Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

V.  HOME (家庭)

 

169.

A sky collection,

sudden family album:

the sun and the moon.

 

空のコレクション、

突然の家族のアルバム:

太陽と月

 

170.

Families nested within

ancestral luggage,

towards a new station.

 

家族がぴったり収まった

祖先のかばんの中に、

新しい駅の方へ

 

171.

Christmas at home,

rusty sleigh in the cellar,

different carols.

 

家でのクリスマス、

地下室のさびたそり、

異なる聖歌

 

172.

Peace descends,

bright from the sky, at Christmas,

immaculate beam.

 

平和が下りてくる、

空から輝いて、クリスマスに、

純白の光線

 

173.

Story of a bell

disguised in Santa Claus –

gift of music.

 

鈴の物語

サンタクロースに変装された ―

音楽の贈り物

 

174.

Winter’s debut;

parents knocked on my window –

evanescent dream.

 

冬のデビュー;

両親が私の窓をノックした ―

儚い夢

 

175.

Angels descending

in the cold of Christmas

warming lonely hearts.

 

天使達が降りてくる

クリスマスの寒さの中に

孤独な心を暖めながら

 

176.

The magical blue,

migratory Christmas Carols,

my serene spirit.

 

神秘的な青、

移住性のクリスマスキャロル、

私の穏やかな精神

 

177.

Tender maple palm –

I feel my Mother’s caress,

calm in the air.

 

優しいカエデの手のひら ―

母の愛撫を感じる、

空気の中で穏やに

 

178.

Olive tree branches –

retired in immortality

our sweet parents.

 

オリ-ブの木の枝 ―

不滅の中に退いた

私たちの優しい両親

 

179.

Towards my North Pole,

solstice candles rehearsing

the Christmas Carols.

 

私の北極点の方へ、

冬至の蝋燭が復唱している

クリスマスキャロルを

 

180.

Secret jingle bells

under my own Christmas tree:

nostalgia bag.

 

秘密のジングルベル

私自身のクリスマスツリーの下に

郷愁のバッグ

 

181.

My Mother’s tresses

rooted in the future

defying frost.

 

母のふさふさした髪

未来に根を下ろしていた

霜に挑戦しながら

 

182.

Low, weeping willows

obtaining through prayer

wellbeing.

 

低い枝垂れ柳

祈りを通して得ている

幸福を

 

183.

Shadow of shadow,

sanctuary of silence –

profound prayer.

 

影の影、

沈黙の聖域 ―

深い祈り

 

184.

From behind the lights,

vibrating stained-glass –

sacred heart beats.

 

光りの背後から、

揺れているステンドグラス ―

神聖な心が鼓動する

 

185.

Virtual Christmas

at home only in itself –

carols of the mind.

 

事実上のクリスマス

ただそれ自体家庭で ―

心の聖歌

 

 

This is the last part of a haiku booklet “Ambassadorial Haiku” by Radu Șerban.

On May 8, 2017, Vasile Moldovan in Romania, a haiku friend of Hidenori Hiruta’s, kindly and passionately presented this haiku booklet for 6th Japan–Russia Haiku Contest.

Hidenori Hiruta decided to translate haiku into Japanese as correctly and faithfully as possible, but really ended in literal translations.

He also decided to post and share haiku with the readers on the website of Akita International Haiku Network.

 

Last of all, here is a copy of a book cover presented from Vasile Moldovan with his thank-you letter.

 

 

 

 

This is the first Romanian Anthology of love haiku realized by Valentin Nicolitov, the chairman of the Romanian Society of Haiku. Its release was just on Valentine’s Day on February 14, 2018.

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

Advertisements

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

IV . TIME  (時間)

 

142.

Out of time’s threads

tenderness of old age

weaving harmonies.

 

時間のスレッドから

老齢の優しさ

ハーモニーを編んでいる

 

143.

Silky treads of rain

spun from two clouds –

distaff of time.

