページでそれぞれ他の二言語による翻訳を添えて発表します。

 

お問い合わせ先:

秋田県国際俳句協会

shhiruta@nifty.com 

 

照会はメールでのみ受け付けております。

 

2回日露俳句コンテスト

応募用紙

                  メールでshhiruta@nifty.com まで送付願います。

 

 

 

       姓 

      名 

氏 名

 

 

ふりがな

 

 

ローマ字

 

 

住 所

 

 

 

email

 

  電話番号

 

*国 籍(国 名)

 

*年 齢

 

*会社名 / 学校名

 

 

       

                                                                                

 

*日本語による俳句

 

 

 

 

 

     

 

留意事項

 

   *印は必ず記入願います。

    応募作品の著作権はすべて秋田県国際俳句協会に帰属し、氏名とともにホームページやフェイスブック等に公表する場合があります。

   応募者から頂いた個人情報は主催者(共催者、協賛者及び後援者)が本件業務上のためにのみ利用し、第三者への提供及び委託は行いません。

 

Advertisements

 

Dear Hidenori Hiruta-san,

 

Greetings from India.

 

I just came across your beautiful website Akita International Haiku Network.

I am very impressed with your efforts to reach a world wide audience through haiku ad its related forms.

I am also a member of HIA and several other haiku associations in other countries.

Enclosed in the body of this email are some previously unpublished haiku for your kind consideration.

Please feel free to accept, or reject any /all the haiku. I will be grateful for any suggestions/critique.

 

Thank you.

With best wishes and warm regards,

angelee

 

Angelee Deodhar

 

Here is a photo of Angelee with Aryan.

 

 angelee deodhar with Aryan

 

Brief bio:

Dr. Shashi Angelee Deodhar  is an ophthalmologist turned haiku poet and haiga artist and translator from Chandigarh,India.  She is a member of the Haiku International Association,Japan.  She is also a member of the Haiku Society of America,Haiku Canada and several other societies in different countries. She has translated six books of haiku from English to Hindi,and distributed them free of cost to poets in India around the world.

Bilingual books published :
 If Someone Asks . . . Masaoka Shiki’s Life and Haiku, 2005                    Haiku: A Master’s Selection, edited by Miura Yuzuru, 2006
Ogura Hyakunin Isshu: 100 Poems by 100 Poets, 2007 
Children’s Haiku from around the World–A Haiku Primer, 2007 

Indian Haiku, 2008                                                            The Distant Mountain , 2009

Dr. Shashi Angelee Deodhar recently sent Ogura Hyakunin Isshu : 100 Poems by 100 Poets, Children’s Haiku from around the World–A Haiku Primer, Indian Haiku, Indian Haiku and The Distant Mountain to me by air mail.

  

Indian Haiku 001

 Indian Haiku 002

 

 

 

stars adrift

in the chill of night

the last diary entry

 

星が流れる

夜の冷気の中

最後の日記を記入 

  

Here are other haiku by Angelee Deodhar .

 

blossom rafts downstream

I drink the moon

from a sake cup

 

花筏下流へ

月を飲む

酒杯から

———————————-

after the rain

cherry blossom breath

from every puddle

 

雨止みて

桜の花の息

水たまりから

———————————–

cherry blossom clouds

tangled thoughts

tangled feet

 

花曇り

乱れる思い

もつれる足

———————————–

missing my step

thoughts tangled in

cherry blossom clouds

 

石段を踏み外す

思い乱れる

花曇り

———————————-

blossom clouds

tangle my thoughts

-where was I headed

 

花曇り

思いを乱す

― どこに私は向かっていたの

———————————

 schoolbooks forgotten

she dances under

cherry blossoms

 

教科書は頭にない

彼女は踊る

桜の花の下

 

I saw my first cherry blossoms at the Third Haiku Pacific Rim Conference in Matsuyama

 in April 2007 and these were written there

—————————————————————————-

over the lake

a wagtail dips across 

 the ripples of mist

 

湖を渡って

セキレイがちょっともぐる

靄のさざ波を横切って

————————————

in a stiff wind

the afternoon sun shifts

saffron bougainvillea shadows

 

