Kujtim Agalliu,

President of the Albanian Haiku Club

 

Here is a haiku booklet presented to Hidenori Hiruta.

 

 

AGALLIU, Kujtim (July 15, 1949). He was born in Berat, where he also headed for seven years of education. He ended the Middle School in born city Berat. Then he went to work at the Stalin’s Mechanical Oil Plant in Kuçova. He also started his high degree studies at the Faculty of Mechanical Engineering at Berat’s branch, but because of the political situation of the family, the so-called “class war”, after a while detained him away from Faculty. So there began the odyssey of sufferings for the young man. So hi drifted from one work to another: in Wares Park (Berat) (1973-76) as worker, in the Agricultural Farm until 1978, at the Battery Plant in Uznovë (1979-90). Finally, at the Nickel-Cobalt Plant of the Metallurgical Combine – Elbasan (1990-93). Several years he was emigrant in Turkey. He lives in Elbasan. His hobby was literature and this dream was followed by footsteps all his life.

In addition to literary activity in periodicals such as “Yllka”, “Fatosi”, “Hosteni”, etc., with the beginning of democracy regime, he published the first novel: “Foggy Life”.

 

His work is:

 

1. Foggy Life – novel – 2001

2. Gusty Runlets – Haiku – 2006

3. Love Behind the Curtain – novel – 2009

4. Lejla with Turban — short stories — 2013

5. Tales and Legends ————- 2015

6. Snippets of the Soul – poems – 2017

7. The Autumn Moon – Haiku – 2017

 

Here are photos of  “THE AUTUMN MOON.”

 

 

 

For children:

 

Red Feathers Bird – fairytale – 2009

 

Translations:

 

English to Albanian:

 

1. Velebit – haiku – Tomislav Marjan Bilisniç – 2006

2. Cat and his Companions – African fairy tale – 2007

3. Tom Sojer’s Adventures – the novel for children – 2007

4. Three Princesses – Tales – 2009

5. My Naughty Little Sister – Stories for children – 2009

 

Albanian to English:

 

1. Coral – Milianov Kallupi – Haiku – 2007

2. The road for tomorrow – Lida Lazaj – Haiku – 2007

3. A Word and a Moon – Elisabeta Tafa – Haiku – 2007

4. Hanging – Gjon Neçaj – Haiku – 2007

5. The Fragile Horizon – Ferit Fixha – Haiku – 2009

6. The Heart breeze – Halil Haxhosaj – Haiku – 2009

7. … Raining Beyond – Milianov Kallupi – Haiku – 2009

8. Telegrams of Leave – Muharrem Gatim – Haiku – 2007, and many others.

There is a publication process and another book with haiku …..

 

アルバニア俳句会会長

クジチム・アガリウ

 

略歴

 

クジチム・アガリウ(昭和24年6月15日誕生)ベラートに生まれ、そこで7年間の教育を目指し,勉強した。そこで中等学校を終え、それからクツヴァのスターリンの機械・オイル・プラントに働きに出た。さらに、ベラートの分校で機械工学の学部で高等の学位取得のための学問を始めたが、家族の政治上の状況のために、いわゆる「階級闘争」によりしばらく後で、学部から引き離された。

そこから、若者にとっての苦しみの長期の放浪冒険旅行が始まった。

彼は仕事から仕事へと流浪した。昭和48―51(1973-76)年はベラートのウエアズ公園で、昭和53(1978)年までは農園で、昭和54―平成2(1979―1990)年はウヅノヴェのバッテリ施設で働きながら動いて歩いた。最後には、平成2―5(1990―1993)年にエルバサンの冶金コンバインのニッケル-コバルト工場で働いた。

数年間、彼はトルコに出稼ぎのため移住した。現在エルバサンに住み、趣味は文学であった。この夢を追って生涯に渡り、歩みを続けている。

『イエルカ』、『ファトシ』、『ホステニ』などの定期刊行物に加えて、民主主義体制とともに、最初の小説『霧の人生』を出版した。

 

作品

 

霧の人生 – 小説 – 平成13(2001)年
流れの激しい小川 – 句集 – 平成18(2006)年
カーテンの後ろの愛 – 小説 – 平成21 (2009)年
ターバンを巻いたレジェラ – 短編小説 – 平成25(2013)年
物語と伝説 - 平成27年
心の断片 – 詩集 – 平成29(2017)年
秋の月 – 句集 – 平成29(2017)年

 

子供達のために

 

赤い羽根の鳥 – おとぎ話 – 平成21(2009)年

 

翻訳

 

英語からアルバニア語

1. ベレビト山地 – 俳句 – 平成18(2006)年

2.猫と仲間達 – アフリカのおとぎ話 – 平成19(2007)年

3.トム ソーヤーの冒険 – 子供向けの小説 – 平成19(2007)年
4.三人の王女達 – 物語 - 平成21(2009)年

5.私のいたずらな可愛い妹 – 子供向けの物語 - 平成21(2009)年

 

アルバニア語から英語へ

 

1.珊瑚 – 句集 - 平成19(2007)年
2.明日への道 – 句集 - 平成19(2007)年
3.単語と月 – 句集 - 平成19(2007)年
4.つるすこと – 句集 - 平成19(2007)年
5.もろい水平線 – 句集 - 平成21(2009)年
6.心のそよ風 – 句集 - 平成21(2009)年
7.向こうで雨が降っている – 句集 - 平成21(2009)年
8.葉の電報 – 句集 - 平成19(2007)年

 

さらに、もっとたくさんの他の翻訳もありあます。

出版過程の資料や他の句集もあります。

 

 
Edited and interpreted by Hidenori Hiruta(Member of HIA)

編集・翻訳 蛭田秀法(国際俳句交流協会会員)

 

Advertisements

 

On June 28, 2017, Mr. Kujtim Agalliu, kindly sent to Hidenori Hiruta an e-mail whose subject is “Hi”, saying as follows.

 

 Honorable poets and leaders of Haiku International Association (HIA), we once received a magazine from Haiku International Association, and it was a good job, but after the death of our friend, the President of the Albanian Haiku Club, Mr. Milinov Kallupi, this correspondence was interrupted. I have taken this task and am trying to reorganize the Albanian Haiku Club, but I am at the beginning and have no experience.

 Here on the Web I found this email address and I’m addressing you to send me some details about this issue. Soon we will send you two Haiku books in two languages, English and Albanian written by our poets.

 Maybe you can help me by giving me an address where exactly we can send  our books.

 I’m waiting for your answer,

 Good job!

 Kujtim Agalliu,

 President of the Albanian Haiku Club

 

Here is a portrait of Mr. Kujtim Agalliu.

 

 

Mr. Agalliu kindly sent two Haiku books with their bios and a short introduction of the haiku in Albania.

 

Here is Haiku by Kujtim Agalliu.

 

On haiku’s wings,

flying around the wide-world

without a passport.

 

                                         

Here is a short introduction for the beginning and evolution of the Haiku in Albania

 

At the 1984s for the first time in the Albania territory, the publishing house of Kosovo published an Anthology of the Japanese Haiku, which were represented from a lot of authors. It was prepared and interpreted with notes from the painter and Academician Shyqyri Nimani, who for some months studied in Japan for the pattern art.

 

              At Albania in the year 1990, the publishing house “Naim Frasheri” published, an Anthology a little enlargement of the Japanese Haiku, where an honored place found the Japanese poets of Haiku. It was translated with a grand mastery by the well-known translator Petraq Kolevica.

 

              At the year 1996, the publishing house “Onufri” published the first book with title “Hiroshima Out From Me”, with the original Haiku of the poet Betim Muço a well-known professor, who for some time studied at Japan.

 

              After three years later at 1999s the poet and well-known scholar Moikom Zeqo, published his first book with Haiku with title “The After Death Terza Rima of Japonese Dante”.

              At the year 2000, the poet Milianov Kallupi published his first book with Haiku titled “The Rain Chrysanthemums”. Since that time and now this poet has published 12 books with Haiku. Three from them are published in English, Greek and Macedon language.

 

              Little by little the interest for haiku poems began to grow and in the year 2001 came the time for the Albanian Club-Haiku to be founded with its center in Elbasan, because in that city the poets created an encouraging climate.

 

              So in the year 2002 four poets together: Milianov Kallupi, Nexhip Ejupi, Rakip Zhguni and Flamur Luta, published the first Anthology titled “Aurora”

 

              Area that involved The Albanian Haiku is broad. Its group has well-known poets as Petraq Kolevica, Betim Muco, Moikom Zeqo, Milianov Kallupi, Nexhip Ejupi, Petraq Risto, Anton Papleka, Dashamir Cacaj, Ahmet Mehmeti, Konstandin Dhamo, Nasho Jorgaqi, Qazim Shemaj, Ferit Rama, Shuaip Garuci, Mihal Disho, Iliriana Sulkuqi, Agim Vinca, Kujtim Agalliu ect.

