The Results of the 2nd Japan-Russia Haiku Contest

 

September 14, 2013

 

1.Akita International Haiku Association held the 2nd Japan-Russia Haiku Contest, receiving the submitted haiku from May 1 (Wednesday) till June 30 (Sunday).

2.  Only one haiku was allowed to be submitted per haiku poet, and there were three sections of Japanese haiku, Russian haiku, and English haiku. One of the languages had to be chosen from among Japanese, Russian, and English in composing and submitting haiku. As a result, 624 haiku were submitted.

3.  304 haiku were submitted for the Japanese haiku section.

294 haiku were submitted from Japan, 6 haiku from Russian Federation, 3 haiku from Romania, and 1 haiku from Ukraine.

 

4.  62 haiku were submitted for the Russian haiku section.

    45 haiku were submitted from Russian Federation, 6 haiku from Japan, 3 haiku from Belarus, 2 haiku from Bulgaria, Romania, and Ukraine each, 1 haiku from Lithuania and Serbia each.

 

5.  258 haiku were submitted for the English haiku section.

    93 haiku were submitted from Japan, 30 haiku from Croatia, 21 haiku from United States, 12 haiku from India, 10 haiku from Romania, 7 haiku from Serbia.

     6 haiku were submitted from Germany and New Zealand each.

     5 haiku were submitted from France, Poland, and Russian Federation each.

     4 haiku were submitted from Australia, Bulgaria, Canada, Indonesia, Philippines, and United Kingdom each.

     3 haiku were submitted from Austria, Brazil, and Belgium each.

     2 haiku were submitted from Bosnia and Herzegovina, Denmark, Ireland, Italy, Mongolia, and Montenegro each.

     1 haiku was submitted from Bangladesh, Belarus, Colombia, Ghana, Hungary, Jamaica, Macedonia, Malaysia, Netherlands, Latvia, Lithuania, Switzerland, and Ukraine each.

 

6.  AIH Award is presented to the winner of each haiku section by Akita

International Haiku Association. The best haiku was selected from among all

the haiku submitted to the three sections each.

 

7.  JAL Foundation Award is presented to the winners in each section by the JAL Foundation. Two haiku were selected from among the haiku submitted by

 students and children to the three sections.

 

8.  The certificate of merit and prize will be sent to each prize-winning person by

 mail in October.

 

9.  The prize-winning haiku and the names of the winners are announced as follows.

 

 

AIH Award

 

The Japanese section

 

ミモザ咲く森に小さな埴輪館

 

和田留美 (秋田県)  

 

mimosa blooms

in the woods

a little Haniwa house

 

Rumi Wada (Akita prefecture, Japan)

 

 

The Russian section

 

Шум прибоя

стихает на миг…

Ну давай, сверчок!

 

Андреев Алексей (Россия

 

The sound of waves

Stopped for a moment…

Now it is your turn, cricket!

 

Aleksey Andreev (Moscow, Russia)

 

 

The English section

 

how little

I know of bird calls

distant thunder

 

Kala Ramesh  (India)

 

 

JAL Foundation Award

 

The Japanese section

 

月涼し右手でつくる望遠鏡 

 

大池梨奈 (大阪府立吹田東高等学校)

 

The moon is cool

made by my right hand

the telescope

 

Rina Oike (Suita East Senior High school,Osaka, Japan)

 

 

The Russian section

 

С неба на землю

или с земли на небо –

вьются пушинки…

 

Анастасия (Россия

 

From the sky to earth

or from earth to the sky –

whirling snow flakes…

 

Anastasia (Moscow, Russia)

 

 

10. Haiku selected as honorable mentions by each judge appear in the yearly

E- pamphet  Akita – The Land of Poetry  Vol.5  at this website at the end

of September

 

 

The next posting ‘詩の国秋田第5号(1) ’ appears on September 21.