 

二つの雲から紡いで取られた

雨の絹のような足音 ―

時間の糸巻棒

 

144.

A few steps remain

I’d like to relay the crutch,

unused.

 

数歩が残っている

松葉杖を中継したい、

未使用のまま

 

145.

Burned candles

remain in memory:

famous wax figures.

 

燃えた蝋燭

思い出の中に残っている:

有名な蝋人形

 

146.

Once a year

the heart is counting my age –

New Year’s wind chime.

 

年に一度

心が年齢を数えている ―

新年の風鐸

 

147.

Utter condescension:

feeling the passing year,

the snow stopped falling.

 

全くの謙遜:

行く年を感じながら、

雪が降り止んだ

 

148.

Late December,

extracting from darkness

the coming day.

 

12月下旬、

暗闇から抜き出している

来たるべき日を

 

149.

Thoughts babbling

on solstice night –

the year ends.

 

思いが次々によぎる

冬至の夜に ―

年が終わる

 

150.

My native turf

thousand blades of memories

crushed under feet.

 

出生地の芝土

思い出の千枚の葉

足下につぶれた

 

151.

New Year’s feast,

savouring hopes –

tasting the future.

 

新年のご馳走、

希望をかみしめながら ―

未来を味わっている

 

152.

Eye of a pond,

reflecting the past year –

two eyes of leaves.

 

池の目、

行く年を映している ―

葉の二つの目

 

153.

Rings on a tree trunk

years cannot be stolen –

treasure of age.

 

樹幹の輪

年月は盗まれない ―

年齢の宝

 

154.

Thousands of years

olive trees don’t grow in pairs;

alone towards peace.

 

数千年

オリーブの木は対には育たない;

平和に向かってひとりで

 

155.

In the autumn of life

the books’ golden leaves fall

as inheritance.

 

人生の秋に

本の金色の葉が落ちる

遺産として

 

156.

Snowing petals

from the anonymous cherry tree –

unread memories.

 

名のわからない桜の木から

雪のように降っている花びら ―

未読の思い出

 

157.

Ripe bunch of grapes,

torn ambitions –

unpicked fruit.

 

熟れた葡萄の房

引きちぎれた大望 ―

摘まれていない果物

 

 

158.

The book of silence,

parallel words aim

towards infinity.

 

沈黙の本、

似たような言葉が目指して進む

無限の方へ

 

159.

Dense passwords

time to take a breath –

three times autumn.

 

難解なパスワード

一息つく時 ―

秋に三度

 

160.

Confronting the frost,

the winter camellia –

perennial feeling.

 

霜に立ち向かっている、

冬の椿 ―

多年生の感情

 

161.

Like a frozen bridge

towards eternity,

death is beautiful.

 

凍てついた橋のように

永遠に向かって、

死は美しい

 

162.

Album of dead leaves

pressed under heavy snow –

a year’s memories.

 

枯れ葉のアルバム

重い雪の下に押しつけられた ―

一年の思い出

 

163.

The four-leaf clover

lost among the blades of grass –

the fourth age.

 

四つ葉のクローバー

草の葉の中に消え去った ―

第四の時代

 

164.

Tenacious patience –

a chance of togetherness

for the stalagmite.

 

不屈の忍耐力 ―

連帯感の機会

石筍のために

 

165.

Lazy solstice

early to bed –

happiness and joy.

 

無精な冬至

早く床に就く ―

幸せと喜び

 

166.

From a fertile mind

at the age of sagacity

many autumn tomes.

 

たしかな判断力の年齢の時に

創造力に富む知性から

たくさんの秋の本

 

167.

Colour of age

defying the frost –

November rose.

 

霜に挑戦する

年齢の色 ―

11月のバラ

 

168.

The next train’s platform,

bashful red leaves,

waiting for the wind.

 

次の電車のプラットホ-ム、

はにかんだ紅葉、

風を待っている

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

III.   FEELINGS  (2)

 

126.

For soul and body,

grain of mind, grain of wheat

sprouting peacefully.

