The HAIKU seasons for India by Kala Ramesh

2012/12/29

 

Kala Ramesh is a poet in India, who writes haiku, tanka, haibun, senryu and renku.

Here is the latest news about Kala’s haiku activities.

Kala’s facebook page says as follows.

I conducted 5 haiku sessions at Bookaroo Children’s Literary Festival, Delhi from 22 to 26 November, 2012
it went off very well.
This link goes straight to my interview page… taken at this festival
http://alpha.authortv.in/profiles/authordetails/23

 

safe_image(Kala Ramesh)

 

Profiles

alpha.authortv.in

An exponent of Hindustani Classical Music, She was bitten by the haiku-bug in 2005. Since then, her work covering haiku, tanka, senryu, haibun and renku (collaborative poetry) has appeared in leading e-zines and anthologies all over the world. Indian music being extempore in nature, has taught her t…

 

2012年11月22日から26日までの5日間カーラ・ラメッシュはデリーで開催されたBookaroo 子供文学フェスティバルにおいて5回に渡って子供向けの俳句会を行った。  カーラはフェイスブックでインタビュー記事を紹介。「俳句」と「子供のための俳句」について語っている。リンク記事をご参照ください。

カーラのプロフィールも紹介されています。

ヒンドゥスタンの古典音楽の主唱者。カーラは2005年俳句の虫に刺され、俳句に熱中するようになった。それ以来、彼女の作品は、俳句、短歌、川柳、俳文、そして連句(詩と合作)に及び、世界の一流のEマガジンや作品集に掲載されている。

As she mentioned in her haibun ‘The Touch of Rain in Haiku’,  Kala realised that Indians do respect the classical traditions connecting to seasons and all our art forms adhere to this six season classification, making Varsha Ritu one of the most important seasons. Gabi Greve (A German who lives in Japan) had by that time started to collect the season words of the world and she volunteered to help out in finding Indian “kigo words” (which means season words in Japanese) and suggested that they begin with India’s six seasons.

 

INDIA SAIJIKI….. (WKD – INDIA)

http://indiankigo.blogspot.jp/

  

2005年の中頃、俳句の世界に入ったとき、インド人は季節に結びつけられる古典的な伝統を本当に尊重していることと全てのインドの芸術形式がこの六つの季節分類を固守し、モンスーンの季節を最も重要な季節の一つにしていることを私は実感しました。

その頃、ガビ・グリーブ(日本居住のドイツ人)はすでに世界の季語を集め始めていました、そして私はボランティアとしてインドの季語(日本語での呼称)を見つけることを手伝い、私たちはインドの六つの季節で始めることを提案しました。

 

下記のブログに掲載されています。

 

インド歳時記.....(世界季語データベース - インド)

http://indiankigo.blogspot.jp/

 

Here are the six HAIKU seasons for India, which Kala Ramesh took up in World Kigo Database by Dr. Gabi Greve, Daruma Museum, Japan.

 

The six HAIKU seasons for INDIA

(インドの六つの俳句の季節)

Spring – VasantBasant) – in the months of Chaitra and Vaishakh
approximately March and April
  ― 3月 4

Summer – Grishmain the months of Jaishthya and Aashadh
approximately May and June
  5月 6

Rains, Monsoon – Varsha – in the months of Shravan and Bhadrapad
approximately July and August
 

雨、モンスーン - 7月 8

Autumn – Sharad in the months of Aashwin and Kartik
approximately September and October
  - 9月 10

Frost – Hemant – in the months of Margshishya and Pousha
approximately November and December
 

- 11月 12

Winter – Shishir – in the months of Magh and Phalgun
approximately January and February
 - 1月 2月

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*世界季語データベースにおける「インド歳時記」から下記の記事を抜粋し、紹介します。

実はインドでは俳句は非常に有名である。

当日配布された冊子に寄稿されたJNU(Jawaharlal Nehru University: ジャワハルラ-ル・ネル-大学) ヒンディー語学科のランジート・サーハー教授のヒンディー語の小論文「Perspective Haiku: Sensitivity and Structure( 俳句展望:感受性と構造)」や、国際俳句学会のウェブサイトに掲載されている「俳句―インドからの展望」という論考によれば、インドに俳句を初めて紹介したのは、アジア初のノーベル文学賞受賞者で詩聖と呼ばれるラヴィーンドラナート・タゴールであったらしい。1916年の日本旅行を題材にラヴィーンドラナートが書いた「日本旅行記」に、既に俳句に関する記述が見受けられ、彼は「俳句ほど短い詩は世界にないだろう」と紹介すると同時に、松尾芭蕉の有名な俳句を数首翻訳して掲載している。また、同時期にはタミル語の詩人スブラマニヤ・バーラティーも、日本の俳句に関する評論文を書いていたようだ。独立後になると、インドにおける俳句の影響はヒンディー文学に最も顕著に現れる。ヒンディー文学者アギェーイは、日本を旅行した経験もあり、俳句から大きな影響を受けた詩人だと言われている。彼が1959年に出版した詩集「(Arī Ō Karunā Prabhāmay)」には、以下のような有名な3行のシンプルな詩が収録されている。これは何かの俳句の訳詩のようだ(元の俳句が何かは不明)。

だが、インドの文壇において俳句を定着させるのに多大な貢献をしたのは、サティヤブーシャン・ヴァルマー教授である。彼は「(日本の詩)」や「(日本の俳句と近代ヒンディー詩)」などの著作を著しただけでなく、「インド俳句クラブ」を設立し、1981年から「Haiku)」という雑誌を発刊し始めた。同誌は1989年に廃刊となってしまったが、インドにおける俳句の人気を決定的なものとした。また、1998年にはバグワトシャラン・アガルワール教授がヒンディー語の季刊誌「(Haiku Bharati)」を刊行し、こちらは現在まで続いているようだ。
Kore De India : Takuboku and Haiku

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Lastly, here are some more haiku in Kala’s Haibun “The Touch of Rain in Haiku”

「俳句における雨の一筆」.

 

bus ride in monsoon

a snoring man’s head bounces

at the pothole

 

モンスーンのときのバス乗車

いびきをかいている男の頭がはね上がる

くぼみに

 

 

temple bells –

the isolated raindrops

on my umbrella

 

寺の鐘 -

分離した雨の滴

傘の上に

 

 

she looks down

from the ninth floor apartment:

umbrellas with legs

 

彼女は下を見下ろす

9階のアパ-トから

脚のある傘を

 

 

midnight jetty

the sound of water

slapping water

 

真夜中の防波堤

水の音

ぴしゃりと打つ水

 

 

tapering monsoon
from different sides of the hill
sound of cow-bells

 

弱まってきたモンス-ン

山の斜面のあちこちから

牛の首につるした鈴の音

 

 

 

The next posting The New Calendar by Iona Dinescu in Romania (1) appears on January 5.

 

 

 蛭田秀法Hidenori Hiruta

Advertisements

One Response to “The HAIKU seasons for India by Kala Ramesh”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s