17th International “Kusamakura” Haiku Competition in Kumamoto : 17th prize-winning haiku (1)

2013/01/09

 

平成246月吉日に「草枕」国際俳句大会実行委員会会長岩岡中正氏から第17回「草枕」国際俳句大会作品募集要項をご送付いただき、当ネットワークのHP上で掲載いたしました。

この度、入賞作品がHP上で公表されましたので、ご覧下さい。

http://kusamakura-haiku.jp/

 

当HPでは、「外国語部門」の入賞作品を掲載します。

 

 

17th prize-winning haiku

 

「草枕」大賞 (1人)

Kusamakura Taisho (Grand Prize)

 

 

over wire entanglements

of the country border

a butterfly                     

 

Lucian Horii-Hotta  (Japan, Tokyo)

 

国境の

針金の縺れを越えて飛ぶ

蝶一つ                

 

リュシアン ホリイ ホッタ (日本・東京都)

 

講評 (comment)

 

 Many areas on this globe are more or less at a crisis point in their political, ethnic and religious condition. The crisis of the country border is symbolized by the phrase of “wire entanglements” in this haiku. The excellent landing of this haiku is optimally realized with the key term of “butterfly,” which represents our wish and pray for peace in everyday life. This haiku reflects the reality of the present world and is therefore deeply insightful.

 

現在国境線をめぐって政治的、民族的、宗教的さまざまの要因で縺れ、緊迫した状況にある地域は多い。そこには争いがあり、時には尊い命が犠牲になっている。「針金の縺れ」はこじれた国境をめぐる紛争のことである。しかし作者はここに「蝶」を飛ばして平和への願いや祈りを表している。世界の情勢と現代を反映した作品で含蓄も深い。

 

 

地下水都市・熊本賞(1人)

Chikasuitoshi Kumamoto Shou (Kumamoto City of Artesian Waters’ Haiku Award)

 

 

meditation

the pond’s blue eye

captures an egret                 

 

Earl  R. Keener  (U.S.A.)

 

瞑想の中

池の水色の眼差しが

白鷲を捕らえる                 

 

アール R.キーナ (アメリカ)

 

 

西川盛雄選 (Selected by Dr. Morio Nishikawa)

 

特選(4人) Tokusen (Second Prize)

 

 

tug of war

fish versus man

gulls cheer                           

 

Raj K. Bose  (U.S.A.)

 

魚と漁師の

大綱引

カモメたちが応援して        

 

レイ K.ボーズ (アメリカ) 

 

 

cosmic

self-lit presence

fireflies                            

 

Manuel Asorey  (Argentina)                           

 

広大な宇宙で

自力で光るものがある

蛍だ                      

 

マニュエル アソレイ (アルゼンチン)

 

 

crossing centuries the aging bridge         

 

Bellle Shalom  (U.S.A.)

 

何百年もの時を渡り時を経た橋を渡り行く            

 

ベル シェロン (アメリカ)

 

 

solitary prime numbers

I count

under starry night                 

 

Chikako Kajitani  (Japan, Tokyo)

 

孤独な素数を

星空の下で

数えている私                    

 

チカコ カジタニ (日本・東京都)

 

 

リチャード・ギルバート選

(Selected by Dr. Richard Gilbert)

 

特選(4人)Tokusen (Second Prize)

 

 

skywriting all the disappearing words between us

                                          

Margaret Dornaus  (U.S.A.)

 

二人の間で消え去る言葉を一つ残らず大空に描いている

                              

マーガレット ドーナス (アメリカ)

 

 

new radio

the noise

of our origin                     

 

Dietmar Tauchner  (Austria)

 

ヒトの起源を伝える

ノイズか

新しい無線交信                

 

ディットマー タオフニャー(オーストリア

 

 

this heat

the birth-giving petroglyph

in desert varnish                       

 

Bruce Ross  (U.S.A.)

 

この暑さ

砂漠のワニスで

命吹き込む太古の岩石線画        

 

ブルース ロス (アメリカ)

 

 

a summer of rain

unwavering blades of grass

bleed the roses green             

 

Kylie Hooklyn  (Australia)

 

雨多き夏

草の葉がきっぱりと

薔薇の樹液を吸い上げてあおあおと

                                   

カイリー ホックリン (オーストラリア)

 

 

 

The next posting ‘17th International “Kusamakura” Haiku Competition in Kumamoto: 17th prize winning haiku (2) appears on January 10.

 

 ― Hidenori Hiruta

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s