 

魂と肉体のために、

心の粒、小麦の粒

穏やかに芽をふいている

 

127.

Hand in hand

in shared sleeplessness –

old man and the moon.

 

手に手を取って

分かち合った不眠の中で ―

老人と月

 

128.

United in prayer,

palms become wings

flying to the sky.

 

祈りの中で結合され

手のひらは翼になり

空に飛んでいく

 

129.

Years of solstice

uninterrupted, glacial,

I’m not losing hope.

 

至点の数年

とぎれなく、冷ややかに、

私は希望を失っていない

 

130.

With white stars

the sky is weeping for us –

snow of forgiveness.

 

白い星と共に

空は私たちのために涙を流している ―

容赦の雪

 

131.

Falling leaves, the price

of fruit; my tiredness

completes me.

 

落ちている葉、果実の価格;疲労が

私を完成させる

 

132.

Incandescent words

in verses, ribbons of smoke

to the white paper.

 

詩の中の見事な言葉、

煙のリボン

白い紙に

 

133.

Hidden silence

under the motionless bell –

peaceful impulse.

 

隠れた沈黙

静止した鐘の下 ―

安らかな衝動

 

134.

Suppressed bitterness

at the monastery gate:

bitter pilgrim.

 

抑えられたつらさ

修道院の門にて:

つらい巡礼

 

135.

Floating autumn leaves,

tenderness and harmony;

floating within.

 

漂っている秋の葉、

優しさと調和;

中を漂っている

 

136.

Dreaming is for two;

a lone wing

cannot fly.

 

夢見ることは二人のために;

連れのない翼は

飛ぶことができない

 

137.

Tormented soul,

harmony’s calling –

rustle of autumn.

 

苦しめられた魂、

調和の叫び ―

秋のサラサラした音

 

138.

With my eyes closed

I listen to the leaves, falling

like dry teardrops.

 

両目を閉じて

私は葉の音を聞く、落ちている

乾いた涙の滴のように

 

139.

In front of the world

the virtue of modesty –

a weeping willow.

 

世界の前線で

謙遜の美徳 ―

枝垂れ柳

 

140.

Hibernating wish,

agitated silence –

dormant volcano.

 

活動しないでいる願い、

かき乱された静寂 ―

休火山

 

141.

My identity:

a word at the beginning,

now I’m a spirit.

 

私の個性:

始めの言葉、

今私は聖霊である

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

III.   FEELINGS  (1)

 

111.

Walking on water

towards immortality –

the ripple of faith.

 

水上を歩いている

不滅の方へ ―

信仰のさざ波

 

112.

Purple maple leaves

temptation of fiction

searching for the heart.

 

紫色のモミジの葉

創作の誘い

心を捜しながら

 

113.

The golden years

with the silver crown

through temperance.

 

黄金の年月

銀色の冠と共に

節制を通して

 

114.

Falling without wind,

yellow leaves. I will fall

under the years.

 

風がないのに落ちている

黄色の葉。私は落ちるだろう

年にかなわず

 

 

115.

A grain of coffee

flavour of harmony:

two halves in a seed.

 

一粒のコーヒー

調和の風味:

1つの種に2つの半分

 

116.

Alone in the forest,

faith ignites

the light of the mind.

 

森の中で一人

信仰が火をつける

心の光に

 

117.

Cardinal crosses

the same all over the world,

guiding the spirit.

 

主要な十字架

世界中で同じ

霊を導いている

 

118.

Empty hanger:

deep, in the sorrowful hearts

winter is coming.

 

空のハンガー:

深く、悲しみの心の中に

冬が来る

 

119.

Drops of tenderness,

flakes disguised as rain –

thaw in my soul.

 

優しさの滴、

雨と化した薄片 ―

私の魂の中で解ける

 

120.

Tree in winter,

water of life in its trunk,

the spirit within.

 

冬木、

その幹の中に生命の水、

精神は内部に

 

121.