 

The Haiku publication don’t enclose only with editions in the different literary periodicals as “Drita”, “Fjala”, “Fakti”, “Temp” and “ARS”, but also with organization of the different discussions, inaugurations and disseminations.

 

              Albanian Club-Haiku made the member of the International Association of Haiku some months ago. It has contact with many Associations in the wide world: Macedon, Germany, Greece, America and so on….   

At current time Albanian haiku has done a good progress, but anyhow it still is a fragile poetry. This is because our poets even have not due knowledge about it. We hope that in the future we will have a good support from fatherland of Haiku, Japan.   

 

Sincerely

Kujtim Agalliu,

President of Albanian Haiku Club

 

概略

 

平成29(2017)年6月28日アルバニアの俳句会会長クジチム・アガリウ氏からメ-ルがあった。

国際俳句交流協会(HIA)の関係者の一人としてネット上でアドレスを発見し、メールを送られたとのこと。

HIAの機関誌が以前アルバニア俳句会に送られたが、前会長カルピ・ミリノヴ氏が他界され、HIAとの交流が途絶えてしまった。

現在、アガリウ氏が会長となり、アルバニア俳句会の再組織をはかっているが、始めたばかりで経験もないので、これから交流を深めながら活動を進めたいとのことであった。

先ず以て、英語とアルバニア語で書かれた句集を二冊お送りしたいとのことであった。

 

アガリウ氏の俳句

 

俳句の翼に乗って、

広い世界を飛んでいる

パスポートを持たないで

 

アルバニアの俳句の始まりと発展の短い紹介

 

昭和59(1984)年にアルバニアで初めてコソボの出版社が日本の代表的な多くの作家の俳句選集を出版した。パターンアートの学習のために日本で数ヶ月研究した画家であり、アカデミック会員のシュキュリ・ニマニ氏による注釈で準備され、解説されたものであった。

 

平成2(1990)年アルバニアでは、ナイム・フラシェリ出版社が日本の俳句の少し範囲を広げた俳句選集を出版、日本の俳人が敬意を表されている。翻訳者として名高いペトラク・コレヴィサ氏によってきわめて熟達した技能の下に翻訳された。

 

平成8(1996)年オヌフリ出版社が『私から遠く離れた広島』という書名の最初の本を出版。しばらく日本で研究した名高い教授である、詩人ベチム・ムチョ氏の独自の俳句が含まれている。

 

平成11(1999)年、その3年後に詩人であり、著名な学者モイコム・ゼコ氏が『テルツァ・リーマ(三韻句法)の日本的なダンテの死後』という書名の最初の句集を出版した。

 

平成12(2000)年、詩人ミリアノヴ・カルピイ氏は『雨の菊』という書名の最初の句集を出版した。その時から今までに12冊の句集を出版、3冊は英語、ギリシャ語、そしてマケドニア語で出版されている。

 

少しずつ俳句詩への興味が高まり始め、平成13(2001)年、アルバニア俳句会がエルバサンの中心地に設立される時がやって来た。その地は詩人達がお互いに鼓舞し合えるような風土であったからである。

 

このような状況の下、平成14(2002)年にミラノヴ・カルピィ、ネキシヒップ・エジュピー、ラキップ・ジュグニィ、そしてフラムル・ルータの4氏の詩人の共著として『オーロラ』という最初の俳句選集を出版した。

 

アルバニアの俳句が占める地域は広く、その句会には、ペトラキ・コレヴィサ氏など18名以上の著名な詩人が所属している。

 

俳句の出版物は『ドリタ』、『フジャラ』、『ファクテ』、そして『アーズ』のような様々な文芸定期刊行物だけでなく、組織的な、いろいろな議論、新しい立ち上げや普及も含んでいる。

 

アルバニアの俳句会は数ヶ月前に国際俳句交流協会のメンバーになり、マケドニア、ドイツ、ギリシャ、アメリカなど、広い世界の多くの協会と交流をしている。

現在、アルバニアの俳句は大変進歩して来たが、まだ、未熟な詩である。これは我が国の詩人が十分な知識を持っていないことが原因である。

私たちは将来において俳句の祖国である日本から十分な支援を得ることを期待している。

 

敬具

クジチム・アガリウ

アルバニア俳句会会長

 

Edited and interpreted by Hidenori Hiruta(Member of HIA)

編集・翻訳 蛭田秀法(国際俳句交流協会会員)