Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

Here are tanka written by Kala Ramesh.

 

sugarcane sticks out

from bullock carts

I sense its sweetening

my baby, feeling you

through my stomach wall

 

サトウキビが突き出ている

雄牛の引く荷馬車から

私はそれが甘くなるのを感じます

私の赤ちゃん、あなたを感じます

胃壁を通して

 

 

the weight

of the monsoon river

tumbling down…

the blind girl’s smile

as she sees with her ears

 

重さ

季節風の川の

転がり落ちている...

目の見えない女の子の微笑み

彼女が耳で見る時

 

 

she wears

silk saris with grace

bound into a cocoon

should the silk worm be burnt

alive for that?

 

彼女は身につけている

シルクのサリーを優美に

縛られて繭と化す

シルクの虫は焼かれるべきか

生きたまま?

 

 

mutely facing

the word ‘sorry’

so much between us

all we need to do is look

into each other’s eyes

 

黙って正視している

‘ごめんなさい’という言葉を

私たちの間にはとっても多くのことが

しなくちゃならないことの全ては

ただお互いの目を見つめ合うこと

 

 

the red dot

on my forehead

binds me

to a man

who’s in his own orbit

 

赤い点

私の額の上に

私を結ぶ

男に

彼の軌道にいる

 

 

The next posting ”’ Senryu by Kala Ramesh in India» appears on December 1.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

Advertisements

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

Here are tanka written by Kala Ramesh.

 

Ganga

melting from glaciers

becomes

the waterness of water…

I take the holy dip

 

ガンジス川

氷河から溶け

成る

水の中の水に

私は聖なる水にちょっと浸る

 

 

the ganga rumbling

through mountains and plains

joins the ocean…

the weight of my womb

even after menopause

 

ガンジス川がゴウゴウと音を立てて流れている

山々や平原を通って

大洋に合流する...

私の子宮の重さ

更年期の後でさえ

 

 

rain catchers

near our banyan tree

here and there

leaves of the pond lotus

roll raindrops moons

 

雨をとらえる物

私たちのベンガルボダイジュに近づく

あちこちで

池のハスの葉

雨滴の月を転がす

 

 

illusions ride

on a fast fading rainbow

somewhere there

I let go of my childhood…

I must have

 

幻が乗る

直ぐ消えていく虹の上に

どこかそこあたりに

私は子供時代を放してしまう...

持っていなければ

 

 

I look at the blue sea

and the blue sky

in wonder…

gently they turn

into night

 

青い海を見る

そして青空を

驚異の中で...

ゆるやかにそれらは向きを変える

夜の中へ

 

 

The next posting ‘’ Tanka by Kala Ramesh in India (3)” appears on November 24.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

Firstly, let me tell you about Kala Ramesh.

 

Bio (3)

 

Kala Ramesh is a Creative Writing workplace leader. She was previously a Hindustani classical musician, now a passionate haiku exponent.

 

カーラ・ラメッシュは創造的な詩や劇などを書くワークショップの場での指導者である。以前は、ヒンドゥスタンの古典音楽家であったが今は熱烈な俳句の主唱者である。

 

Kala has been telling stories through music and writing for many years. She has conducted Creative Writing workshops with children and adults in Chennai, Hyderabad, Pune, Mumbai and Delhi – teaching them ways to capture an image, a moment, and showcase it in their own little story – a haiku!

 

カーラは長年の間音楽と執筆を通じて物語を語り続けている。彼女はチェンナイ、ハイデラバ-ド、プーナ、ムンバイ、そしてデリーで子供たちや大人とともに創造的な詩や劇などを書くワークショップの場を運営し、イメージ、瞬間をとらえて、自分自身の小さい話である俳句を披露する方法を彼らに教えている。

 

spring breeze –

I catch the tune

she leaves behind

 

春のそよ風 -

私はその曲を聞き取る

彼女が残して置く

 

 

Kala’s vision is to help people of all ages tell their life moments and stories through haiku and its allied forms, such as tanka (five-line poem) or haibun (prose embedded with poems).

 

カーラの理想像はあらゆる年齢の人たちが俳句や俳句に類似した形式である短歌(5行詩)や俳文(詩が埋め込まれた散文)によって彼らの人生の一瞬間やお話を語るのを手伝うことである。

 

She strongly feels each art form feeds into the other, enriching the root source of one’s creativity.

 

芸術の形式はそれぞれ他の芸術形式に合流し、人の創造性の基となる根源を豊かにすることをカーラは強く感じている。

 

Kala lives in Pune and is happy to travel to lead workshops.

 

カーラはプーナに住み、ワークショップでの指導のために旅に出ることをうれしく思っている。連絡先として、携帯電話と電話は下記の通りである。

 

Contact info: Cell, 98601 08443     Land line, 020 2553 0826 

www.poetrysociety.org.nz/janereichholdfaves

 

Lastly, let me post some haiku by Kala Ramesh.

 

  

everything

comes from the unborn …

spring song

 

あらゆるもの

まだ世に出ていないものから生ずる...

春の歌

 

 

far horizons

the crocus catches

a sunbeam

 

遠い地平線

クロッカスがとらえる

太陽光線

 

 

your stark eyes shrink

the gap between us

baby owl

 

あなたのむき出しの目が縮ませる

私たちの間のすき間

赤ちゃんのフクロウ

 

 

liquid sky …

a steel bucket hits

the well water

 

澄んだ空...

鋼鉄のバケツが打つ

井戸水

 

 

crossing river boulders

       the moon becomes whole again

 

川の大きな岩を横断し

     月が再び全部見えてくる 

 

 

The next posting ‘’ Tanka by Kala Ramesh in India (1) appears on November 17.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

 

 

 

 

Firstly, let me post haibun by Kala Ramesh, which appeared in Simply Haiku in 2005 .

 

Simply Haiku: A Quarterly Journal of Japanese Short Form Poetry
Autumn 2005, vol 3 no 3

 

HAIBUN

 

An Hour Passes
Kala Ramesh, India

1時間が過ぎる

And so, an hour passes . . .

そこで、1時間が過ぎる...

 

dead body . . .
only the shadows of leaves
dance on her face

死体...

葉の影だけが

彼女の顔の上で踊る

 

My wife died – thirteen days back.
To be single again – it’s a strange feeling that after sixty-six years of togetherness, I am all alone.

私の妻は亡くなった - 13日前に
また独身になること - 一緒に暮らして66年後、ひとりきりになるのは不思議な気持ちである。

 

Like the River Cauvery that swells in the monsoons then becomes so thin that it seems almost like a drawn line, my family was huge once when my five children were small – kids take wings and take off and slowly my wife and I just grew accustomed to being by ourselves.

季節風の吹く頃増大するコーベリ川がその後とっても細くなり、ほとんど描かれた線のように見えるように、私の家族はかって5人の子供たちが小さかった頃は大家族だった ― 子供たちは羽根をつけて飛び立ち、ゆっくりと妻と私は自分たちだけでいることにすっかり慣れるようになった

 

My son and my daughter-in-law are here. They keep insisting that I will feel miserable in London. I keep telling them that I am ready to go with them. My daughter-in-law says “But papa, you have your temple, your friends here. What will you do there? It’s a foreign country papa, try to understand.”

息子と義理の娘はここにいる。私がロンドンではみじめな気持ちになるだろうと彼らは言ってききません。私は喜んで一緒に行くつもりだと彼らに言い続けています。

義理の娘は 「だけどパパ、パパにはお寺があるのよ、友だちがここにいるわ、そこに行って何をするの?外国なのよ、分かって。」と言うのです

 

How can I tell her that I am scared of staying alone? Won’t my grandchildren laugh at me?

私がひとりになるのを怖がっていることをどうやって彼女に言えるだろうか。

私の孫たちは私を笑わないだろうか?

 
sultry morning
the chameleon changes
its colors

 

蒸し暑い朝

カメレオンが変える

その色を

 

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest haibun.

 

Haibun:

  

The Blue Jacaranda

青いジャカランダノキ

 

 

waiting for a call

that never came . . .

new year’s eve

 

訪問を待っている

  一度も来なかった

大晦日

 

 

I was your maid. You remember me?

The one who used to tie your shoelaces and make the chapathis and that potato curry for you. Pack your lunch and escort you to the bus stop.

 

私はあなたの女中でした。あなたは私を覚えている?

あなたの靴ひもを結び、チャパティとあのジャガイモのカレーをあなたのために作った女中なの、あなたのランチを詰め、あなたをバス停まで送り届けたのよ。

 

The school bus would come to our street corner somewhere around 8 am daily.

Your smile, as you wave goodbye, asking me to be there waiting when you get home in the evening.

You had a loud voice.

 

スクールバスが毎日8時頃街角のあたりに来たものよ。

手を振ってさよならを言うとき、微笑みながら夕方家に帰るときそこで待っているようにと伝えるとき、あなたの声は大きかった。

 

In case you feel like seeing me, do come over. I stay at The Jacaranda Old-age Ashram. No 18, Queen’s Lane, Pune-411009.

Ask for Shalini bai.

 

あなたが私に会いたい気になるような場合は、どうぞおいで下さい。私はプーナのジャカランダの老人のアーシュラムにいます。

メイドのシャリニに面会を求めて下さい。

 

Everybody here knows me well and they know you too. I keep talking about you to all the inmates. I posted a similar card to you a year back, but I’m thinking it didn’t reach you . . .

 

ここにいる人は誰でも私をよく知っています、そしてあなたのこともよく知っています。

私は一緒にいる人たちみんなにあなたのことについて話し続けています。

一年前にあなたに同じようなはがきを出しました、しかし、はがきはあなたのところに届かなかったと思います...

 

 

restless night . . .

turning and tossing

the repeat

mindsong

as the ache sinks deeper

 

眠れない夜

向きを変え、頭を急に上げる

繰り返す

心の歌

痛みがより深くしみ込むにつれて

 

 

Kikakuza International Haibun Contest- An (Cottage) Prize

The Blue Jacaranda by Kala Ramesh, India – 2012

 

 

 The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (5) appears on November 10.

  

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta