Here is a photo of Haiku by World Children Vol. 8 : Impressions of Water.

This haiku book edited by The JAL Foundation日航財団is an anthology of Haiku by children from 25 different countries and regions.

 

 

According to the JAL Foundation, haiku shows the spirit and life styles of children from around the world.

It is the shortest form of poetry in the world.

 

Here are some photos of the haiku and pictures by world children.

You can get the haiku book through amazon.co.jp.

 

 

 

 

Lastly, let me introduce “The JAL Foundation”.

It was the Haiku Contest JAL held through a US radio music program in 1964 which stimulated the popularity of Haiku abroad.

Taking the occasion of its establishment, the JAL Foundation, which was established as one of the JAL Group organizations in 1990, has held the World Children’s  Haiku Contest every other year. It has edited and published ‘Chikyuu Saijiki, Seasons on the globe地球歳時記’ with excellent works from more than 20 countries and regions. At the same time, unique international exchanges, have taken place such as haiku lectures in various locations around the world and a Haiku camp for invited children.      

 

日本航空が1964年にアメリカで音楽番組を通じて行ったハイクコンテストは、海外でのハイク普及の始まりだった。

日本航空グループを核とし1990年に設立された企業財団である日航財団は、創立を機に、世界のこどもたちを対象に2年に一度のサイクルで「世界こどもハイクコンテスト」を開催。20以上の国や地域から集まった優秀作品を編集、「地球歳時記」を出版。同時に、世界各地でのハイクの指導、子どもたちを招いての「ハイクキャンプ」など、ユニークな国際交流を実践中である。

 

The next posting ‘For New Year 2012 (12) : Photo Haiku by Ioana Dinescu, Romania and Haiku by Pravat Kumar Padhy, India ’ appears on Mat 5.

 

― Hidenori Hiruta ( Member of HIA)

 

 

 

 

 

 

Japan-Russia Haiku Contest
(Guidelines for Submission)

April 17, 2012

Akita International Haiku Network

INTRODUCTION

 

 

 

This is a photo of a haiku workshop for the group of Professor Tatiana Breslavets, Japanese literature and Philology Group at Far Eastern Federal University.

 

**********************************************************************

 

From September 25 till October 2, 2011, Hidenori Hiruta, a member of the Haiku International Association (HIA), whose president is Dr. Akito Arima, had an opportunity to introduce and share haiku in Vladivostok, Russia.

During his stay in Vladivostok, Hiruta visited Eastern School, Far Eastern Federal University, and Japan Center there.

His visit there was supported by Akita Prefecture and Akita International University as well as by the Haiku International Association and the JAL Foundation.

On September 26, Hiruta paid a courtesy visit to Japan Center and Far Eastern Federal University, School of Regional and International Studies, Chair of Japanese Philology, Chair of Asia Pacific Region Countries’ Languages.

Hiruta told Director, Sohei Oishi and Head of the Chair, Alexander Shnyrko about the aims of his visit, and asked them for their cooperation, hoping for a further spread of haiku in Vladivostok.

  In his visits to Eastern School, Hiruta told about haiku to kindergarten children and elementary pupils who study Japanese. The children enjoyed reading haiku in chorus in Japanese as well as in Russian. They also enjoyed drawing pictures  about haiku.

In Japan Center in Vladivostok, Hiruta gave a talk on “Haiku and Tea Ceremony” to the members of the tea club “Ichigo Ichie no Kai” formed for the cultural course.

The articles on Hiruta’s activities for cultural exchanges through haiku in Vladivostok have appeared in the following homepages of the Japan club at Japan Center in Vladivostok and the Haiku International Association in Tokyo.

* The Russian version : http://www.jp-club.ru/?p=2341

* The Japanese version :http://www.haiku-hia.com/report/jp1.html

* The English versionhttp://www.haiku-hia.com/about_haiku/world_info_en/russian/

 

**********************************************************************

 

Hiruta gave four-day workshops of 90 minutes on writing haiku, short poems, at the FEFU School of Regional and International Studies. Students learned to write haiku through these workshops.

The article on the workshops at Far Eastern Federal University has appeared in the homepage of Far Eastern Federal Universisty.

http://dvfu.ru/publications/news/2011-10-14-fefu-students-learn-to.htm

It says as follows.

The workshops were conducted by “Haydzin” Hiruta Hidenori — a poet who writes haiku specially arrived to Vladivostok. Students, studying the Japanese language, listened with interest to the explanations of how to write haiku in various languages — Japanese, English and Russian, and then created their own poems.

Mr. Hiruta arrived from Akita Prefecture, which has friendly relations with Primorsky Region. Next year there will be the 20-th Anniversary of sister-relationships between Akita and Vladivostok. Universities in these cities have students and teachers exchange agreements, so Far Eastern Federal University students may participate in the Haiku contest in Russian, as well as in Japanese and English. Winners of the competition have a real opportunity to go to Japan.

 

 

  

 

Such cultural exchanges as this caused a great sensation there in Vladivostok, making them more interested in haiku and inspiring them to write haiku.

This is why the Akita International Haiku Network is pleased to launch the Japan-Russia Haiku Contest, as an opportunity to share haiku related to the theme of “the sea”.  

The organizer hopes that this contest will serve as an opportunity to deepen mutual understanding among people, to promote the interaction of people’s views on Japan and Russia, as well as to convey the enjoyment of writing and reading haiku.

The organizer also hopes that it will serve as an opportunity to strengthen and develop the sister city relationship between Akita and Vladiovostok, as well as to promote and increase comprehensive exchanges such as cultural, economical, medical, agricultural ones between Akita Prefecture and Primorsky Region.  

As mentioned in the homepage of Far Eastern Federal University, Akita Prefecture has friendly relations with Primorsky Region. In March, 2010, Akita Prefecture and Primorsky Region concluded the treaty that there should be more exchanges promoted and increased between them. This treaty reminds Hiruta of those fruitful exchanges the ancient people had by way of the northern sea route from the 8th century till the 10th century. Japan is said to have started trading with Balhae渤海 by ship in those days.

 

**********************************************************************

Organizer: Akita International Haiku Network

Sponsor: JAL Foundation

Supporters: 

Akita Prefecture, Akita International University, Akita Prefectural Board of Education, Akita Prefectural Artistic and Cultural Association, Akita International Association, Akita City, Akita City Board of Education, The Akita Sakigake Shimpo, Akita Branch of Ten’i (Providence) Haiku Group, Akita Khorosho Club, Akita Vladivo Club, Haiku International Association, Japan Center in Vladivostok, Far Eastern Federal University, Yosano Akiko Memorial Literary Association, KYODO NEWS Vladivostoku Bureau

Theme: Umi ( the sea : 海 )

One of the most popular haiku related to the sea was written by Matsuo Basho in 1689 . Basho’s haiku is found in his travel diary Oku no Hosomichi ( The Narrow Road to Oku).

荒海や佐渡によこたふ天河        芭蕉

Araumi ya  sado ni yokotau  amanogawa

 

Turbulent the sea –

Across to Sado stretches

The Milky Way                         Basho

               

Translated by Donald Keene(ドナルド・キーン:鬼怒鳴門)

Regulations:

Original, previously unpublished haiku referring to some aspect of the sea should be submitted according to the entry form.

Japanese haiku poets should write haiku following traditonal styles in the Japanese language, having season words. And they have to add its Russian and English traslations.  Otherwise, they could leave a message in each translation blank : I would like the organizer to translate haiku into Russian or English.

Russian haiku poets should keep in mind that haiku is considered to be the shortest poem in the world, and submit haiku with a length of three lines in the Russian language. Season words are not essential. And they have to add its Japanese and English translations.  Otherwise, they could leave a message in each translation blank : I would like the organizer to translate haiku into Japanese or English.

Limited number of entries: Only one haiku may be submitted per haikuist.

Eligibility:

The contest is open to the public of nationals of Japan or Russia who are currently residing in Japan or Russia.

Submission:

Please download the entry form below and submit it by email to: shhiruta@nifty.com

Entry form:  Japanese entry form   Russian entry form

Submission period:  Saturday May 5, 2012  –  Friday May 25, 2012

Deadline: Friday May 25, 2012

Judges:

Hidenori Hiruta, Secretary-General of Akita International Haiku Network, and also a member of Haiku International Association

Alexander Dolin, Professor at Akita International University

Kunio Teshima, Professor at Akita National College of Technology

Kazuhiro Kudo, Teacher at Akita National College of Technology

Okiaki Ishida, Chief Editor of Haisei (Haiku Stars)

Yoshitomo Igarashi, a dojin of a haiku group : Ten’I (Providence) led by Dr. Akito Arima

Kyoko Uchimura, a dojin of a haiku group : Ten’I (Providence) by Dr. Akito Arima, and also a member of Haiku International Association

Reina Yano, a dojin of two haiku groups : Tamamo led by Ms. Tsubaki Hoshino and Ten’I (Providence) by Dr. Akito Arima

Awards:

A winner will be notified by email and announced on the website of Akita International Haiku Network, on Friday, June 29, 2012.  The winner will be offered a round-trip to Akita City, Akita, which is called “The Land of Poetry” in Akita Prefectural song, in Northern Honshu, Japan from Vladivostok Airport and a stay in a hot spring hotel there if he or she lives in Russia. The winner is supposed to attend Japan-Russia haiku meeting held in Akita City, on Saturday, Sepetember 22, 2012.  And if the winner resides in Japan, a round -trip ticket to Vladivostok City of Russia from Narita Airport and a stay in a hotel there will be offered. The winner is supposed to attend Japan-Russia haiku meeting held in Vladivostok City, the site of APEC Summit 2012 in Russia, on Saturday, September 29, 2012.  Further information will be notified directly from the organizer to the winner.

Grand prize a winner gets is called “Rogetsu Sanjin International Award”.  Rogetsu Sanjin is another pen name of Ishii Rogetsu石井露月, one of the great haiku poets in Japan Akita ever produced. Rogetsu is a pen name, whose real name is Ishii Yuji (1873 – 1928). This haiku contest is held partly because of celebrating the 140th anniverasay of Ishii Rogetsu’s birth.

JAL Foundation Award is presented to two winners by the JAL Foundation. Honorable mentions are also presented to six winners by Akita Prefecture governor, Akita City mayor, superintendent of Akita City board of education.

Each winner is presented with Haiku By World Children edited by the JAL Foundation as an award.

*The contest winner will be notified by email from the organizer and be given further details of the round-trip prize. Please note that the winner may have to cover some of the travelling costs.

 

***********************************************************************

Here is a photo of Rogetsu’s haiku related to the sea.

 

 

 

海の如く野ハ緑也五月晴                 露月山人

Umi no gotoku  no wa midori nari  satsukibare

 

Like the sea

the field is green –

fine May weather                                                            Rogetsu Sanjin

 

Translated by Hidenori Hiruta

 

****************************************************************

Lastly, here are two photos of the sunset, which will surely inspire you to write haiku related to the sea.

The first one was taken from a hotel facing Amur Bay, Vladivostok City.

The second one was taken from Katsuhira Hill facing the mouth of the Omono River, Akita City.

 

 

 

 

 

 

The next posting ‘Haiku by World Children : Impressions of Water’ appears on April 28.

― Hidenori Hiruta ( Member of HIA)

 

 

平成24414日、15日の両日に「日露俳句コンテスト」についての募集要項、趣旨、そして経緯について掲載いたしました。

本稿では、東方学校での俳句レッスンと「ロシア語による要項」について触れます。

ウラジオストク滞在中、東方学校を訪問。幼稚部と小学部で日本語を勉強している子供たちに俳句を紹介することができた。

この訪問は、ウラジオストク日本センターの日本文化同好会「一期一会」の会長ホルキナ・マリーナさんが東方学校で日本語を教えていることから実現した。

  

  

  

写真は東方学校で撮影。筆者とホルキナ・マリーナ先生、そして、ホルキナ・マリーナ先生と通訳のデャコブ・イリヤ君(極東連邦大学日本学部学生)

 

小学部の7~9歳の子供たちが対象の日本語の選択クラスで日航財団が編集した地球歳時記からロシアの子供たちが描いた絵と俳句を日本語とロシア語で数句紹介。生徒たちは日本語とロシア語の両方で俳句のコーラス・リーディングを楽しんだ。

また、秋田県の小学生が描いた俳画のコピーと国際教養大学の留学生が作った俳画ポストカードを生徒たちにプレゼントした。

最後に、生徒たちは日航財団が主催する世界こどもハイクコンテストに応募するために「お祭り」をお題として絵を描いたり、ハイクを書いたり、楽しい時間を過ごした。

 

 

 「日露俳句コンテスト」が毎年開催され、東方学校で日本語を勉強している子供たちが将来コンテストに参加することを期待しているところである。

「日露俳句コンテスト」の要項は、ウラジオストク日本センター職員(文化担当)スマロコワ・オリガさんがロシア語に翻訳。

日本文化同好会のホームページやフェイスブックに掲載し、ロシア中に発信している。

下記のサイトでご参照下さい。

http://www.jp-club.ru/?p=2530

 

***********************************

 

РУССКО-ЯПОНСКИЙ КОНКУРС ХАЙКУ

12 марта, 2012,

 

 Дорогие друзья! Префектура Акита и город Акита – побратим Владивостока – приглашают вас принять участие в российско-японском конкурсе хайку с 5 по 25 мая 2012 г. Тема конкурса: МОРЕ. Заявку с указанием информации об авторе и стихотворением необходимо направить с 5 по 25 мая (до 14:00 по японскому времени) по электронным адресам: shhiruta@nifty.com (г-н Хирута) и в Японский центр vladjcof@vtc.ru (с пометкой «хайку»). В Японском центре также состоится семинар (мастер-класс) А.М. Сулейменовой по сочинению хайку, дата семинара будет объявлена дополнительно.

Итоги конкурса будут объявлены 22 сентября в Акита и 29 сентября в г. Владивостоке. С победителем конкурса Оргкомитет свяжется до 29 июня с.г.

Участниками конкурса могут быть граждане Японии и России, проживающие в стране своего гражданства. Возраст значения не имеет.

Требования к хайку: кандидат должен писать хайку на родном языке, если ваш родной язык русский, три короткие стихотворные строчки на указанную тему «Море» (даже без упоминания сезонных слов) могут участвовать в конкурсе. Необходимо перевести на японский и английский языки Ваше стихотворение (см. заявку).

NB! Сообщение от Японского центра: если вы не владеете ни японским ни английским языками, пришлите, пожалуйста, только русский вариант, мы постараемся перевести по возможности, но за сохранение атмосферы вашего настроения в стихотворении мы ответственности не несем

Организаторами конкурса выступили: Международное сообщество хайку-сэнрю-танка из Акита при поддержке Префектурального управления Акита, Akita International University, Комитета по образованию префектуры Акита, Ассоциации деятелей культуры и искусства (преф. Акита), Ассоциации международных обменов (преф. Акита), Администрации города Акита, Комитета по образованию Администрации города Акита, Газеты «Акита сакигакэ синпо», Филиала общества сочинителей хайку «Тэн-и» в Акита, Общества друзей русского языка (Акита), Международной Ассоциации сочинителей хайку, Финансовой группы JAL, Японского центра во Владивостоке, ДВФУ, Литературного Общества им. Ёсано Акико, Отделения ИА «Киодо цусин» в г. Владивостоке.

Формы заявок:

При заполнении Вы можете так же оставить полезную и интересную информацию о себе в шапке заявки

Поделиться в соц.сетях:

 

***********************************

 

最後に、東方学校の幼稚部で日本語を勉強している子供たちの2クラスで行ったレッスンについて触れます。

5歳児と6歳児のクラスでそれぞれ20分間俳句について話をした。

「はいく」という言葉を教え、日航財団が編集した地球歳時記からロシアの6歳の子供が書いたハイクを紹介。

 

かたつむりさん 学校にちこくした 24時間おくれてる

                                        Besedina Sasha

                                                                      Age 6  Female

                                                                     Russia

 

極東連邦大学の学生、デャコブ・イリヤ君による通訳でクラス中に笑いが広がった。

「じゃんけんぽん」という言葉も教え、勝った場合国際教養大学の留学生が作った俳画ポストカードの中で好きなカードを選べるというゲームを行い、盛り上がった。

 

 

 

 

