According to Tatiana BARBUCEANU,  Oprica PADEANU, author of several poetry and prose books, situated discreetly, but consistently on the Japanese tristich rigours.

  Like a writer she explored the social-existential theme, like a haijin chose the nature, as base and key for to understand the living in instance.

 

 

 

  Thus, her haiku book “Blackbird’s Song” created her the possibility to be on magazines, anthologies, tops, contests both in country and abroad (Australia, Canada, Croatia, Japan, Poland, U.S.A. Taiwan).

 

Here is a cover of  “Blackbird’s song”.

 

 

 

Here are some haiku from “Blackbird’s song”, which are translated into English by Mr. Vasile Moldovan, with my Japanese translation.

This is the second part of summer haiku in the haiku book.

 

SUMMER SHADOWS    夏陰

 

 

The rain is over –

bindweed setting in a frame

the scarecrow

 

雨が止む -

サンシキヒルガオの花が枠の中で咲く

かかし

 

 

Washing the echo

of whistle trill,

the running water

 

こだまを洗う

口笛の震え声

流れる水

 

 

Flight in the light –

butterflies carrying on their wings

the rainbow

 

光の中の飛翔 -

蝶々が羽で運んでいる

虹を

 

 

Unsteady sky –

in the flight of a butterfly

the panpipes tune

 

変わりやすい空 -

蝶の飛翔に

パンの笛の曲

 

 

After the eclipse…

a butterfly dazzled

by the light

 

食の後...

蝶が目をくらませている

光に

 

 

A flock of butterflies

delaying on the threshold

like in the old days

 

蝶の群れ 

敷居でぐずぐずしている

昔のように

 

 

Stained-glass window –

the angel keeps in its palm

a white butterfly

 

ステンドグラスの窓 -

天使が掌に保持している

白い蝶を一匹

 

 

Cloud bank –

in my mother’s sight

a butterfly walking

 

雲の岸-

母の視界で

蝶が一匹歩いている

 

 

Sitting my photo

with my mother–on the old skirt

a buckle butterfly

 

写真を置く

母と一緒に-古いスカートの上に

バックルの蝶

 

 

Summer twilight

only the butterflies remained

from the mother’s skirt

 

夏の薄明かり -

蝶々だけが残っていた

母のスカートから

 

 

Transient clouds –

only a jasmine remained

from the mother’s fortune

 

 

つかの間の雲 -

ジャスミンだけが残っていた

母の財産から

 

 

Swarm of butterflies –

not one statue

for them

 

蝶の群れ-

一つの像もない

かれらのために

 

 

The next posting ‘For New Year 2012 (15) : Haiku by Oprica Padeanu, Romania (2) on August 4.

 

― Hidenori Hiruta

.

 

 

 

 

 

 

On December 31, 2011, I received an e-mail from Ms. Oprica Padeanu in Romania.

 Hidenori Hiruta San,

 

It is an honor for me and a joy at the same time , a sign of kindly collegiality the fact of saluting with generosity a writing flight to Japanese spiritual space.

If time allows you, for a small lecturing, i will send you my tanka book “Mother’ smile” (will be published on January) and my brand new haiku book “Blackbird’s song”.

 

 

 

Until then, being all at the beginning of New Year coming, i wish you, as a Terra’s citizen – joy , blessing, health, good luck in writing and accomplishments that you are expecting from life and beloved ones.

 

Happy New Year!

Oprica Padeanu

 

Here is a cover of  “Blackbird’s song”.

 

 

 

It is my great pleasure and honor to post some haiku by Oprica Padeanu, which are translated into English by Mr. Vasile Moldovan, with my Japanese translation.

 

 

SUMMER SHADOWS    夏陰

 

 

Field of daisies –

a blackbird enters singing

in my shadow

 

マーガレットの野 ―

ムクドリモドキが囀りながら入る

私の影に

 

 

On the sweep

the halt of a blackbird –

nobody at the water

 

掃き集めたゴミに

ムクドリモドキが一羽止まっている ―

水には誰もいない

 

 

Bunch of jasmine

covering

the rainmaker’s nude

 

ジャスミンの束

覆っている

レインメーカーの裸体を

 

 

Cloudy sky –

among the old walls

the jasmine light

 

曇天 ―

古い壁の間に

ジャスミンの光

 

 

House in ruin –

the jasmine flower

leans its threshold

 

廃屋 ―

ジャスミンの花

敷居に寄りかかる

 

 

Sea rumble –

some fireflies

broken the dark

 

海の低い声 ―

螢が数匹

暗やみをこわしてしまった

 

 

Summer night –

the river carries down the valley

sky and stars

 

夏の夜 ―

川が谷の下流に運ぶ

空と星を

 

 

Dark sky –

forest lit by

the blackbird’s song

 

暗い空 ―

森が明るくなる

ムクドリモドキの歌に

 

 

Old tune panpipes –

over the wild flowers

a flash of lightning

 

古い曲のパンの笛 ―

野の花中に

稲妻の閃光

 

 

Summer rain –

a lady bird sleeping

on a book mark

 

夏の雨 ―

テントウムシが眠っている

栞の上で

 

 

Daybreak through the rain –

the haiku poem about light

remains in shade

 

雨中を通して夜明け ―

光についての句

影の中に残る

 

 

After the storm,

a snail crawling

through the sunny mud

 

嵐の後 ―

カタツムリがはっている

日当たりのよい泥の中を通って

 

 

The next posting ‘Haiku by Oprica Padeanu, Romania (2) on July 28.