 

Hidenori Hiruta

 

 

 

第2回日露俳句コンテスト 結果発表

平成25年9月7日

 

1.秋田県国際俳句協会は、第2回日露俳句コンテストを開催し、本年5月1日(水曜日)から6月30日(日曜日)まで応募を受け付けました。

2.投句数は雑詠1句、応募者は使用言語として日本語、ロシア語、英語のいずれかを選択し、計624句の応募がありました。

3.日本語部門には日本から294句、ロシアから6句、ルーマニアから3句、ウクライナから1句の計304句の応募がありました。

4.ロシア語部門にはロシアから45句、日本から6句、ベラルーシから3句、ウクライナ、ルーマニア、ブルガリアからそれぞれ2句、セルビア、リトアニアからそれぞれ1句の計62句の応募がありました。

5.英語部門には日本から93句、クロアチアから30句、アメリカから21句、インドから12句、ルーマニアから10句、セルビアから7句、ドイツ、ニュージーランドからそれぞれ6句、ロシア、フランス、ポーランドからそれぞれ5句、イギリス、ブルガリア、カナダ、オーストラリア、フィリピン、インドネシアからそれぞれ4句、ベルギー、オーストリア、ブラジルからそれぞれ3句、アイルランド、イタリア、デンマーク、ボスニア=ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、モンゴルからそれぞれ2句、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、ハンガリー、オランダ、スイス、ジャマイカ、マケドニア、マレーシア、バングラデシュ、コロンビア、ガーナからそれぞれ1句の計258句の応募がありました。

6.秋田県国際俳句協会賞には応募された全句の中から日本語部門、ロシア語部門、英語部門にそれぞれ1句選出されました。

7.JAL財団賞には応募句の中の学生、高校生、中学生、小学生による句から日本語部門、ロシア語部門にそれぞれ1句選出されました。

8.受賞される方々にはそれぞれ賞状と賞品が贈られます。

9.受賞句と受賞者は下記の通りです。

 

 

秋田県国際俳句協会賞

 

日本語部門

 

ミモザ咲く森に小さな埴輪館

 

和田留美 (秋田県)  

 

 

ロシア語部門

 

Шум прибоя

стихает на миг…

Ну давай, сверчок!

 

Андреев Алексей (Россия

 

波の音

一瞬止まった

今やあなたの番、コオロギよ!

 

アンドレーヴ アレクセイ (ロシア)

 

 

英語部門

 

how little

I know of bird calls

distant thunder

 

Kala Ramesh  (India)

 

なんて分かりにくいんでしょう

鳥の鳴く声が

遠雷

 

カーラ ラメシュ (インド)

 

 

JAL財団賞

 

日本語部門

 

月涼し右手でつくる望遠鏡 

 

大池梨奈 (大阪府立吹田東高等学校)

 

 

ロシア語部門

 

С неба на землю

или с земли на небо –

вьются пушинки…

 

Анастасия (Россия

 

空から地へ

あるいは地から空へ-

渦巻いている雪片...

 

アナスタシャ (ロシア)

 

 

10.各審査委員による特選句や入選句は9月中旬にEパンフレット「詩の国秋田第5号」で発表されます。当ホームページで掲載されます。

 

 

The next posting ‘詩の国秋田第5号(1) ’ appears on September 14.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

Here is the latest news about Kala’s haiku activities.

Kala’s facebook page says as follows.

I conducted 5 haiku sessions at Bookaroo Children’s Literary Festival, Delhi from 22 to 26 November, 2012
it went off very well.
This link goes straight to my interview page… taken at this festival
http://alpha.authortv.in/profiles/authordetails/23

 

safe_image(Kala Ramesh)

 

Profiles

alpha.authortv.in

An exponent of Hindustani Classical Music, She was bitten by the haiku-bug in 2005. Since then, her work covering haiku, tanka, senryu, haibun and renku (collaborative poetry) has appeared in leading e-zines and anthologies all over the world. Indian music being extempore in nature, has taught her t…

 

2012年11月22日から26日までの5日間カーラ・ラメッシュはデリーで開催されたBookaroo 子供文学フェスティバルにおいて5回に渡って子供向けの俳句会を行った。  カーラはフェイスブックでインタビュー記事を紹介。「俳句」と「子供のための俳句」について語っている。リンク記事をご参照ください。

カーラのプロフィールも紹介されています。

ヒンドゥスタンの古典音楽の主唱者。カーラは2005年俳句の虫に刺され、俳句に熱中するようになった。それ以来、彼女の作品は、俳句、短歌、川柳、俳文、そして連句(詩と合作)に及び、世界の一流のEマガジンや作品集に掲載されている。

As she mentioned in her haibun ‘The Touch of Rain in Haiku’,  Kala realised that Indians do respect the classical traditions connecting to seasons and all our art forms adhere to this six season classification, making Varsha Ritu one of the most important seasons. Gabi Greve (A German who lives in Japan) had by that time started to collect the season words of the world and she volunteered to help out in finding Indian “kigo words” (which means season words in Japanese) and suggested that they begin with India’s six seasons.

