1,130 haiku from 46 nations to the 3rd Japan-Russia Haiku Contest

 

August 31 , 2014

 

1.   We held the third Japan-Russia Haiku Contest in celebration of the 29th National Cultural Festival in Akita 2014, receiving the submitted haiku from   May 1 (Thursday) till June 30 (Monday).

The organizers are Akita International Haiku Association, The Agency for Cultural Affairs, Akita Prefecture, The Akita Prefectural Executive Committee of the 29th National Cultural Festival.

2.  Only one haiku was allowed to be submitted per haiku poet, and there were three sections of Japanese haiku, Russian haiku, and English haiku. One of the languages had to be chosen from among Japanese, Russian, and English in composing and submitting haiku.

As a result, 1,130 haiku were submitted from 46 nations.

3.  634 haiku were submitted for the Japanese haiku section.

627 haiku were submitted from Japan, 3 haiku from Russia and Argentina, and 1 haiku from Romania.

4.  54 haiku were for the Russian haiku section.

    36 haiku were submitted from Russia, 4 haiku from Ukraine, 2 haiku from Belarus, Israel, and Romania each, 1 haiku from Bulgaria, Croatia, Lithuania, Mongolia, Montenegro, Poland, USA, and Japan each.

5.  442 haiku were submitted for the English haiku section.

    442 haiku lovers or haiku poets were submitted from 46 nations:

Australia, Austria, Bangladesh, Belgium, Belarus, Bosnia-Herzegovina, Brazil, Bulgaria, Canada, China, Columbia, Croatia, Czech Republic, Denmark, France, Germany, Ghana, Greece, Hungary,  India, Indonesia, Iran, Israel, Italy, Japan, Kenya, Korea, Lithuania, Macedonia, Mongolia, Montenegro, Myanmar, New Zealand, Nepal, Netherlands, Philippines, Poland, Romania, Russia, Serbia, Singapore, Switzerland, Taiwan, UK, Ukraine, and USA.

6. Awards and Announcement:

Six winners of each haiku section are notified by email at the end of August or at the beginning of September.

The winners will be announced on the occasion of International Haiku Forum held Saturday, October 25, 2014, 13:30 ~ 17:00 p.m., at Akita International University.

They are expected to be present at the 3rd Japan-Russia haiku contest awards ceremony then.

If they do not attend the ceremony, they will be sent the certificate and some prize by mail.

The winners are also announced on the website of Akita International Haiku Network (https://akitahaiku.com/) on October 25, 2014.

Akita Prefectural Governor Award is presented to the best haiku in the Japanese section.

AIH President Award is presented to the best haiku in the Russian section by Akita International Haiku Association.

AIU President Award is presented to the best haiku in the English section by Akita International University.

These three winners above mentioned are presented a round-trip airplane ticket between Haneda Airport and Akita Airport when they attend the 3rd Japan-Russia haiku contest awards ceremony.

If they don’t come there, the winners will be sent the certificate and the prize by mail.

JAL Foundation Award, the Akita Chamber of Commerce and Industry President Award, the Akita Sakigake Shimpo President Award, Akita Branch of Ten’i (Providence) Haiku Group Chairman Award, Akita International University President Award, Akita International Haiku Network Chief Director Award are also presented to one of the honorable mentions in each section by the sponsors above mentioned.

Each winner is presented with the certificate and the prize at the ceremony or by mail.

7. The posting of haiku on the website

English haiku submitted from 46 nations will be posted on the website of Akita International Haiku Network from the end of November or at the beginning of December. 

https://akitahaiku.com/

 

― 蛭田秀法(Hidenori Hiruta)

 

 

 

 

国民文化祭記念・第3回日露俳句コンテスト(応募状況)

 

平成26年8月30日

国民文化祭記念・国際俳句大会事務局

                         

1.秋田県国際俳句協会、文化庁、秋田県、第29回国民文化祭秋田県実行委員会は

  国民文化祭記念・第3回日露俳句コンテストを開催し、本年5月1日(木曜日)

  から6月30日(月曜日)まで応募を受け付けました。

2.投句数は雑詠1句、応募者は使用言語として日本語、ロシア語、英語の

  いずれかを選択し、計1,130句の応募がありました。

3.日本語部門には日本から627句、ロシアから3句、アルゼンチンから3句、

  ルーマニアから1句の計634句の応募がありました。

4.ロシア語部門にはロシアから36句、ウクライナから4句、イスラエル、

  ベラルーシ、ルーマニアら2句、アメリカ、クロアチア、日本、       

  ブルガリア、ポーランド、モンゴル、モンテネグロ、リトアニアから

  それぞれ1句の計54句の応募がありました。

5.英語部門にはアメリカ、イギリス、イスラエル、イタリア、イラン、

  インドネシア、インド、ウクライナ、オーストラリア、オーストリア、

  オランダ、カナダ、韓国、ガーナ、ギリシア、クロアチア、ケニア、

  コロンビア、シンガポール、スイス、セルビア、台湾、チェコ、中国、

  デンマーク、ドイツ、ネパール、ニュー・ジーランド、ハンガリー、

  バングラデシュ、ベルギー、ベラルーシ、フィリピン、ブラジル、

  フランス、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ポーランド、

  マケドニア、ミャンマー、モンゴル、モンテネグロ、リトアニア、

  ルーマニア、ロシアの46ヶ国から計442句の応募がありました。

6.賞と賞品

日本語部門 

  秋田県知事賞/「秋田空港~羽田空港往復航空券」

  JAL財団賞/「地球歳時記、図書カード、文具など」

  秋田商工会議所会頭賞/「樺細工ペントレイ、図書カード」 

  秋田魁新報社社長賞/「記念品、図書カード」 

  天為秋田支部支部長賞/「版画、図書カード」

ロシア語部門

  秋田県国際俳句協会会長賞/「秋田空港~羽田空港往復航空券」

  JAL財団賞/「地球歳時記、漆の写真立て他」

  秋田商工会議所会頭賞/「樺細工ペントレイ」

  秋田魁新報社社長賞/記念品

  天為秋田支部支部長賞/版画   

  国際教養大学学長賞/民芸品

英語部門

  国際教養大学学長賞/「秋田空港~羽田空港往復航空券」

  JAL財団賞/「地球歳時記、漆の写真立て他」

  秋田商工会議所会頭賞/「樺細工ペントレイ」

  秋田魁新報社社長賞/記念品

  天為秋田支部支部長賞/版画

  Akita International Haiku Network 理事長賞/民芸品

 

各賞はそれぞれ1句に贈呈。但し、JAL財団賞は学生やこどもたちの句が対象。

また、日本語部門、ロシア語部門、英語部門の賞品である

「秋田空港~羽田空港往復航空券」に関しては、10月25日(土)国際教養大学で

開催される国際俳句大会の表彰式に出席される場合、贈呈される。

出席できない場合は、賞状と秋田県の民芸品が贈呈される。

7.発表

 10月25日(土)国際教養大学で開催される国民文化祭記念・国際俳句大会の

 表彰式で発表。

 同日、Akita International Haiku Network のホームページでも掲載。

   https://akitahaiku.com/

 但し、受賞者には8月下旬、または、9月上旬に連絡。

 

8.各審査委員による特選句や入選句は11月下旬、または、12月上旬に

  Eパンフレット「詩の国秋田第6号」として、

  Akita International Haiku Networkホームページに掲載。

  https://akitahaiku.com/

 

― 蛭田秀法(Hidenori Hiruta)