World Haiku Series 2021 (45) Haiku by Ram Krishna Singh

garden edge-- feeling morning mist in the eyes ガーデンエッジ 朝の霧を感じる 目に on the terrace shadow of black pigeons: second full moon テラスで クロミカドバトの影 2番目の満月 in mind's cave facing fears all night waning moon 心の洞窟 一晩中恐怖に直面している 下弦の月 red with shame the sky at sunrise one more kiss 恥ずかしさで真っ赤 日の出の空 もう一回キス they watch from the street our … Continue reading World Haiku Series 2021 (45) Haiku by Ram Krishna Singh

Book Announcement! “白濁 : SILENCE: A WHITE DISTRUST” by Rika Inami

Rika Inami (稲美里佳) of the Akita International Haiku Network has published a new book titled 白濁 : SILENCE: A WHITE DISTRUST | 稲美 里佳, Ram .... Here are a few pages from the new book. このたびインドの現代詩の第一人者ラム・クリシュナ・シン博士の『SILENCE: A WHITE DISTRUST』に収められている英語俳句48句(川柳含む)と英語短歌48首を日本語に翻訳致し、出版いたしました。氏の英語原文と日本訳の対訳版です。 序文  数年前、インドの現代詩人の第一人者であるラム・クリシュナ・シン博士を紹介されたのは秋田国際俳句ネットワーク会長の蛭田秀法氏からでした。その後、フェイスブック等のソーシャルメディアの詩のコミュニケーションで頻繁に交流するようになり氏との交わりは今に至っています。  氏から『SILENCE: A WHITE DISTRUST』の日本語への翻訳を依頼されたのは、昨年の夏のことでした。諸般の事情により、はからずも翻訳作業が中断し遅れてしまったのはとても残念なことでした。が、このたび漸く出版の運びとなり、氏への顔向けともなり、また私自身の節目になり安堵しております。  『SILENCE: A WHITE DISTRUST』日本語訳『白濁』には2017年から2020年の氏の作品が収められています。インドという地で培われた氏の魂と肉体がとらえたその一瞬が短歌・俳句・川柳へと昇華され詠われています。  時には魂の高みから鳥瞰するかのように明朗に、その高みから急転直下、地に降りたったかのように地に浸潤し地上の愛の営みをさまざまな事物に託して大胆かつ細やかに詠い、またある時には街角で目にした世相をシニカルに描いています。近年の武力闘争の様は痛ましい限りです。新型コロナウィルスに影響された世界を表すことも避けられないものでした。翻訳しながら、天地を縦横無尽にかけめぐり、事物に反応する氏のしなやかな魂と感性を感ぜざるをえませんでした。  翻訳するにあたって留意したことは、言語構造が異なる英語の短歌、俳句、川柳をどのように、それぞれの日本語の定型詩に翻訳したらよいかということでした。 日本語短歌は 原則 5-7-5-7-7 計31音 日本語俳句と川柳は 原則5-7-5 計17音  このなかに用いられる語は、助詞、助動詞を除けば、ほとんど2音以上から成っています。したがって、日本語短歌、俳句、川柳には自立語である名詞や動詞、形容詞等の音数が多い単語の場合、31音あるいは17音のなかに数多く使うことができません。 … Continue reading Book Announcement! “白濁 : SILENCE: A WHITE DISTRUST” by Rika Inami

World Haiku Series 2020 (9) Haiku by Ram Krishna Singh

World Haiku Series 2020 (9) Haiku by Ram Krishna Singh   half-clad and bare foot she croons an old song selling candy on roadside   半裸でそして素足で 彼女は古い歌をやさしく歌っている 道端でキャンデーを売りながら   forever a visiting guest-- loneliness   永遠に 訪問する客― 孤独   unlockdown: fractured biorhythm deity distance   封鎖解除 壊れたバイオリズム 神の距離   sunset-- smoke and mirror muddy path … Continue reading World Haiku Series 2020 (9) Haiku by Ram Krishna Singh

World Haiku Series 2019 (155) Haiku by Ram Krishna Singh

World Haiku Series 2019 (155) Haiku by Ram Krishna Singh   cold and naked in perils of water-- stumbling boatman   寒くて裸 水の危険の中で つまずく船頭   winter holidays-- my son chases butterflies flower to flower   冬休み 私の息子は蝶を追いかけます 花から花へ   cleaning the remains of burnt out earthen lamps-- dusky temple yard   焼けた土製ランプの遺物の掃除をしている 薄暗い寺院の庭   unemptied … Continue reading World Haiku Series 2019 (155) Haiku by Ram Krishna Singh

International Haiku New Year’s Festival 2011 (Part 5)

  The last day, we received a mail of congratulations on the New Year’s festival from William Sorlien’s rabbit in St. Paul, Minnesota, USA. The rabbit says, “Thank you for celebrating the Rabbit Year at a great party.”       And at last the rabbits went back home, leaving their message.       … Continue reading International Haiku New Year’s Festival 2011 (Part 5)