強い風の中

午後の太陽が移す

サフランのブーゲンビレアの影を

 —————————————-

over the Vedic chant

of children’s’ voices

the scolding squirrel

 

ベーダ梵語の子供たちの声を越えて

叱っているリス

——————————————– 

young vines trail

over ant hill monuments

– a coconut drops

 

若いブドウの木の道

アリ塚の塔の上

― ヤシの実が落ちる

—————————————– 

right at the top 

of the Hawaiian giant tree

the little cormorant

 

ハワイの巨木のまさに頂きに

小さい鵜

————————————– 

on the path

beyond the locked gate

a carpet of pink bougainvillea

 

小道に

閉ざされた門の向こうに

ピンクのブーゲンビレアのカーペット

——————————————– 

through coils of mist

just for a moment

the grey heron

 

靄の渦巻きを通って

ほんの瞬間

灰色のサギ

——————————————- 

water skaters skitter

as cattle egrets wade through

the mist rising off the lake

 

水上スケーターが軽快に進む

アマサギが歩いて渡るとき

湖から立ちのぼる靄を通って

 —————————————–

pink lantana hides

the ‘Beware of Crocodiles’ sign

at the lake

 

ピンクのランタナが隠す

「ワニに注意」という標識を

湖で

—————————————————————————————————————–

The next posting  ‘第2回日露俳句コンテスト:応募要項’  appears on April 30.

 

― Hidenori Hiruta

 

Firstly, let me post CALENDAR RENGA 2013Ioana Dinescu in Romania presented to us on November 21, 2012.

  2013(Calendar)

 

Here are three photos of April, May, and June as well as their renga (連歌) with Hiruta’s Japanese translation.

 

 aprilie-calendar-2013-renga-12-luni-rgb-96-dpi

 

Sorin

 

APRIL – Lights

 

scent of clay –

with spades on their back

two old women

before the crack of dawn

some flickering lights

 

ソリン

 

4月 ― 明かり

 

粘土の香り ―

背中には鋤

老女が二人

夜明け前に

いくつかの明滅する明かり

 

 mai-calendar-2013-renga-12-luni-rgb-96-dpi

 

Vasile

 

MAY – May Wormwood

 

wormwood leaves –

the twins are splitting

a daisy

through the matted grass

the buzzing of May beetles

 

ヴァシル

 

5月 ― 5月のヨモギ

 

ヨモギの葉 ―

双子が分け合っている

ヒナギクを

マットを敷いた草を通って

コフキコガネ虫のブンブンという音

 

 iunie-calendar-2013-renga-12-luni-rgb-96-dpi

 

Cezar

 

JUNE – Night of Fire

 

night of fire –

elves dancing among the stars

in the lake

thunders are scattering

the lime trees fragrance

 

シザー

 

6月 ― 火の夜

 

火の夜  ―

エルフが星の間で踊っている

湖の中で

雷がまき散らしている

ライムの木の芳香を

 

 

Lastly, let me post some photo haiku by Ioana Dinescu.

They have been made these five months, November, December, 2012, January, February, and March in 2013.  You can check them out at the site below.

http://haikuind.wordpress.com/

 

 Ioana(1)

 

runes prediction –

the signs of future

upside down

 

ルーン文字の予言 ―

未来のしるし

逆様

 

Ioana(2) 

 

gathered in a

withered leaves bag –

the whole

summer richness

 

集められている

枯葉の袋の中に ―

全ての

夏の豊かさ

 

 Ioana(3)

 

Happy New Year!     新年おめでとう!

 

 Ioana(4)

 

grandma’s crochet hook –

more skillfully is only

the frost

 

おばあちゃんのクロ-シェ編みの鉤―

もっと上手なのはただ

霜だけ

 

 Ioana(5)

 

autumn sketch

in yellow and blue

one grey end…

 

秋のスケッチ

黄色そして青

一つのグレーの端...

 

Ioana(6) 

 

footprints in the sand —

a crab is advancing

and they fade

 

砂の中の足跡 ―

カニが一匹前に進んでいる

そしてそれらは消えていく

 

 Ioana(7)

 

from my cat

a trinket on the pillow –

a dead sparrow

 

私のネコから

枕の上に小さな装身具 ―

スズメの死体

 

 

The next posting ‘Haiku by Angelee Deodhar in India ’ appears on April 20.

