年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の7回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(7)

 

アレクサンダー ドーリン選(1)

 

 

特選

 

У моря

Малыш подставляет волне

Ладошку

 

Гранкин Николай Владимирович

Grankin  Nikolay

 

海はここ

ぼうやは波のほうに

手を向く

the sea is here

a baby is there in the waves

waving his hands

 

 

入選

 

быстро-быстро

маленький краб убегает

взбаламутив песок

 

Шаповалова Марина

Shapovalova  Marina

 

素早く 素早く

小さいカニが逃げる

砂を動かしながら

 

quickly-quickly

little crab fleeing

stirring up the sand

 

 

Зацвёл шиповник,

Аромат расстаял

 Соленым Бризом..

 

Грибушина Елена (ギリブシナ エレナ)

Gribushina  Elena

 

イバラ さく

しおかぜかおり

とけた..

 

wild Rose blooms-  -salt wind – this flavor melted.

 

 

Взмах весла-крыла.

В море или небе

Лодка на горизонте?

 

Ловина Елена Александровна (ロービナ レーン) 

LOVINA  ELENA

 

オールまたは、羽の一漕ぎ

海または、空の

あれは水平線上のボートだろうか

 

A sweep of an oar-wing.

In a sea or a sky

Is that a boat on a horizon?

 

 

Сибирская зима

Накрыла белой скатертью залив

Вдали – крошки-рыбаки

 

СУМАРОКОВА Ольга(スマロコワ オリガ)

SUMAROKOVA  Olga 

 

シベリアの冬

白いテーブルクロスで湾を覆う

遠くに点々と釣師

 

(日本・ウラジオストク協会副会長鈴木修訳)

 

Siberian winter

Served the white table cloth over gulf

The fishermen like drops on it

 

 

Далёкое море

тихо рокочет на ухо –

витая ракушка.

 

АДЫЕВА Дарья Владимировна(アディエワ ダリア)

ADYEVA  Daria

 

遠い海

静かな波の音

巻貝に

 

Distant Sea – quiet sound of the wave (in the ear) – spiral shell.

 

 

Море белое

Зимой, когда крепко спит.

Птица на лед садится.

 

ШАПКИНА Анна Николаевна

SHAPKINA  Anna

 

白い海

冬時に寝る

氷上の鳥

 

The sea can be white

In the winter, while sleeping.

A bird on the ice.

 

 

Тихое море

С дымком (и) солёным ветром

Будем пить чаёк

 

Cухарева Надежда Валерьевна(スハレヴァ ナデジダ)

Sukhareva  Nadezda

 

 

静かな海

煙と塩風

私たちはお茶を楽しむ

 

The tranquil sea
with smoke and salty winds
We will enjoy a tea

 

 

Яркий закат
Раскрасил облаками водную гладь.
Золотой Рог.

 

РЗАЕВА Яна Ровшановна

RZAEVA  IANA

 

ぎらぎら照りつける太陽 -

雲に彩られ、水のような-

金色の角

 

Blazing sunshine — colored by clouds a mirror-like water. — The Golden Horn.

 

 

камешек с моря

на миг обнимет

теплая волна

 

САВЧЕНКО Петр Александрович(サワシエンコ サワシエンコ)

SAVCHENKO  PETR

 

海の小石

しばらく、暖かな抱擁

波との

 

sea pebble —

for a moment, a warm embrace

of the wave

 

 

пульс океана

замерев я слушаю

мы одной крови

 

ПЛАНУТЕНЕ Марина

PLANOUTENE  Marina

 

海の鼓動 -

私は耳を傾ける -

私たちは同じ血を持っている

 

The pulse of the Ocean – I’m listening – We’re of the same blood.