Bottom of the pond,

leaves from the afterlife –

I await my passing.

 

池の底、

来世の葉 ―

私は自分が他界するのを待つ

 

122.

In the sky and soul,

written with flying snowflakes –

edict of peace.

 

空と魂において、

飛んでいる雪片で書かれた ―

平和の勅令

 

123.

Power of prayer

melting the flakes of drunkenness –

white ghosts.

 

祈りの力

大酒飲みのフレークを溶かしている ―

白い幽霊

 

124.

The cold within –

on the retina of love

dew of tears.

 

内部の寒さ ―

愛の網膜に

涙の露

 

125.

Winter breathes

sentiment of transition –

geyser of the soul.

 

冬が吸い込む

推移の心情を ―

魂の間欠泉

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.  NATURE  (3)

 

97.

Petals on the lake

gently floating autograph

poetic cherry tree.

 

湖面の花びら

優しく自筆を浮かべている

詩的な桜の木

 

98.

Shadow in the night –

everywhere; the dawn

brings it home.

 

夜の影 ―

至る所で;日の出が

それを家に持ってくる

 

99.

Under cherry tree

white eyes, cold viewpoints

scattered by the wind.

 

桜の木の下で

メジロ、寒い立場

風に追い散らされた

 

100.

Leaves like teardrops

from the happiness of trees

accomplished through fruit.

 

木の幸福から

涙のしずくのような葉

果実を通して完遂された

 

101.

Cold lips of leaves

In the frozen mirror of the pond –

a winter kiss.

 

葉の冷たい唇

池の凍った鏡において ―

冬のキス

 

102.

Ice sculptures

ephemeral creations

the test of warmth.

 

氷の彫刻

つかのまの創造物

温暖の検査

 

103.

Burdened branches,

lofty pine tree under snow;

chin up when you cry!

 

重荷を負わされた枝

雪の下の非常に高い松の木;

叫ぶ時はあごを持ち上げなさい

 

104.

Clear winter sky –

slips slowly into pondering

calm, blissful heaven.

 

快晴の冬の空 ―

熟考にゆっくり滑り込む

穏やかな、おめでたい天

 

105.

Summer’s betrayal

leaves lonely denuded trees

without the loved ones.

 

夏の裏切り

葉が木を寂しそうに裸にした

愛されたもの無しに

 

106.

Tear drops of light

through branches of the forest –

draining the sunset.

 

光の涙のしずく

森の枝を通って ―

夕焼けを消耗させながら

 

107.

Duel, turned

into duet. Armistice

in the chirping yard.

 

果し合い、二重奏に変わった。

休戦

小鳥のさえずっている庭において

 

108.

Out of its frontier

the sky in the frozen lake –

defiance.

 

その辺境の外

凍った湖の中の空 ―

挑戦

 

109.

From the river’s skein,

two pine trees still crocheting

the dense forest.

 

川のかせから

2本の松の木がまだかぎ針で編んでいる

密集した森を

 

110.

Shiny drops of light

the rainbow is offering

a fan of colors.

 

輝く光のしずく

虹が提供している

色の扇を

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.  NATURE  (2)

 

82.

Unhappy raindrops

falling from the seventh heaven –

harvest’s sacrifice.

 

不幸せな雨滴

第七天から落ちて来る ―

収穫の犠牲

 

83.

Winter pond,

inner harmony

under a frozen face.

 

冬の池

内部の調和

凍った表の下で

 

84.

Immaculate swans –

at a time of harmony

silence sings.

 

単色の白鳥 ―

調和の一時に

静寂が歌う

 

85.

Sky made of patches,

clouds welded by lightning –

waterproof mantle.

 

当て布でできている空、

稲妻で接着される雲 ―

防水布のマント

 

86.

Tempo of the rain

on a keyboard of petals –

singing cherry trees.

 

雨のテンポ

花びらの鍵盤の上 ―

歌っている桜の木

 

87.

Unassuming tree

grows just so,

even in empires.

 

控え目な木

まさにその通りに育つ、

帝国においてさえ

 

88.

Born at the North Pole,

the snowflake’s chance to live

spans centuries.

 

北極で生まれ、

雪片の生きる機会

幾世紀にわたる

 

89.

The storm is coming.

refugees in the forest,

the mountains resist.

 

嵐が来そう。

森の避難民、

山々が阻止する

 

90.

Peaceful thoughts, strong

the miracle of silence –

all mountains are silent.

 

平和な思い、強い

沈黙の奇跡 ―

全山が静まりかえる

 

91.

Meaning of a bridge

misunderstood by the birds –

nest between the banks.

 

橋の意義

鳥には誤解される ―

河岸の間に巣

 

92.

Liberated leaf,

drifting away –

never at home.

 

解き放された葉、

漂い去って行く ―

決して故郷には戻らない

 

93.

Although we don’t know,

each fallen leaf

bears its own name.

 

分からないけれども、

落葉は一枚ずつ

自分の名前を持っている

 

94.

Deep into winter

frosted glasses

shorten the days.

 

すっかり冬になる

霜で覆われた眼鏡

日を短くする

 

95.

Mixture of colours

ascent towards nowhere –

a flying peacock.

 

色の混合

どこへという向きのない上昇

飛んでいる孔雀

 

96.

The cat of the night,

with lightning claws

is scraping the sky.

 

夜の猫、

電光石火のかぎづめで

空をひっかいている

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.   NATURE  (1)

 

67.

Itinerant snowflake

melted on the tip of tongue

tastes bitter and cold.

 

放浪の雪片

舌の先で溶けた

苦く冷たい味がする

 

68.

Petals in the sky

blown up from cherry trees –

the stars of April.

 

空の花びら

桜の木から吹き上げられた ―

4月の星

 

69.

In the clouds’ bells

the flock of storks’ wings ring

the autumn’s ding-dong.

 

雲の鐘

鸛の翼の一群が響かせる

秋の繰り返し鳴る音を

 

70.

Snowy camellias

concealing the emotion

under the first snow.

 

雪のかかった椿

感情を隠している

初雪の下に

 

71.

Flying leaves and cranes –

a forest’s kimono,

mid-autumn fashion.

 

飛んでいる葉と鶴 ―

一枚の森の着物、

中秋の流行

 

72.

Silently floating

on the sky’s ocean,

romantic moon shell.

 

静かに浮かんでいる

空の大海に、

ロマンチックな月の貝

 

73.

Bow of colours,

on the arch of heaven –

echo of rain.

 

色の弓、

天のアーチに ―

雨の反響

 

74.

Under black clouds

litany of the forest:

the rustle of leaves.

 

黒雲の下

森の連祷:

木の葉のサラサラ鳴る音

 

75.

Endless snow fall

in parallel mirrors –

paired snowflakes.

 

降り止まない降雪

同方向の鏡に ―

対の雪片

 

76.

The first snowflakes

spread over hills

have stolen the autumn.

 

初の雪片

山じゅうに広がる

秋を取ってしまった

 

77.

Sunshine galloping

before my eyes –

train through the forest.

 

日光が大急ぎで駆けている

目前を ―

森を通り抜ける電車

 

78.

Skeletal trees,

in calm hibernation,

seducing the year. 

 

骨組みだけの木々、

穏やかな冬眠の中、

その年を引きつけている

 

 

79.

Smile of sunshine

stealing the identity

of all snowflakes.

 

日光の微笑み

全ての雪片から

個性を盗んでいる

 

80.

Like fire,

white snow passes

from house to house.

 

火事のように、

白雪が通り過ぎる

家から家へ

 

81.

Orphaned leaves,

weeping in the rain –

whimpering denuded trees.

 

孤児になった葉、

雨の中で泣いている ―

めそめそ泣いている裸になった木々

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

I    JAPAN (4)

 

51.

Reaching the floral

perfection: rhododendrons

in a Japanese park.

