Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.  NATURE  (3)

 

97.

Petals on the lake

gently floating autograph

poetic cherry tree.

 

湖面の花びら

優しく自筆を浮かべている

詩的な桜の木

 

98.

Shadow in the night –

everywhere; the dawn

brings it home.

 

夜の影 ―

至る所で;日の出が

それを家に持ってくる

 

99.

Under cherry tree

white eyes, cold viewpoints

scattered by the wind.

 

桜の木の下で

メジロ、寒い立場

風に追い散らされた

 

100.

Leaves like teardrops

from the happiness of trees

accomplished through fruit.

 

木の幸福から

涙のしずくのような葉

果実を通して完遂された

 

101.

Cold lips of leaves

In the frozen mirror of the pond –

a winter kiss.

 

葉の冷たい唇

池の凍った鏡において ―

冬のキス

 

102.

Ice sculptures

ephemeral creations

the test of warmth.

 

氷の彫刻

つかのまの創造物

温暖の検査

 

103.

Burdened branches,

lofty pine tree under snow;

chin up when you cry!

 

重荷を負わされた枝

雪の下の非常に高い松の木;

叫ぶ時はあごを持ち上げなさい

 

104.

Clear winter sky –

slips slowly into pondering

calm, blissful heaven.

 

快晴の冬の空 ―

熟考にゆっくり滑り込む

穏やかな、おめでたい天

 

105.

Summer’s betrayal

leaves lonely denuded trees

without the loved ones.

 

夏の裏切り

葉が木を寂しそうに裸にした

愛されたもの無しに

 

106.

Tear drops of light

through branches of the forest –

draining the sunset.

 

光の涙のしずく

森の枝を通って ―

夕焼けを消耗させながら

 

107.

Duel, turned

into duet. Armistice

in the chirping yard.

 

果し合い、二重奏に変わった。

休戦

小鳥のさえずっている庭において

 

108.

Out of its frontier

the sky in the frozen lake –

defiance.

 

その辺境の外

凍った湖の中の空 ―

挑戦

 

109.

From the river’s skein,

two pine trees still crocheting

the dense forest.

 

川のかせから

2本の松の木がまだかぎ針で編んでいる

密集した森を

 

110.

Shiny drops of light

the rainbow is offering

a fan of colors.

 

輝く光のしずく

虹が提供している

色の扇を

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

 

Advertisements

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集 蛭田秀法

Edited by Hidenori Hiruta

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.  NATURE  (2)

 

82.

Unhappy raindrops

falling from the seventh heaven –

harvest’s sacrifice.

 

不幸せな雨滴

第七天から落ちて来る ―

収穫の犠牲

 

83.

Winter pond,

inner harmony

under a frozen face.

 

冬の池

内部の調和

凍った表の下で

 

84.

Immaculate swans –

at a time of harmony

silence sings.

 

単色の白鳥 ―

調和の一時に

静寂が歌う

 

85.

Sky made of patches,

clouds welded by lightning –

waterproof mantle.

 

当て布でできている空、

稲妻で接着される雲 ―

防水布のマント

 

86.

Tempo of the rain

on a keyboard of petals –

singing cherry trees.

 

雨のテンポ

花びらの鍵盤の上 ―

歌っている桜の木

 

87.

Unassuming tree

grows just so,

even in empires.

 

控え目な木

まさにその通りに育つ、

帝国においてさえ

 

88.

Born at the North Pole,

the snowflake’s chance to live

spans centuries.

 

北極で生まれ、

雪片の生きる機会

幾世紀にわたる

 

89.

The storm is coming.

refugees in the forest,

the mountains resist.

 

嵐が来そう。

森の避難民、

山々が阻止する

 

90.

Peaceful thoughts, strong

the miracle of silence –

all mountains are silent.

 

平和な思い、強い

沈黙の奇跡 ―

全山が静まりかえる

 

91.

Meaning of a bridge

misunderstood by the birds –

nest between the banks.

 

橋の意義

鳥には誤解される ―

河岸の間に巣

 

92.

Liberated leaf,

drifting away –

never at home.

 

解き放された葉、

漂い去って行く ―

決して故郷には戻らない

 

93.

Although we don’t know,

each fallen leaf

bears its own name.

 

分からないけれども、

落葉は一枚ずつ

自分の名前を持っている

 

94.

Deep into winter

frosted glasses

shorten the days.

 

すっかり冬になる

霜で覆われた眼鏡

日を短くする

 

95.

Mixture of colours

ascent towards nowhere –

a flying peacock.

 

色の混合

どこへという向きのない上昇

飛んでいる孔雀

 

96.

The cat of the night,

with lightning claws

is scraping the sky.

 

夜の猫、

電光石火のかぎづめで

空をひっかいている

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.   NATURE  (1)

 

67.

Itinerant snowflake

melted on the tip of tongue

tastes bitter and cold.

 

放浪の雪片

舌の先で溶けた

苦く冷たい味がする

 

68.

Petals in the sky

blown up from cherry trees –

the stars of April.

 

空の花びら

桜の木から吹き上げられた ―

4月の星

 

69.

In the clouds’ bells

the flock of storks’ wings ring

the autumn’s ding-dong.

 

雲の鐘

鸛の翼の一群が響かせる

秋の繰り返し鳴る音を

 

70.

Snowy camellias

concealing the emotion

under the first snow.

 

雪のかかった椿

感情を隠している

初雪の下に

 

71.

Flying leaves and cranes –

a forest’s kimono,

mid-autumn fashion.

 

飛んでいる葉と鶴 ―

一枚の森の着物、

中秋の流行

 

72.

Silently floating

on the sky’s ocean,

romantic moon shell.

 

静かに浮かんでいる

空の大海に、

ロマンチックな月の貝

 

73.

Bow of colours,

on the arch of heaven –

echo of rain.

 

色の弓、

天のアーチに ―

雨の反響

 

74.

Under black clouds

litany of the forest:

the rustle of leaves.

 

黒雲の下

森の連祷:

木の葉のサラサラ鳴る音

 

75.

Endless snow fall

in parallel mirrors –

paired snowflakes.

 

降り止まない降雪

同方向の鏡に ―

対の雪片

 

76.

The first snowflakes

spread over hills

have stolen the autumn.

 

初の雪片

山じゅうに広がる

秋を取ってしまった

 

77.

Sunshine galloping

before my eyes –

train through the forest.

 

日光が大急ぎで駆けている

目前を ―

森を通り抜ける電車

 

78.

Skeletal trees,

in calm hibernation,

seducing the year. 

 

骨組みだけの木々、

穏やかな冬眠の中、

その年を引きつけている

 

 

79.

Smile of sunshine

stealing the identity

of all snowflakes.

 

日光の微笑み

全ての雪片から

個性を盗んでいる

 

80.

Like fire,

white snow passes

from house to house.

 

火事のように、

白雪が通り過ぎる

家から家へ

 

81.

Orphaned leaves,

weeping in the rain –

whimpering denuded trees.

 

孤児になった葉、

雨の中で泣いている ―

めそめそ泣いている裸になった木々

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法