 

INDIA SAIJIKI….. (WKD – INDIA)

http://indiankigo.blogspot.jp/

  

2005年の中頃、俳句の世界に入ったとき、インド人は季節に結びつけられる古典的な伝統を本当に尊重していることと全てのインドの芸術形式がこの六つの季節分類を固守し、モンスーンの季節を最も重要な季節の一つにしていることを私は実感しました。

その頃、ガビ・グリーブ(日本居住のドイツ人)はすでに世界の季語を集め始めていました、そして私はボランティアとしてインドの季語(日本語での呼称)を見つけることを手伝い、私たちはインドの六つの季節で始めることを提案しました。

 

下記のブログに掲載されています。

 

インド歳時記.....(世界季語データベース - インド)

http://indiankigo.blogspot.jp/

 

Here are the six HAIKU seasons for India, which Kala Ramesh took up in World Kigo Database by Dr. Gabi Greve, Daruma Museum, Japan.

 

The six HAIKU seasons for INDIA

(インドの六つの俳句の季節)

Spring – VasantBasant) – in the months of Chaitra and Vaishakh
approximately March and April
  ― 3月 4

Summer – Grishmain the months of Jaishthya and Aashadh
approximately May and June
  5月 6

Rains, Monsoon – Varsha – in the months of Shravan and Bhadrapad
approximately July and August
 

雨、モンスーン - 7月 8

Autumn – Sharad in the months of Aashwin and Kartik
approximately September and October
  - 9月 10

Frost – Hemant – in the months of Margshishya and Pousha
approximately November and December
 

- 11月 12

Winter – Shishir – in the months of Magh and Phalgun
approximately January and February
 - 1月 2月

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*世界季語データベースにおける「インド歳時記」から下記の記事を抜粋し、紹介します。

実はインドでは俳句は非常に有名である。

当日配布された冊子に寄稿されたJNU(Jawaharlal Nehru University: ジャワハルラ-ル・ネル-大学) ヒンディー語学科のランジート・サーハー教授のヒンディー語の小論文「Perspective Haiku: Sensitivity and Structure( 俳句展望:感受性と構造)」や、国際俳句学会のウェブサイトに掲載されている「俳句―インドからの展望」という論考によれば、インドに俳句を初めて紹介したのは、アジア初のノーベル文学賞受賞者で詩聖と呼ばれるラヴィーンドラナート・タゴールであったらしい。1916年の日本旅行を題材にラヴィーンドラナートが書いた「日本旅行記」に、既に俳句に関する記述が見受けられ、彼は「俳句ほど短い詩は世界にないだろう」と紹介すると同時に、松尾芭蕉の有名な俳句を数首翻訳して掲載している。また、同時期にはタミル語の詩人スブラマニヤ・バーラティーも、日本の俳句に関する評論文を書いていたようだ。独立後になると、インドにおける俳句の影響はヒンディー文学に最も顕著に現れる。ヒンディー文学者アギェーイは、日本を旅行した経験もあり、俳句から大きな影響を受けた詩人だと言われている。彼が1959年に出版した詩集「(Arī Ō Karunā Prabhāmay)」には、以下のような有名な3行のシンプルな詩が収録されている。これは何かの俳句の訳詩のようだ(元の俳句が何かは不明)。

だが、インドの文壇において俳句を定着させるのに多大な貢献をしたのは、サティヤブーシャン・ヴァルマー教授である。彼は「(日本の詩)」や「(日本の俳句と近代ヒンディー詩)」などの著作を著しただけでなく、「インド俳句クラブ」を設立し、1981年から「Haiku)」という雑誌を発刊し始めた。同誌は1989年に廃刊となってしまったが、インドにおける俳句の人気を決定的なものとした。また、1998年にはバグワトシャラン・アガルワール教授がヒンディー語の季刊誌「(Haiku Bharati)」を刊行し、こちらは現在まで続いているようだ。
Kore De India : Takuboku and Haiku

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Lastly, here are some more haiku in Kala’s Haibun “The Touch of Rain in Haiku”

「俳句における雨の一筆」.

 

bus ride in monsoon

a snoring man’s head bounces

at the pothole

 

モンスーンのときのバス乗車

いびきをかいている男の頭がはね上がる

くぼみに

 

 

temple bells –

the isolated raindrops

on my umbrella

 

寺の鐘 -

分離した雨の滴

傘の上に

 

 

she looks down

from the ninth floor apartment:

umbrellas with legs

 

彼女は下を見下ろす

9階のアパ-トから

脚のある傘を

 

 

midnight jetty

the sound of water

slapping water

 

真夜中の防波堤

水の音

ぴしゃりと打つ水

 

 

tapering monsoon
from different sides of the hill
sound of cow-bells

 

弱まってきたモンス-ン

山の斜面のあちこちから

牛の首につるした鈴の音

 

 

 

The next posting The New Calendar by Iona Dinescu in Romania (1) appears on January 5.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

Kala Ramesh (London) 

 

On September 12, 2012, Kala presented us with her haibun ‘The Touch of Rain in Haiku’.

 

“The Touch of Rain in Haiku”

「俳句における雨の一筆」

 

Haiku along with its genres like tanka and haibun are nothing but word paintings. In film jargon we could refer to it as “a shot” frozen in time.  So in a poem comprising of just six or seven words, resonance becomes the key word!

 

同じジャンルである短歌や俳文と共に俳句は言葉によって絵を描くこと以外の何物でもない。

映画用語では、俳句を時間の中で動かなくなった「一場面」と言うことがあり得るだろう。

だから、たった6,7語から成る詩では、余韻がキー・ワードとなるのです!

 

Anu-naad is a Sanskrit word for resonance . . . now what do we mean by Anu-naad?

Naad or sound, as stated in the Hindu ancient texts is a primordial sound existing in the cosmos, referred to metaphorically as AUM.

 

Anu-naad は余韻に対するサンスクリット語である...今ではAnu-naad で何を意味するだろうか?

Naad または音は、ヒンドゥ-語の古代の原典で述べられているように、隠喩的に AUM と言われている宇宙に存在する根源的な音である。

 

According to ancient texts, an instrument (such as the voice) only resonates the cosmic sound, and thus all that the body does is to extricate the sound from the cosmos and faithfully reproduce it, when a person sings or talks.

 

古代の原典によれば、(声のような) 媒介者はただ宇宙の音を鳴り響かせるだけです。

したがって、身体がなすことの全ては人が歌ったり、または話すときに、宇宙から音を脱出させることと忠実に再生することです。

 

The cavities in the body – like the oral cavity and the sinus cavities – including the spaces from the toes to the brain, all act as resonators or amplifiers for the ‘sound’ to vibrate and reverberate, which in Sanskrit is called as Anu-Naad. In other words, like Saint poet Kabir has rightly expressed in a spiritual song, that, his body is only a musical instrument that transmits the timeless cosmic resonance.

 

身体の中の空洞は-口頭の空洞や静脈洞のように-つま先から脳までの空間を含み、全てはその 「音」 が振動し、そして反響するための共鳴装置または拡声器としての役目を務めます。そのことは、サンスクリット語でAnu-Naad と呼ばれています。

換言すれば、聖詩人カビアがまさしくそのことを神聖な歌の中で表現しているように、彼の身体は時間を超越した宇宙の共鳴を伝える単なる一つの楽器にすぎないのです。

 

wave-calls

haunting melodies linger

in mind’s abyss

 

波の呼び声

しばしば心に浮かぶメロディ-が残って消えない

心の深淵で

 

I’ve just picked out a few poems, in reference to this season, from my poems spanning haiku, tanka and haibun.

Each poem tells a story, if only you care to peep and stay with the spaces within the words, for a while . . .

 

俳句、短歌、そして俳文に及ぶ私の詩からこの季節に関する詩を少し取り上げてみたところです。

 

Haiku

 

cyclonic rains
coconut leaves dip
into streetlights

 

サイクロンによる雨

ヤシの実の葉が少しつかる

街灯に

 

 

thunderclap
the darkening sky splits
into liquid night

 

雷鳴

薄暗くなりつつある空が割れて

透明な夜になる

 

 

neighbour’s tin roof

what a ruckus it creates

this rain!