 

その花の極致に達している:

石楠花

日本の庭園において

 

52.

Preaching Fuji

the newly fallen snow’s

priestly stole.

 

説教している富士山

新雪の僧侶のような法衣

 

53.

Garland of white pearls

guarding Mount Fuji –

cherry trees blossom.

 

白い真珠の輪

富士山を守っている ―

桜の木に花が咲く

 

54.

Fuji is wearing

the heavy bracelet of lakes

dreaming of lava.

 

富士山が身につけている

重い湖の腕輪を ―

溶岩を夢見ながら

 

55.

Purple clouds from Fuji

drawing the rising sun

beach seine.

 

富士山からの紫雲

昇ってくる太陽を引き寄せながら

地引き網

 

56.

Mount Takao

a black butterfly has sucked

the pollen of the night.

 

高尾山

黒い蝶が吸っている

夜の花粉を

 

57.

Human formicary

hurrying towards nowhere –

Shibuya Square.

 

人の蟻塚

急いでどこかへ向かうわけではない ―

渋谷の広場

 

58.

The minimal night

helps the cherry to rest –

Japanese solstice.

 

極小の夜

桜が休むのを手伝う ―

日本の夏至

 

59.

Rhythmic tunes

of nostalgia for Japan

cherry petals dancing like snow storm.

 

日本への郷愁

そのリズミカルなメロデイ

桜の花びらが吹雪のように舞っている

 

60.

Gently

a necktie of cherry blossoms

Roppongi Hills.

 

優しく

桜の花のネクタイ

六本木ヒル

 

61.

In Fukushima

clouds wandering on ridges:

full temerity.

 

福島にて

雲が尾根でさ迷っている:

全く向こう見ず

 

62.

Floral perfection

catching the image of love:

the Japanese rose.

 

花の極致

愛のイメージを描写している:

日本の薔薇

 

63.

Mirrored in the pond

amongst floating petals

tall – Mori Tower.

 

池の面に映されている

浮かんでいる花びらの間に

高く- 森タワ―

 

64.

Mixed rules and spirit,

green tea and ceremonies –

binary summer.

 

混じり合った作法と精神、

緑茶と茶会 ―

2つの夏

 

65.

On the dark night’s sky

sweet petals of cherry tree

flow on Milky Way.

 

暗い夜の空に

桜の甘い花びら

銀河を流れる

 

66.

Wheat’s autumn’s

rectangular dreams

sleep on tatami mat.

 

小麦の秋の長方形の夢

畳の上での睡眠

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

I    JAPAN (3)

 

35.

Cerebral earthquake

defying oblivion –

Hiroshima’s sigh.

 

脳に影響を与える地震

忘れ去ることが出来ない ―

広島のため息

 

36.

The skies vibrate

under the thunderous drum

at the Meiji Shrine.

 

空が震える

雷の来そうな音の下で

明治神宮にて

 

37.

In the summer eyes

live iris petals –

the blue butterflies.

 

夏の目の中に

鮮明なアイリスの花びら ―

青い蝶

 

38.

In your eyes I read

the ‘forget-me-not’ flower.

I fly to Tokyo!

 

あなたの目の中に私は読み取る

勿忘草の花を。

私は飛行機で東京へ飛ぶ

 

39.

The coronation:

circle of chrysanthemum

with sixteen petals.

 

戴冠式:

菊の輪

16本の花びらでもって

 

40.

To the Imperial Palace

the silk-decorated carriage

cherry petals dance 

 

 皇居へ

絹飾りの馬車

桜の花びらが舞う

 

41.

With cherry flowers

the famous Palace welcomes me:

innocent landscape.

 

桜の花で

有名な宮殿が私を歓迎する

天真爛漫な景色

 

42.

Vegetal carvings

with celestial colors:

star-chrysanthemum.

 

植物の彫刻

天の色付き:

星形の菊

 

43.

Time’s chandelier

making it blossom

the cherry tree.

 

時のシャンデリア

咲かせている

桜の木

 

44.

