平成246月吉日に「草枕」国際俳句大会実行委員会会長岩岡中正氏から第17回「草枕」国際俳句大会作品募集要項をご送付いただき、当ネットワークのHP上で掲載いたしました。

この度、入賞作品がHP上で公表されましたので、ご覧下さい。

http://kusamakura-haiku.jp/

 

当HPでは、「外国語部門」の入賞作品を掲載します。

 

 

17th prize-winning haiku

 

 

リチャード・ギルバート選

(Selected by Dr. Richard Gilbert)

 

入選(10人) Nyusen (Third Prize)

 

 

moving against

the current –

salmon too

 

Brian Birdsell  (Japan, Aomori prefecture)

 

流れに向かって

逆らって ―

鮭もまた

 

ブライアン バ-ドセル (日本・青森県)

 

 

shooting star

slicing the autumn sky

into the present

 

D.S.Lliteras  (U.S.A.)

 

流星が

秋空を切り分けて

現在(いま)となる

 

D.S. リタレス (アメリカ)

 

 

self portrait

summer dries

blue eyes last

 

Don Hansbrough (U.S.A.)

 

夏が最後に

青い目を拭ってくれる

自画像

 

ドン バンスブロ- (アメリカ) 

 

 

strong young men

cutting the old plane trees –

I draw my gaze away

 

Zeljko Spoljar  (Croatia)

 

逞しい若者が

プラタナスの木を切っている -

凝視の目を逸らす私

 

シェルキオ スポエリア (クロアチア)

 

 

a boy the slingshot iguana in the sun

 

Ellen Compton  (U.S.A.)

 

少年がぱちんこでイグアナを狙う日中

 

エレン コムプテン  (アメリカ)

 

 

Still undecided

to become silence –

the last cicada

 

Eduard TARA  (Romania)

 

静寂にする

ことをまだ決めかねて-

鳴くは最後のセミ

 

エドア-ド タラ (ル-マニア)

 

 

quake transforms:

seed pods and bones become

islands that weep

 

CaroleAnn Lovin  (U.S.A.)

 

震えが来れば変形する:

種の入った蛸と骨が

嘆きの島となる

 

キャロエン ラヴィン  (アメリカ)

 

 

LEAVES TURNING RED AND GOLD AGAIN

YOUR LETTERS

DIDN’T SAY MUCH

 

Rupashree Biswas  (India)

 

葉はまた赤く黄金色になる

君は手紙で

多くは語らなかったけれど

 

ルパシェリー ビスバス (インド)

 

 

moonless night

lighting the peach tree

possum eye

 

Rosie Roumeliotis (Greece)

 

月のない夜

桃の木に光を当てても

オポッサムの目

 

ロジ- ル-メ-リオ-ティス  (ギリシャ)

 

 

meeting

my and your

loneliness

 

Emest Wit  (Poland)

 

君と私

二人の孤独の

出会うところ

 

ア-ネスト ウイット(ポーランド)

 

 

The next posting ‘Haiku by Ramesh Anand (2)’ appears on January 12.

 

― Hidenori Hiruta

 

 

 

 

 

Advertisements

 

平成246月吉日に「草枕」国際俳句大会実行委員会会長岩岡中正氏から第17回「草枕」国際俳句大会作品募集要項をご送付いただき、当ネットワークのHP上で掲載いたしました。

この度、入賞作品がHP上で公表されましたので、ご覧下さい。

http://kusamakura-haiku.jp/

 

当HPでは、「外国語部門」の入賞作品を掲載します。

 

 

17th prize-winning haiku

 

 

西川盛雄選 (Selected by Dr. Morio Nishikawa)

 

入選(10人) Nyusen (Third Prize)

 

 

Kesennuma

among the sunlit wrecks

the sounds of gulls

 

Martin Gottlieb Cohen  (U.S.A.)

 

気仙沼

日ざらしの難破船の残骸を行く

鴎たちの鳴き声

 

マ-ティン ゴットリブ コーヘン (アメリカ) 

    

 

燕が春泥を啄むように飛ぶ

その一瞬の小波に

少女が抱く愁思の想い

 

チョウ カキン
(日本・北海道)

 

 

a race

with shadow

alone

 

Kyoko Takahashi  (Japan, Shizuoka prefecture)

 

競争は

自分の影と

たった一人で

 

キョウコ タカハシ (日本・静岡県)

 

 

a gaze from height –

on the field of rice

sprouted straw hats

 

Malvina Mileta  (Croatia)

 

高台からの眺め-

いちめんの稲畑に芽吹く

麦藁帽子のいくつ

 

マルヴィナ ミレタ (クロアチア)

 

 

spring light –

on the tip of a hoe

turning earth

 

Sorajiro Yokoi  (Japan, Aichi prefecture)

 

クワの先端に

キラッと光る春光 -

大地を掘り起こして

 

ソラジロウ ヨコイ (日本・愛知県)

 

   

夏の陽光がキラキラ

お寺の鐘がゴ-ンゴ-ン

お墓に供えた花がみずみずしくて

 

タダオ ミツナガ (日本・熊本県)

 

 

whistle, rustle, bustle

it blows through

sweeping the grasses

 

Denise Hewitt (Japan, Aichi prefecture)

 

ヒューヒュー、サラサラ、ザワザワと

風が草をなぎ倒して

吹き抜ける

 

デニス ヘビット (日本・愛知県)

 

 

herring clouds

the fisherman’s net

heavy with light

 

Maya Lyubenova (Bulgaria)

 

大漁のニシン

漁師の網に掛っている

その光の重さ

 

マーヤ リュ-ベンノヴァ (ブルガリア)

 

 

the pirate ship at dusk a fallen beech

 

John Barlow  (U.K.)

 

夕暮れの海賊船ブナの木が倒れて

 

ジョン バ-ロウ (イギリス)

 

 

pass control –

both ends of the bridge

in deep fog

 

Helga Haerie  (Sweden)

 

橋の両端で

検問検査

深い霧の中

 

ヘルガ ヘアルレ (スウェ-デン)

 

  

The next posting ‘17th International “Kusamakura” Haiku Competition in Kumamoto: 17th prize winning haiku (3) appears on January 11.

  

― Hidenori Hiruta

 

 

 

 

 

平成24年6月吉日に「草枕」国際俳句大会実行委員会会長岩岡中正氏から第17回「草枕」国際俳句大会作品募集要項をご送付いただきました。

多くの皆様に広報いただきたいということでしたので、秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワークのHP上で掲載いたします。

また、平成23年11月に第16回「草枕」国際俳句大会外国語部門の各入賞作品をご送付いただきましたので、今回、当HP上で2回に渡ってご紹介いたします。

 

17th International “Kusamakura” Haiku Competition in Kumamoto

         Awards ceremony

           Prizes will be awarded at the Kumamoto City Municipal Gymnasium and Youth Center on November 17, 2012

        Application guidelines

Entries must be submitted by mail or via the homepage.

Each applicant can enter up to two haiku poems. Entries via the homepage are only possible in English . Please include: name, current address, gender, e-mail address, and phone number

 

KUSAMAKURA HAIKU COMPETITION : RULES FOR SUBMISSIONS
All submissions to the Kusamakura Haiku Competition must be original to the author and cannot have been previously published. Haiku submissions to the Kusamakura Haiku Competition cannot be sent to any other publications for consideration, including online publications, and they cannot appear in any published form, including print magazines and journals, online forums, blogs, personal websites, etc., until after the completion of the Kusamakura Haiku Competition Awards Ceremony.

Publications will only be sent to winning individuals. Winning haikus will be displayed on our homepage.

Application guidelines more・・・

 

 

16th prize-winning haiku (Part 3

 

 リチャード・ギルバート選 
Selected by Dr. Richard

 

入選(10人)
Nyusen(Third Prize) 

  

Bernadette Duncan (Germany)  ベナデット ドゥンカン   (ドイツ)

 

as they fall                       落ちざまに
last year’s leaves               去年(こぞ)の葉っぱが
caught by light                  光に映えて

 

 

Slavica Grguric Pajnic (Croatia)   スラビッカ グルーリック パジェニック (クロアチア)

 

early morning;                       朝まだき;
this snail rushing towards       蝸牛が威勢よく
a mushroom                           キノコに向かって突進す

 

 

Cara Holman (USA)     キャラ ホーマン (アメリカ)

 

morning mist…                 朝霧にー
tracing the edges               彼の人の名前の
of her name                       縁取りを辿る

 

 

Yukiko Yamada (Tokyo, Japan)  ユキコ ヤマダ (日本・東京都)

 

ea ceremony                   茶の席で
in the autumn air           秋風の中
a tense cup                    張り詰めた茶碗のひとつ

 

 

Earl Keener (USA)   アール キーナー (アメリカ)

 

autumn twilight               秋の黄昏時
the river turns                 川に向かって私は
my face to water               自分の面を向ける

 

 

Earl Keener (USA)  アール キーナー  (アメリカ)

 

lunar eclipse                        月食の夜
a skeleton in the window        生物実験室に見る
of the bio lab                        窓辺の骨格の標本

 

 

Dalibor Drekic (Serbia)  ダリボア ドレーキッジ (セルビア)

 

Sun is red. No wonder sin us.     太陽は赤、何があってもお咎めなし
Passion, no is sap.                                  受難、欲情はなし
No sign in evening is on.                   夜の印一つだにないままに

 

 

Takahiko Kishino (Hyougo, Japan)  タカヒコ キシノ (日本・兵庫県)

 

june rain-                        六月の雨―
her bare collarbone           彼女の露わな鎖骨

border shirt                     シャツの縁取り

 

 

Dalibor Drekic (Serbia)   ダリボア ドレーキッジ (セルビア)

 

Dew on roses or no, wed:             薔薇の露それとも違うもの、婚姻:
Drab bud, a dub bard,                            くすんだ茶色の芽、へぼ詩人
Saw tide rose? So red it was.            潮が満ちるのを見た?とても赤かったよ

 

 

Rafal Zabratynski (Poland)     ラファル サプラチンスキー (ポーランド)

 

tryingtomakeheadortailofanearthworm

 

一匹のミミズのことを分かろうとして

 

 

秋田国際俳句・川柳・短歌ネットワーク会員一同、多くの皆様のご参加を祈念いたします。

 

The next posting ‘Sentyu by Chen-ou Liu, Canada ’ appears on June 30.

 

 Hidenori Hiruta