 

 

English translations by Olga Sumarokova   英訳 スマローコヴァ オリガ

Japanese translations by Hidenori Hiruta  和訳 蛭田秀法 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(8)アレクサンダー ドーリン選(2)’ appears on October 1.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の6回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(6)

 

石田冲秋選

 

 

特選

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

 

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

 

入選

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

 

海底の謎まだ知らぬ朧月  秋田市 種村聖巴子(せいはし) 

 

Дно морское

Не разгаданная тайна

Туманная Луна

 

the bottom of the sea

its mystery is still unknown

the pale moon

 

 

海の砂繋げおが嶋椿咲く  秋田市 木場香織   

 

Морская коса

До островов Ога

Цветут камелии

 

the sea sand,

link the Oga isles

camellias bloom

 

 

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

 

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

 

絶叫呑みし彼の日の海や陽炎へる

(ぜっきょうのみし かのひのうみや かげろえる)

秋田市 地主重子

 

Поглотившее крики

В тот день море

Струится воздух там

 

the sea that day,

when it swallowed screams 

a heat haze shimmering there

 

 

荒磯の梅雨空重き男鹿の海  秋田市 大宮浩樹

 

Скалистый берег

Набухшее небо сезона дождей тяжелеет

Море Ога

 

in rough rocky beach 

the cloudy sky during the rainy season getting heavy

the Oga sea

 

 

夏蝶の飛ぶ先の先日本海  秋田市 伊藤慶子

 

Летняя бабочка летит вперед

Её путь лежит к

Японскому морю

 

summer butterfly flying ahead

there further ahead lies

the Sea of Japan

 

 

真青に帆船来たり聖五月  仙台市 赤間学

 

В синеве

Парусник

Благословенный май

 

all pale

the sail boat comes here

the Holy May

 

 

海に降る雪のようなり命逝く  神戸市 岸野富美子

 

Как снег,

Падающий в море,

Тает жизнь

 

like snow

falling into the sea

lives gone

 

 

新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

 

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(7)アレクサンダー ドーリン選’ appears on September 28.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の5回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(5)

 

工藤一紘選

 

 

特選

 

癒えぬ間に春風渡る地震の海  秋田市 五十嵐悦子

 

Горе не проходит

Снова приносит весенний ветер

С моря после землетрясения

 

the sorrow never disappears

spring wind blowing from the sea again

after the earthquake

 

 

入選

 

雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁

 

В море облаков

След от крыла

Годовщина у камикадзэ

 

in a field of clouds

the wings leaving the channel behind –

the anniversary of kamikaze pilots

 

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

 

海底の謎まだ知らぬ朧月  秋田市 種村聖巴子(せいはし) 

 

Дно морское

Не разгаданная тайна

Туманная Луна

 

the bottom of the sea

its mystery is still unknown

the pale moon

 

 

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

 

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

 

生還の夫と見てをり春の海  秋田市 進藤八重子

 

Вернулся живым

Я с мужем смотрю

На весеннее море

 

after safe return

my husband and I gazing at

the sea of spring

 

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

 

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

 

海鳴りやピアスぴかりと雪女  秋田県五城目町 伊藤智子

 

Рёв моря

Блеск её серег

Снежная королева

 

a roar of the sea –

her pierced earrings flash

snow fairy

 

 

春の海脱走ペンギンのたり浮く  東大阪市 山本由紀子

 

Море весной

Сбежавший пингвин

Наслаждается плаванием

 

spring sea

escaped penguin crawling and

floating

 

 

真青に帆船来たり聖五月  仙台市 赤間学

 

В синеве

Парусник

Благословенный май

 

all pale

the sail boat comes here

the Holy May

 

 

新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

 

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

  

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(6)石田冲秋選’ appears on September 28.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の4回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(4)

 

手島邦夫選

 

 

特選

 

生還の夫と見てをり春の海  秋田市 進藤八重子

 

Вернулся живым

Я с мужем смотрю

На весеннее море

 

after safe return

my husband and I gazing at

the sea of spring

 

(評) さりげない静かな句である。

終戦後生きて帰った夫と見た春の海を思い出して作ったのか、戦後六十余年経て現在の幸せをかみしめているのかどちらかであろうが、春の海の麗らかさが、過酷な夫や自分の体験を包み込んでいて、しみじみとした情趣を生んでいる。

 

 

入選

 

雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁

 

В море облаков

След от крыла

Годовщина у камикадзэ

 

in a field of clouds

the wings leaving the channel behind –

the anniversary of kamikaze pilots

 

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

 

海底の謎まだ知らぬ朧月  秋田市 種村聖巴子(せいはし) 

 

Дно морское

Не разгаданная тайна

Туманная Луна

 

the bottom of the sea

its mystery is still unknown

the pale moon

 

 

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

 

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

 