 

Hidenori Hiruta

 

 

 

On April 27, 2012, I received an e-mail from Ms. Clelia Ifrim in Romania.

She says as follows.

 

Dear Mr.Hidenori Hiruta

 I am Clelia Ifrim , from Bucharest , Romania .

My haiku book “My Loved Japan “, 31 haiku written after the Great Earthquake and tsunami from 2011, is Best Books of 2011. ( David Burleigh , The Japan Times).

I’d like to send you a copy. Please, can you give me a postal address where I send it to you ?

Thank you very much

 

Clelia Ifrim

  My Loved Japan (1)

 

Please check it out at the following website of The Japan Times.

http://www.japantimes.co.jp/culture/2011/12/25/books/close-up-on-a-peoples-disaster/

 

Clelia’s haiku book “My Loved Japan ” is a collection of haiku poems, written to mourn the disastrous effects of the massive 2011 9.0-magnitude earthquake and terrible tsunami waves in Japan.

  

You can buy the book through Amazon.co.jp.

The income Clelia Ifrim receives from the sales of this book, in its entirety, is donated to the Japanese Red Cross Society.

Please read this book and immerse yourself in the universe of a very original thinker and artist, whose sensitivity fills every reader’s heart with the subtlest music of words and ideas you have listened to in years.

http://www.amazon.co.jp/My-Loved-Japan-Haiku-ebook/dp/B008Z12WL6/

 

Here are 14 haiku Clelia rewrote with Japanese translations by Hidenori Hiruta.

 

 

Evacuee’ items  –

two old men twin are keeping

the same diary

 

避難者の品目 ―

2人の双子の老がつけている

同じ日記を

 

 

No entry zone , no…

the clappers of the wind chimes

tinkling in the night

 

入場禁止地帯、禁止...

風鈴のパチパチという音が

夜にチリンチリンと鳴っている

 

 

Cherry tree in bloom

like a mouth of a new born –

hana-goromo

 

桜の花が咲いている

新生児の口のように ―

花衣

 

 

No-entry zone , no…

tell me a story of ones

who now are star light

 

入場禁止地帯、禁止...

私に話してくれ

今星の光である人たちの話を

 

 

Ripples touch gently

the place where was a village –

returning birds’ tear

 

さざ波が静かに触れる

村があったところに ―

戻ってくる鳥の涙

 

 

The Lost Children Day  –

fly, fly paper crane and bring

a present for them

 

行方不明の子供の日 ―

飛ばそう、紙のツルを飛ばそう

そして彼らのためにプレゼントを持ってこい

 

 

No-entry zone ,no…

can you say my memories

not to return  home ?

 

入場禁止地帯、禁止...

あなたは私の思い出を言える

二度と家に帰らないけど?

 

 

No sound , no voice

but this moon path on the waves –

fishermen’ village

 

音のない、声のない

しかし波の上のこの月の道 ―

漁師たちの村

 

 

Radiation screen –

stretching his arms he passes

with a flying crane

 

放射線遮蔽体 ―

両腕を伸ばしながら彼は通り過ぎる

飛んでいるツルとともに

 

 

The deserted ground

of elementary school –

momo-chidori

 

見捨てられたグランド

小学校の ―

百千鳥

 

 

Nestling in my soul ,

many days after this March ,

a black fever – fear

 

私の心の中に居座っている、

この三月の後何日も、

黒い熱 ― 恐怖

 

 

Bottom of ocean –

a long file of shadows waits

for a boat of home

 

海の底 ―

長い影の縦列が待っている

家に帰るボートを

 

 

Narcissus among ruins –

a hidden path of shrine leads
to Kan’non  sama

 

廃墟の中のスイセン ―

神社の隠れた小道が通じている

観音様へ

 

Its ray reaches

the bed of confined woman  –

sun above the ruins

 

光線が届く

女性の病床に ―

廃墟の上の太陽

 

 

The next posting “The New Calendar by Ioana Dinescu in Romania (2)” appears on April 13.

 

― Hidenori Hiruta