Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

V.  HOME (家庭)

 

169.

A sky collection,

sudden family album:

the sun and the moon.

 

空のコレクション、

突然の家族のアルバム:

太陽と月

 

170.

Families nested within

ancestral luggage,

towards a new station.

 

家族がぴったり収まった

祖先のかばんの中に、

新しい駅の方へ

 

171.

Christmas at home,

rusty sleigh in the cellar,

different carols.

 

家でのクリスマス、

地下室のさびたそり、

異なる聖歌

 

172.

Peace descends,

bright from the sky, at Christmas,

immaculate beam.

 

平和が下りてくる、

空から輝いて、クリスマスに、

純白の光線

 

173.

Story of a bell

disguised in Santa Claus –

gift of music.

 

鈴の物語

サンタクロースに変装された ―

音楽の贈り物

 

174.

Winter’s debut;

parents knocked on my window –

evanescent dream.

 

冬のデビュー;

両親が私の窓をノックした ―

儚い夢

 

175.

Angels descending

in the cold of Christmas

warming lonely hearts.

 

天使達が降りてくる

クリスマスの寒さの中に

孤独な心を暖めながら

 

176.

The magical blue,

migratory Christmas Carols,

my serene spirit.

 

神秘的な青、

移住性のクリスマスキャロル、

私の穏やかな精神

 

177.

Tender maple palm –

I feel my Mother’s caress,

calm in the air.

 

優しいカエデの手のひら ―

母の愛撫を感じる、

空気の中で穏やに

 

178.

Olive tree branches –

retired in immortality

our sweet parents.

 

オリ-ブの木の枝 ―

不滅の中に退いた

私たちの優しい両親

 

179.

Towards my North Pole,

solstice candles rehearsing

the Christmas Carols.

 

私の北極点の方へ、

冬至の蝋燭が復唱している

クリスマスキャロルを

 

180.

Secret jingle bells

under my own Christmas tree:

nostalgia bag.

 

秘密のジングルベル

私自身のクリスマスツリーの下に

郷愁のバッグ

 

181.

My Mother’s tresses

rooted in the future

defying frost.

 

母のふさふさした髪

未来に根を下ろしていた

霜に挑戦しながら

 

182.

Low, weeping willows

obtaining through prayer

wellbeing.

 

低い枝垂れ柳

祈りを通して得ている

幸福を

 

183.

Shadow of shadow,

sanctuary of silence –

profound prayer.

 

影の影、

沈黙の聖域 ―

深い祈り

 

184.

From behind the lights,

vibrating stained-glass –

sacred heart beats.

 

光りの背後から、

揺れているステンドグラス ―

神聖な心が鼓動する

 

185.

Virtual Christmas

at home only in itself –

carols of the mind.

 

事実上のクリスマス

ただそれ自体家庭で ―

心の聖歌

 

 

This is the last part of a haiku booklet “Ambassadorial Haiku” by Radu Șerban.

On May 8, 2017, Vasile Moldovan in Romania, a haiku friend of Hidenori Hiruta’s, kindly and passionately presented this haiku booklet for 6th Japan–Russia Haiku Contest.

Hidenori Hiruta decided to translate haiku into Japanese as correctly and faithfully as possible, but really ended in literal translations.

He also decided to post and share haiku with the readers on the website of Akita International Haiku Network.

 

Last of all, here is a copy of a book cover presented from Vasile Moldovan with his thank-you letter.

 

 

 

 

This is the first Romanian Anthology of love haiku realized by Valentin Nicolitov, the chairman of the Romanian Society of Haiku. Its release was just on Valentine’s Day on February 14, 2018.

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

Advertisements

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

IV . TIME  (時間)

 

142.

Out of time’s threads

tenderness of old age

weaving harmonies.

 

時間のスレッドから

老齢の優しさ

ハーモニーを編んでいる

 

143.

Silky treads of rain

spun from two clouds –

distaff of time.

 

二つの雲から紡いで取られた

雨の絹のような足音 ―

時間の糸巻棒

 

144.

A few steps remain

I’d like to relay the crutch,

unused.

 

数歩が残っている

松葉杖を中継したい、

未使用のまま

 

145.

Burned candles

remain in memory:

famous wax figures.

 

燃えた蝋燭

思い出の中に残っている:

有名な蝋人形

 

146.

Once a year

the heart is counting my age –

New Year’s wind chime.

 

年に一度

心が年齢を数えている ―

新年の風鐸

 

147.

Utter condescension:

feeling the passing year,

the snow stopped falling.

 

全くの謙遜:

行く年を感じながら、

雪が降り止んだ

 

148.

Late December,

extracting from darkness

the coming day.

 

12月下旬、

暗闇から抜き出している

来たるべき日を

 

149.

Thoughts babbling

on solstice night –

the year ends.

 

思いが次々によぎる

冬至の夜に ―

年が終わる

 

150.

My native turf

thousand blades of memories

crushed under feet.

 

出生地の芝土

思い出の千枚の葉

足下につぶれた

 

151.

New Year’s feast,

savouring hopes –

tasting the future.

 

新年のご馳走、

希望をかみしめながら ―

未来を味わっている

 

152.

Eye of a pond,

reflecting the past year –

two eyes of leaves.

 

池の目、

行く年を映している ―

葉の二つの目

 

153.

Rings on a tree trunk

years cannot be stolen –

treasure of age.

 

樹幹の輪

年月は盗まれない ―

年齢の宝

 

154.

Thousands of years

olive trees don’t grow in pairs;

alone towards peace.

 

数千年

オリーブの木は対には育たない;

平和に向かってひとりで

 

155.

In the autumn of life

the books’ golden leaves fall

as inheritance.

 

人生の秋に

本の金色の葉が落ちる

遺産として

 

156.

Snowing petals

from the anonymous cherry tree –

unread memories.

 

名のわからない桜の木から

雪のように降っている花びら ―

未読の思い出

 

157.

Ripe bunch of grapes,

torn ambitions –

unpicked fruit.

 

熟れた葡萄の房

引きちぎれた大望 ―

摘まれていない果物

 

 

158.

The book of silence,

parallel words aim

towards infinity.

 

沈黙の本、

似たような言葉が目指して進む

無限の方へ

 

159.

Dense passwords

time to take a breath –

three times autumn.

 

難解なパスワード

一息つく時 ―

秋に三度

 

160.

Confronting the frost,

the winter camellia –

perennial feeling.

 

霜に立ち向かっている、

冬の椿 ―

多年生の感情

 

161.

Like a frozen bridge

towards eternity,

death is beautiful.

 

凍てついた橋のように

永遠に向かって、

死は美しい

 

162.

Album of dead leaves

pressed under heavy snow –

a year’s memories.

 

枯れ葉のアルバム

重い雪の下に押しつけられた ―

一年の思い出

 

163.

The four-leaf clover

lost among the blades of grass –

the fourth age.

 

四つ葉のクローバー

草の葉の中に消え去った ―

第四の時代

 

164.

Tenacious patience –

a chance of togetherness

for the stalagmite.

 

不屈の忍耐力 ―

連帯感の機会

石筍のために

 

165.

Lazy solstice

early to bed –

happiness and joy.

 

無精な冬至

早く床に就く ―

幸せと喜び

 

166.

From a fertile mind

at the age of sagacity

many autumn tomes.

 

たしかな判断力の年齢の時に

創造力に富む知性から

たくさんの秋の本

 

167.

Colour of age

defying the frost –

November rose.

 

霜に挑戦する

年齢の色 ―

11月のバラ

 

168.

The next train’s platform,

bashful red leaves,

waiting for the wind.

 

次の電車のプラットホ-ム、

はにかんだ紅葉、

風を待っている

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

 

 

※ 銀線細工は秋田県指定の伝統的な工芸品です。江戸時代(1603-1868)に伝わったと言われています。

詳しくはこちらへ

http://www.jtco.or.jp/japanese-crafts/?act=detail&id=307&p=5&c=5

 

Silver filigree is one of the traditional handicrafts in Akita Prefecture.

It is said to have been introduced to Akita region in Edo period (1603-1868).

more information

http://www.jtco.or.jp/en/japanese-crafts/?act=detail&id=262&p=5&c=41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

winter

 

early spring

 

 

 

 

 

 

編集 蛭田秀法

Edited by Hidenori Hiruta

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

III.   FEELINGS  (2)

 

126.

For soul and body,

grain of mind, grain of wheat

sprouting peacefully.

 

魂と肉体のために、

心の粒、小麦の粒

穏やかに芽をふいている

 

127.

Hand in hand

in shared sleeplessness –

old man and the moon.

 

手に手を取って

分かち合った不眠の中で ―

老人と月

 

128.

United in prayer,

palms become wings

flying to the sky.

 

祈りの中で結合され

手のひらは翼になり

空に飛んでいく

 

129.

Years of solstice

uninterrupted, glacial,

I’m not losing hope.

 

至点の数年

とぎれなく、冷ややかに、

私は希望を失っていない

 

130.

With white stars

the sky is weeping for us –

snow of forgiveness.

 

白い星と共に

空は私たちのために涙を流している ―

容赦の雪

 

131.

Falling leaves, the price

of fruit; my tiredness

completes me.

 

落ちている葉、果実の価格;疲労が

私を完成させる

 

132.

Incandescent words

in verses, ribbons of smoke

to the white paper.

 

詩の中の見事な言葉、

煙のリボン

白い紙に

 

133.

Hidden silence

under the motionless bell –

peaceful impulse.

 

隠れた沈黙

静止した鐘の下 ―

安らかな衝動

 

134.

Suppressed bitterness

at the monastery gate:

bitter pilgrim.

 

抑えられたつらさ

修道院の門にて:

つらい巡礼

 

135.

Floating autumn leaves,

tenderness and harmony;

floating within.

 

漂っている秋の葉、

優しさと調和;

中を漂っている

 

136.

Dreaming is for two;

a lone wing

cannot fly.

 

夢見ることは二人のために;

連れのない翼は

飛ぶことができない

 

137.

Tormented soul,

harmony’s calling –

rustle of autumn.

 

苦しめられた魂、

調和の叫び ―

秋のサラサラした音

 

138.

With my eyes closed

I listen to the leaves, falling

like dry teardrops.

 

両目を閉じて

私は葉の音を聞く、落ちている

乾いた涙の滴のように

 

139.

In front of the world

the virtue of modesty –

a weeping willow.

 

世界の前線で

謙遜の美徳 ―

枝垂れ柳

 

140.

Hibernating wish,

agitated silence –

dormant volcano.

 

活動しないでいる願い、

かき乱された静寂 ―

休火山

 

141.

My identity:

a word at the beginning,

now I’m a spirit.

 

私の個性:

始めの言葉、

今私は聖霊である

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法

 

 

Radu Șerban “AMBASSADORIAL HAIKU”

: ラドゥ・シェルバン『大使としての俳句』

 

 

 

 

III.   FEELINGS  (1)

 

111.

Walking on water

towards immortality –

the ripple of faith.

 

水上を歩いている

不滅の方へ ―

信仰のさざ波

 

112.

Purple maple leaves

temptation of fiction

searching for the heart.

 

紫色のモミジの葉

創作の誘い

心を捜しながら

 

113.

The golden years

with the silver crown

through temperance.

 

黄金の年月

銀色の冠と共に

節制を通して

 

114.

Falling without wind,

yellow leaves. I will fall

under the years.

 

風がないのに落ちている

黄色の葉。私は落ちるだろう

年にかなわず

 

 

115.

A grain of coffee

flavour of harmony:

two halves in a seed.

 

一粒のコーヒー

調和の風味:

1つの種に2つの半分

 

116.

Alone in the forest,

faith ignites

the light of the mind.

 

森の中で一人

信仰が火をつける

心の光に

 

117.

Cardinal crosses

the same all over the world,

guiding the spirit.

 

主要な十字架

世界中で同じ

霊を導いている

 

118.

Empty hanger:

deep, in the sorrowful hearts

winter is coming.

 

空のハンガー:

深く、悲しみの心の中に

冬が来る

 

119.

Drops of tenderness,

flakes disguised as rain –

thaw in my soul.

 

優しさの滴、

雨と化した薄片 ―

私の魂の中で解ける

 

120.

Tree in winter,

water of life in its trunk,

the spirit within.

 

冬木、

その幹の中に生命の水、

精神は内部に

 

121.

Bottom of the pond,

leaves from the afterlife –

I await my passing.

 

池の底、

来世の葉 ―

私は自分が他界するのを待つ

 

122.

In the sky and soul,

written with flying snowflakes –

edict of peace.

 

空と魂において、

飛んでいる雪片で書かれた ―

平和の勅令

 

123.

Power of prayer

melting the flakes of drunkenness –

white ghosts.

 

祈りの力

大酒飲みのフレークを溶かしている ―

白い幽霊

 

124.

The cold within –

on the retina of love

dew of tears.

 

内部の寒さ ―

愛の網膜に

涙の露

 

125.

Winter breathes

sentiment of transition –

geyser of the soul.

 

冬が吸い込む

推移の心情を ―

魂の間欠泉

 

 

Edited and translated into Japanese by Hidenori Hiruta

編集・和訳 蛭田秀法