Buds becoming leaves –

habits of the Golden Week

beginning of May.

 

蕾が葉になろうとしている ―

ゴールデンウィークの習性

5月の始め

 

45.

Purified and calmly

stands the torii

God-dance.

 

清められ静かに

鳥居が立っている

神楽

 

46.

Summer in Tokyo

confronting many earthquakes –

the famous Celestial Tree.

 

東京の夏

多くの地震に遭っている ―

有名な神木

 

47.

Between cold and hot

the Japanese equinox

indulges the poppies.

 

寒さと暑さの間に

日本の春分が

ケシの花にふける

 

 

48.

From the bamboo pipe

a dragonfly drinks water

like in kabuki.

 

竹の導管から

蜻蛉が水を飲む

歌舞伎のように

 

49.

Lilliputian trees

catch the essence of nature:

symbolic bonsai.

 

小人国の木

自然の本質をとらえる:

象徴的な盆栽

 

50.

A new sunrise

after a Japanese earthquake –

floral miracle.

 

初日の出

日本の地震の後 ―

花のような奇跡

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

I.   JAPAN  (2)

 

18.

Morning sun,

white mountains and sakura –

Asahikawa.

 

朝の太陽

白い山と桜 ―

旭川

 

19.

Millennial ginkgo tree

paradoxical magnet

for one-day butterflies.

 

樹齢千年の銀杏の樹

逆説的な磁石

生まれて一日の蝶にとって

 

20.

Yellow in the sun,

snowing ginkgo leaves –

Christmas in Tokyo. 

 

太陽を浴びる黄色

雪のかかる銀杏の葉 ―

東京のクリスマス

 

21.

Swallows in a row

New Year at the Palace

tailcoats are bowing.

 

一列の燕

宮殿の新年

燕尾服がお辞儀している

 

22.

Porthole to the stars

New Year’s Eve, moon smiling

at Mount Fuji.

 

星を望む丸窓

大晦日、月が微笑んでいる

富士山に

 

23.

New Year in Tokyo

wooden bell swinging –

rejuvenating gong.

 

東京の新年

木製の鐘が回転する ―

元気回復のために鐘を鳴らす

 

24.

A hole in stone

contemplating the temple –

Japanese lantern.

 

石の穴

お寺を凝視している ―

日本の灯籠

 

25.

A new rising sun

unexpected in my life –

Japanese moment.

 

新しく昇る太陽

私の人生において思いがけなく ―

日本の大切な瞬間

 

26.

Flock of nightmares

flying over the ruins

at Nagasaki.

 

悪夢の群れ

廃墟の上を飛んでいる

長崎で

 

27.

Japanese spirit:

welcome to the business club –

Maneki Neko!

 

日本の精神:

ビジネス・クラブにようこそ ―

招き猫

 

28.

Weeping cherry trees,

long haired geishas bowing

to the April sun. 

 

枝垂れ桜

長い髪の芸者がお辞儀している

4月の太陽に

 

29.

Climbing on Fuji,

rarified pleasures –

purification.

 

富士山に登山、

浄化された喜び ―

清め

 

30.

Over my white head

first sunrise of the year –

Land of Rising Sun.

 

私の白髪の頭上に

初日の出 ―

日の出づる国

 

31.

New Year, ancient sounds

warm, from the fireplace –

voice of shamisen.

 

新年、大昔の音

暖かい、暖炉から ―

三味線の声

 

32.

Downstream from April

looking for blossoms –

flight to Sapporo.

 

4月からの流れに沿って

桜の花を探している ―

札幌へ飛行

 

33.

Ears pricked up

at the seismic warning –

simple ginkgo leaves.

 

ぴんと立てられた耳

地震警報に ―

単純な銀杏の葉

 

34.

Dreaming of white cranes

far, in the Land of Sunrise

I sleep on the engraving.

 

白い鶴を夢見ている

遠くで、日の出の国で

私は彫版の上で眠る

 

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法