Kujtim Agalliu,

President of the Albanian Haiku Club

 

Here is a haiku booklet presented to Hidenori Hiruta.

 

 

AGALLIU, Kujtim (July 15, 1949). He was born in Berat, where he also headed for seven years of education. He ended the Middle School in born city Berat. Then he went to work at the Stalin’s Mechanical Oil Plant in Kuçova. He also started his high degree studies at the Faculty of Mechanical Engineering at Berat’s branch, but because of the political situation of the family, the so-called “class war”, after a while detained him away from Faculty. So there began the odyssey of sufferings for the young man. So hi drifted from one work to another: in Wares Park (Berat) (1973-76) as worker, in the Agricultural Farm until 1978, at the Battery Plant in Uznovë (1979-90). Finally, at the Nickel-Cobalt Plant of the Metallurgical Combine – Elbasan (1990-93). Several years he was emigrant in Turkey. He lives in Elbasan. His hobby was literature and this dream was followed by footsteps all his life.

In addition to literary activity in periodicals such as “Yllka”, “Fatosi”, “Hosteni”, etc., with the beginning of democracy regime, he published the first novel: “Foggy Life”.

 

His work is:

 

1. Foggy Life – novel – 2001

2. Gusty Runlets – Haiku – 2006

3. Love Behind the Curtain – novel – 2009

4. Lejla with Turban — short stories — 2013

5. Tales and Legends ————- 2015

6. Snippets of the Soul – poems – 2017

7. The Autumn Moon – Haiku – 2017

 

Here are photos of  “THE AUTUMN MOON.”

 

 

 

For children:

 

Red Feathers Bird – fairytale – 2009

 

Translations:

 

English to Albanian:

 

1. Velebit – haiku – Tomislav Marjan Bilisniç – 2006

2. Cat and his Companions – African fairy tale – 2007

3. Tom Sojer’s Adventures – the novel for children – 2007

4. Three Princesses – Tales – 2009

5. My Naughty Little Sister – Stories for children – 2009

 

Albanian to English:

 

1. Coral – Milianov Kallupi – Haiku – 2007

2. The road for tomorrow – Lida Lazaj – Haiku – 2007

3. A Word and a Moon – Elisabeta Tafa – Haiku – 2007

4. Hanging – Gjon Neçaj – Haiku – 2007

5. The Fragile Horizon – Ferit Fixha – Haiku – 2009

6. The Heart breeze – Halil Haxhosaj – Haiku – 2009

7. … Raining Beyond – Milianov Kallupi – Haiku – 2009

8. Telegrams of Leave – Muharrem Gatim – Haiku – 2007, and many others.

There is a publication process and another book with haiku …..

 

アルバニア俳句会会長

クジチム・アガリウ

 

略歴

 

クジチム・アガリウ(昭和24年6月15日誕生)ベラートに生まれ、そこで7年間の教育を目指し,勉強した。そこで中等学校を終え、それからクツヴァのスターリンの機械・オイル・プラントに働きに出た。さらに、ベラートの分校で機械工学の学部で高等の学位取得のための学問を始めたが、家族の政治上の状況のために、いわゆる「階級闘争」によりしばらく後で、学部から引き離された。

そこから、若者にとっての苦しみの長期の放浪冒険旅行が始まった。

彼は仕事から仕事へと流浪した。昭和48―51(1973-76)年はベラートのウエアズ公園で、昭和53(1978)年までは農園で、昭和54―平成2(1979―1990)年はウヅノヴェのバッテリ施設で働きながら動いて歩いた。最後には、平成2―5(1990―1993)年にエルバサンの冶金コンバインのニッケル-コバルト工場で働いた。

数年間、彼はトルコに出稼ぎのため移住した。現在エルバサンに住み、趣味は文学であった。この夢を追って生涯に渡り、歩みを続けている。

『イエルカ』、『ファトシ』、『ホステニ』などの定期刊行物に加えて、民主主義体制とともに、最初の小説『霧の人生』を出版した。

 

作品

 