 

― Hidenori Hiruta

.

 

 

 

 

 

 

I received an e-mail from Chen-ou Liu,Canada.

Dear Mr. Hidenori Hiruta

I came across your website while looking for the haiku written in different languages.  I was amazed by your efforts in spreading a love for Japanese short form poetry.  I wish you success in all your endeavors.
And I would like to submit the following poems for your consideration for publication on the Akita International HST Network. I shall be pleased if you translate some that appeal you much.
Warm Regards
Chen-ou Liu 
First of all, let me take up a brief bio of Chen-ou Liu:
Chen-ou Liu was born in Taiwan and emigrated to Canada in 2002. He lives in Ajax, a suburb of Toronto, where he has been struggling with a life in transition and translation.

Chen-ou is a contributing writer for Rust+Moth and Haijinx. His poetry has been published and anthologized worldwide. His tanka have been honored with awards, including the Saigyo Awards for Tanka 2009 (honorable mention) and the 2009 San Francisco International Haiku, Senryu, Tanka, and Rengay Competition (tanka third place).

For more information about Chen-ou’s writing career, please read An Interview with Chen-ou Liu by Robert D. Wilson

 (accessed at http://simplyhaiku.wordpress.com/2010/06/18/interview-with-chen/).

 And read more of his poetry at his website,

 Poetry in the Moment (http://chenouliu.blogspot.com/).

All the best,
Chen-ou Liu

  

 

Next I present some of his senryu with my Japanese translation.

 Here are the 2nd set of my senryu (asked by you and sent on Saturday, October 30, 2010)

 

 

I kneel
before the stone cross; a fly
wringing its hands

跪く

石の十字架の前で;ハエが一匹

両手をこすりながら
 

again, he waits
in line to buy Super 7…
new moon

再び、彼は待つ

スーパー7を買うために列に並んで...

新月

 

 

guests long gone…
debating over the price
of the gift

お客さんたちはとっくに去った...

値段を議論しながら

その贈り物の
 

subway station…
all ears are covered
with headphone sets

地下鉄の駅...

耳がみんな覆われている

ヘッドホン装置で
 

her thigh prints
on the waiting room sofa
two watermelons

彼女のももの跡

待合室のソファに

二つの西瓜

 


Buffet King at dusk
enough on your plate
yes, divorced and broke

たそがれのブッフェ・キング

あなたの皿の上は十分

そう、離婚と破局

 


an eagle’s
shadow circles me…
chicken dinner?

影が私の周りを回る...

鶏の夕食?

 


catwalk models…
rows of middle-aged men
sit quietly

キャットウォークの模型...

横に並んだ何列もの中高年の男たち

静かに座っている

 


rewriting poems all day
a voice sounds like my own
yelling, Enough!

終日詩を書き直している

自分の声のような声が聞こえる

「十分!」 と大声をあげている

 


from hymn to hymn
the Sunday sermon takes
the shape of her face

賛美歌から賛美歌へ

日曜のお説教は取る

彼女の顔の形を

 

 
The next posting ‘Haiku by Oprica Padeanu, Romania (1) on July 21.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

On December 20, 2011, Patricia Lidia in Romania, kindly presented a haiku calendar to us.

The haiku calendar was made by Ioana Dinescu and Constanta Erca in Romania.

Here is a photo of the month July.

  

 

rusted rails –

the poppy loses a petal

under the steppe’s sun                           Dan Doman

 

錆びたレール ―

ケシが花びらを失う

大草原の太陽の下で           ダン・ドマン

 

Ioana Dinescuhas contributed her photo haiku to us.

Please enjoy her photo haiku with my Japanese translation. 

You can enjoy them in her blog too. 

http://haikuind.wordpress.com/

 

 

summer’s azure –

the flamenco dancer

accelerates the rhythm

 

夏の空色 ―

フラメンコ ダンサー

リズムを加速する

 

 

 

midsummer night

white flames dancing

under th red moon

 

真夏の夜 ―

白い炎が踊っている

赤いに月の下で

 

 

autumn red

the old lipstick outlines

a faint smile

 

秋の赤 ―

古い口紅が引き立たせる

かすかな微笑み

 

 

 

chopped onion –

waiting for its turn

dill under tears

 

切り刻まれたタマネギ ―

順番を待っている

涙を流すイノンド

 

 

in the old photo

time effaced the bride –

mourning bridegroom

 

古い写真の中で

時が花嫁を人目につかないようにした ―

嘆いている花婿

 

 

 

beach under rain –

dreaming to be an umbrella

a sun hat

 

雨の浜辺 ―

傘になりたいと夢見ている

日よけ帽

 

 

 

sunrise –

the darkness is hiding 

in the inkpot

 

日の出 ―

暗やみが隠れている

インクつぼの中に

 

 

 

icon from long ago –

framed in old gold  

the faceless Father

 

昔からの聖像 ―

古い金で造られている

個性を欠いた父

 

 

 

stump burned by lightning –

sniffing it in vain

a limping dog

 

稲妻で焼かれた切り株 ―

空しくくんくんかいでいる

足を引きずっている犬

  

The next posting ‘Senryu by Chen-ou Liu, Canada(2) ’ appears on July 14.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

平成24年度日露俳句コンテストおよび日露俳句大会概要

 

1 日露俳句コンテスト

 

日  時  5月5日(土)~25日(金)

主  催  秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

共  催  日航財団

後  援  秋田県 国際教養大学 秋田県教育委員会

秋田県芸術文化協会 秋田県国際交流協会 秋田市 

秋田市教育委員会 秋田魁新報社 天為秋田支部

秋田ロシア語友の会 秋田ウラジオ会 国際俳句交流協会 

ウラジオストク日本センター 極東連邦大学 

与謝野晶子記念文学会 共同通信社ウラジオストク支局 

テ ー マ  海(Umi

応募資格  日本国内又はロシア国内に居住する日本国籍又はロシア国籍を有する方。年齢は問いません。

俳句形式  俳句は母語で書く。

表  彰  最優秀賞(露月山人国際賞)を応募作品から一句選出し、9月に予定されている日露俳句大会(秋田大会は9月22日、ウラジオストク大会は9月29日に開催)の場で表彰するとともに、副賞として、ロシアからの応募者の場合は詩の国秋田に招待、日本からの応募者の場合はAPECの開催地ウラジオストクに招待します。

また、日航財団賞、優秀賞(秋田県知事賞・秋田市長賞・秋田市教育委員会教育長賞)を応募作品からそれぞれ一句選出し、俳句文化の学習の奨励のために贈呈します。

各賞の受賞者には、日航財団から副賞として記念品(地球歳時記)が贈呈されます。

 

2 応募状況

 

応募数は日本から一般32句、学生74句、高校生264句、ロシアからは学生14句、一般44句、計428句であった。

日本側は学生や高校生の投句が多く、俳句を通じて日露の明るい未来をを築こうとする若い人たちの意欲が感じられた。

一方、ロシア側はウラジオストクだけでなく、モスクワ、サンクトペテルブルク、サハリンなど、ロシア全土からの応募があった。

俳句がロシア全土に広がり、楽しい文化交流が市民レベルで活発になることが期待される。

 

3 結果の発表

 

9月22日(土)秋田市で、9月29日(土)ウラジオストク市で日露俳句大会が開催されることになりました。

結果、各賞の受賞者の発表は表彰式をかねて当日発表されることになりました。

ただし、「露月山人国際賞」「日航財団賞」などの各受賞者には前もってお知らせいたします。

 さらに、選考委員の方々から、それぞれ「高校生」「学生」「一般」の部門毎に、特選1句、入選10句を選出していただきました。

結果は、9月1日からシリーズで日本語、ロシア語、そして英語で当HPに掲載いたします。

 

4 日露俳句大会

 

趣旨

平成23年9月末、ウラジオストク市で俳句を通じた文化交流を行った。

東方学校で俳句レッスン、極東連邦大学で俳句ワークショップ、ウラジオストク日本センターでは俳句の講演を行った。交流は反響を呼び、俳句熱が一気に高まり、結果として、本年5月に日露俳句コンテストを開催。9月に秋田・ウラジオストクの両市で日露俳句大会を開催することになった。

本年は石井露月生誕140年に当たる年であることから、露月の偉業を記念すると共に、本大会を通じて秋田県とロシア沿海地方の文化交流を促進し、合わせて日本とロシアの友好親善を深めたいと考えている。

俳句大会が秋田、ウラジオストクの両市で開催されることにより、文化交流の基盤が確固としたものになると信じている。

 

(1)秋田大会

日 時  9月22日(土)午後1時30分~午後4時30分

会 場  ジョイナス 大研修室

(秋田市千秋明徳町2-52)

日 程  日露俳句コンテスト結果発表 表彰式 講評

記念講演 詩歌朗詠 ロシア民謡の紹介 吟行 俳句発表会

(2)ウラジオストク大会

日 時  9月29日(土)午後1時30分~午後4時

会 場  ウラジオストク日本センター

(ウラジオストク市オケアンスキー通り37番地 3階)

日 程  日露俳句コンテスト結果発表 表彰式 講評

記念講演 詩歌朗詠 俳句会

 

5 お問い合わせ先

 

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

shhiruta@nifty.com 

照会はメールでのみ受け付けております。

  

― 蛭田秀法

(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク)