『詩の国秋田』にちなんで (2) -有馬朗人先生との出会い-

      平成21(2009)年6月、『詩の国秋田』発刊に対して国際俳句交流協会会長の有馬朗人先生から「お祝いのことば」をお願いできればと思った。 事務局長の村岡弘氏からご高配を賜り、次のようなページが誕生した。       平成21年年11月28日、東京で国際俳句交流協会創立二十周年記念シンポジウムが「世界の俳句・ハイク-現状と未来」というテーマで開催された。 イギリス、ドイツ、アメリカ、クロアチア、そして日本のパネリストの皆様の俳句が紹介され、日本の代表である有馬先生の俳句は次のような句であった。   失ひしものを探しに冬帽子   looking for something lost ―        wearing a winter cap     有馬先生は最後に次のように予言されたのが印象的であった。   「俳句はその短さと自然との共生という基盤によって今後も世界に向かって広がって行くだろう。 短い俳句の形式に興味を抱き、3行詩を楽しむ若者が世界中に出てきている。 インターネットの出現でネット上で俳句を分かち合うことが多くなるだろう。 そして、ネット上で万国俳句大会やコンテストが開催されるだろう」と。   懇親会で有馬先生にご挨拶する機会があった。 『詩の国秋田』への玉稿についてお礼を申し上げたところ、中嶋嶺雄先生にくれぐれも「よろしく」とおっしゃられました。       平成23(2011) 年9月25日、秋田を出発しロシア連邦ウラジオストク市に向かった。 俳句を通じた文化交流を行うためであった。 東方学校で俳句レッスン、極東連邦大学で俳句ワークショップ、ウラジオストク日本センターでは「俳句と茶道」についての講演を行った。 日本センターと極東連邦大学東洋学大学日本学部を表敬訪問。大石莊平所長とシュネルコ・アレクサンダー日本学部長にお会いし、有馬先生からのメッセージをお伝えし、国際俳句交流協会の機関誌「HI」No.95、No.96を贈呈。日本語と英語によるHIA (Haiku International Association)への入会案内を紹介しながら、俳句の広がりを期待した。 文化交流についての記事は、国際俳句交流協会のホームページの会員の活動報告の中で「ウラジオストクでの俳句紹介」というタイトルで紹介されている。 「日本語版」:http://www.haiku-hia.com/report_jp.html 「英語版」:http://www.haiku-hia.com/hyoron_en_ru.html HIA実行委員の藤本はな様と日航財団の浜崎明美様からご指導ご協力を賜り、実践することができた。   平成23 年11月27日HIA第13回俳句大会で有馬先生にお会いし、ウラジオストクでの俳句を通じた文化交流についてご報告。先生は「文化交流の大事さ」について強調され、次年度における「日露俳句コンテスト」の開催を大変お喜びになられた。       写真中央 有馬朗人先生、左側 和田仁氏(秋田県国際俳句協会会長)、右側 筆者   平成24(2012)年5月8、9日の両日、駐日スウェ-デン大使館で俳句セミナーが開催された。 … Continue reading 『詩の国秋田』にちなんで (2) -有馬朗人先生との出会い-

Advertisements

News from HIA : 3.11. Haiku

  On July 14, 2011, Ms. Hana Fujimoto (藤本はな), a leading staff at HIA, sent me an e-mail, saying that the Haiku International Association(HIA)(国際俳句交流協会), whose president is Dr. Akito Arima (会長有馬朗人), has featured the article 3.11 Haiku in their homepage at http://www.haiku-hia.com . They feature the news about Haiku for Kibo sent by Haiku Society of Italy, … Continue reading News from HIA : 3.11. Haiku

Haiku about the Great East Japan Earthquake (4)

  On August 1, 1689, Basho visited Kisakata (象潟), Akita Prefecture (秋田県),  Northern Honshu, on his journey. Basho wrote about Kisakata in his travel diary The Narrow Road to Oku, 『おくのほそ道 (Oku no Hosomichi 』 . Here I take up the latter part of this section.   此寺の方丈に座して簾を捲ば、風景一眼の中に尽て、南に鳥海、天をさヽえ、其陰うつりて江にあり、西はむやむやの関、路をかぎり、東に堤を築て、秋田にかよふ道遥に、海北にかまえて、浪打入る所を汐こしと云。江の縦横一里ばかり、俤松島にかよひて、又異なり。松島は笑ふが如く、象潟はうらむがごとし。寂しさに悲しみをくはえて、地勢魂をなやますに似たり。   Here is a painting of Kisakata exhibited … Continue reading Haiku about the Great East Japan Earthquake (4)

Haiku Symposium at Akita University in Northern Japan

  The Akita Association of English Studies (AAES)(秋田英語英文学会), was established in 1954 at Akita University(秋田大学) in Northern Honshu, Japan, aimed at promoting deeper understanding and further studies on the cultural backgrounds of English as the international language, and at providing chances to share and exchange information and ideas on English and English education for the … Continue reading Haiku Symposium at Akita University in Northern Japan

Haiku at the 12th HIA Haiku Contest (2010): the Results

  Dr. Akito Arima (有馬朗人)is President of the Haiku International Association (HIA)(国際俳句交流協会)(http://www.haiku-hia.com), a nonprofit organization aimed at promoting haiku globally. Dr. Arima also leads the haiku group Ten’I (Providence)(天為)(http://haikunet.info).       On December 2, I received HAIKU INTERNATIONAL NO.91 published on November 30, 2010. In the magazine they reported the results of the 12th … Continue reading Haiku at the 12th HIA Haiku Contest (2010): the Results

Haiku by Fay Aoyagi for Int’l Haiku Spring Festival 2010 (3)

  In May, 2009,  the blog Blue Willow Haiku World (By Fay Aoyagi)  was introduced to our website as correlative through WordPress.com. Since then I have enjoyed today’s haiku, or tanka, translated into English from the original Japanese haiku, or tanka in the blog. In June, 2009, I became a member of the Japanese haiku … Continue reading Haiku by Fay Aoyagi for Int’l Haiku Spring Festival 2010 (3)

Haiku at HIA Haiku Contest and Symposium (2009)

  The Haiku International Association(HIA)(国際俳句交流協会), a nonprofit organization aimed at promoting haiku globally, celebrated the 20th anniversary of its establishment with a symposium titled Haiku Worldwide ― Present and Future on November 28, Tokyo. First of all, HIA President Akito Arima (会長有馬朗人) gave a speech of celebration as a greeting.     Secondly, they announced … Continue reading Haiku at HIA Haiku Contest and Symposium (2009)