霧の人生 – 小説 – 平成13(2001)年
流れの激しい小川 – 句集 – 平成18(2006)年
カーテンの後ろの愛 – 小説 – 平成21 (2009)年
ターバンを巻いたレジェラ – 短編小説 – 平成25(2013)年
物語と伝説 - 平成27年
心の断片 – 詩集 – 平成29(2017)年
秋の月 – 句集 – 平成29(2017)年

 

子供達のために

 

赤い羽根の鳥 – おとぎ話 – 平成21(2009)年

 

翻訳

 

英語からアルバニア語

1. ベレビト山地 – 俳句 – 平成18(2006)年

2.猫と仲間達 – アフリカのおとぎ話 – 平成19(2007)年

3.トム ソーヤーの冒険 – 子供向けの小説 – 平成19(2007)年
4.三人の王女達 – 物語 - 平成21(2009)年

5.私のいたずらな可愛い妹 – 子供向けの物語 - 平成21(2009)年

 

アルバニア語から英語へ

 

1.珊瑚 – 句集 - 平成19(2007)年
2.明日への道 – 句集 - 平成19(2007)年
3.単語と月 – 句集 - 平成19(2007)年
4.つるすこと – 句集 - 平成19(2007)年
5.もろい水平線 – 句集 - 平成21(2009)年
6.心のそよ風 – 句集 - 平成21(2009)年
7.向こうで雨が降っている – 句集 - 平成21(2009)年
8.葉の電報 – 句集 - 平成19(2007)年

 

さらに、もっとたくさんの他の翻訳もありあます。

出版過程の資料や他の句集もあります。

 

 
Edited and interpreted by Hidenori Hiruta(Member of HIA)

編集・翻訳 蛭田秀法(国際俳句交流協会会員)

 

Advertisements

 

On June 28, 2017, Mr. Kujtim Agalliu, kindly sent to Hidenori Hiruta an e-mail whose subject is “Hi”, saying as follows.

 

 Honorable poets and leaders of Haiku International Association (HIA), we once received a magazine from Haiku International Association, and it was a good job, but after the death of our friend, the President of the Albanian Haiku Club, Mr. Milinov Kallupi, this correspondence was interrupted. I have taken this task and am trying to reorganize the Albanian Haiku Club, but I am at the beginning and have no experience.

 Here on the Web I found this email address and I’m addressing you to send me some details about this issue. Soon we will send you two Haiku books in two languages, English and Albanian written by our poets.

 Maybe you can help me by giving me an address where exactly we can send  our books.

 I’m waiting for your answer,

 Good job!

 Kujtim Agalliu,

 President of the Albanian Haiku Club

 

Here is a portrait of Mr. Kujtim Agalliu.

 

 

Mr. Agalliu kindly sent two Haiku books with their bios and a short introduction of the haiku in Albania.

 

Here is Haiku by Kujtim Agalliu.

 

On haiku’s wings,

flying around the wide-world

without a passport.

 

                                         

Here is a short introduction for the beginning and evolution of the Haiku in Albania

 

At the 1984s for the first time in the Albania territory, the publishing house of Kosovo published an Anthology of the Japanese Haiku, which were represented from a lot of authors. It was prepared and interpreted with notes from the painter and Academician Shyqyri Nimani, who for some months studied in Japan for the pattern art.

 

              At Albania in the year 1990, the publishing house “Naim Frasheri” published, an Anthology a little enlargement of the Japanese Haiku, where an honored place found the Japanese poets of Haiku. It was translated with a grand mastery by the well-known translator Petraq Kolevica.

 

              At the year 1996, the publishing house “Onufri” published the first book with title “Hiroshima Out From Me”, with the original Haiku of the poet Betim Muço a well-known professor, who for some time studied at Japan.

 

              After three years later at 1999s the poet and well-known scholar Moikom Zeqo, published his first book with Haiku with title “The After Death Terza Rima of Japonese Dante”.

              At the year 2000, the poet Milianov Kallupi published his first book with Haiku titled “The Rain Chrysanthemums”. Since that time and now this poet has published 12 books with Haiku. Three from them are published in English, Greek and Macedon language.

 

              Little by little the interest for haiku poems began to grow and in the year 2001 came the time for the Albanian Club-Haiku to be founded with its center in Elbasan, because in that city the poets created an encouraging climate.

 

              So in the year 2002 four poets together: Milianov Kallupi, Nexhip Ejupi, Rakip Zhguni and Flamur Luta, published the first Anthology titled “Aurora”

 

              Area that involved The Albanian Haiku is broad. Its group has well-known poets as Petraq Kolevica, Betim Muco, Moikom Zeqo, Milianov Kallupi, Nexhip Ejupi, Petraq Risto, Anton Papleka, Dashamir Cacaj, Ahmet Mehmeti, Konstandin Dhamo, Nasho Jorgaqi, Qazim Shemaj, Ferit Rama, Shuaip Garuci, Mihal Disho, Iliriana Sulkuqi, Agim Vinca, Kujtim Agalliu ect.

 

The Haiku publication don’t enclose only with editions in the different literary periodicals as “Drita”, “Fjala”, “Fakti”, “Temp” and “ARS”, but also with organization of the different discussions, inaugurations and disseminations.

 

              Albanian Club-Haiku made the member of the International Association of Haiku some months ago. It has contact with many Associations in the wide world: Macedon, Germany, Greece, America and so on….   

At current time Albanian haiku has done a good progress, but anyhow it still is a fragile poetry. This is because our poets even have not due knowledge about it. We hope that in the future we will have a good support from fatherland of Haiku, Japan.   

 

Sincerely

Kujtim Agalliu,

President of Albanian Haiku Club

 

概略

 

平成29(2017)年6月28日アルバニアの俳句会会長クジチム・アガリウ氏からメ-ルがあった。

国際俳句交流協会(HIA)の関係者の一人としてネット上でアドレスを発見し、メールを送られたとのこと。

HIAの機関誌が以前アルバニア俳句会に送られたが、前会長カルピ・ミリノヴ氏が他界され、HIAとの交流が途絶えてしまった。

現在、アガリウ氏が会長となり、アルバニア俳句会の再組織をはかっているが、始めたばかりで経験もないので、これから交流を深めながら活動を進めたいとのことであった。

先ず以て、英語とアルバニア語で書かれた句集を二冊お送りしたいとのことであった。

 

アガリウ氏の俳句

 

俳句の翼に乗って、

広い世界を飛んでいる

パスポートを持たないで

 

アルバニアの俳句の始まりと発展の短い紹介

 

昭和59(1984)年にアルバニアで初めてコソボの出版社が日本の代表的な多くの作家の俳句選集を出版した。パターンアートの学習のために日本で数ヶ月研究した画家であり、アカデミック会員のシュキュリ・ニマニ氏による注釈で準備され、解説されたものであった。

 

平成2(1990)年アルバニアでは、ナイム・フラシェリ出版社が日本の俳句の少し範囲を広げた俳句選集を出版、日本の俳人が敬意を表されている。翻訳者として名高いペトラク・コレヴィサ氏によってきわめて熟達した技能の下に翻訳された。

 

平成8(1996)年オヌフリ出版社が『私から遠く離れた広島』という書名の最初の本を出版。しばらく日本で研究した名高い教授である、詩人ベチム・ムチョ氏の独自の俳句が含まれている。

 

平成11(1999)年、その3年後に詩人であり、著名な学者モイコム・ゼコ氏が『テルツァ・リーマ(三韻句法)の日本的なダンテの死後』という書名の最初の句集を出版した。

 

平成12(2000)年、詩人ミリアノヴ・カルピイ氏は『雨の菊』という書名の最初の句集を出版した。その時から今までに12冊の句集を出版、3冊は英語、ギリシャ語、そしてマケドニア語で出版されている。

 

少しずつ俳句詩への興味が高まり始め、平成13(2001)年、アルバニア俳句会がエルバサンの中心地に設立される時がやって来た。その地は詩人達がお互いに鼓舞し合えるような風土であったからである。

 

このような状況の下、平成14(2002)年にミラノヴ・カルピィ、ネキシヒップ・エジュピー、ラキップ・ジュグニィ、そしてフラムル・ルータの4氏の詩人の共著として『オーロラ』という最初の俳句選集を出版した。

 

アルバニアの俳句が占める地域は広く、その句会には、ペトラキ・コレヴィサ氏など18名以上の著名な詩人が所属している。

 

俳句の出版物は『ドリタ』、『フジャラ』、『ファクテ』、そして『アーズ』のような様々な文芸定期刊行物だけでなく、組織的な、いろいろな議論、新しい立ち上げや普及も含んでいる。

 

アルバニアの俳句会は数ヶ月前に国際俳句交流協会のメンバーになり、マケドニア、ドイツ、ギリシャ、アメリカなど、広い世界の多くの協会と交流をしている。

現在、アルバニアの俳句は大変進歩して来たが、まだ、未熟な詩である。これは我が国の詩人が十分な知識を持っていないことが原因である。

私たちは将来において俳句の祖国である日本から十分な支援を得ることを期待している。

 

敬具

クジチム・アガリウ

アルバニア俳句会会長

 

Edited and interpreted by Hidenori Hiruta(Member of HIA)

編集・翻訳 蛭田秀法(国際俳句交流協会会員)

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

V.  HOME (家庭)

 

169.

A sky collection,

sudden family album:

the sun and the moon.

 

空のコレクション、

突然の家族のアルバム:

太陽と月

 

170.

Families nested within

ancestral luggage,

towards a new station.

 

家族がぴったり収まった

祖先のかばんの中に、

新しい駅の方へ

 

171.

Christmas at home,

rusty sleigh in the cellar,

different carols.

 

家でのクリスマス、

地下室のさびたそり、

異なる聖歌

 

172.

Peace descends,

bright from the sky, at Christmas,

immaculate beam.

 

平和が下りてくる、

空から輝いて、クリスマスに、

純白の光線

 

173.

Story of a bell

disguised in Santa Claus –

gift of music.

 

鈴の物語

サンタクロースに変装された ―

音楽の贈り物

 

174.

Winter’s debut;

parents knocked on my window –

evanescent dream.

 

冬のデビュー;

両親が私の窓をノックした ―

儚い夢

 

175.

Angels descending

in the cold of Christmas

warming lonely hearts.

 

天使達が降りてくる

クリスマスの寒さの中に

孤独な心を暖めながら

 

176.

The magical blue,

migratory Christmas Carols,

my serene spirit.

 

神秘的な青、

移住性のクリスマスキャロル、

私の穏やかな精神

 

177.

Tender maple palm –

I feel my Mother’s caress,

calm in the air.

 

優しいカエデの手のひら ―

母の愛撫を感じる、

空気の中で穏やに

 

178.

Olive tree branches –

retired in immortality

our sweet parents.

 

オリ-ブの木の枝 ―

不滅の中に退いた

私たちの優しい両親

 

179.

Towards my North Pole,

solstice candles rehearsing

the Christmas Carols.

 

私の北極点の方へ、

冬至の蝋燭が復唱している

クリスマスキャロルを

 

180.

Secret jingle bells

under my own Christmas tree:

nostalgia bag.

 

秘密のジングルベル

私自身のクリスマスツリーの下に

郷愁のバッグ

 

181.

My Mother’s tresses

rooted in the future

defying frost.

 

母のふさふさした髪

未来に根を下ろしていた

霜に挑戦しながら

 

182.

Low, weeping willows

obtaining through prayer

wellbeing.

 

低い枝垂れ柳

祈りを通して得ている

幸福を

 

183.

Shadow of shadow,

sanctuary of silence –

profound prayer.

 

影の影、

沈黙の聖域 ―

深い祈り

 

184.

From behind the lights,

vibrating stained-glass –

sacred heart beats.

 

光りの背後から、

揺れているステンドグラス ―

神聖な心が鼓動する

 

185.

Virtual Christmas

at home only in itself –

carols of the mind.

 

事実上のクリスマス

ただそれ自体家庭で ―

心の聖歌

 

 

This is the last part of a haiku booklet “Ambassadorial Haiku” by Radu Șerban.

On May 8, 2017, Vasile Moldovan in Romania, a haiku friend of Hidenori Hiruta’s, kindly and passionately presented this haiku booklet for 6th Japan–Russia Haiku Contest.

Hidenori Hiruta decided to translate haiku into Japanese as correctly and faithfully as possible, but really ended in literal translations.

He also decided to post and share haiku with the readers on the website of Akita International Haiku Network.

 

Last of all, here is a copy of a book cover presented from Vasile Moldovan with his thank-you letter.

 

 

 

 

This is the first Romanian Anthology of love haiku realized by Valentin Nicolitov, the chairman of the Romanian Society of Haiku. Its release was just on Valentine’s Day on February 14, 2018.

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

IV . TIME  (時間)

 

142.

Out of time’s threads

tenderness of old age

weaving harmonies.

 

時間のスレッドから

老齢の優しさ

ハーモニーを編んでいる

 

143.

Silky treads of rain

spun from two clouds –

distaff of time.

 

二つの雲から紡いで取られた

雨の絹のような足音 ―

時間の糸巻棒

 

144.

A few steps remain

I’d like to relay the crutch,

unused.

 

数歩が残っている

松葉杖を中継したい、

未使用のまま

 

145.

Burned candles

remain in memory:

famous wax figures.

 

燃えた蝋燭

思い出の中に残っている:

有名な蝋人形

 

146.

Once a year

the heart is counting my age –

New Year’s wind chime.

 

年に一度

心が年齢を数えている ―

新年の風鐸

 

147.

Utter condescension:

feeling the passing year,

the snow stopped falling.

 

全くの謙遜:

行く年を感じながら、

雪が降り止んだ

 

148.

Late December,

extracting from darkness

the coming day.

 

12月下旬、

暗闇から抜き出している

来たるべき日を

 

149.

Thoughts babbling

on solstice night –

the year ends.

 

思いが次々によぎる

冬至の夜に ―

年が終わる

 

150.

My native turf

thousand blades of memories

crushed under feet.

 

出生地の芝土

思い出の千枚の葉

足下につぶれた

 

151.

New Year’s feast,

savouring hopes –

tasting the future.

 

新年のご馳走、

希望をかみしめながら ―

未来を味わっている

 

152.

Eye of a pond,

reflecting the past year –

two eyes of leaves.

 

池の目、

行く年を映している ―

葉の二つの目

 

153.

Rings on a tree trunk

years cannot be stolen –

treasure of age.

 

樹幹の輪

年月は盗まれない ―

年齢の宝

 

154.

Thousands of years

olive trees don’t grow in pairs;

alone towards peace.

 

数千年

オリーブの木は対には育たない;

平和に向かってひとりで

 

155.

In the autumn of life

the books’ golden leaves fall

as inheritance.

 

人生の秋に

本の金色の葉が落ちる

遺産として

 

156.

Snowing petals

from the anonymous cherry tree –

unread memories.

 

名のわからない桜の木から

雪のように降っている花びら ―

未読の思い出

 

157.

Ripe bunch of grapes,

torn ambitions –

unpicked fruit.

 

熟れた葡萄の房

引きちぎれた大望 ―

摘まれていない果物

 

 

158.

The book of silence,

parallel words aim

towards infinity.

 

沈黙の本、

似たような言葉が目指して進む

無限の方へ

 

159.

Dense passwords

time to take a breath –

three times autumn.

 

難解なパスワード

一息つく時 ―

秋に三度

 

160.

Confronting the frost,

the winter camellia –

perennial feeling.

 

霜に立ち向かっている、

冬の椿 ―

多年生の感情

 

161.

Like a frozen bridge

towards eternity,

death is beautiful.

 

凍てついた橋のように

永遠に向かって、

死は美しい

 

162.

Album of dead leaves

pressed under heavy snow –

a year’s memories.

 

枯れ葉のアルバム

重い雪の下に押しつけられた ―

一年の思い出

 

163.

The four-leaf clover

lost among the blades of grass –

the fourth age.

 

四つ葉のクローバー

草の葉の中に消え去った ―

第四の時代

 

164.

Tenacious patience –

a chance of togetherness

for the stalagmite.

 

不屈の忍耐力 ―

連帯感の機会

石筍のために

 

165.

Lazy solstice

early to bed –

happiness and joy.

 

無精な冬至

早く床に就く ―

幸せと喜び

 

166.

From a fertile mind

at the age of sagacity

many autumn tomes.

 

たしかな判断力の年齢の時に

創造力に富む知性から

たくさんの秋の本

 

167.

Colour of age

defying the frost –

November rose.

 

霜に挑戦する

年齢の色 ―

11月のバラ

 

168.

The next train’s platform,

bashful red leaves,

waiting for the wind.

 

次の電車のプラットホ-ム、

はにかんだ紅葉、

風を待っている

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

III.   FEELINGS  (2)

 

126.

For soul and body,

grain of mind, grain of wheat

sprouting peacefully.

 

魂と肉体のために、

心の粒、小麦の粒

穏やかに芽をふいている

 

127.

Hand in hand

in shared sleeplessness –

old man and the moon.

 

手に手を取って

分かち合った不眠の中で ―

老人と月

 

128.

United in prayer,

palms become wings

flying to the sky.

 

祈りの中で結合され

手のひらは翼になり

空に飛んでいく

 

129.

Years of solstice

uninterrupted, glacial,

I’m not losing hope.

 

至点の数年

とぎれなく、冷ややかに、

私は希望を失っていない

 

130.

With white stars

the sky is weeping for us –

snow of forgiveness.

 

白い星と共に

空は私たちのために涙を流している ―

容赦の雪

 

131.

Falling leaves, the price

of fruit; my tiredness

completes me.

 

落ちている葉、果実の価格;疲労が

私を完成させる

 

132.

Incandescent words

in verses, ribbons of smoke

to the white paper.

 

詩の中の見事な言葉、

煙のリボン

白い紙に

 

133.

Hidden silence

under the motionless bell –

peaceful impulse.

 

隠れた沈黙

静止した鐘の下 ―

安らかな衝動

 

134.

Suppressed bitterness

at the monastery gate:

bitter pilgrim.

 

抑えられたつらさ

修道院の門にて:

つらい巡礼

 

135.

Floating autumn leaves,

tenderness and harmony;

floating within.

 

漂っている秋の葉、

優しさと調和;

中を漂っている

 

136.

Dreaming is for two;

a lone wing

cannot fly.

 

夢見ることは二人のために;

連れのない翼は

飛ぶことができない

 

137.

Tormented soul,

harmony’s calling –

rustle of autumn.

 

苦しめられた魂、

調和の叫び ―

秋のサラサラした音

 

138.

With my eyes closed

I listen to the leaves, falling

like dry teardrops.

 

両目を閉じて

私は葉の音を聞く、落ちている

乾いた涙の滴のように

 

139.

In front of the world

the virtue of modesty –

a weeping willow.

 

世界の前線で

謙遜の美徳 ―

枝垂れ柳

 

140.

Hibernating wish,

agitated silence –

dormant volcano.

 

活動しないでいる願い、

かき乱された静寂 ―

休火山

 

141.

My identity:

a word at the beginning,

now I’m a spirit.

 

私の個性:

始めの言葉、

今私は聖霊である

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

III.   FEELINGS  (1)

 

111.

Walking on water

towards immortality –

the ripple of faith.

 

水上を歩いている

不滅の方へ ―

信仰のさざ波

 

112.

Purple maple leaves

temptation of fiction

searching for the heart.

 

紫色のモミジの葉

創作の誘い

心を捜しながら

 

113.

The golden years

with the silver crown

through temperance.

 

黄金の年月

銀色の冠と共に

節制を通して

 

114.

Falling without wind,

yellow leaves. I will fall

under the years.

 

風がないのに落ちている

黄色の葉。私は落ちるだろう

年にかなわず

 

 

115.

A grain of coffee

flavour of harmony:

two halves in a seed.

 

一粒のコーヒー

調和の風味:

1つの種に2つの半分

 

116.

Alone in the forest,

faith ignites

the light of the mind.

 

森の中で一人

信仰が火をつける

心の光に

 

117.

Cardinal crosses

the same all over the world,

guiding the spirit.

 

主要な十字架

世界中で同じ

霊を導いている

 

118.

Empty hanger:

deep, in the sorrowful hearts

winter is coming.

 

空のハンガー:

深く、悲しみの心の中に

冬が来る

 

119.

Drops of tenderness,

flakes disguised as rain –

thaw in my soul.

 

優しさの滴、

雨と化した薄片 ―

私の魂の中で解ける

 

120.

Tree in winter,

water of life in its trunk,

the spirit within.

 

冬木、

その幹の中に生命の水、

精神は内部に

 

121.

Bottom of the pond,

leaves from the afterlife –

I await my passing.

 

池の底、

来世の葉 ―

私は自分が他界するのを待つ

 

122.

In the sky and soul,

written with flying snowflakes –

edict of peace.

 

空と魂において、

飛んでいる雪片で書かれた ―

平和の勅令

 

123.

Power of prayer

melting the flakes of drunkenness –

white ghosts.

 

祈りの力

大酒飲みのフレークを溶かしている ―

白い幽霊

 

124.

The cold within –

on the retina of love

dew of tears.

 

内部の寒さ ―

愛の網膜に

涙の露

 

125.

Winter breathes

sentiment of transition –

geyser of the soul.

 

冬が吸い込む

推移の心情を ―

魂の間欠泉

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.  NATURE  (3)

 

97.

Petals on the lake

gently floating autograph

poetic cherry tree.

 

湖面の花びら

優しく自筆を浮かべている

詩的な桜の木

 

98.

Shadow in the night –

everywhere; the dawn

brings it home.

 

夜の影 ―

至る所で;日の出が

それを家に持ってくる

 

99.

Under cherry tree

white eyes, cold viewpoints

scattered by the wind.

 

桜の木の下で

メジロ、寒い立場

風に追い散らされた

 

100.

Leaves like teardrops

from the happiness of trees

accomplished through fruit.

 

木の幸福から

涙のしずくのような葉

果実を通して完遂された

 

101.

Cold lips of leaves

In the frozen mirror of the pond –

a winter kiss.

 

葉の冷たい唇

池の凍った鏡において ―

冬のキス

 

102.

Ice sculptures

ephemeral creations

the test of warmth.

 

氷の彫刻

つかのまの創造物

温暖の検査

 

103.

Burdened branches,

lofty pine tree under snow;

chin up when you cry!

 

重荷を負わされた枝

雪の下の非常に高い松の木;

叫ぶ時はあごを持ち上げなさい

 

104.

Clear winter sky –

slips slowly into pondering

calm, blissful heaven.

 

快晴の冬の空 ―

熟考にゆっくり滑り込む

穏やかな、おめでたい天

 

105.

Summer’s betrayal

leaves lonely denuded trees

without the loved ones.

 

夏の裏切り

葉が木を寂しそうに裸にした

愛されたもの無しに

 

106.

Tear drops of light

through branches of the forest –

draining the sunset.

 

光の涙のしずく

森の枝を通って ―

夕焼けを消耗させながら

 

107.

Duel, turned

into duet. Armistice

in the chirping yard.

 

果し合い、二重奏に変わった。

休戦

小鳥のさえずっている庭において

 

108.

Out of its frontier

the sky in the frozen lake –

defiance.

 

その辺境の外

凍った湖の中の空 ―

挑戦

 

109.

From the river’s skein,

two pine trees still crocheting

the dense forest.

 

川のかせから

2本の松の木がまだかぎ針で編んでいる

密集した森を

 

110.

Shiny drops of light

the rainbow is offering

a fan of colors.

 

輝く光のしずく

虹が提供している

色の扇を

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集 蛭田秀法

Edited by Hidenori Hiruta

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.  NATURE  (2)

 

82.

Unhappy raindrops

falling from the seventh heaven –

harvest’s sacrifice.

 

不幸せな雨滴

第七天から落ちて来る ―

収穫の犠牲

 

83.

Winter pond,

inner harmony

under a frozen face.

 

冬の池

内部の調和

凍った表の下で

 

84.

Immaculate swans –

at a time of harmony

silence sings.

 

単色の白鳥 ―

調和の一時に

静寂が歌う

 

85.

Sky made of patches,

clouds welded by lightning –

waterproof mantle.

 

当て布でできている空、

稲妻で接着される雲 ―

防水布のマント

 

86.

Tempo of the rain

on a keyboard of petals –

singing cherry trees.

 

雨のテンポ

花びらの鍵盤の上 ―

歌っている桜の木

 

87.

Unassuming tree

grows just so,

even in empires.

 

控え目な木

まさにその通りに育つ、

帝国においてさえ

 

88.

Born at the North Pole,

the snowflake’s chance to live

spans centuries.

 

北極で生まれ、

雪片の生きる機会

幾世紀にわたる

 

89.

The storm is coming.

refugees in the forest,

the mountains resist.

 

嵐が来そう。

森の避難民、

山々が阻止する

 

90.

Peaceful thoughts, strong

the miracle of silence –

all mountains are silent.

 

平和な思い、強い

沈黙の奇跡 ―

全山が静まりかえる

 

91.

Meaning of a bridge

misunderstood by the birds –

nest between the banks.

 

橋の意義

鳥には誤解される ―

河岸の間に巣

 

92.

Liberated leaf,

drifting away –

never at home.

 

解き放された葉、

漂い去って行く ―

決して故郷には戻らない

 

93.

Although we don’t know,

each fallen leaf

bears its own name.

 

分からないけれども、

落葉は一枚ずつ

自分の名前を持っている

 

94.

Deep into winter

frosted glasses

shorten the days.

 

すっかり冬になる

霜で覆われた眼鏡

日を短くする

 

95.

Mixture of colours

ascent towards nowhere –

a flying peacock.

 

色の混合

どこへという向きのない上昇

飛んでいる孔雀

 

96.

The cat of the night,

with lightning claws

is scraping the sky.

 

夜の猫、

電光石火のかぎづめで

空をひっかいている

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

II.   NATURE  (1)

 

67.

Itinerant snowflake

melted on the tip of tongue

tastes bitter and cold.

 

放浪の雪片

舌の先で溶けた

苦く冷たい味がする

 

68.

Petals in the sky

blown up from cherry trees –

the stars of April.

 

空の花びら

桜の木から吹き上げられた ―

4月の星

 

69.

In the clouds’ bells

the flock of storks’ wings ring

the autumn’s ding-dong.

 

雲の鐘

鸛の翼の一群が響かせる

秋の繰り返し鳴る音を

 

70.

Snowy camellias

concealing the emotion

under the first snow.

 

雪のかかった椿

感情を隠している

初雪の下に

 

71.

Flying leaves and cranes –

a forest’s kimono,

mid-autumn fashion.

 

飛んでいる葉と鶴 ―

一枚の森の着物、

中秋の流行

 

72.

Silently floating

on the sky’s ocean,

romantic moon shell.

 

静かに浮かんでいる

空の大海に、

ロマンチックな月の貝

 

73.

Bow of colours,

on the arch of heaven –

echo of rain.

 

色の弓、

天のアーチに ―

雨の反響

 

74.

Under black clouds

litany of the forest:

the rustle of leaves.

 

黒雲の下

森の連祷:

木の葉のサラサラ鳴る音

 

75.

Endless snow fall

in parallel mirrors –

paired snowflakes.

 

降り止まない降雪

同方向の鏡に ―

対の雪片

 

76.

The first snowflakes

spread over hills

have stolen the autumn.

 

初の雪片

山じゅうに広がる

秋を取ってしまった

 

77.

Sunshine galloping

before my eyes –

train through the forest.

 

日光が大急ぎで駆けている

目前を ―

森を通り抜ける電車

 

78.

Skeletal trees,

in calm hibernation,

seducing the year. 

 

骨組みだけの木々、

穏やかな冬眠の中、

その年を引きつけている

 

 

79.

Smile of sunshine

stealing the identity

of all snowflakes.

 

日光の微笑み

全ての雪片から

個性を盗んでいる

 

80.

Like fire,

white snow passes

from house to house.

 

火事のように、

白雪が通り過ぎる

家から家へ

 

81.

Orphaned leaves,

weeping in the rain –

whimpering denuded trees.

 

孤児になった葉、

雨の中で泣いている ―

めそめそ泣いている裸になった木々

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法