Here is an e-mail sent from Ms. Djurdja and Stjepan in June this year.

 

Thank you dear Hidenori Hiruta-san.

Now we returned from another haiku meeting, this time in Ludbreg, a small town in the North of Croatia, The Centre of the Earth. 

Again we met our dear haiku pals, shared a day with them.  My husband and two haiku friends Milena Ljudmila Mrsic and Dubravko Korbus from our town of  Ivanic Grad were with us and we travelled together.  We love haiku and love being a part of the wonderful haiku world.

 Two days ago I posted a haiku collection by Dubravko Korbus to you, hope it arrives well.  He is my husband’s friend.  They worked together and Dubravko started to write after reading Stjepan’s haiku, and much talking about haiku.

 It is not easy for my husband to say, how thankful he is for all you do for his work.

That fine thread of respect and thankfulness…. it cannot be posted into words.

 Haiku belongs to those who belong to haiku. 

 

Thank you.

Djurdja and Stjepan from Croatia

 

Here is a photo of a haiku collection by Dubravko Korbus.

 

 Dubravko Korbus (1)

 

Here are 14 haiku from a haiku collection by Dubravko Korbus

 

 

village to village

church bells escort

a storm cloud

 

村から村へ

教会の鐘が付き添う

嵐雲に

 

 

all the shadows

inhaled quickly

by a stormy cloud

 

全ての影

すばやく吸い込まれる

嵐雲に

 

 

everything

stops breathing just before

the storm starts

 

あらゆるもの

息を止める 

嵐が始まるちょうど前に

 

 

an unkempt garden

with another thunderclap

an even deeper silence

 

手入れをしてない庭

もう一つの雷鳴で

ずっと深い静寂

 

 

expecting the storm

an old apple tree’s shadow

frozen

 

嵐を予期して

古いりんごの木の影が

凍っている

 

 

the storm

the hedge is ready

for its passage

 

生け垣が備えている

その通過に

 

 

the first raindrop

a deep circle

in the thick dust

 

最初の雨滴

深い輪

濃い塵の中に

 

 

arms wide open

in a dense, summer rain

– the scarecrow

 

両腕を広くひろげている

濃い、夏の雨の中

― 案山子

 

 

lightning

screaming

silence

 

稲妻

金切り声

静寂

 

 

the storm

having no mercy

for an old scarecrow

 

慈悲はない

老いた案山子のために

 

 

after the summer storm

there remains only the legs

of the old scarecrow

 

夏の嵐の後

脚だけがそこに残っている

老いた案山子の

 

 

a rainbow

its colours gleam

through the hailstones

 

その色が輝く

ひょうを通して

 

 

disappearing clouds

the raindrops abandon themselves

to the sunshine

 

消えていく雲

雨滴が身を任せる

太陽に

 

 

after the rain

each treetop spreading

its shadows

 

雨の後

こずえがそれぞれ広げている

その影を

 

 

The next posting ‘The Results of The 2nd Japan-Russia Haiku Contest ’ appears on September 7.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

 

 

震災被災地に届いたスペインの応援に感謝:ハポン・サムライ・支倉常長俳句賞

 

慶長遣欧使節・日本スペイン交流400年記念
ハポン・サムライ・支倉常長俳句賞

2013年は支倉常長らの慶長遣欧使節がスペインやローマへ向けて出発してから400年にあたります。スペイン南部のハポン(スペイン語で「日本」)姓を持つ人々が多く住む町コリア・デル・リオは使節ゆかりの地。この町から2011年に、東日本大震災被災地へ励ましの俳句が送られたのに感謝を込め、日・スペイン両国の交流促進のために俳句を募集します。

選者  有馬朗人(実行委員長、国際俳句交流協会会長、

                           天為主宰)

     高野ムツオ(小熊座主宰)

     対馬康子(天為編集顧問) 

     星野高士(鎌倉虚子記念館館長、玉藻副主宰)               

特別選者(名誉実行委員長)支倉常長家13代 支倉常隆

募集  :二句一組(未発表作品)、何組でも応募可

投句料 :一般の部は、一組につき1,000円(小為替または現金書留)、中高生の部、小学生以下の 部は無料

投句用紙:用紙は自由。作品とともに以下を明記のこと。            

 俳号(持っている人のみ、フリガナも) ②本名(フリガナも)

  ③性別   ④住所  ⑤年齢   ⑥ 学校名   ⑦電話番号

締め切り: 2013年8月31日(当日消印有効)

送付・問い合わせ先:

郵便番号248-0002
神奈川県鎌倉市二階堂
231-1
鎌倉虚子立子記念館内 ハポン支倉常長俳句賞事務局 (電話0467-61-2688)

表彰式:2013年10月9日(水)東京・市ヶ谷のスペイン国営セルバンテス文化センター東京とスペイン・マドリードの同センター本部で同時実施の予定

賞:各部ごとに最優秀賞、優秀賞、選考委員特別賞。

 一般の部・最優秀賞にはトルコ航空提供の日本・スペイン往復航空券(エコノミークラス)が提供されます。

 入賞者全員に支倉常長家家紋入り扇子と手ぬぐいを贈呈します。

入賞作品集:スペインで行われる姉妹コンクールの入賞作品と共に入賞作品集を作成し、記念館のホームページにも掲載します。

主催:鎌倉虚子立子記念館・ハポン支倉俳句賞実行委員会

協力:国際俳句交流協会、俳誌「天為」、「玉藻」、「小熊座」

協賛:リヤドロジャパン トルコ航空 

         スペイン国営セルバンテス文化センター東京

    みちのく伊達政宗歴史館

後援: スペイン大使館 読売新聞社  

 

天為俳句会発行の俳誌「天為」8月号にお知らせが掲載されています。

 

 日・スペイン 002

 

投句用紙の例として参考にして下さい。

 

日・スペイン 001 

俳句が世界との架け橋となるよう期待しております。

 

 The next posting ‘Haiku by Dubravko  Korbus ’(1) appears on August 31

 

― Hidenori Hiruta

 

 

 

On June 9, Ms. Djurdja Vukelic Rozic , my haiku friend in Croatia, sent me an e-mail as follows.

Dear Hidenori-san,

thank you for your kind message.  Yesterday we were in the town of Krapina, there we have annual haiku meeting to the memory of Croatian foremost haiku poet Dubravko Ivancan (1931-1982), who wrote such wonderful haiku during sixties and seventies of the XX century.  Ha was the best friend of late Vladimir Devide. 

Ms. Rozic also sent me haiku by Dubravko Ivancan.

Here are a photo and haiku.

Dubravko Ivančan

Born in Krapina on March 6th, 1931. died in Zagreb, January 29th, 1982. 

 

Dubravko Ivančan

 

クロアチア(他の作家) 001

 

From the haiku collection Metropolis (The sketches from Paris)

Alfa, August Cesarec, Zagreb 1977.

Translated by Djurdja Vukelic Rozic

And translated into Japanese by Hidenori Hiruta.

 

 

 

Stablo u aleji      

velegrada.  Svijetli

svojom svjetiljkom.

 

Tree in a line

in the city.  Lights

with its own lamp.

 

一列の木

市内で.光が

自分のランプと一緒に

 

 

Noć velegrada.   

Samo obasjana lutka

motri suprotne izloge.      

 

Metropolis night.

Only an illuminated dummy

watches the shop-window opposite.

 

大都市の夜

照らされたマネキン人形だけ

反対側のショーウィンド-を見る

 

 

Ulica

velegrada.  Noćenje

automobila.

 

A street

of the metropolis.  The cars’

overnight stay.

 

通り

大都会の.車の

一晩の駐車

 

 

S visoka kata visi

zid

u noć.

 

Hung from a high floor

the wall

in the night.

 

高い階から掛かっている

その壁

夜に

 

 

Vožnja u metrou.

Nad nekim umornim putnicima    

-čitav velegrad.

 

Ride on the subway.

Above some tired passengers

– a whole metropolis.

 

地下鉄に乗る

何人かの乗客の頭上に

― 大都市全体が

 

 

Most

mimoilazi sama sebe:       

automobili!

 

The bridge

passing over itself:

the cars!

 

自分の上を通り過ぎて行く

車!

 

 

Stanica… tu se

sastaju 

-kolosijeci…

 

The station … here

they meet

– the railway tracks

 

駅...ここで

出会う

-鉄道線路の軌道

 

The next posting ‘Haiku by Dubravko  Korbus ’(1) appears on August 10.

 

― Hidenori Hiruta