Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku. Her haiku are highly appreciated and deeply loved on our website.

 

 

 

Firstly, let me post some haiku by Kala Ramesh, which are very popular among readers or audience on our website.

 

new year’s eve
all that I could have left
unsaid . . .

 

大晦日

残してきたことのありうること全て

言わないまま...

 

 

feeling as if
on a summer cloud …
hill temple

 

夏の雲の上にいるような感じ...

山寺

 

 

the waterfall rock-tumbling speckled rhythms

 

滝  岩を転がり落ちる  点々としたリズム

 

 

trying to know me
deep within me

autumn day

 

私を知ろうとしている

私の心の中の奥深く

秋の日

 

 

wading through
leaves
 
… with each step
the thoughts

 

歩いている

葉の中を通って...一歩毎に

よぎる思い

 

 

desert sands …
I enter the whole
of nothingness

 

砂漠の砂...

私は全体に入る

無の中に

 

Bio (2)

Kala Ramesh is the deputy editor-in-chief of The World Haiku Review, the official magazine of the World Haiku Club; is a member of the editorial team of Modern English Tanka Press’s new anthology, Take Five: The Best Contemporary Tanka 2008/2009/2010, is on the panel of the literary e-journal Muse India, for the areas of haiku and short verse [http://www.museindia.com/[http://www.museindia.com/viewteam.asp?id=643] .

Since April 2009, she has acted as Katha’s Poetry Editor and, in this capacity, edited an e-book of haiku, senryu, haibun, tanka, and haiga encompassing the work of 35 Indian haiku poets–the first such book to come from an Indian publishing house!

Katha is a New Delhi, India based non profit that uses storytelling to improve literacy as well as educate children from underserved communities. Started in 1988 with storytelling and publishing as the heart of its work, Katha has developed an innovative teaching pedagogy that has reached out to thousands of children in Delhi, Haryana and Arunachal Pradesh.

 

 

カーラ・ラメッシュの紹介(2)

 

世界俳句クラブの公式の刊行物である世界俳句レビューの編集長代行。現代英語短歌プレスの新作品集『五首をとる:2008、2009、2010の各年の一番優れた現代短歌』の編集チームの一員。俳句と短詩のための文芸eジャーナルのミューズ・インドの審査委員団の委員(各ホームページ参照)。

2009年からキャサの詩の編集長として活動し、俳句、川柳、俳文、短歌、そして俳画のe-bookを編集。e-book には35人のインドの俳人の作品が含まれている。このような本はインドの出版界に初めて現れたものでした。

キャサはインドのニューデリーを本拠とする非営利組織で物語を話すことを活用し、子供たちの識字力を高め、ふさわしくない社会集団の出身の子たちを教育しています。

1998年物語を話すことその出版を活動の中心として発足、キャサは革新的な教授法を開発し、デリー、ハリアナ、そしてアルナチャル=プラデーシュの数千人の子供たちに手を差し伸べている。

 

Lastly, I would like to present you with Kala Ramesh’s latest tanka.

 

Tanka

 

the word kal

in Hindi means both

what’s gone

and what’s to come…

like wearing my six-metre sari

 

A Hundred Gourds 1:3 – Summer 2012 –June

 

カルという単語

ヒンドゥ-語で両方の意味である

去るもの

そして来るもの...

私の6メートルのサリーを着るようなもの

 

 

wasted breath

thinking of things

beyond control

I recollect

father’s constant whistling

 

A Hundred Gourds 1:3 – Summer 2012 – June

 

むだな呼吸

何か物事を考えている

抑えがたい

私は回想する

父の絶え間ない口笛を

 

 

after your outburst

I felt your eyes on me

anger brewing

my hand holding the teacup

begins to tremble

 

A Hundred Gourds 1:2 – Spring 2012 – March

 

あなたの爆発の後

私はあなたの視線が私の上に注ぐのを感じる

怒りが醸造する

茶碗を持っている私の手

震え始める

 

 

loneliness

increases a hundredfold

when in a crowd

there’s no one

to stand up for me

 

A Hundred Gourds 1:2 – Spring 2012 – March

 

孤独

百倍に増す

群衆の中にいるときは

誰もいない

味方してくれる人は

 

 

 

The next posting ‘’ Haiku by Kala Ramesh in India (4) appears on November 3.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

Advertisements