 

隣人のスズの屋根

なんてすごい騒動を創り出すのだろう

この雨は!

 

 

swamp frogs . . .

singing the chorus

all over again

 

沼地のカエル...

コーラスをしている

もう一度最初から

 

 

water buffaloes . . . 
shoreline shadows pleat
the monsoon lake

 

スイギュウ...

湖岸線の影がひだをつける

雨季の湖に

 

 

cyclone

she holds the umbrella

the sari holds her

 

サイクロン

彼女は傘をつかんでいる

サリーは彼女をつかんでいる

 

 

The next posting Seasonal words in India by Kala Ramesh appears on December 29.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 Ramesh(3)

 

 On September 12, 2012, Kala presented us with her haibun ‘The Touch of Rain in Haiku’.

 

“The Touch of Rain in Haiku”

「俳句における雨の一筆」

 

By plucking her petals you do not gather

the beauty of the flower

 

 —The Stray Birds by Rabindranath Tagore

 

花びらを摘んでも摘めません

花の美しさを

 

―迷える鳥たち ラビンドラナート・タゴール

 

 225px-Tagore3

 

 

Who can resist the charm of the rain scene in Satyajit Ray’s Pather Panchali, or Kumar Gandharva’s exposition of rag Miyan-ki-Malhar in the composition “bol re papihara” . . . the super fast taans cascading down in sheer vigour and vitality?

 

サタジット・レイの劇映画「小さい道路の歌」、あるいはクマール・ガンダルヴァの創作「ボル レ パピハラ」のヒンドゥスターニー語のインド古典音楽の旋律の主題提示部における雨の場面の魅力に誰が抵抗することができるだろうか・・・真の迫力と活力で滝のように落ちる大変早い「ヒンドゥスターニーの古典音楽のラーガの声楽演奏に使われる歌の技法」における雨の場面の魅力に抵抗することは誰にもできないだろう。

 

 

The architect’s sense of design,

the dancer’s skill in abhinaya,

the actor’s passion for drama,

the writer’s search for akshara,

the film director’s making of a shot.

 

To this, add every artist’s search for space . . . and imagine the king of seasons – Varsha Ritu’s play in all these images!

 

建築家の設計の感覚、

ダンサーの表現技術上の技巧、

俳優のドラマへの熱情、

作家の早期的幼児教育の追求、

映画監督の一場面の製作。

 

この事に、各芸術家の空間への追求を加えてみなさい・・・そしてこれら全てのイメージの中での季節の王様である-季節風の「役割」を想像してごらん!

 

Rains have always caught our fancy and our imagination.

Haiku being rooted in seasons and nature, it is not surprising at all that we try to capture the magic of this monsoon season in our little poems, bringing out the various rasas.

 

雨は私たちの空想と想像を常に引きつける。

俳句は季節と自然に根ざしているので、私たちが小さな詩の中にこのモンスーンの季節の怪しい魅力を表現しようと試み、様々なラサ(物の本質や特性)を明らかにすることは全く驚くべきことではありません。

 

In Japanese haikai traditions, along with the four regular seasons of Summer, Autumn, Winter and Spring, we see “New Year” as an additional fifth seasonal reference.

 

日本の俳句の伝統では、夏、秋、冬、そして春の規則的な四季と共に、「新年」を5番目に加えた季節への言及を俳句の中に見いだします。

 

When I entered the haiku world, in mid 2005, I realised that Indians do respect the classical traditions connecting to seasons and all our art forms adhere to this six season classification, making Varsha Ritu one of the most important seasons. Gabi Greve (A German who lives in Japan) had by that time started to collect the season words of the world and I volunteered to help out in finding Indian “kigo words” (which means season words in Japanese) and suggested that we begin with India’s six seasons.

 

INDIA SAIJIKI….. (WKD – INDIA)

http://indiankigo.blogspot.jp/

 

(To be continued.)