山萌えて雄物の清流果つる海

(やまもえて おもののせいりゅう はつるうみ)

秋田市 竹下氣平(本名 哲)

 

Рожденный в горах

Чистый поток реки Омоно

Умирает в море

 

mountains sprouting

clear stream of the Omono River ends

into the sea

 

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

 

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

 

癒えぬ間に春風渡る地震の海  秋田市 五十嵐悦子

 

Горе не проходит

Снова приносит весенний ветер

С моря после землетрясения

 

the sorrow never disappears

spring wind blowing from the sea again

after the earthquake

 

 

君と僕真夏の海のど真ん中  秋田市 太田茉莉子

 

Ты и я

В самом центре

Самого летнего моря

 

you and I

in the very center of

summer sea

 

 

海開きイクメンパパの出番です  秋田市 斎藤盛又

 

Открыт пляжный сезон

Очередь папы

Заботиться о ребенке

 

the beginning of the swimming season

it’s the turn of papa

loving child care

 

 

夏蝶の飛ぶ先の先日本海  秋田市 伊藤慶子

 

Летняя бабочка летит вперед

Её путь лежит к

Японскому морю

 

summer butterfly flying ahead

there further ahead lies

the Sea of Japan

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(5)工藤一紘選’ appears on September 27.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の3回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(3)

 

五十嵐義知選

 特選

 

新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

 

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

海に落ち込んでいる岸壁の一部が石敷きになっているのであろう。海に向かって真っ直ぐに石畳が続いている。あるいは少し離れているが石畳の向うに海が広がっていて、いかにも海と石畳が続いているように見えるのである。いずれにしても新涼の清清しさと寄せては返す波の様子、石畳の硬質で水が勢いよく流れる様は、暑さ涼しさを繰り返しながらも確実に秋に近づいている初秋の情景を端的に表しているのである。

 

 

入選

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

 

海底の謎まだ知らぬ朧月  秋田市 種村聖巴子(せいはし) 

 

Дно морское

Не разгаданная тайна

Туманная Луна

 

the bottom of the sea

its mystery is still unknown

the pale moon

 

 

船旅や遠きウラジオ夏の雨  秋田市 石川唯志

 

 

Морское путешествие

Далеко от Владивостока

Летний дождь

 

voyage –

there in far-off Vladivostok

summer rain

 

 

梅雨晴れの海に消えゆくフェリーかな  秋田市 幸野稔

 

Разъяснилось в сезон дождей

В море исчезает

Наверное, паром

 

in the sunny weather during the rainy season

it vanishes away into the sea

the ferry

 

 

荒磯の梅雨空重き男鹿の海  秋田市 大宮浩樹

 

Скалистый берег

Набухшее небо сезона дождей тяжелеет

Море Ога

 

in rough rocky beach 

the cloudy sky during the rainy season getting heavy

the Oga sea

 

 

夏蝶の飛ぶ先の先日本海  秋田市 伊藤慶子

 

Летняя бабочка летит вперед

Её путь лежит к

Японскому морю

 

summer butterfly flying ahead

there further ahead lies

the Sea of Japan

 

 

干拓の海抜ゼロの桜狩  秋田県五城目町 伊藤沐雨

 

Осушенные земли

0 метров над уровнем моря

Цветет сакура

 

at the reclaimed land

of zero meters above sea level

cherry blossom viewing

 

 

はるばると来てバルト海白夜なり  秋田市 山内誠子

 

Долго добирались

Наконец мы здесь, Балтийское море

Ночь под полуночным солнцем

 

after a long journey

we are here in the Baltic Sea

night under the midnight sun

 

 

真青に帆船来たり聖五月  仙台市 赤間 学

 

В синеве

Парусник

Благословенный май

 

all pale

the sail boat comes here

the Holy May

 

 

夏怒涛テトラポッドに砕け散る  八代市 貝田 ひでお

 

Летние злые волны

От волнорезов

Отбиваясь, исчезают

 

summer angry waves

against the tetrapod

break into nothing

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

   

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(4)手島邦夫選’ appears on September 26.

. 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の2回目です。

日露俳句コンテスト

一般の部(2)

 

矢野玲奈選

 

特選

 

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

 

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

 

荒海と桜貝の組み合わせが良いです。

 

 

入選

 

梅雨晴れの海に消えゆくフェリーかな  秋田市 幸野稔

 

Разъяснилось в сезон дождей

В море исчезает

Наверное, паром

 

in the sunny weather during the rainy season

it vanishes away into the sea

the ferry

 

「梅雨晴れ」と「消えゆく」のずれが面白いです。

 

 

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

 

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

少し力が入ってしまっていますが、モチーフは良いと思います。

 

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

 

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

母なる海の大きさを感じます。

 

 

山男海の広さにおどろけり 仙北市 高橋亮順

 

Альпинист с высоты

Удивляется

Океанским просторам

 

the mountain climber

in amazement at

how wide the sea is

 

海が身近にない人にとって驚くほどの海の広さ。「おどろきし」という言い回しにすると無理がありません。

 

 

大宇宙地球のふろしき海光る  秋田市 桝田純子

 

У космоса

Для земли фуросики –

Сверкающее море

 

Фуросики – квадратный кусок материи, узелок, в который заворачивают всё – от одежды до книг.

 

the macrocosm

the earth’s cloth wrapper –

the sea shines

 

独自の表現を見つけたところが良いと思います。

 

 

荒磯の梅雨空重き男鹿の海  秋田市 大宮浩樹

 

Скалистый берег

Набухшее небо сезона дождей тяжелеет

Море Ога

 

in rough rocky beach 

the cloudy sky during the rainy season getting heavy

the Oga sea

 

実感があります。

 

 

はるばると来てバルト海白夜なり  秋田市 山内誠子

 

Долго добирались

Наконец мы здесь, Балтийское море

Ночь под полуночным солнцем

 

after a long journey

we are here in the Baltic Sea

night under the midnight sun

 

「はるばると」で感動していることがわかりますが、もう少し内容が加わると良いと思います。

 

 

春の海脱走ペンギンのたり浮く  東大阪市 山本由紀子

 

Море весной

Сбежавший пингвин

Наслаждается плаванием

 

spring sea

escaped penguin crawling and

floating

 

脱走ペンギンとは群れを離れたということでしょうか。気ままにしている感じが面白いです。

 

 

真青に帆船来たり聖五月  仙台市 赤間学

 

В синеве

Парусник

Благословенный май

 

all pale

the sail boat comes here

the Holy May

 

清々しく感じます。

 

 

新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

 

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

新涼の頃の空気感がよく伝わってきます。

 

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

 

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(3)五十嵐義知選’ appears on September 25.

 

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

 

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は一般の部の1回目です。

 日露俳句コンテスト

一般の部(1)

 

内村恭子選

 

特選

 

春の海脱走ペンギンのたり浮く  東大阪市 山本由紀子

Море весной

Сбежавший пингвин

Наслаждается плаванием

 

spring sea

escaped penguin crawling and

floating

 

(特選) 何ともとぼけた句ですが、時事を上手く俳句に取り入れました。他の句と違う視点が新鮮で特選とさせていただきました

 

 

入選

 

雲海に澪曳くつばさ特攻忌   秋田市 和田仁

 

В море облаков

След от крыла

Годовщина у камикадзэ

 

in a field of clouds

the wings leaving the channel behind –

the anniversary of kamikaze pilots

空を見て海を想う。特別な表現を使わずに深い心を表現しています。

荒海のそのふところの桜貝   秋田市 山田恵子

Бурное море

В этой гуще

Розовые ракушки

 

in the turbulent sea

there inside lives

pink bivalve

桜貝の繊細で静かな美しさが、荒海を配することでより引き立ちます。

  

父うたうカチュ-シャの歌海朧  秋田市 寺田恵子

Папа любил

Песню Катюши

Туманное море

 

my father sings

the song of katyusha

the sea is pale

 

歌詞も少し忘れてしまったような古い歌を、しかも父が歌ったという、朧の季語が生きています。

  

山萌えて雄物の清流果つる海

(やまもえて おもののせいりゅう はつるうみ)

秋田市 竹下氣平(本名 哲)

Рожденный в горах

Чистый поток реки Омоно

Умирает в море

 

mountains sprouting

clear stream of the Omono River ends

into the sea

一気に山から下る川の雄大な様子が見えます。

 

薫風の生れ在所も海なりし  秋田市 伊藤義一

Свежий ветерок в начале лета

Откуда родом ты?