 「日露俳句コンテスト」を通じて、俳句がロシア中に広がり、ロシアの人たちに愛されていけばと思います。

同時に、相互理解が深まり、友好親善の促進が期待されるところです。

 

The next posting ‘Japan-Russia Haiku Contest : Guidelines for Submission’ appears on April 17.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)

 

 

 

平成242012)年414日、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークは「日露俳句コンテスト」の募集要項を発表。

本日は「趣旨と経緯」について触れます。

 

趣旨:

平成232011)年9月末、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークの企画により、ロシア沿海地方の州都ウラジオストク市で俳句を通じた文化交流が行われました。秋田県、国際教養大学、国際俳句交流協会、日航財団からの支援と、現地でのウラジオストク日本センターと極東連邦大学による全面的な協力のお陰で、画期的な文化交流となりました。

交流は反響を呼び、極東連邦大学で日本語と日本文学を専攻している学生や、ウラジオストク日本センターで日本語と日本文化を学んでいる市民の間に俳句に対する興味関心が起こり、俳句熱が一気に高まりました。

今般、当ネットワークでは、8世紀から10世紀における渤海との交易に思いを馳せながら、「海(Umi)」をテーマに日露俳句コンテストを開催します。秋田県とロシア沿海地方の包括的な交流の促進を図るとともに、日本とロシアの友好親善を深めたいと考えています。

さらに、本年は秋田市雄和に誕生した俳人石井露月の生誕140年に当たることから、露月の偉業を記念し、最優秀賞として「露月山人国際賞」を設け、受賞者を詩の国秋田、若しくはAPECの開催地ウラジオストクに招待することになりました。ロシアでは、俳号露月から「ロシアの月のような俳人」を連想する詩人もおります。

また、日航財団賞が協賛団体である日航財団から贈呈されます。他に、優秀賞として「奨励賞」を設け、俳句文化に関する学びが両国で広がり、相互理解と相互交流を促進するきっかけにしたいと考えています。

本コンテストに俳句を愛する人々が広く参加し、俳句を通じた市民レベルでの日露文化交流が一層活発になることを期待しております。

 

経緯:

 平成232011)年925日、蛭田秀法(国際俳句交流協会会員)が秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク(理事長幸野稔)の文化事業の企画による「ウラジオストクでの俳句交流」を実施するために秋田を出発。102日帰国。奇しくも、歌人与謝野晶子がウラジオストク経由によるシベリア鉄道でパリに向かった旅の百年後の出来事であった。画期的な文化交流となり、本年5月に「日露俳句コンテスト」を開催することになった。

 

 ウラジオストクでは、東方学校、極東連邦大学、そして日本センターで俳句のレッスン、ワークショップ、講演を実施。

本稿では、ウラジオストク日本センターでの文化活動について特筆します。

 9月26日ウラジオストク日本センターを表敬訪問。

所長の大石莊平氏からロシアにおける日本研究の発展と日露間の相互理解の形成のために大きな役割を果たしてきた極東連邦大学東洋学大学についてお話を伺った。

 明治32(1899)年、ロシア皇帝ニコライ二世の指示により東洋学院が創立。

東洋学及び東洋を研究する人材を育成する中心的教育機関としての地位を確立した。

大正9(1920)年、東洋学院は極東国立総合大学東洋学大学として改編され、教職員、卒業生は、ロシアの日本、韓国、中国などの極東諸国との経済ならびに文化面における協力の更なる発展や友好関係の強化に、著しく貢献してきた。

平成7(1995)年、極東国立総合大学を基盤として、ウラジオストク日本センターが開設され、日露関係の発展のために重要な役割を果たしている。

 平成23(2011)年、ロシア沿海地方には「極東国立総合大学」を核に他3校を統合してロシア連邦直轄の「極東連邦大学」が発足した。

ロシア政府は「極東連邦大学」をロシア極東における学術研究、環太平洋地域学術・文化交流・産学交流の中心として育成しようとしており、又、ロシア科学アカデミーも「極東連邦大学」には深く関わって行くとのことである。

本年9月APECサミットがルースキー島で開催された後、「極東連邦大学」はAPECサミットの会場地に移転することになっている。

 極東連邦大学東洋学大学で俳句についてのワークショップを行ったが、大学の前庭に仏像や歌人与謝野晶子の詩碑が建立されてあった。

平成19(2007)年には与謝野晶子記念文学会が結成された。会長の極東連邦大学准教授スレイメノヴァ・アイーダ氏にご案内いただき、詩碑の前で記念写真をとりました。

 

 

  

 

 ウラジオストクにおける文化交流について簡単に触れます。

ウラジオストク日本センターでは、日本語講座が開かれ、日本文化同好会「一期一会」では、お茶会などを開催し、多くの市民が参加している。

101日、ウラジオストク日本センターの日本文化同好会で開催しているお茶会「一期一会」の会員を対象に「俳句と茶道」について講演。

講演の前にお茶会の作法に従ってお茶を点てていただいた。

 

 

 

お礼にお気に入りの日本民謡「黒田節」と「生保内節」の2曲を紹介。

次に、「生保内節」の中で使われている言葉「宝風」を取り込んだ句を紹介。

 

宝風立つ高原や蕎麦の花   秀法

 

この講演の模様はウラジオストク日本センターの日本文化同好会のホームページでロシア語で紹介されている。次のサイトをご参照下さい。

http://www.jp-club.ru/?p=2341

さらに、国際俳句交流協会のホームページでも「ウラジオストクでの俳句紹介」というタイトルで紹介されている。

「日本語版」:http://www.haiku-hia.com/report_jp.html

「英語版」:http://www.haiku-hia.com/hyoron_en_ru.html

 

「俳句と茶道」についての講演では、芭蕉の俳句を引用しながら、俳句も茶道も禅の影響を受けていることを説明。俳句は「永遠の今」を、茶道は「本来の今」を求めるのではないかと結論付けた。講演は反響を呼び、次回の日本語講座では「季語」が取り上げられることになった。

講演に参加した方々の記念写真。

 

 

 

 

 このような俳句コンテストが永続され、与謝野晶子が旅したウラジオストクを起点として俳句文化に関する学びが両国で広がり、相互理解と相互交流を促進するきっかけになればと考えています。

本コンテストに俳句を愛する人々が広く参加し、俳句を通じた市民レベルでの日露文化交流が一層活発になることを期待しております。

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(3):ロシア語要項など’ appears on April 16.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)

 

日露俳句コンテスト

~露月山人国際賞受賞者を詩の国秋田、若しくは

APECの開催地ウラジオストクにご招待~

 

テーマ海(Umi

応募資格:日本国内又はロシア国内に居住する日本国籍又はロシア国籍を有する方。

年齢は問いません。

俳句の形式:俳句は母語で書く。

母語が日本語の場合、「海」をテーマにした有季定型による俳句。

同時に、ロシア語と英語の翻訳を加える。

ただし、ロシア語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

母語がロシア語の場合、「海」をテーマにした短い3行詩であれば形式は自由(季語を含む必要なし)。

同時に、日本語と英語の翻訳を加える。

ただし、日本語と英語の翻訳を主催者に一任する場合は、応募用紙の翻訳欄に「主催者に一任」とご記入下さい。

応募方法:以下の応募用紙をダウンロードして記入の上、電子メールにて

shhiruta@nifty.comまで送付願います。

応募用紙:日本語応募用紙 ロシア語応募用紙

応募期間:平成24年5月5日(土)~5月25日(金)

審査委員

蛭田秀法(秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局長、

       国際俳句交流協会会員)

アレクサンダー・ドーリン(国際教養大学教授)

手島邦夫(秋田工業高等専門学校教授)

工藤一紘(秋田工業高等専門学校講師)

石田冲秋(「俳星」主幹)

五十嵐義知(「天為」同人)

内村恭子(「天為」同人、国際俳句交流協会会員)

矢野玲奈(「玉藻」、「天為」同人)

最優秀賞(露月山人国際賞)を応募作品から一句選出し、9月に予定されている日露俳句大会(秋田大会は9月22日、ウラジオストク大会は9月29日に開催)の場で表彰するとともに、副賞として、ロシアからの応募者の場合は詩の国秋田に招待、日本からの応募者の場合はAPECの開催地ウラジオストクに招待します。

また、日航財団賞優秀賞(秋田県知事賞・秋田市長賞・秋田市教育委員会教育長賞)を応募作品からそれぞれ二句選出し、俳句文化の学習の奨励のために贈呈します。各賞の受賞者には、日航財団から副賞として記念品(地球歳時記)が贈呈されます。

発表:当ホームページで入賞作品を発表いたします。(平成24年6月下旬予定)

*最優秀賞の受賞連絡及び副賞の詳細については、主催者から受賞者に対し6月29日(金)までに直接連絡があります。なお、国内交通費や滞在費などは受賞者に負担していただく場合もあります。

*優秀賞の受賞者に対しても6月29日(金)までに直接連絡があります。

 

主催:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク

協賛:日航財団

後援:秋田県 国際教養大学 秋田県教育委員会 秋田県芸術文化協会 

秋田県国際交流協会 秋田市 秋田市教育委員会 秋田魁新報社

天為秋田支部 秋田ロシア語友の会 秋田ウラジオ会 国際俳句交流協会 

ウラジオストク日本センター 極東連邦大学 与謝野晶子記念文学会

共同通信社ウラジオストク支局 

お問い合わせ先:秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク事務局

shhiruta@nifty.com 照会はメールでのみ受け付けております。

 

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(2):趣旨と経緯’ appears on April 15.

 

― 蛭田 秀法(国際俳句交流協会会員)

 

 

 

On December 20, 2011, Patricia Lidia in Romania, kindly presented a haiku calendar to us.

The haiku calendar was made by Ioana Dinescu and Constanta Erca in Romania.

Here is a photo of the month April

 

 

 

after the storm –

the sky and the magnolia

in the same puddle                              Livia Ciupav

 

嵐の後 ―

空とモクレン

同じ水たまりの中に            リビア・シウパブ

 

 

Ioana Dinescu has contributed her photo haiku to us.

Please enjoy her photo haiku with my Japanese translation. 

You can enjoy them in her blog too. 

 

 

 

calligraphy –

picking a kanji

a spot of ink

 

書道 ―

漢字を一字取り上げる

墨を一滴

 

 

 

spring in the open sea –

a catfish is swimming

towards the sun

 

外洋の春 ―

ナマズが一匹泳いでいる

太陽の方へ

 

 

 

spring again –

the fence spangles its curls

with yellow flowers

 

春再び ―

フェンスのカールが光っている

黄色い花で

 

 

 

Fukushima

one year after –

snowdrops, but red

 

福島

一年後 ―

スノードロップ、だけど赤い

 

 

 

long lasting winter –

searching in the grey dawn

the blue

 

長く続く冬 ―

灰色の夜明けに捜す

 

 

 

palm reading –

a raven feather falls

on the lifeline

 

手相見 ―

オオガラスの羽根が落ちる

生命線に

 

 

 

sleeping geisha –

in her yellow comb

freesia fragrance

 

眠っている芸者 ―

黄色い櫛に

フリージアの芳香

 

 

 

watercolor painting –

the rain steals the patterns

of the butterfly wings

 

水彩画 ―

雨が模様を盗み取る

蝶の羽根の模様を

 

 

 

flying birds –

each moment other

Kusho paintings

 

飛ぶ鳥 ―

瞬間がことごとく他の

句書の絵になる

 

 

 

sunset –

the whole city gazing

at the same desktop

 

夕焼け ―

町中が凝視している

同じデスクトップを

 

 

 

old jewelry –

a cameo and the moon

see eye to eye

 

古い宝石 ―

カメオと月

意見が全く同じ

 

 

 

spring tale –

on buried treasures

purple flames

 

春の物語 ―

埋蔵された宝物の上に

紫色の炎のような輝き

 

 

 

with tattered clothes

from the thisles’ spikes –

the wind’s child

 

ボロボロに裂けた衣服

アザミの穂で ―

風の子

 

 

 

broken jar –

a hand reunites

Castor and Pollux

 

壊れたかめ ―

手が再び結合させる

カストルとポルクスを

 

 

 

cherry blossoms –

just moving my fan

not to make them fall

 

桜の花 ―

ちょっと団扇を動かすだけ

花を散らさないように

 

 

The next posting ‘日露俳句コンテスト(1):応募の手引き’ appears on April 14.

 

― Hidenori Hiruta