 

 

2005年の中頃、俳句の世界に入ったとき、インド人は季節に結びつけられる古典的な伝統を本当に尊重していることと全てのインドの芸術形式がこの六つの季節分類を固守し、モンスーンの季節を最も重要な季節の一つにしていることを私は実感しました。

その頃、ガビ・グリーブ(日本居住のドイツ人)はすでに世界の季語を集め始めていました、そして私はボランティアとしてインドの季語(日本語での呼称)を見つけることを手伝い、私たちはインドの六つの季節で始めることを提案しました。

 

下記のブログに掲載されています。

 

インド歳時記.....(世界季語データ - インド)

http://indiankigo.blogspot.jp/

 

(続く)

 

  

The next posting Haibun by Kala Ramesh in India (2) appears on December 22.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 Kala Ramesh (London)

 

Here are senryu written by Kala Ramesh.

 

Senryu:

 

bed time…
she asks if her rag doll
can stay up late

 

Simply Haiku, summer 07

 

就寝時間...

彼女が聞く 縫いぐるみ人形は

遅くまで起きていてもいいの

 

 

senior citizen’s club
women with hair in all colors
except gray

 

Simply Haiku, summer 07

 

お年寄りのクラブ

あらゆる色の髪の女性たち

白髪を除いて

 

 

circus clown . . .

show over, he pulls down

his painted smile

 

3 Lights Gallery, spring 2009

 

サーカスのピエロ...

ショーが終わり、彼は引き下ろす

厚化粧の微笑みを

 

 

coffee lounge . . .
we act out each other’s
bored look

 

Simply Haiku, summer 2009

 

コーヒー ラウンジ...

私たちは態度で表す お互いの

退屈した表情を

 

 

health clinic…
deep in thought she chews
on a carrot

 

Simply Haiku, autumn 2009

 

診療所...

物思いにふけり彼女はかむ

人参を

 

 

acting like his father
the child’s face
becomes hard

 

Simply Haiku, autumn 2009

 

父親のようにふるまい

子供の顔が

厳しくなる

 

 

Saturday night dinner
the guests all-consumed
with their own stories

 

Simply Haiku, spring 08

 

土曜の夜の夕食

お客さんたちが皆使い果たした

自分自身の話に

 

 

birthday —
as usual he remembers it
after I begin to sulk

 

Simply Haiku, spring 08

 

誕生日 ―

いつものように彼は思い出す

私がすねり始めた後

 

 

CONGRATULATION

you’ve won $5,000,000,000 USD

I count the zeros

 

おめでとう

あなたは米ドルで50億ドルを獲得しました

私はゼロを数える

 

 

The next posting Haiku at the 14th HIA Haiku Contest (2012) : the Results appears on December 8.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

Here are tanka written by Kala Ramesh.

 

sugarcane sticks out

from bullock carts

I sense its sweetening

my baby, feeling you

through my stomach wall

 

サトウキビが突き出ている

雄牛の引く荷馬車から

私はそれが甘くなるのを感じます

私の赤ちゃん、あなたを感じます

胃壁を通して

 

 

the weight

of the monsoon river

tumbling down…

the blind girl’s smile

as she sees with her ears

 

重さ

季節風の川の

転がり落ちている...

目の見えない女の子の微笑み

彼女が耳で見る時

 

 

she wears

silk saris with grace

bound into a cocoon

should the silk worm be burnt

alive for that?

 

彼女は身につけている

シルクのサリーを優美に

縛られて繭と化す

シルクの虫は焼かれるべきか

生きたまま?

 

 

mutely facing

the word ‘sorry’

so much between us

all we need to do is look

into each other’s eyes

 

黙って正視している

‘ごめんなさい’という言葉を

私たちの間にはとっても多くのことが

しなくちゃならないことの全ては

ただお互いの目を見つめ合うこと

 

 

the red dot

on my forehead

binds me

to a man

who’s in his own orbit

 

赤い点

私の額の上に

私を結ぶ

男に

彼の軌道にいる

 

 

The next posting ”’ Senryu by Kala Ramesh in India» appears on December 1.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

Here are tanka written by Kala Ramesh.

 

Ganga

melting from glaciers

becomes

the waterness of water…

I take the holy dip

 

ガンジス川

氷河から溶け

成る

水の中の水に

私は聖なる水にちょっと浸る

 

 

the ganga rumbling

through mountains and plains

joins the ocean…

the weight of my womb

even after menopause

 

ガンジス川がゴウゴウと音を立てて流れている

山々や平原を通って

大洋に合流する...