Из моря тоже

 

early summer breeze

its birthplace is also

the sea

 

いつも海とともに生きている姿が見えます。薫風と海の取り合わせが新鮮。

  

癒えぬ間に春風渡る地震の海  秋田市 五十嵐悦子

Горе не проходит

Снова приносит весенний ветер

С моря после землетрясения

 

the sorrow never disappears

spring wind blowing from the sea again

after the earthquake

 

心よりも季節が無常に過ぎて行く。それも春風というのが切ないです。

  

君と僕真夏の海のど真ん中  秋田市 太田茉莉子

Ты и я

В самом центре

Самого летнего моря

 

you and I

in the very center of

summer sea

 

解放感いっぱいに海の広さが良く見えます。人物を配して視点を絞ったのが成功の鍵。

  

夏蝶の飛ぶ先の先日本海  秋田市 伊藤慶子

 

Летняя бабочка летит вперед

Её путь лежит к

Японскому морю

 

summer butterfly flying ahead

there further ahead lies

the Sea of Japan

 

何千キロも旅する蝶もいると聞きます。蝶の飛ぶ姿に自分を託して旅心が生まれます。

  

海に降る雪のようなり命逝く  神戸市 岸野富美子

Как снег,

Падающий в море,

Тает жизнь

 

like snow

falling into the sea

lives gone

 

淡い命。海との取り合わせ。真にはかない。

 

 新涼の海へまっすぐ石畳  市川市 小田中準一

В свежее прохладное

Море прямо бежит

Мостовая

 

to the fresh cool

of the sea does it go straight

stone pavement

 

海へ続く道はいつでも高揚感が伴います。新涼と石畳の取り合わせが良い呼応です。

 

Russian translations by Olga Sumarokova  

ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

English translations by Hidenori Hiruta 

英語訳 蛭田 秀法

 

 The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般の部(2)矢野玲奈選’ appears on September 24.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

 

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しておりましたが、今回は間近に迫ってきた日露俳句大会について「ロシア俳句事情-日露俳句大会に寄せて-」というタイトルで拙稿をお届けします。

最初、日露俳句大会・秋田大会のポスターをご紹介します。

 

 

次に、拙稿を掲載します。

 

2011(平成23)年9月末、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク(幸野稔理事長)の主催によりロシア沿海地方の州都ウラジオストク市で俳句を通じた文化交流を行った。

秋田県、国際教養大学、国際俳句交流協会、日航財団の支援と、現地でのウラジオストク日本センターと極東連邦大学の全面的な協力を得て、東方学校で俳句レッスン、極東連邦大学で俳句ワークショップ、ウラジオストク日本センターでは俳句の講演を行った。

交流を通じて知ったことは、日本語の勉強や学習が幼稚園、小学校、大学、日本センターなどの公的な機関で取り上げられているということであった。同時に、日本文化の学習も行われ、アニメやマンガ、そして日本文学など各層の人たちによって愛好されていることも分かった。

俳句に関しては、極東連邦大学で日本語と日本文学を専攻している学生や、ウラジオストク日本センターで日本語と日本文化を学んでいる市民の間に俳句に対する興味関心が起こり、俳句熱が一気に高まり、本年5月に日露俳句コンテストを開催。9月に秋田、ウラジオストクの両市で日露俳句大会を開催することになった。

コンテストに対してロシア全土から応募があり、一般44句、学生14句計58句の応募数であった。予想外のうれしい驚きとなった。

応募者の居住地域は、よく知られている地域としてウラジオストク、サハリン、モスクワ、サンクトペルブルクであった。あまり知られていない地域はマガダン(オホーツク海に面する港湾都市)、ビロビジャン(ハバロフスク地方、ユダヤ人自治州の都市)、ノヴォシビルスク(シベリアの中心的な都市)、ウファ(ウラル地方の工業の中心地)、ブラゴヴェシチェンスク(シベリア南部のアム-ル州の州都)、スヴェルドロフスク(中部ウラル、北ウラル山脈東麓および西シベリア低地の西限に位置する州)、ペルミ(工業都市でシベリア鉄道が通る鉄道の分岐点)、チュヴァシ共和国(沿ヴォルガ連邦管区に属する共和国)、タタールスタン共和国(沿ヴォルガ連邦管区の中央に位置する共和国)、モスクワ州(独立しているモスクワ市の周囲)、カルーガ(ロシア連邦南西部、モスクワから南西に188km)、クラスノダール(ロシア連邦南部の都市。モスクワから南に1540km)、チフヴィン(サンクトペテルブルクから東へ20km)の各地域であった。

 意外に俳句愛好者はロシア全土に広がっていることが分かり、専門学校や大学、そして日本センターによる日本語や日本文化についての学習や講座のお陰のようである。

また、ウラジオストク日本センターの「文化同好会」のホームページで当コンテストについてロシア語で応募を呼びかけたことも助けになったと言える。

 ここで、最新情報としてロシアの俳句人口を対象にした俳句大会について紹介します。

近畿フォーラム21(大阪市内にある任意団体)が「蕪村顕彰俳句大会」を主催し、来年3月に海外から応募のあった優秀な俳句を表彰します。大阪市政策企画室秘書部(国際交流推進)が窓口になり、大阪市と姉妹都市関係にあるサンクトペテルブルグ市にあるサンクトペテルブルグ日本センターが応募を呼びかけています。

 秋田市で開催される俳句大会は秋田県とロシア沿海地方の包括的な交流の促進のため、秋田市とウラジオストク市姉妹都市締結20周年記念行事として、さらに石井露月生誕140年のお祝いのために開催しますが、ウラジオストク日本センターと在ウラジオストク日本国総領事館では、日露経済交流の一環として位置づけ、準備を進めています。

 あらたに、「ウラジオストク日本センター賞」が日本からの応募者の優秀句10句に贈呈され、副賞として「帆船ナジェダ号」のメダルが贈呈されます。「ナジェダ」はロシア語で「希望」という意味です。ナジェダ号を動かし、秋田港に接岸させるためには、県民の皆様の俳句大会への参加が望まれます。熱意と誠意を表し、文化交流だけでなく、経済交流の発展も切望するものです。922日午後130分から秋田市千秋明徳町の「ジョイナス」を会場として開催します。ロシアの俳句と短歌事情について極東連邦大学准教授・与謝野晶子記念文学会会長のスレイメノヴァ アイ-ダ先生の日本語によるお話、記念講話、詩歌朗詠、千秋公園を散策しながら俳句を詠む会もあります。皆様のご参加を期待しています。

 

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」一般部門(1) 内村恭子選’ appears on September 19.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は学生部門の8回目です。

日露俳句コンテスト

学生部門(8)

蛭田秀法選

 

特選

 

Маяк на холме
зазывает обратно:
«Возвращайтесь на берег»

 

Priority Center (English courses)

Бородина  Евгения

Borodina Eugenia  (ボロディナ ユージニア)

丘の灯台
岸辺へ帰ろと
誘ってる

 

Lighthouse on the hill
beckoning back:
“Go back to the shore”

2011年9月下旬アムール湾に面するウラジオストクの湾岸沿いに立つホテルに8日間滞在。夕焼け、毎日違う様相を見せる波、はるか水平線の向こうに見える島々が今でも目に浮かぶ。そして、左側の向こうの丘に立つ灯台。船を、そして帰らぬ人も誘っているようである。

 

 

入選

 

Я вижу – море бесконечно.

Но может ли вода

Сравниться бесконечностью с душой?

 

ШРИМИ, ДВФУ

ИВАНОВ Иван Иванович

Oskina  Anna

オスキナ アンナ

 

無限の海

水はどうして無限なの?

私の心と違って

 

I saw an endless sea.

But how can water be more endless,

Than my spirit?

 

秋の空のように変わりやすい人の心。しかし、この海と水は一体なくなるなんてありうるだろうか。

 

 

Разгорается солнце

Теплый ветер гонит

Лепестки волн

 

GLEBOV  Vitalyistudent of FEFU

 

太陽が輝く

暖かな風が運ぶ

波の花びらを

 

The Sun flares up

A warm wind drives

The petals of waves

 

波の花びらという表現がすばらしい。日本語に「浪花」という言葉があり、浪がくだけて花のように見えるものを言う。

 

 

Морской ветер

Смотрю вдаль

Солнце заходит

 

ZOTOV Aleksandr, student of FEFU

 

海の風

遠く遠くへ

日が沈む

 

the sea wind

blows farther and farther

the sunset

 

海に来て海風をじっと受ける。しばらくたたずみ、夕日を眺める。

 

 

В зыбком тумане

Тают выкрики чаек.

Корочка льда

 

Российский государственный гуманитарный университет

ПОПОВА Наталия Алексеевна

POPOVA  Nataliya 

ポポワ ナタリヤ

 

薄霧に鴎が消える薄氷

 

厚かった氷が溶け始め、蒸気となって霧が立ちこめる。カモメが飛んでいたのだが、霧の中に姿が消える。

 

 

In the fragile fog

Melt the cries of the seagulls.

Crust of a thin ice.

 

 

Море – искусный каллиграф:

Ловя камень любой формы,

Оно всегда рисует круг.

 

オムスク国立大学 (Омский государственный университет имени Ф.М. Достоевского)

Бессараб Анастасия Владимировна

Bessarab  Anastasiya Vladimirovna 

べッサラブ ヴラヂミロヴナ

 

能書の海:
形構わず石を取り、
常に円を描く

 

The Sea is a skilled calligrapher:
Catching a stone of any shape,
It always draws a circle.

 

海を書家にたとえた表現。見方がおもしろい。

 

 

Всякую печаль

У морского берега

Уносят волны

(Перевод И. Максименко)

 

ウラル連邦大学

Максименко Ирина

Maximenko  Irene

マクシメン コイリーナ

 

悲しみを

海岸にいるとき

波が取る

 

Every sadness

Near the seashore

 Is carried by waves.

(Translated by I. Maximenko)

 

「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたわむる」石川啄木

 

 

Вижу воду и берег

И чайку в небе

Была бы только лодка

 

ФГОУ ВПО Национальный исследовательский технический университет «МИСиС»

ВАСИЛЬЕВ ПАВЕЛ НИКОЛАЕВИЧ

VASILYEV  PAVEL 

ワシリエフ パベル

 

海と岸を見る

そして、空にはカモメ

ただボートさえあれば

 

I see water and shore

And the seagull in the sky

If only a boat there was

 

空飛ぶカモメのようになれれば。せめてもボート。

 

 

Волна за волной,
Забрало море. Мысли
Превратились там в соль.

 

Uludağ Üniversitesi, Sosyal Bilimler Enstitüsü, Turkey, Bursa.

Шарипов Айдар Хамзаевич

Sharipov  Aydar Hamzaevich

 

波が次々に来る

海は思いを取り上げて

塩になる

 

Wave comes after wave
The sea has taken. The thoughts
Turns to be a salt

 

甘くない現実。塩という言葉の使い方がおもしろい。

 

 

Отражение мира

В голубой бесконечности

 Манит душу

 

ノボシビルスク国立教育大学

Белоусова Анжела

ベロウーソワ・アンジェラ 

 

世界の映像

青い海の無限に

心を招く

 

海の彼方の空遠く「幸い」住むと人の言う。

 

 

 The reflection of the world //                           
appealing to my heart…

 

колыбельной мотив

два синевласых старца

тихо напевают у горизонта

 

Пермский Государственный Научно-Исследовательский Университет (ПГНИУ)

ЛЯДОВА лексаКсения Андровна

LYADOVA  Kseniya

リャドヴァ クセニヤ

 

子守歌のメロディ-...

二人の青い髪の年配の人

海岸線で歌う、優しい声で

 

Lullaby’s tune…

Two blue-haired elders

croon at the sea-line

 

「青い髪」、メルヘン的な郷愁。かすかに残っている思い出。

 

 

 

English translations by Olga Sumarokova   英訳 スマローコヴァ オリガ 

Japanese translations by Hidenori Hiruta   和訳 蛭田秀法

 

 

  

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「ロシアの俳句事情 ―日露俳句大会に寄せて-」’ appears on September 18.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta

 

 

年会誌『詩の国秋田 : Akita – the Land of Poetry 』第4号のEパンフレットによる発刊にあたり、94日から「日露俳句コンテスト」の入選句シリーズを掲載しております。

今回は学生部門の7回目です。

日露俳句コンテスト

学生部門(7)

アレクサンダー ドーリン選

 

特選

 

Отражение мира

В голубой бесконечности

 Манит душу

 

ノボシビルスク国立教育大学

Белоусова Анжела

ベロウーソワ・アンジェラ 

 

世界の映像

青い海の無限に

心を招く

 

 The reflection of the world //                           

in this blue infinity// so
appealing to my heart…

 

入選

 

Маяк на холме
зазывает обратно:
«Возвращайтесь на берег»

 

Priority Center (English courses)

Бородина  Евгения

Borodina Eugenia  (ボロディナ ユージニア)

 

丘の灯台
岸辺へ帰ろと
誘ってる

 

Lighthouse on the hill
beckoning back:
“Come back to the shore”

 

 

Ехать на море

Уже расхотелось мне.

Как я поправилась за зиму!

 

ДВФУ, ШРМИ, 4 курс, специальность «международные отношения»

Фамилия Вера

Valieva  Vera 

ヴァリエヴァ ヴェラ

 

もう海へ

行きたくはない。

冬、太ったわ~

 

Going to the seaside –

I don’t want it anymore.

I’ve put on weight in winter…

 

 

Разгар сессии

Из окна вижу море

Не утонуть бы!

 

AVANESOVA Kristinastudent of FEFU

 

今試験時期

窓から海を見る

溺れやすい

 

It’s exam’s season now

Seeing the sea from the window

Easy to drown

 

 

Разгорается солнце

Теплый ветер гонит

Лепестки волн

 

GLEBOV  Vitalyistudent of FEFU

 

太陽が輝く

暖かな風が運ぶ

波の花びらを

 

The Sun flares up

A warm wind drives

The petals of waves

 

 

Морской ветер

Смотрю вдаль

Солнце заходит

 

ZOTOV Aleksandr, student of FEFU

 

海の風

遠く遠くへ

日が沈む

 

the sea wind

blows farther and farther

the sunset

 

 

В зыбком тумане

Тают выкрики чаек.

Корочка льда

 

Российский государственный гуманитарный университет

ПОПОВА Наталия Алексеевна

POPOVA  Nataliya 

ポポワ ナタリヤ

 

薄霧に鴎が消える薄氷

 

In the fragile fog

Melt the cries of the seagulls.

Crust of a thin ice.

 

 

Море – искусный каллиграф:

Ловя камень любой формы,

Оно всегда рисует круг.

 

オムスク国立大学 (Омский государственный университет имени Ф.М. Достоевского)

Бессараб Анастасия Владимировна

Bessarab  Anastasiya Vladimirovna 

べッサラブ ヴラヂミロヴナ

 

能書の海:
形構わず石を取り、
常に円を描く

 

The Sea is a skilled calligrapher:
Catching a stone of any shape,
It always draws a circle.

 

 

Вижу воду и берег

И чайку в небе

Была бы только лодка

 

ФГОУ ВПО Национальный исследовательский технический университет «МИСиС»

ВАСИЛЬЕВ ПАВЕЛ НИКОЛАЕВИЧ

VASILYEV  PAVEL 

ワシリエフ パベル

 

海と岸を見る

そして、空にはカモメ

ただボートさえあれば

 

I see water and shore

And the seagull in the sky

If only a boat there was

 

 

Волна за волной,
Забрало море. Мысли
Превратились там в соль.

 

Uludağ Üniversitesi, Sosyal Bilimler Enstitüsü, Turkey, Bursa.

Шарипов Айдар Хамзаевич

Sharipov  Aydar Hamzaevich

 

波が次々に来る

海は思いを取り上げて

塩になる

 

Wave comes after wave
The sea has taken. The thoughts
Turns to be a salt

 

 

Я воду люблю

Жаль, но лежу на песке

Плавать не учён

 

ノボシビルスク国立教育大学

Виноградов Леонид

ヴィノグラードフ・レオニード

 

水が好きけど    

海辺にいる

泳げない  

 

I like water

I am in the beach

I cannot swim  

 

 

Russian translations by Olga Sumarokova   ロシア語訳 スマローコヴァ オリガ

English translations by Hidenori Hiruta  英訳 蛭田秀法 

 

 

The next posting ‘『詩の国秋田』第4号「日露俳句コンテスト」学生部門(8)蛭田秀法選’ appears on September 1.

  

蛭田 秀法Hidenori Hiruta