私の子宮の重さ

更年期の後でさえ

 

 

rain catchers

near our banyan tree

here and there

leaves of the pond lotus

roll raindrops moons

 

雨をとらえる物

私たちのベンガルボダイジュに近づく

あちこちで

池のハスの葉

雨滴の月を転がす

 

 

illusions ride

on a fast fading rainbow

somewhere there

I let go of my childhood…

I must have

 

幻が乗る

直ぐ消えていく虹の上に

どこかそこあたりに

私は子供時代を放してしまう...

持っていなければ

 

 

I look at the blue sea

and the blue sky

in wonder…

gently they turn

into night

 

青い海を見る

そして青空を

驚異の中で...

ゆるやかにそれらは向きを変える

夜の中へ

 

 

The next posting ‘’ Tanka by Kala Ramesh in India (3)” appears on November 24.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

Firstly, let me tell you about Kala Ramesh.

 

Bio (3)

 

Kala Ramesh is a Creative Writing workplace leader. She was previously a Hindustani classical musician, now a passionate haiku exponent.

 

カーラ・ラメッシュは創造的な詩や劇などを書くワークショップの場での指導者である。以前は、ヒンドゥスタンの古典音楽家であったが今は熱烈な俳句の主唱者である。

 

Kala has been telling stories through music and writing for many years. She has conducted Creative Writing workshops with children and adults in Chennai, Hyderabad, Pune, Mumbai and Delhi – teaching them ways to capture an image, a moment, and showcase it in their own little story – a haiku!

 

カーラは長年の間音楽と執筆を通じて物語を語り続けている。彼女はチェンナイ、ハイデラバ-ド、プーナ、ムンバイ、そしてデリーで子供たちや大人とともに創造的な詩や劇などを書くワークショップの場を運営し、イメージ、瞬間をとらえて、自分自身の小さい話である俳句を披露する方法を彼らに教えている。

 

spring breeze –

I catch the tune

she leaves behind

 

春のそよ風 -

私はその曲を聞き取る

彼女が残して置く

 

 

Kala’s vision is to help people of all ages tell their life moments and stories through haiku and its allied forms, such as tanka (five-line poem) or haibun (prose embedded with poems).

 

カーラの理想像はあらゆる年齢の人たちが俳句や俳句に類似した形式である短歌(5行詩)や俳文(詩が埋め込まれた散文)によって彼らの人生の一瞬間やお話を語るのを手伝うことである。

 

She strongly feels each art form feeds into the other, enriching the root source of one’s creativity.

 

芸術の形式はそれぞれ他の芸術形式に合流し、人の創造性の基となる根源を豊かにすることをカーラは強く感じている。

 

Kala lives in Pune and is happy to travel to lead workshops.

 

カーラはプーナに住み、ワークショップでの指導のために旅に出ることをうれしく思っている。連絡先として、携帯電話と電話は下記の通りである。

 

Contact info: Cell, 98601 08443     Land line, 020 2553 0826 

www.poetrysociety.org.nz/janereichholdfaves

 

Lastly, let me post some haiku by Kala Ramesh.

 

  

everything

comes from the unborn …

spring song

 

あらゆるもの

まだ世に出ていないものから生ずる...

春の歌

 

 

far horizons

the crocus catches

a sunbeam

 

遠い地平線

クロッカスがとらえる

太陽光線

 

 

your stark eyes shrink

the gap between us

baby owl

 

あなたのむき出しの目が縮ませる

私たちの間のすき間

赤ちゃんのフクロウ

 

 

liquid sky …

a steel bucket hits

the well water

 

澄んだ空...

鋼鉄のバケツが打つ

井戸水

 

 

crossing river boulders

       the moon becomes whole again

 

川の大きな岩を横断し

     月が再び全部見えてくる 

 

 

The next posting ‘’ Tanka by Kala Ramesh in India (1) appears on November 17.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

 

Firstly, let me post haibun by Kala Ramesh, which appeared in Simply Haiku in 2005 .

 

Simply Haiku: A Quarterly Journal of Japanese Short Form Poetry
Autumn 2005, vol 3 no 3

 

HAIBUN

 

An Hour Passes
Kala Ramesh, India

1時間が過ぎる

And so, an hour passes . . .

そこで、1時間が過ぎる...

 

dead body . . .
only the shadows of leaves
dance on her face

死体...

葉の影だけが

彼女の顔の上で踊る

 

My wife died – thirteen days back.
To be single again – it’s a strange feeling that after sixty-six years of togetherness, I am all alone.

私の妻は亡くなった - 13日前に
また独身になること - 一緒に暮らして66年後、ひとりきりになるのは不思議な気持ちである。

 

Like the River Cauvery that swells in the monsoons then becomes so thin that it seems almost like a drawn line, my family was huge once when my five children were small – kids take wings and take off and slowly my wife and I just grew accustomed to being by ourselves.

季節風の吹く頃増大するコーベリ川がその後とっても細くなり、ほとんど描かれた線のように見えるように、私の家族はかって5人の子供たちが小さかった頃は大家族だった ― 子供たちは羽根をつけて飛び立ち、ゆっくりと妻と私は自分たちだけでいることにすっかり慣れるようになった

 

My son and my daughter-in-law are here. They keep insisting that I will feel miserable in London. I keep telling them that I am ready to go with them. My daughter-in-law says “But papa, you have your temple, your friends here. What will you do there? It’s a foreign country papa, try to understand.”

息子と義理の娘はここにいる。私がロンドンではみじめな気持ちになるだろうと彼らは言ってききません。私は喜んで一緒に行くつもりだと彼らに言い続けています。

義理の娘は 「だけどパパ、パパにはお寺があるのよ、友だちがここにいるわ、そこに行って何をするの?外国なのよ、分かって。」と言うのです

 

How can I tell her that I am scared of staying alone? Won’t my grandchildren laugh at me?

私がひとりになるのを怖がっていることをどうやって彼女に言えるだろうか。

私の孫たちは私を笑わないだろうか?

 
sultry morning
the chameleon changes
its colors

 

蒸し暑い朝

カメレオンが変える

その色を

 

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest haibun.

 

Haibun:

  

The Blue Jacaranda

青いジャカランダノキ

 

 

waiting for a call

that never came . . .

new year’s eve

 

訪問を待っている

  一度も来なかった

大晦日

 

 

I was your maid. You remember me?

The one who used to tie your shoelaces and make the chapathis and that potato curry for you. Pack your lunch and escort you to the bus stop.

 

私はあなたの女中でした。あなたは私を覚えている?

あなたの靴ひもを結び、チャパティとあのジャガイモのカレーをあなたのために作った女中なの、あなたのランチを詰め、あなたをバス停まで送り届けたのよ。

 

The school bus would come to our street corner somewhere around 8 am daily.

Your smile, as you wave goodbye, asking me to be there waiting when you get home in the evening.

You had a loud voice.

 

スクールバスが毎日8時頃街角のあたりに来たものよ。

手を振ってさよならを言うとき、微笑みながら夕方家に帰るときそこで待っているようにと伝えるとき、あなたの声は大きかった。

 

In case you feel like seeing me, do come over. I stay at The Jacaranda Old-age Ashram. No 18, Queen’s Lane, Pune-411009.

Ask for Shalini bai.

 

あなたが私に会いたい気になるような場合は、どうぞおいで下さい。私はプーナのジャカランダの老人のアーシュラムにいます。

メイドのシャリニに面会を求めて下さい。

 

Everybody here knows me well and they know you too. I keep talking about you to all the inmates. I posted a similar card to you a year back, but I’m thinking it didn’t reach you . . .

 

ここにいる人は誰でも私をよく知っています、そしてあなたのこともよく知っています。

私は一緒にいる人たちみんなにあなたのことについて話し続けています。

一年前にあなたに同じようなはがきを出しました、しかし、はがきはあなたのところに届かなかったと思います...

 

 

restless night . . .

turning and tossing

the repeat

mindsong

as the ache sinks deeper

 

眠れない夜

向きを変え、頭を急に上げる

繰り返す

心の歌

痛みがより深くしみ込むにつれて

 

 

Kikakuza International Haibun Contest- An (Cottage) Prize

The Blue Jacaranda by Kala Ramesh, India – 2012

 

 

 The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (5) appears on November 10.

  

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta